元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
◆2003年10月13日
子供のトマト嫌いを直すには… 喜び・幸福とは何か No.8

 では、前回の続きです。皆さんが喜び・楽しみだと思ってるもの、これが結構いいかげんな周りからの情報や、思いこみ(記憶修習(きおくしゅじゅう))で決まってるということでしたね。これを実例で示したいと思います。

k8.jpg 皆さんはトマト好きですか?
 トマトジュースとかどうですか? 嫌いでもないけど、そんなに好きでもないですか?はい、わかりました。トマトとか野菜が嫌いな子供って多いですよね。そんな野菜が嫌いな子供に、親も、好き嫌いなく野菜を取らせるのに苦労しますよね。実はそんな話なんですが、私の知り合いのW君の小さい頃の話です。

 トマトが嫌いな少年W君、今日も食卓にトマトがどっさり並んでいるのをみてうんざりします。

「また嫌いなトマトかぁ~、食べろってうるさく言われるかなぁ~」

 しかし、なんだか今日は家族の様子がちょっと違います。普段はW君に好き嫌いをなくしなさいと小言をいうお母さんも、あまり「食べなさい」とうるさく言いません。その代わりに、トマトをパクパクおいしそうに頬張り続けています。

「あー、トマトってなんておいしいの!」

 お母さんだけではありません、食卓を共にしているお父さんもおばさんもトマトを口にしながら、

「あー、トマトおいしいねぇ~、こんなおいしいものが嫌いな人がいるなんて信じられない……」

「そうよねぇ~」

 W君は少し自信がなくなってきました。

「トマトってひょっとしておいしいもんなんだろうか?」

 周りにつられてW君も恐る恐る一切れ、トマトに手を出してみました。すると……

「あれ、なんかちょっとおいしい……、まずいと思ってたのは気のせいかなぁ~」

 戸惑いつつも、何切れかトマトを口にするW君を横目でみながら、家族はほくそ笑んでいます。

「トマト“みんなで大好き作戦”成功!!」

 何のことはない、みんなでW君のトマト嫌いをなくすために、ワザとおいしそうに食べていたんですね。

 それに薄々気づいたかW君、後日考え直しました。

「あの時はトマトをおいしいと思ったけど、あれは錯覚じゃないだろうか?うーん、そうだ。多分錯覚に違いない! やっぱりきっとトマトはまずいに違いないんだ!!」

 そう思い直したW君、次にトマトを食べた感想は如何に……

「やっぱり、まずい!!」(あらら……)

 周りの家族の情報でおいしいと思ったり、自分の思いこみでまずいと思い直したりで、旨い・まずいって決まっちゃうんですね。え、子供だから単純なんだって? いえいえ、大人も似たようなものなんですよ。その例はまた次回。(つづく)

コメント


発想の間違い

おいしい、まずい、という二元論を実体として捉えてしまった例ですね。
おいしい、という感覚が錯覚だとわかったのならなぜ、
まずい、という感覚も錯覚であり、実体がなく、
単に感覚、感想、識別が変化したんだ、と認識しなかったんでしょうね。
最初自分が感じていた「まずい」が真理だと思い込んでしまったこと、
オウム真理教から連綿と続く「過ち」と結構似ていませんか?(笑)

↑その通り

昔修行真理の実践が幸福だと思っていた。
今それでおもいっきり不幸になっているのに、それでも幸福だと思い続けている。

ま、幸福だと思っている人もいるみたいで、「お幸せに~」。

VT正悟師

キャンディちゃんには、
投稿者が修正・削除できない掲示板をあげた方が良かったのでは?

↓たとえば、こんな感じの掲示板です。
http://jbbs.livedoor.jp/study/4390/bonchi193.html

昔、VT正悟師が使っていた掲示板と同じものです。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

掲示板

FC2に埋め込むとしたら、FC2のやつしかダメなんじゃないかな?

「真理修行」とは(笑)

そもオウムの真理修行とは、
現実の不幸を直視しないための方便に堕していたのではなかったか・・。
尊師がそう意図していたかどうかはともかくとして、
結局在家、出家を問わず、信者たちはそのように修行を利用していなかったか・・・。

その習性から脱却しなければ、
やはり今の不幸も、「カルマ落とし」「祝福」などの名を使って、
直視することをやめないだろうし、
そんな人たちに「直視しろ」なんて言っても、彼らは恐怖し、嫌悪されるのがオチでしょう。
いわば、「塞翁が馬」の誤用、という要素も多いでしょうな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/87-659132f0

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad