元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
松岡前農水相自殺と子供いじめ問題

 死人にむち打つという意図ではない。私自身も考えたこともあるから、自殺する人の気持ちも分かるし、人ごとではない。と、断った上で、松岡前農水相の自殺について考察してみる。

seiji.jpg 緑資源管理機構の問題にしろ、事務所経費問題にしろ、つつかれる問題が細かくなってきたな、という感がある。政治と金の問題に国民・マスコミがうるさくなってきた。同時に政治家の規模もどんどん小粒になっているな、と思うのだ。それに応じて世の中、ルールだ法律だ、とどんどん堅苦しくなっている。そのルールからはみだそうものなら、すぐにやり玉に挙がる。なんともせせこましい世の中だ。

 せせこましいと評価するのは、大きな流れでの地球環境問題、経済格差の問題、財政問題、少子化問題など、山積する大問題と比較してのこと。政治の世界がせせこましい問題の揚げ足取りに終始しているかに見える。細かい揚げ足取りを好む大衆へのアピールなんだろうけれど。国家のリーダーシップは本当にそれでよいのか?

 そう思っていたら、日経ビジネスで似たような記事が出ていた。以下引用。


 それにつけても、思うのはマスコミの皮相的な波状攻撃である。とりわけテレビと週刊誌は、このところほとんど末梢的ですらある。憲法問題、アジア外交、少子高齢化対策、中央と地方の関係…。真正面から取り上げるべき骨太の問題がたくさんあるのに、揚げ足取りに似た問題を追って狂奔する。当人がたまりかねて自殺すると、カメラの前で、神妙な顔をして、アナウンサーやコメンテイターが「ご冥福をお祈り申し上げます」と頭を下げる。自殺する人間も人間だが、一方通行の全体主義的皮相攻撃を繰り返す側も、みなチマチマとして矮小だ。

 チマチマ問題を取り上げるのは、それを視聴者や読者、ひいては国民が喜ぶからである。ということは、国民全体がチマチマと矮小化したことになる。

 大悪をなす者は大善もなす。少なくとも、なす潜在性を有する。水清ければ魚棲まず―とも言う。清濁合わせて呑む―とも言う。他人のアラを追うことのみに熱心になり、重箱の隅を突くような攻撃を繰り返しているうちに、日本は国本来が有すべき男らしさを失っていくことだろう。


 私は決して談合や不正な政治資金を良しと考えるわけでもない。しかしこれらを完全になくそうとすれば、極めてギスギスした堅苦しい政治になろう。同時に世の中一般も、非常に細かいルール・法律で縛られた堅苦しいものになろう。

 私は日本の社会において、うまく物事を進めようとすれば、ある程度個々の信頼関係・人脈・コネを使う必要もあると考える。そうするとどうしても、そのコネに便宜をはかってやる必要も出てくる。それら全てを公明正大にやれというと問題が出てくる。コネに与らない人が嫉妬するのは間違いない。だからある程度の秘密も仕方ないこともある。全体を方向付ける為の必要悪ということだ。

 しかし現代は、あらゆる価値観が混在していて、方向性がない。個人主義に陥り、各自が自分の立場で言いたい放題である。衆愚政治の様相も呈している。これでは到底大きな問題には取り組めない。そして小さな問題に汲々と縛られ攻撃にさらされる。そして小さな攻撃にもすぐにダメージを受けてしまう感がある。

gakko.jpg 同じ事が子供の社会にも起こっていると感じる。それが「いじめ」だ。子供は大人の背中を見て育つが、同じ問題が投影されているのではないか。実際教育の現場でも随分とうるさくなった。ちょっと子供に手を挙げれば親・教育委員会が黙っちゃいない。教師そのものがせせこましくなっている。子供を傷つけないようにと神経をとがらせる。価値基準が均質化された状態で、ちょっとでもはみだすところで異端視されてしまう。子供も大人もそれを恐れている。要するにナイーブになりすぎて、簡単に傷つきやすくなっているのではないか。

(つづく)

コメント


いじめとの関係がいまいちわからん

お世話になっております

おもしろいもの見つけました!

http://z.la/vgie1

↑  ↑  ↑  ↑

インターネット上で売られている稼ぐ方法のマニュアルはダマシが多いです。

下記のサイトを見ると情報商材にいかにダマシが多いかよく分かります。

みなさん、気をつけましょう。

情報サイトレビュー評価サイト インフォギャップ
http://infogap.net/

チマチマ蒟蒻ゼリー

蒟蒻ゼリーで窒息死の事例が再発して、禁止の圧力が大きくなっている。もともと蒟蒻ゼリーの窒息死の危険は知られていた。
年始の餅での窒息死は毎年のように出ているが、あまり問題にされていない。何か変だ。
餅は幼児より高齢者が口にすることが多いが、カップゼリーは幼児が食べることが多い。このあたりに何かありそうだ。

いっそのこと、餅もゼリーも飴も、お粥のように流動食にすることを義務付けして、レトルトパックをチューチュー吸えばかなり安全。これなら誰も文句はないだろう。

全国の一口ゼリー愛好家の皆さんのためにゼリー禁止を回避するなら、パッケージに赤黄色で「!!吸って食べると危険 死亡する恐れあり 乳幼児、お年寄りの方は食べないでください!!」と大きく明記して置くくらいしかないだろう。もともと危険を有する食べ物であることをはっきりと明記。
これなら誰も文句はないだろう。

この先どうなるかは、訴訟大国アメリカを見ればOK。前例となる国があるから、何も問題ないよね?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私は日本の社会において、うまく物事を進めようとすれば、ある程度個々の信頼関係・人脈・コネを使う必要もあると考える。そうするとどうしても、そのコネに便宜をはかってやる必要も出てくる。それら全てを公明正大にやれというと問題が出てくる。コネに与らない人が嫉妬するのは間違いない。だからある程度の秘密も仕方ないこともある。全体を方向付ける為の必要悪ということだ

マンションとか、、、?
コネに与れる人は、お互いに持ちつ持たれつよね

異物、ストレス要因に対する過剰反応

絶対善の追求は間違いなのか?善くあろうとすること自体はOKなのかもしれないが、絶対善の方向を極限的に突き詰めた結果が異物、ストレス要因に対して過剰反応を引き起こして炎症状態に陥り、自組織そのものを痛めつけてしまう、アレルギー反応に近い様相をあらわす。極端に交感神経優位の状態になっているのが、現代の精神バランスの失調の特徴かもしれない。

お人よしで責任感が強く、いろいろ溜め込みがちだと、大きなストレス要因が加わると交感神経の極度の緊張、ショック状態が引き起こされると悲劇にまで発展するのか。

慈悲深きキーマンに際限なくさまざまな期待という荷重をかけ続けて、最後に十字架にかけられて「おわり」を迎える。そんな構図がいろいろなレベルで引き起こされているのがこの世界における勘違いされた救いの構造なのだろう。

理論先行

>緑資源管理機構の問題にしろ、事務所経費問題にしろ、つつかれる問題が細かくなってきたな、という感がある。
 緑資源管理機構の問題は、かなり巨額な談合事件ですが。
 でも松岡元農相はまだ捜査の対象にはなっていませんでした。
 しかもマスコミの追求が一段落して小康状態に入っていた時期に突然自殺したので、他殺説など色々な疑惑も取りざたされました。
 でも一応は遺書も発見されましたので、真相はこの辺りでしょうかね。
*立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」第108回
 「謎の自殺」遂げた松岡農水相 安倍内閣が抱える「闇」の正体 2007年5月28日
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070528_yami/


>政治と金の問題に国民・マスコミがうるさくなってきた。
>同時に政治家の規模もどんどん小粒になっているな、と思うのだ。
>それに応じて世の中、ルールだ法律だ、とどんどん堅苦しくなっている。
>そのルールからはみだそうものなら、すぐにやり玉に挙がる。なんともせせこましい世の中だ。
 政治家が小粒になってきているのはその通りですが、政治献金問題などにうるさいのは昔からですけど。

>せせこましいと評価するのは、大きな流れでの地球環境問題、経済格差の問題、財政問題、少子化問題など、山積する大問題と比較してのこと。
>政治の世界がせせこましい問題の揚げ足取りに終始しているかに見える。
>細かい揚げ足取りを好む大衆へのアピールなんだろうけれど。国家のリーダーシップは本当にそれでよいのか?
 国民を意図的にミス・リードするために比較的小さな問題を多きく取り上げるのは、良くある事です。
 数年前の民主党のメール問題の際は、姉歯問題などのより大きな事案が吹き飛んでしまいました。

>私は決して談合や不正な政治資金を良しと考えるわけでもない。
>しかしこれらを完全になくそうとすれば、極めてギスギスした堅苦しい政治になろう。
>同時に世の中一般も、非常に細かいルール・法律で縛られた堅苦しいものになろう。
 要するに、世の中を堅苦しくしないために「ある程度の談合や不正な政治資金はOK」だという事ですか。

>私は日本の社会において、うまく物事を進めようとすれば、ある程度個々の信頼関係・人脈・コネを使う必要もあると考える。
>そうするとどうしても、そのコネに便宜をはかってやる必要も出てくる。
>それら全てを公明正大にやれというと問題が出てくる。
>コネに与らない人が嫉妬するのは間違いない。
>だからある程度の秘密も仕方ないこともある。全体を方向付ける為の必要悪ということだ。
 要するに、日本は近代的な法治国家でなく中国・北朝鮮のような前近代的な人治国家にすべきという事ですか。
 人間界が縁を根本としているのは否定しようのない事実ですが、要は「信頼関係・人脈・コネ」などを何のためにどの様に利用するかの問題だと思うのですが。
 もし「信頼関係・人脈・コネ」を汚職に使うのを良しとするならば、いずれエスカレートして日本も中国のような汚職大国になるでしょうね。

>しかし現代は、あらゆる価値観が混在していて、方向性がない。個人主義に陥り、各自が自分の立場で言いたい放題である。
>衆愚政治の様相も呈している。これでは到底大きな問題には取り組めない。そして小さな問題に汲々と縛られ攻撃にさらされる。
>そして小さな攻撃にもすぐにダメージを受けてしまう感がある。
>同じ事が子供の社会にも起こっていると感じる。それが「いじめ」だ。
>子供は大人の背中を見て育つが、同じ問題が投影されているのではないか。
>実際教育の現場でも随分とうるさくなった。ちょっと子供に手を挙げれば親・教育委員会が黙っちゃいない。
>教師そのものがせせこましくなっている。子供を傷つけないようにと神経をとがらせる。
>価値基準が均質化された状態で、ちょっとでもはみだすところで異端視されてしまう。
>子供も大人もそれを恐れている。要するにナイーブになりすぎて、簡単に傷つきやすくなっているのではないか。
 それを「いじめ問題」の要因とするにはあまりにも一面的過ぎるのでは?
 理論先行というVT正悟師の論調の特徴が良く出ているとは思いますが。
 

故 松岡農水相について

ご存知かもしれませんが、ご参考までにどうぞ。

◇松岡利勝農相「暗殺」を示唆する各種参考データ
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/118.html

◇国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/89-2b44c726

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad