元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
過去記事ストックでそのまま使えるのがなくなりました。
続きで新たに記事を書いていきます。功徳について。

 私たちが感じる喜びは、周りからの情報や自分自身の思いこみ(記憶修習)の結果であると、これまでに述べてきました。しかし、この情報や思いこみから来る喜びに関して、永久にそれを味わい続けることができるのかといったら、そうではありません。どんどん味わえる喜びが減っていき、逆に裏側の苦しみが大きくなっていきます。

 簡単な例で考えてみましょう。あなたは好きな食べ物は何ですか?

kudoku1.jpg「ステーキです。」

 じゃあ、しばらくステーキを食べないで我慢していて、1年ぶりにステーキを食べたらどうですか、おいしいと思いますか?

「はい、おいしいと思います。」

 じゃあ、毎日ステーキを食べ続けたら、一年後にはどうですか、おいしいと感じますか?

「うーん、さすがにもう飽きていると思います。」

 同じ大好きなステーキでも、毎日食べると必ず飽きますね。たまに食べるのと比べると、全く感じられる喜びが違いますね。

 これはいつも引用している幸福度の公式で考えますと、ステーキを我慢しているときは、ある程度欲望・心をコントロールしているわけです。その欲望が小さい状態で、物質的に満たされる(ここではステーキを食べることですが)ならば、分母の欲望に対して、分子が大きく、感じる喜びは大きくなります。しかし毎日ステーキを食べていて、物質的に満たされている部分が大きいならば、それに応じて知らず知らずのうちに欲望の部分は増大しているのです。よって分母が大きくなり、喜びは少ないということです。(第4回など参照)

 言い方を変えると、私たちの心は通常、喜びを求めて常に外側に何か新しい対象や変化を求めていると言っても良いでしょう。これについては、食べ物より異性について考えてみればよく分かります。

kudoku2.jpg 恋愛も最初は楽しい訳ですが、付き合って年月が経つにつれて、対象に対する認識は必ず変わっていきます。実際ある研究によると、恋愛感情は3年以上続かないとも言われています。結婚して10年も経つと、倦怠期を迎える夫婦も少なくありません。そうなると結婚相手がうとましくなり、恋愛当初抱いていた感情とは全く逆の、相手に対する邪悪な思いさえ増大してくるようです。

 以前私の叔父夫婦の間であった会話を、その例として示します。これは私の母親が、法事か何かで、私と父を連れて実家に行ったときの話です。

叔母「廊下にハンカチが落ちてたけど、これ賢治さん(私の父の名前)のと違いますか?」(といってハンカチを大事そうに扱って示す)

賢治「ああ、違いますよ」

叔父「あー、それワシのじゃー」

叔母「もー、汚い!!」(といって遠くに放り投げる)

叔父「なにしょんじゃー、お前!!」

 決してハンカチそのものが汚かったわけではありません。叔母にとって夫のイメージがもはや好ましい物ではなく、それから派生して、「坊主にくけりゃ袈裟まで憎い」となったに違いありません。

 結婚相手の認識が変わることについて、情報・思いこみの観点から説明を加えてみましょう。最初の内は、結婚相手に対して自分勝手に都合の良いイメージを持つことで、喜びと錯覚していると言って良いかも知れません。しかしその思いこみ・イメージと、現実に経験する対象とのギャップをどんどん感じ出します。

 そのギャップとは、一つには長所・メリットと思い込んでいた部分が単に幻想だったに過ぎないという点があるでしょう。更に、それまで認識していなかった、認識しようとしていなかった欠点の部分を、否応なしに目の当たりにすることからもギャップを感じるでしょう。

 勿論、結婚相手から奉仕してもらうなどのメリットの部分は、メリットとしてあるかもしれません。しかしそのメリットも日常の当たり前の事として考えて、自分の欲望を増大させてしまったなら、そのメリットの部分の喜びは感じられなくなり、それ以外の自分の意にそぐわない部分について不満が増大していきます。ここで指摘したいのは、これが喜びだという思いこみによる期待が激しければ激しいほど、失望の苦しみも激しく感じると言うことです。

コメント


むかしむかし・・・
衛国の君主(衛君)に愛されている『弥子瑕(びしか)』という人物がいました。
衛国の法律ではひそかに君主の車に乗ったものは“あしきり(足の腱を切る)の刑”に処せられることになっていた。
 あるとき、『弥子瑕』の母が病み何者かが夜こっそりとしのんできて『弥子瑕』にこのことを伝えた。そこで、『弥子瑕』は、衛君の許しを得たと偽って、主君の車に乗って母の元に駆けつけた。
すると衛君はこれを聞いて
「なんと親孝行なことだ。母のために“あしきりの刑”を忘れてしまうとは!」
と『弥子瑕』の徳をたたえたのである。
 また別の日。
『弥子瑕』は衛君と果樹園に遊んだが、桃を食べてみたところとても美味しかったので、『弥子瑕』は自分が食べた残り半分を主君に食べさせた。
すると衛君は
「なんと『弥子瑕』は私を愛していることか!うまいことも忘れて私に食わせてくれるとは!」

やがて『弥子瑕』はその容姿が衰えるに従って衛君の寵愛が薄れ、ついに彼は衛君からお咎めを受けることになった。
衛君が言うには
「こやつはそもそも、以前わしの車に偽って乗りおったし、私に食いかけの桃を食べさせおった不届き者である」
と今まで賞賛していたことが逆に腹が立ってなりません。

 思い起こすほどに腹が立つ衛君は「弥子瑕なんか処刑してしまえ!」と、詔を出してしまいます。これを余桃の罪といいます。


長続きする恋愛の秘訣

まず、一緒に住まないこと。
無論、結婚など狂気の沙汰。
そしてお互い、相手を限定せず、
適当に遊んでおくこと。
最も大事なのは、
人間なんてこの程度のものだ、と
達観しておき、期待しないこと。
壊れていく夫婦関係を目の当たりにして、
つくづく感じ、学んだことです。

ぼんちさん

>そしてお互い、相手を限定せず、
>適当に遊んでおくこと。


A派なら、動物のカルマだと切り捨てるでせう。


>>そしてお互い、相手を限定せず、
>>適当に遊んでおくこと。

>A派なら、動物のカルマだと切り捨てるでせう。

それ以前にそういう生活を続けられるのは三十代くらいまでのモテる芸能人とかお金持ちぐらいじゃない?


要するに、今回の講和で言わんとなさっているのは、功徳を積む、という行為は、物質を増やすのではなく、欲求を減らすことで、幸福度を上げようとする行為なのだ、ということなんですよね?
お布施することで、金銭に対する執着を断ち切れば、少ない金銭でも、多くの幸福を感じることができるようになる、と、これが、布施功徳を積むことで幸福になる、ということのメカニズムなんである、ってことでしょ?
お布施することには、光を強めるということと、心を静めるという二つの側面があると聞きますが、今回のお話はそのうちの心を静めるという側面からの、お話だったのだ解釈しました。
とても参考になります、悟った人自身のお話をもっともっと聞きたいです。
正悟師が、窓際な状況、早く何とかなりませんか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/99-af261f12

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 5
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad