元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★荒らしの常習犯が来るたびコメント承認制になります★ 累積賠償額916万円 

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

革命か戦争一神教終焉表紙

 AKB48峰岸とAV女優の謝罪が炎上商法ではないか、と前回書きました。謝罪と言うことで小生が思い浮かべることの1つに、2年ほど前の焼き肉酒家えびす社長の土下座謝罪があります。以下はその動画(後半関係ないマンガ映像がありますが、適当なのがありませんでした)。これについては「わざとらしい」「うわべだけ」という辛辣な評価も多数なされました。



 勘坂社長はこの数日前に「逆ギレ」とも受け取られかねない会見を行っており、「その後の世論を見て形だけの土下座をしたのだろう」という評価でした。



 謝罪ということでは、小生含め元オウム信者らは、教団が起こした一連の事件に関して、被害者・遺族のみならず日本国民全てに謝罪し続けるべし、という立場にあります。とりわけ自分自身も事件後数年間は、教団の殺人教義を肯定するメッセージを当時の現役のみならず脱会信者にも発した身です。勘坂社長の土下座を責め立てあげつらう根拠などどこにも持ちようがありません。小生としては…

「そりゃあ~、本人心底、折角努力して成長させてきた会社がここに来てこんなことで潰れてしまうなんて悔しいだろうし、被害者のことより自己保身で言っているかも知れないけど、もうそれくらいで赦してあげればいいじゃん」

 というところなのですが…(人のこと赦さなければ自分が赦されるわけがありません。ちなみにこの社長、その後10億超の負債を抱えて自己破産しています)。

 東京電力等、意図的ならずとも多大な被害を引き起こした企業・経営者らが、土下座含めた謝罪をします。しかし「おお、この人達は本当に反省している、赦してやろう」と世間的に受け入れられた話は聞いたことがありません。個々人が個別見解として赦すことはあっても、世間一般としてそうならないのはなぜでしょうか?

 その大きな要因の1つ。土下座して謝罪する側にしろ、赦す側にしろ、それぞれの思考を裏読みして思考が複雑化していくので、単純な「謝罪」→「赦す」が存在しえなくなります。振り込め詐欺他の犯罪が、取り締まり側とのいたちごっこになるのと似ています。これは(何も知らなかった末端信者は別として)半ば確信犯的に事件を引き起こした教団幹部として、謝罪が世間的に受け入れられようもない、と開き直っているわけでもありません。自分なりには、どう被害者・遺族の方々に向き合えばいいのかを考えてもいるつもりではありますが…(末尾日記参照)。

 これについて、何度か拙ブログでも取り上げたことのある仏典の話を。小生仏典については、教団が研究していたモノしか知りませんが、複数の人間がパーリ語の原典から訳していたので、それが真実だという前提で。その経典は「転輪王獅子吼経」とかいう名前だったと思いますが、人間の寿命が8万歳だった頃から、堕落して寿命が10歳になるまでの流れが書かれています。その途中の段階の話として、

①ある人が貧しく食べるものもなく、窃盗して捕らえられる
②王の前に引っ立てられ尋問された結果、王は「この人は貧しくてしょうがなかったから窃盗をした。可哀想だから財宝を与えよう」ということで、財を与えられて釈放
③同じく何人かの貧しい人が窃盗するが、財を与えられて釈放
④人々の間で「貧しくて窃盗した人は財を与えられる」という認識が広まる。
⑤よこしまな考えの人が「自分も窃盗して財をもらおう」と考え窃盗する
⑥よこしまな人が増えたため、王は「これでは国家財政が持たない」として窃盗犯の頭をかち割る
⑦人々の間で「窃盗犯は頭をかち割っても良い」という認識が広まり、人々が武器を持つようになる
⑧「頭をかち割られる」と恐怖する窃盗犯達は、捕まえられると「自分は窃盗をしていない」とウソをつくようになる

 このような過程で10悪(殺生・偸盗・邪淫・妄語・綺語・悪口・両舌・貪り・嫌悪・無知)がはびこり、人間の寿命が縮まっていくと記されています。

(つづく)

◆おまけ

 高橋シズエさんと電車で偶然となりに座る(過去のミクシー日記)

----------------------------
あーびっくりした【転載禁止】編集する2010年12月08日23:00
さすがに私もこの人を目の前にすると緊張します。

今日お茶の水まで行く電車で、偶然高橋シズエさんと隣り合わせになりました。高橋シズエさんとは、あの地下鉄サリン事件の際にはほぼ必ずといっていいほどテレビに登場する被害者の代表世話人です。その彼女とばったり遭遇、夫が亡くなったあの千代田線で。こちらは綾瀬から。あちらは北千住から乗ってきました。町屋を過ぎた当たりで、横を向いてお互いに気がつきました。

数年前に図書館でもあったことがあるから、お互いの顔は知っていました。向こうから話しかけてきました。とはいっても、気まずい沈黙をやぶるほんの軽い挨拶のような内容。

「今日はどちらに行かれるんですか?」

「ちょっとお茶の水の方まで用事で」

そこから私が本のことで突っ込んでみました。

「あの…、例の本読んで頂けましたでしょうか?ちょっと衝撃的なタイトルだったかとは思いますが…」

拙著「革命か戦争か」を出版時に献本していたのです。

「読んでません(キッパリ)!」

「そうですか……。あの…、最近の活動についてご説明させて頂きたいんですが…。」

「いいです。滝本先生に話しておいて下さい!」

それなりに気まずく重苦しい雰囲気になりました。が、双方ともそのまま席を立たずに並んで座り続けました。一応新御茶ノ水で私が先に挨拶して降りました。
----------------------------

コメント


被害者の心情

は、そういうものでしょう。
わたしでしたら、知らないふりをします。

ところで、在家信者って、
教団を会社に譬えるとどういう立場なのかと。
アルバイトかと考えていた時期もありましたが、
やはり、お客でしか ないと思うようになりましたね。
お金をさし出すだけですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/855-11daccc1

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad