元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

革命か戦争一神教終焉表紙

 21億人のキリスト教徒の過半数は、欧米人です。彼等は自分たちが築き上げてきた資本主義と民主主義が、地球を席捲するに至っていることを誇りに思っているでしょう。西洋的価値観が、人類にとって普遍的なものとなったことは、彼等が信仰する一神教の神が、唯一絶対であることを裏付けさせるモノです。そのように考えているかも知れません。そこに至る過程で、彼等は唯一絶対の「真理」を信じない他民族を「野蛮人」とみなし、真理の流布という大義の下、躊躇無く大量虐殺を行ってきました。

 キリスト教徒が、自分たちの神を唯一絶対のものとして、真面目に、何の悪意もなく、どころか本人達は善意のつもりで、布教を続けてきました。インカ文明他中南米の文明を崩壊に至らしめる数百万人規模の大量虐殺さえ、「真理」の御旗の下に正当化してきたのです。

 その姿は、小生には、麻原を「十億宇宙に唯1つの魂」「真理の御魂・最聖麻原ショウコウ」として、唯一絶対の神と崇め立てるオウム信者のそれと重なって映ります。オウム信者らが、一般人を「凡夫・外道」として、「救済のためにはポアもやむなし」と殺人を肯定したのと、瓜二つです。

 「真面目に」「何の悪気もなく」「善意によって」「人々の救済のため」「真理の流布のため」に突き進んだオウム信者らが無差別大量殺人を起こしたように、同じく何の悪気もない真面目で善意のキリスト教徒達が、自らが築き上げてきた現代文明そのものを崩壊させるに至るのではないでしょうか。麻原は、この物質文明が陰陽転換するタイミングで、その雛型パロディーをトリックスターとして演じさせられたのではないでしょうか。これが小生のオウム事件の総括・反省と文明周期説です。

 小生の見解は、未来において国債バブルが崩壊するだけではなく、グローバル資本主義体制が再生不能なレベルにまで崩壊しなければ、部分的にも正しいとは言えません。仮にそうなるとしたとして、上記パラドックス、つまり唯一絶対の真理を掲げる人達が、自らを客観視することなく自滅するという事態を気づけるだろうか、という問題があります。それが小生が、キリスト教会での信者達の「真面目で」「何の悪気もない」「善意の」祈りで感じたことです。それは極めて困難なように思えます。

 小生自身もオウム・アレフに20年以上在籍し、彼等が真摯に修行する姿を見てきました。出家信者に限るなら、あのキリスト教会に来ていた牧師も含め、どの信者よりも真面目に祈りを捧げ、信仰に人生のほぼ全てを捧げてきました。(出家信者)数人の例外を除いては、そう判断できます。アレフ出家信者を、21億のキリスト教徒と比較して、どれだけ真面目に献身奉仕をしているかのランク付けを行ったなら、恐らく数人の例外を除くほぼ全ての出家信者は、上位1%以内(2100万人)に入ってもおかしくないです。いや、0.1%、あるいはゼロをもう何個かつけてもいいのかもしれません。

 それくらい人生全てを捧げて「真理だ!真理だ!真理の実践だ!!」と必死にやっている人達ですら、誰1人としてそのパラドックスに気付けなかったのです。事件が起こるに至り、自分自身が痛い目に遭わなければ分からなかったわけです。では平均してそのオウム信者らより、相対的に不真面目な21億のキリスト教徒、更には彼等の作り上げた価値観を何の信仰もなく有り難がっている日本人他が、このパラドックスに気付けるでしょうか?まず無理。

 勿論上記小生の理論は、現実に「国債バブル」が弾けた上で、更に経済がメチャクチャな状態にでもならない限り、単なる懸念であり絵空事に過ぎません。これらの見解は、今日に始まったことでもなく、これまでにも拙ブログにおいて何度か述べてきました。それをオウムウォッチャー含めたマスコミ・公安庁・警察関係者らも見ている筈ですが、特段の突っ込みもありません。「誰にも相手されていない」というのが正確なところかも知れません。

 ノアは大洪水に備えて、数十年かけて箱船を建設しましたが、その間中笑いものにされました。ノアを笑った人達は洪水に飲まれて死んでしまいました。その時船上でノアは何を考えていたのでしょうか?小生は、今の所潜水艦や巨大船を購入する予定も建設する予定もないですが、ノアと共有するのはキチガイ扱いだけで十分です。

 それよりむしろ、表向き社会からは相手にされなくとも、小生と同じように、いや、小生以上に社会から阻害され居場所がなく追い込まれた人達に手を差し伸べることです。この現在の活動が継続できるなら、それはそれで良いと考えます。これは国債バブルが弾けず、経済が回っていく限り、続けられるでしょう。つまり皆さんが、社畜…、じゃなかった、企業戦士として頑張って資本主義を支えて頂けるなら、それは生活保護制度を利用する生活困窮者にも、困窮者支援をする小生にとっても、皆さん方にとっても全て丸く収まる解決策なのです。

 どう考えてもその解決策が破綻するとしか思えない小生だけが、キチガイでありますように。

コメント


キリスト教やグローバル資本主義などを絡めて
貧窮ビジネス肯定したいだけ。

筋を通せよ。迷惑なんだよ。


はいはい、イーモバイル君

野田を否定したいだけ

いつもありがとうね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/899-79167c6d

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad