元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
過去記事8,9を飛ばしてます。


◆2003年10月17日
芸能人にみる恋愛感情 広末涼子  No.10

 今回は、異性との恋愛感情をとりあげて、前回の食べ物と同様に、恋愛の喜びも周囲からの情報や思いこみ(記憶修習(きおくしゅじゅう))によるものであるという話をしたいと思います。

 恋愛は、初めは身近にいる人の中で、何となく良いなぁと思っている人と親しくなっていって何となく始まりますよね。初めは相手のどこが好きだというのも漠然としていますね。

 ところがそこから相手のことが好きになっていくと、どんどん深くはまっていく過程があります。この過程では「恋は盲目」とよく言われるとおり、周囲の意見も耳に入らなくなって、状況や相手の性質について冷静な判断ができなくなることがしばしありますよね。
 そうなると「あばたもえくぼ」というように、相手の欠点でも、それが長所に見えたりしてしまいます。

 例えば相手の女性が、いろんな指摘をズバズバしてくる人だとしましょう。客観的に見て少しきつい性格・批判的な性格であったとしても、それが恋愛の対象である場合は、往々にしてそのきつい性格も良く取ってしまいます。「ああ、この人は物事をハッキリと言ってくれるいい性格なんだな」と。

 こうなってしまうのは、実は自分に原因があって、恋愛対象の中に喜びを見出そうとして思いこんでいるのです。恋愛の対象から喜びを感じたいがために、無意識のうちに相手のいろんな点をいいものだと自分に思いこませているのです。それによってどんどん対象そのものを肯定していき、「この人は特別だ!!」「こんなに純粋な人はいない!!」という思いに至ります。

 なぜかというとですよ、逆にもし自分のつきあっている女性が、どこにでも転がっているようなそのへんのおばさんと変わりないとしたら、相手に対する気持ちはどうなりますか? やっぱり冷めますよね。特別にいいものだと思いこむことで、喜びが増すわけですよね。

 ですから、芸能人の結婚会見などで良く聞くやりとりは、

記者「相手のどこが好きですか?」
男「全部好きです」
女「私も全部!」

となりますね。お互いの異性の好みが100%ピッタリマッチしたカップルがゴロゴロいるというのは、偶然に起こることではないですね。これはみなそれぞれが、恋愛の対象がいいものである、その全てがいいんだと思いこんだ結果なのです。

 そして話を遡らせますが、恋愛の初期に、身近な人の中から「あの人なんとなくいいなぁ」と思ってしまうのも、実は身近な対象の中で喜びを見出そうとしているからなのです。いわゆる男性が女性に対して「品定め」の視線を向けるということがよくありますが、これも同じで、どこか対象に楽しめる要素がないか探しているわけです。

 その結果として、毎日毎日接していると、初めは違和感を感じていたり、変な人だなと思っていた人が、なんとなくよく見えたりしてしまうのです。

 私の体験ですと、例えばNTTドコモの広告で良く出ていたタレントの広末涼子さん。数年前に初めて彼女が出てきた時は、「何か宇宙人みたいな顔した人だなぁ(ゴメン)」と思ったのですが、インターネットなどで何度も見るうちに「あれ、結構綺麗だなぁ、おかしいなぁ……」と変わってしまいました。

 しかしまたしばらく見ないと宇宙人に逆戻りしていました。


コメント


広末星人。

2003年の野田星人!他の星の人を語る!!
結構 ゆうこりんといい、やっぱり 星系に くるらしい!

「最近はどんな子がかわいいか」は広くは、時代でかわりますからねー!

恋愛データ統計みたいな 質問に答えたら、
dakeさんの恋愛感はほとんど壊れていて、このままでは一般とそぐえない・・・・とでました。。。

ショク。しかし、友人に、「おまえに好みというものはないのか?」と言われ続ける。。。。

「ないね!」w

まったく記憶で学習してないようです:;
においで嗅ぎわけてるwフシがあります。ので、じわりじわりいいなとおもったことも

ありません・・・・

私はロボ系がすきです!

もちろん。

えがちゃんも範囲内。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/83-6d0f0a68

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 5
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad