元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 仕事は頑張るのですが、人間関係がうまく形成できずに、すぐにトンコしてしまう自称ダメ人間Tさん。彼のケースでは、明らかに幼少の家庭環境に問題があったと思われます。「甘えたくても甘えられない」「周囲に気を遣って表面を取り繕う」という性格が、幼少の環境要因で形成されているのです。実の親ではなく、親戚の所をたらい回しにされたためです。

 実の両親に愛情をたっぷり注いでもらって幼少期を過ごす。こういうのは近年日本ではなかなか難しいのかも知れません。小生は経済問題等を抱えている人々に日々接していますが、ほとんどの人は幼少期の家庭環境に問題があります。Tさんと同様、実の両親に育ててもらっていないのです。

 幼少期に両親が揃っていないというのは、どういう影響を与えるでしょうか?幸い小生は、そのような環境にはなかったので、なかなか想像しがたいモノがあります。相対的に幸福だった筈の経験から思い起こしてみると、やはり両親が夫婦ケンカをしていた時は、心穏やかではありませんでした。

 小生が中学に入るまでの間に、記憶しているだけで3-4回くらい家の中で大声でケンカしていたように思います。逆に言えば、たったそれだけしか両親が不仲になることは無かったのですが、それでもその時は不安でしょうがなかったです。「どこにも自分の居場所がない」という思いが生起したわけです。

 トータルしても数える程しか子供の前でケンカしたことがなく、現在も一緒に住んでいる小生の両親です。それでも小生が当時抱えた不安は強烈な印象を残していました。だとするならば、離婚して別居してしまう親の子供は、どれだけの不安を抱え、どれほど不安定なものとなるでしょうか?家族崩壊が進んで片親の子供は増える一方ですが、その子供達の将来にどういう影響を与えるでしょうか?

 ある就活生に聞いた話ですが、就活の面接で片親かどうか聞かれることがよくあるといいます。企業の側も、家庭環境が子供に与える影響をよく分かってふるいにかけているのかも知れません。そうだとするならば、片親の子供は、企業への就職→正社員という通常の社会人コースから外れる可能性が高くなるかも知れません。いずれにせよ、小生が関係する所には、そのような人が多く見受けられます。

 ではこの幼少期の家庭環境に問題があり、通常のコースから外れてしまった人をどう修正・修復するか、です。「甘えたくても甘えられない」結果として、抑圧した性格が形成されているケースが多いです。この場合、抑圧された欲求を一旦解放させる必要があります。抑圧によって緊張している心を解きほぐす必要があるのです。

 こちら側の対応としては、最初はとにかく受容・受け入れること。相手はこれまでの人間関係で、自分の居場所・自分が安らげる場所がないと不安になっています。よってその居場所となるような形で、甘~い甘い、大甘対応で受け入れて上げるのが第一歩。当然のことだが、最初から厳しくしていたんでは逃げられてしまいます。相手を優しく受け入れてあげて信頼を得るのが第一歩なんです。

 幼少期に「甘えたくても甘えられない」で、欲求を抑圧していると、大体自己否定の性格が形成されます。「自分が受け入れられていない」と感じ続けてきたわけですから、自己の存在意義を否定することになります。「自分はダメなんだ」「自分はわがままを言える程の価値のある人間じゃないんだ」という心理になります。自称「ダメ人間」の誕生です。

 この自己否定にとらわれている対象を受け入れ、その人の「居場所」を提供し、抑圧してきたわがままを可能な限り容認する必要があります。それによって抑圧されて見ないようにしている内側のフタを開けるのです。

 相手がこちらに心を開いてくると、過去の辛かった体験・トラウマのことなどを話すようになります。場合によっては泣きながらなのですが、その時感じた位の激しい感情を伴っていた方が、解放させるにはいいのではないかと考えます。

(つづく)

コメント


まさに

全ての対人間の物事
人格や組織の中での出来事。
つまるところはそれに行き着くのではないでしょうか。
全ての起因と言っても言い過ぎではないくらいの重要な事、幼少時の家庭環境。

野田さんは家族に恵まれてますよね。
お父上がほんと周りにエネルギーを与えるタイプでポジティブで既成概念に囚われなくてオウム特有のイヤらしさがない方でした。
そういう人に育てられたらやはり家庭環境に問題があった人間には色々な面でかなりな疑問を抱くと思います。

とても関心のあるテーマです。
つづきを期待しています。

どうも

ご期待に添えるかどうか分かりませんが、質問などして頂けると有り難いです


質問ではないのですが
Tさんのような人がどうしたら
回復していけるのかが知りたいです。

余談ですが、最近本屋へ行くと
例えばうつ病のような精神的・
心理的問題に関する本が以前に
比べて多く並んでいるなと感じます。

仕事キツすぎてストレス障害で動けなくなるなんて今はザラだもんね。そりゃ本も増える。

マジメで優秀な人は限界まで頑張るから突然発症するんだよ。

月80時間残業で過労死ラインって忘れてないかな?「そんなにあの子忙しかった?」って認識マヒしてるよね。死なないまでも致命傷は茶飯事。何人も倒れるのを見てきたよ。多くの日本人が危険作業に従事してるのが実態。

我が身を振り返っても月110hは行ってる。ちょっと間違えば倒れるリスクと隣り合わせ。。

うちの会社は、世間一般とは違い、きつい仕事でもないかな。
偶に大変なこともありますが、なんかノビノビやっている感じです。
前に勤めていた会社と比べて。
こんな事だから、ライバル会社に負けてしまうのかも。
残業も余りさせてくれないし。
嗚呼。
と、
「ハードなワークをするぞ!」
とは、逆な感じですが。
その代わりコンプライアンスには超「五月蠅い」です。


>Tさんのような人がどうしたら回復していけるのかが知りたいです。

余り良い内容ではないけど記事にしてみました(来月中頃アップ予定)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/943-6d84cd9f

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 5
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad