元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

革命か戦争一神教終焉表紙

 前回記事で、ペトロから始まる「殉教」と、イエスの「敵を愛せ、迫害するものの為に祈れ」が相克することに触れました。信仰対象の絶対的神と対立する悪魔に象徴される二元的思考が、その矛盾・葛藤を生むことになります。この問題点について、かなり良いところまで表した小説に、遠藤周作氏の「沈黙」があります。「沈黙」のあらすじを、wikiより以下に引用します。

----------------------------
 島原の乱が収束して間もないころ、イエズス会の高名な神学者であるクリストヴァン・フェレイラが、布教に赴いた日本での苛酷な弾圧に屈して、棄教したという報せがローマにもたらされました。フェレイラの弟子セバスチャン・ロドリゴとフランシス・ガルペは日本に潜入すべくマカオに立寄り、そこで軟弱な日本人キチジローと出会います。キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴは隠れキリシタンたちに歓迎されますが、やがて長崎奉行所に追われる身となります。幕府に処刑され、殉教する信者たちを前に、ガルペは思わず彼らの元に駆け寄って命を落とします。ロドリゴはひたすら神の奇跡と勝利を祈りますが、神は「沈黙」を通すのみでした。逃亡するロドリゴはやがてキチジローの裏切りで密告され、捕らえられます。連行されるロドリゴの行列を、泣きながら必死で追いかけるキチジローの姿がそこにありました。
 長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行の井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられます。奉行所の門前では、キチジローが何度も何度もロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは、追い返されています。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じません。
 神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかけます。その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾(いびき)のような音を止めてくれと叫びます。その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾なぞではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げます。自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れます。
 夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになります。すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。そのとき踏絵のなかのイエスが「踏むがよい。お前のその足の痛みを、私がいちばんよく知っている。その痛みを分かつために私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだから」と語りかけます。
 こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねます。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかけます。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」(略)
----------------------------

 江戸時代、幕府はキリスト教を禁止し、信者・宣教師を弾圧しました。その弾圧下で「殉教」していったポルトガル人宣教師も多くいましたが、中にはキリスト教を棄教した宣教師もいたといいます。「沈黙」が実話を元にしているのかどうかは分かりませんが、棄教したロドリゴ・フェレイラのモデルは存在していたらしいです。

 二元的信仰の葛藤を突いているのは、上記の太字箇所です。ロドリゴと信者達は、「穴吊り」という拷問に処されている設定です。穴吊りとは、汚物を入れた直径1メートルほどの穴の中に逆さ吊りをすることです。頭に血が集まるが、簡単に死なないように、わざわざこめかみに小さな穴を開けて血を抜くこともしていたといいます。

 問題の場面をもう少し詳しく。殉教するつもりで穴吊りの拷問を受けていたロドリゴ。その隣で多数の信者が同じく穴吊りに処されています。信者らは苦しくて「転ぶ、転ぶ」と棄教することを訴えますが赦してもらえません。ロドリゴに対して「お前が転べば隣の信者共々赦してやる」という選択が突きつけられます。ここで究極の葛藤状態に陥ったロドリゴは、神の奇跡が起こることひたすら祈りますが、何の奇跡も起こりません。神は沈黙を守り続けるだけです。

 拙ブログを覗いている何割かの読者は、現役アレフも含めてまだ麻原絶対信仰を有していると思われますが、あなたならどうしますか?

 遠藤周作の代表作ともされるこの作品は、1966年の発表後、大きな評価を受けながらも、カトリック教会に否定され、一部教会では長期間にわたり禁書扱いにされました。それだけ神聖不可侵とされる信仰の究極問題を、えぐり出しているとも言えます。

(つづく)

コメント


グルの教えが有るのに、キリスト教ナンデスかぁ?

ファンとしては、こういう重い内容を真っ直ぐに斬り込んで扱って下さるのが、一番嬉しいです。

私事では、疲れで暫く薄呆けた感覚で居たのですが、
ほんの数年前まで折角宗教絡みで面倒臭い想いをしたのはなぜだったのか…と、目が覚める気がしました。

こうした記事、書かれる際というのはエネルギーもかなり酷使されることと存じます。

そう云いつつ恐縮なのですが、お忙しい最中、差し障りの少ない範囲でまたお書き下さったら、とても幸いです。

>書かれる際というのはエネルギーもかなり酷使

書くときはそうでもないです。4は結構手抜きです(笑

結果がどうなるかも分からない所、理想・理念を持って突っ込んでもがくという行為の方が大変ですね。その経験の要素を抽出するとこういう話に行き着きます。


偶像崇拝が問題ですね。
踏み絵に躊躇する必要はないと思います。
宗教心は、こころの中で暖め育っていくもの。
誰にも盗めないし壊すこともできないはずです。

待てば回路の日よりあり。
命あってのものだねですよ。

的外れのコメントだったら御免なさい。







こんにちは、どうも。

似たようなこと思いましたよ、宣教師が
「あれはキリストの像じゃなくて、単なるでこぼこの金属だからみんな踏みなさい」
と言っていたとしたら…

でも多分それでみんな踏んだら、全員穴吊りで「転ぶ」っていうまで拷問なのかもしれませんが。。

ソンシは、踏み絵があったら踏みなさいとおっしゃっていたそうだ

道の上にソンシの踏み絵があった。
その先を進めば、グルが望んでいる大金をお布施してくれる家があるのだが、住民が妨害しているのだ。
ブサイクな踏み絵と大金とどっちをとるか、グルの答えは決まっている。大金があれば整形も可能だ。
幹部Aは踏み絵を踏んだ。
幹部Aの悲鳴が聞こえた。
踏み絵の下は深く陥没し汚物が流れていたのだ。

住民は2ちゃんねるでつぶやいた。
せっかく穴に落ちないようにふさいでたのに・・・。
人の慈悲を無にして。



>江戸時代、幕府はキリスト教を禁止し、信者・宣教師を弾圧した。

奉行所 三代将軍家光公は未来物マイトレイヤ麻原ソンシです。ソンシの命令は絶対です。キリスト教は外道です。よってポアします。

そのカルマが返ってきて今生弾圧されたことになってるらしいけど、ホンマかいな。

前世でも拷問して、今世でも拷問したのは誰!?

>ここで究極の葛藤状態に陥ったロドリゴは、神の奇跡が起こることひたすら祈るが、何の奇跡も起こらない。神は沈黙を守り続けるだけである。

スパイ容疑をかけられてグルにポアされた人いましたよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/859-87587723

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad