元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 オーストラリアSBS放送局からの取材話。オウムのウラン探索とオーストラリア爆弾事件との絡みが出てくるという楽しいミステリー番組を作成中か?そこで小生は核兵器製造等について語ったわけだが、その内容を以下に記事として書いてみる。

--オーストラリアに来た目的は?

 無論核兵器製造の為のウラン採掘だが、オウムの核兵器製造計画は、全くの絵空事。計画倒れの絵に描いた餅。

 小生は当初からこの計画に関わっていたが、調査を始めてしばらくして、もの凄く気楽になった。なぜなら絶対不可能な計画だから。

 核兵器製造は何千億円から兆にかかるくらい金がかかるプロジェクト。仮に原材料のウランを採掘できたとしても、それを核分裂反応を起こすウラン235だけを分離するウラン濃縮にもの凄い手間がかかる。イランなどは遠心分離器を10,000台前後準備してウラン濃縮を達成しようとした。そんなことが当時のオウムの財力・規模でできるわけがない。到底不可能な話だったからもの凄く気楽だった。

--事前に先発隊がオーストラリアに乗り込んで爆弾事件を起こしたと言うことはなかったのか?土谷がサリン散布の実験をオーストラリアで試みたという報道もある。

 有り得ない。そもそも93年9月の入国時、麻原一行はほぼ全ての実験器具や薬品を入管当局に没収されている。もし爆弾を製造する原材料調達が現地で可能だったなら、わざわざその後入国する時に持ち込んで目を引く理由などない。

 あのような形で薬剤を没収されて、その上で更にサリン、もしくはサリン原材料をオーストラリアに持ち込もうとするなど考えられない。

 オウムのサリンとオーストラリアウラン探索を、あるいはその前にあった不可解な爆弾事件を結びつけただけの、オーストラリア人向け怪談めいた陰謀論・ミステリーに過ぎない。

--あなたが知らされていないオウムの闇の部分があるのではないか?

 オウム事件の闇は、捕まった人間がほぼ全て自白しているので、ほとんど残存していないと思われる。あるのは警察庁長官狙撃事件と村井刺殺事件の背景事情くらい。

----------------------------

 オーストラリアSBS放送プロデューサーが考えたかも知れない「オーストラリア版オウムミステリ-」。人を引きつけてやまないオウムの闇だが、「闇の向こうには何も無いよ」と無残に打ち砕いてしまったかも…。

 オウムの闇については、北朝鮮とのつながりも噂されたが、結論はコレだと自信を持って言える。

 ところで空港で没収された薬剤は、現地で採取した土にどの程度ウランが含まれるかを調べるものだった。何しろこの時には、コベルコ(神戸製鋼)のミニユンボ2台も持ち込もうとしていたので、旅行者というには余りにも異常な所持品の数々。それでもめげないのがオウムの凄いところ。なんとユンボも含めて現地調達してしまった。

 塩酸を含む化学薬品も、電話で入手できるところを小生らが探した。オウムが入手した土地は、バンジャワンという羊の牧草地だった。一行が着いた最寄りの空港はパースだったが、そこからの距離も1000km以上ある。「でっかいどぉ~北海道ぉ~」すら比ではない広大さ。

 大体の没収品はそのバンジャワンの近隣かパースで入手できた。しかし一つだけ薬品で入手できないのがあった。それは多分高濃度の塩酸だったと思うが、その時の電話のやりとりが印象的だった。皆さんにとっては面白くないかも知れないが、書きたいので書く。

(高濃度塩酸を売っているか店に電話する)

「塩酸を売っているか?」

「売っていない」

「どこか売っている店は知らないか?いくつか電話しているがどこにもない」

「この近くでは知らないが、ノーブルならあるだろう。ノーブルに行って探せ。」

 この時の相手の発音は「ノーブル」としか聞こえなかった。「noble(高貴な)」という単語が浮かんだが地名である。

「ノーブルとはどこにあるのか?」

「あなたはノーブルを知らないのか?オーストラリアの大都市だ。」

「綴りはどう書くのか? (Spell it please.)」

 ここで相手が告げるスペルを書き出してようやくその大都市が分かった。多分あなたが常識的な日本人なら、98%位の確率で知っているはずだ。答えは白字にしているので、反転させる前に想像してみて欲しい。

「お~、 メ・ル・ボ・ル・ン ! 」

 相手は呆れていたようだが、改めて英語の発音って難しいなと思った。だがこれは日本人が「横浜」を「ハマ」と略して読むような感覚で「ノーブル」なのかも知れない。

 最寄りの田舎空港から「ノーブル」までは2000km以上あった。それでも塩酸はウランの存在を確認するために不可欠だったため、2000km以上先の「ノーブル」まで、豊田と廣瀬が飛んだ。サリン散布も可能にしたオウムの実行力は、このような金と労力を厭わないところにあった

(つづく)

コメント


オウムの実行力は、ほんとすごかったよね。

フランスでのノストラダムスの資料収集のときも、野田さんがフランスの古語辞典を全部コピーした、あの実行力はすごかった。

あれについてもぜひ書いてほしい。

え?えらいこと覚えてますね?
どちら様で…?
まさかVVPさん?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密米への回答

マインドコントロールされたら終わり、とも言えるかもですし、被害者とも言えなくもない。何も考えない人はそのようなカルトにはまることは無いかも知れない。

ただ私は、世の中自体がキリスト教原理主義というカルトと同じ一神教狂信者が支配していると言っているんですけどね。

野田さん。
それは一神教支配じゃないと思います。
一神教であっても、本当の一神教に帰依しているならば
支配ということはあり得ないです。
野田さんの言う支配というのは、煩悩による幻影にすぎません。

真の一神教ならば、支配する・されるということはありえません。
まず、支配しているのは誰か?
そして、支配されているのは誰か?
明確に答えられますでしょうか?
それは、野田さん自身が見ている幻影ではないでしょうか。

支配しているのは、ユダヤ・アメリカ・銀行家 と言っていいと思うよ。

これ以上やりとりしたいなら、ここじゃなくて電話番号下さい。

電話番号は無理です。
野田さんは、真面目で弱い人の見方になる慈悲心もあると思うんです。
でも、銀行家とか、ユダヤとかにも同じように慈悲心持ったらいいと思うんです。

野田さんは、日本における資本主義社会の犠牲者を支援されていること自体、いいことだと思うんです。わたしごときにはそんなことできない。
だから、素晴らしいと思うんです。
しかし、国家とか、ユダヤとか、銀行家とかをターゲットにするなら
残念ながら、賛同しかねます。


支配、被支配の現状を“分析的”に論ずる野田さんと、

ユダヤ等の支配者層へ敵意を抱かないで欲しいという“情緒的”趣旨の元信者さん、

論点がお互いに少しずれている状況なのかなと察します。

元信者さんとしては、外側の現状分析にはほとんど興味ナッシングなのです。それより野田さんの言動の背景に四無量心が欲しいんです。

解説のミッキーでした。

私に明確に質問等投げかけてある場合、大抵はそれに答えるようにしているんですが、そのやりとりがいつまで経っても根本的なところで誤解が解けないとなると、こちらもコメントでチンタラチンタラ回答したくなくなるんです。

その種の問題は、額を突き合わせて1-2時間話せば大体終わります(喧嘩別れも含めて)。「南浦和に来てください」「電話してください」ってのは一つにはそういうことですが、こちらも限られた労力時間等を配分するのに、コメント欄での応酬は一番やりたくないことなんです。

野田さん、わかりました。
わたしは、解答など望んでいです。
野田さんの意見がわかりましたし、それでいいんです。
自分の意見も言いましたし。

ミッキーさん。
四無量心を持ってほしいというより、私が持ちたい四無量心を
野田さんに投影したんでしょう。

私が見る世界は、私の心の投影に過ぎない。
それがまだ無智なるがゆえに、はっきり自覚できない。



前から思ってたんですけど、元信者さんね、四無量心のことを話し出すと、なんか変になってますよ。いつもは普通なのに。

修行者のタイプってたくさんあって、「結局は背景に求道心が有るか無いかが重要」って確信してる人もいれば、「詰まるところ背景に帰依があれば問題ない」って人もいるし、「最終的には背景に真理があれば大丈夫」、「背景に誠実さが…」、「背景に熱意が…」等々、挙げたらキリがない。

本質っていっぱいあって、みんな大抵どれか一つを軸にしたりするけど、やりすぎるとおかしくなっちゃうんですよね。

これも前に言いましたよね、例の御供物真理教の方々、御供物班として御供物を日々こしらえていたら、いつのまにか頭が変になっていきましたよね、「我々が御供物を作り続ける為には!」みたいに。

元信者さん、四無量心のことはしばらく考えない方がいいと思いますよ。過ぎたるは及ばざるが如し。なんか意固地になってるもん。四無量心が単なる観念に成り下がっている気がする、元信者さんの中で。

ミッキーさん、辛辣な批評に言葉がないわけで。
考えたんだけど、四無量心と言うのは
囚われのない安らぎの境地と言うのが根本にあって
自然に起きるのかなと。
でも無明にある段階からも、訓練することって大事だと思うんですよね。
トンレンとかそういう瞑想はその一つかなと。

まず、自分自身が煩悩、観念に囚われない、安らぎの状態にあって
そうすると、他者の煩悩や観念を見たときに、それに囚われず
その人の光輝く心の本質を見るんでしょう。
そのとき、相手の無明の覆いを少しでも取り去るお手伝いができるでしょうと。
そうじゃなく、お前は無智だと。地獄だと。
それだと、「死」無量心になってまうでしょうと。

世の中の争い事っていうのは、無智から来てるんです。
これ以上言ったら野田さんが怒るだろうから言いいたくないけれども。
みなさんが苦しいのは、ユダヤのせいだよと。キリスト教原理主義者のせいだよと。ね。
目覚めよ!と。

ああまたかと。なんだこのオウムの二番煎じはと。
そう思うのは私だけでしょうか。



元信者さん、それは分かりますよ。でも基本、野田さんのブログの先は、一般の方向けになってるんじゃないでしょうか。つまりユダヤもフリーメーソンもほとんど聞いたことないピーポーです。

まずは登竜門というか、入り口として、人間は阿修羅的な見解に至るのがベターだと思うので、「嫌な奴らに支配されてます!」という趣旨で十分でしょう。

ただ、もともと阿修羅からやって来ていそうな我々としては、阿修羅から欲天的にステージアップできるように、元信者さんのような見解が適していると思います。

ステップは一つずつ踏まないと、逆に悪影響になることもありますからね。恐らく一般の方にいきなりその元信者さん的見解を述べたところで、ほとんど興味持たれずに終わるだけでしょうな。支配されてます!と述べた方が、普段はそういうことをほとんど考えていない方々には良い刺激となるでしょう。

ところで、四無量心なんですけど、きっと元信者さんは普通の修行者と比べて実際に四無量心がよく沸いていて、その素晴らしさも他の方以上に理解しているんだと思いますよ。

でも、もうちょっと緩く考えるくらいの方が、バランスもいいんじゃないかな、と。四無量心に感動し過ぎて、メッチャ強く掴んじゃった~、みたいな話です。少し離してみては。

元信者さんへ

「革命か戦争か」の9章読んでください。その辺の事も書いています。
その上で質問があれば、個別メールしてください。

フランスでのノストラダムスの資料収集

wwwwwww

元信者さん

「みなさんが苦しいのは、ユダヤのせいだよと。キリスト教原理主義者のせいだよと。ね。
目覚めよ!」と野田さんが言っているとは全く思えませんけどねえ。

「その人たちの作ったシステムの中でみんなグルグル踊らされているだけなんですよ、そのシステムも最初は高邁な理想に基づいていたんですよ、でも結局無智によってこうなっちゃったんですよ、痛い思いするまでそれに気付かないんですよ、みーんなそうなんですよ、ユダヤだろうがメーソンだろうが凡夫だろうが庶民だろうが大差ないんですよー」
って言ってるだけに思えますけどねえ。

「世の中の争い事っていうのは、無智から来てるんです。 」
そう。
野田さんもまさにそれを繰り返して言ってる。
角度を変えて経済問題からそれを炙り出してる。

元信者さんは理想主義的傾向が強いようですね。
悪く言えばお花畑。

フランスでのノストラダムスの資料収集

お花畑wwwwwww

ノストラダムス放送

信徒サマナは1999年だかのハルマゲドン信じていたけど、ノストラダムスの放送はお花畑だったかもしれません。

ヴィマラ君「...............」

あの人しゃべれないので途中で停止沈黙してた。

凄くコアな人々が来てる予感

素人にラジオ出演は厳しいでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/955-7964e190

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad