元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 今回は弁護士に送ったファックスそのまま引用の手抜き記事です。ただA氏に対する支援スタンスはご理解頂けると思います。

----------------------------
●●法律事務所
弁護士 ●● 様

 昨日連絡頂きましたNPOみどりの家族の野田と申します。
 本日X市福祉課にて、A氏の保護決定が出ている筈です。しかし書面にて郵送となる可能性も高く、現時点でこちらには連絡が来ていません。決定直前に逮捕されるというケースは、当方も経験がありません。長期の勾留ともなれば、いずれかの時点で保護廃止となるでしょう。

 保護費については、恐らく10月11日以降の10月分と11月分で、約18万4000円程度出る予定ではないかと思います。その内訳ですが

①家賃相当分(物件所有者へ支払)
②X市社会福祉協議会よりの生活費一時金借り入れ 
③野田個人より借り入れ 
④賃貸契約に当たり初期費用の敷金相当分

①ー④を差し引いて残りは7万円となりますが、更に事件を起こす前日、住居にて同居人2人に暴力を振るった上で、携帯電話及び26000円を借りて(というか脅し取ったに近い)います。同居人は、61歳男性(D氏)と75歳位の男性(C氏)ですが、D氏はヘッドロックをされ、それを見ていたC氏も「怖くなったので言われるがままお金を貸してしまった」とのことです。2人とも「もう一緒に住むには怖くて嫌だ」と言っています。彼は酒を飲んでいたらしいです。

 いずれにせよ、起訴を避ける選択肢としては、被害者への賠償を保護費から捻出して行うしかないとは思います。但し、役所側からしても(あるいは世間一般からしても)、国家財政が厳しく国民生活も厳しいモノを強いられる中、「生活保護費から賠償する」という内容は、虫が良いと受け止められかねませんし、決定そのものを覆される懸念もあります。X市福祉課の担当者と連絡先は以下の通りですが、いつの時点でどのようにご連絡されるかは先生にお任せします。当方は、土曜日以降郵便物を確認しに行って参ります。

X市福祉課ケースワーカ ●● 電話xxxx

★以下本人の更正の資料として、時間があればお目通し下さい

これまでの経緯

10/11頃
野田知人の不動産屋社長(M氏)より「こいつは出所したばかりでホームレスだから、野田の方でどこか住居提供してやってくれ」との依頼有り。M氏はA氏が先頃出所する以前に、トラブルを持ちかけられたことがあったらしい。M氏も空き不動産を持っているが、「それならMさんの空き部屋で生活保護取れるようにしてあげましょうか?」と言うと、M氏は拒否。これまで何度も刑務所の出入りを繰り返しているとのことで、早晩また逮捕されることも予想されたが、当方管理の空き部屋に案内する。

10/14頃
X市で生活保護申請の後、お金が受給できるまでの一時金をもらう手続き。当方のこれまでの経験上、ホームレスだった人はお金の管理ができないので、預かったお金を半分か3等分するかして、本人に順次渡すようにしており、これについての事前説明を本人も納得していた。ところが、いざ役所にB氏が同行して1万円がA氏本人に渡されると、「お金は俺が借りたモノだから、俺が管理する、1ヶ月これで過ごすから大丈夫だ」と強弁し、B氏に預けることをしなかった。当方らは、1万円で1ヶ月過ごせる筈がないことを十分に予想しながら、「じゃあそれで1ヶ月過ごせなかったら今度はこちらでお金を管理させてもらうことになりますから、約束して下さい」と本人と約束する。

10/26
案の定、本人から「お金がなくなった」と連絡が来たので、別紙覚書に署名させ、しばらくの間こちらでお金を管理することについて約束させる。野田がC氏に一万を預け、一日当たり500円ずつ渡してもらう話をした。

11/6
酒を飲んでD氏にヘッドロック、C氏を脅して25000円を借り、D氏から携帯と1000円を借りて、翌朝最寄り駅よりどこかに出かける。翌日無銭飲食で逮捕。

以上が当方とA氏の関わりの全てです。以下当方の支援活動についての説明、具体的手法などについてです。

当方は元オウム幹部です(私の過去については『職業上知り得た秘密』とは多少違いますがA氏他には他言なさらないようお願いします)、事件の謝罪反省等の絡みもあり、現在はホームレス支援含めた貧困層の支援活動を行いながら賠償を行っています。

正直に申しまして貧困に陥る人には、当人達にそれ相応の原因があって貧困という結果を招きます。その原因は個々様々ですが、お金の管理ができない、無駄遣いをする、約束を守らない、物事の責任をキチンと果たさない、見通しが極めて甘い、対人対応・人間関係がうまくできない、等々です。特にホームレス状態になる人は、この欠陥が著しく、そこから派生する問題の為、誰からも相手にされず落ちこぼれていくわけです。

私は自身の過去の反省もあり、どういう人であっても私を頼ってくる以上は断りはしません。しかしながら、本人に一定の条件は守るような縛りをつけます。それは最低限周囲の人に迷惑をかけずに、キチンとお金を管理して家賃を納めるということです。困っているならどういう状態の人でも受け入れてあげるという母性的慈しみと、一定の規律により厳しく対応する父性的厳格さとでもいいましょうか。

ホームレス支援のNPOの中には、単に母性的慈しみだけで優しく、換言すれば甘く対応しているだけの所が多いです。そうするとどうなるかというと、優しくしてもらった状態で怠惰あるいはやりたい放題のわがままになります。例えば折角生活保護をもらっても、仕事に就かず、家賃含めてパチンコに使ってしまい、いられなくなり夜逃げする人もいます。そうした場合、NPOの人はその家賃の滞納分を補償した上で、退去の荷物整理などに駆られます(湯浅氏の「もやい」など)。

炊き出しに並ぶホームレスの内、3割くらいは生活保護すら取る気がない、完璧に社会を捨てた人々ですが、「炊き出しがあるから食べていける」状態になります。炊き出しがあることによって、そこに甘んじてしまうということです。勿論炊き出しがなければ、窃盗などを犯す可能性もありますが、そこで逮捕でもされて痛い目を見れば、更正に至るチャンスも出てきます。しかし逮捕されても懲りないとしたならば、逮捕→勾留→出所→窃盗→逮捕を繰り返すことになります。A氏は現実的にこのパターンに当たります。

10/26に私がA氏に「自分で一万円を管理するからそれで一ヶ月過ごす」と約束して出来なかったとき、彼は拍子抜けするほどあっさり謝りました。更に11/10にB氏が面会に行ったとき、彼は最初に土下座して謝ったそうですが、B氏によると「その後の話の内容に余り反省は感じられなかった」とのことです。恐らく彼はこのような性格が根付いてしまっているものと思われます。このような性格とは、お世話になっていて頭が上がらない人間には腰を低くするが、それ以外の人間には威張りちらし尊大に振る舞うということです。この性格を変えるには、彼が信頼する人間が長期にわたって責任を持ちながら、相当厳しい縛りをつけていく以外に更正はあり得ないと思います。刑務所がその役割を果たせていないのは言うまでもありません。

ホームレス状態の所に住居の世話をしたという意味では、私も彼の信頼を得ている1人になるかも知れませんが、別に私はその責任を持ちたいとも思っていません。むしろこれまで私が対応してきた人物と比較しても、ヘビー級に大変な人物だなと感じております。

1人の人間として現実の時間・労力・お金が限られている以上、私に出来ることにも限りがあります。既に同居人の2人が嫌がっている以上、彼らにも私からお願いしなければなりませんし、この先問題が起きない保証もありません(というか一年以内に起きなかったら奇跡でしょう)。70歳代という高齢で性格も容易に変わりそうもなく、また今後社会にどれほどの貢献も期待できそうもない彼です。1ヶ月前まで全く赤の他人だった私が、時間・労力等を使う筋合いはありません。

それでも彼が「どうしても刑務所には戻りたくない、路上生活もしたくないから、どんなに厳しくても耐えますからお願いします」と私にお願いしてくるなら、「しょうがないなぁ~」とやってみるしかないでしょう。その場合私は、彼に対して逃げ出す直前ギリギリの所まで厳しい条件を突きつけることになるでしょう。逃げ出す直前ギリギリの所のさじ加減で、本人に性格の変更を迫るということです。

信頼関係が十分にないところにこれをやったところで、半分以上はどこかで逃げ出します。そして甘いところ(上記もやい他)に助けを求めます。しかしながら甘さしかないところでは、結局本人の性格も矯正されませんから、どこかで他人に迷惑をかけるもしくは犯罪という結果になる可能性が高いです。結局、誰も手をつけられない、誰も相手にしたくない状態で、刑務所その他を転々とするしかない。そういう人が存在するのも事実です。

先生の方では、本人の更正も含めて対応を検討されると思いますが、上記内容を本人に知らせるべき点も検討頂いた上で、ご対応頂ければと思います。繰り返しますが、私は積極的にやりたいわけでも、やる筋合いもございません。本人がどう選択するか次第ですが、戻ってきた際には同居人2人への落とし前も含めてそれなりの対応はさせて頂く必要があります。

それでも問題が起こるようであれば、X市福祉課の方に無料定額宿泊所の紹介をお願いすることになります。X市の方としては、市の負担金がないことから、喜んで宿泊所への移転を受け入れてくれるでしょう。

野田成人

(つづく)

コメント


耳にしたこと。

いろいろ、ほんとに困っている方に経済的な支援をされていると聞いています。

素晴らしことだと考えます。

金剛利菩薩でしたか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/797-0297b6af

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad