元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★荒らしの常習犯が来るたびコメント承認制になります★ 累積賠償額916万円 

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 ブログ等を通して私に連絡を取ってくる人がいます。大体の人は人生に絶望したり希望を持てない人が少なくありません。その中には自殺志願者もいたりします。「もう自分の人生には価値がない」「生きている意味がない」と考えて「死んでしまった方がいい」となるわけですが、そう思っても人間なかなか死ねません。

 そういう人に小生は、以下のような死んだ後の話をします。

「あなた死んだら全てが終わりで楽になると思ってるかも知れないけど、あなた夜寝ているときに夢を見るよね?」と。

 ここで相手が中年以降、おじさん・おばさん以上だと全く夢すらみないことがあります。その場合は、「若い頃は見てたでしょ?」と付言する必要があります。

「夢で何かを経験しているとき、自分が『野田成人である』とか『自殺士太郎』だとか、昼間起きている現実は忘れた存在として夢の中に存在するでしょう?」

「それと同じように、あなたが死んでも、夜寝ている間に夢を見るように、また生まれて新しい人生が始まってる可能性がある。夢の中で昨日見た夢も、昼間起きてたことも覚えてないのと同様、生まれる前に『自分は生きている価値がない、生きてても意味がない』と思って自殺したということも全く忘れて、同じ苦しみを経験しているあなたが存在しているかもしれないよ。」と。

 こういう話をすると、「どっかのカルト宗教そのままですね」という意見があるかも知れません。しかし小生は「死後の世界がある」という見解ではないのです。

 カルト宗教の場合、「死後の世界があるんだよ」「生きている間にやったことによって高い世界か低い世界かが決まる」「普通の人は地獄に落ちるが、教えを守れば天国(高い世界)に行ける」となり、「信じるものは救われる」「信じなければ地獄に堕ちる」という観念が確定します。しかしこれは自分で「天国」と「地獄」という世界を形成したに過ぎません。

 これはオウムのことを言っていると思われるかもしれませんが、現代社会に多大な影響を及ぼしているユダヤ・イスラム・キリストという一神教も同じなのです。いや「輪廻転生とそこからの解脱」を説いているオウムの方がまだマシかもしれません。少なくともキリスト教では、死んだ後の「最後の審判」で、永遠の地獄もしくは天国ということらしいです。この一回の人生で選択を誤れば、永遠の劫火に焼かれるといいます。やり直しが利かないという点では、オウム以上の「脅しの宗教」。そのカルト性については、統一教会分派等により実証済です。

 精神世界の最後の方は「主体客体合一」になる。それ故、「死後の世界」「輪廻転生」の証明は不可能となります。なぜなら証明とは、「主体客体分離」の考え方だからです。それを強引に固定観念として「死んだら地獄に堕ちるから信じなさい」というのは、自他共に呪縛する観念となります。その信者は、信仰対象(イエス、麻原等々)への忠誠により安堵を得ますが、裏切り・背信には恐怖しなければなりません。自分で裏切らないとしても、絶対善である信仰対象を否定する敵対勢力を作り出してしまうのです。

 ここの所は、結論を体得するのは難しく、ブログ記載の内容は冗談程度とご認識願いたいです。「生きている意味がない」「死んだら今の苦しみから逃れられるんじゃないか」と思っている人には、小生は対機的に次のような話をする、ということです。

「いやいやそうならない可能性があるよ、死んだ後もまた苦しいかもしれないよ」

「死んでまた生まれ変わって、死ぬ前の事も忘れてまた同じことを繰り返すより、今なんで苦しんでいるかが多少分かっている状態からやり直したほうがいいよ」

 となります。

 そもそも「死にたい」と相談してくる人は、「死なないで何とか生きる希望を見出したい」と考えています。でなければ相談なんかしないで、とっくの昔に死んでいます。ということで、小生はそういう人には、生きる意味合いを与える何かを提供させて頂いています。というかそれが小生にとって、今の仕事であり課題になっているのです。





コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうもありがとうございます、東武東上線霞ヶ関です。
今はちょっと専門的になりつつありますから、見学みたいな形になるかもです。
よろしければ、vv 9 91966@~までメール下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうも
ただこの話は、「元ではない人」です。

そうなんですか。
ちょっとした早とちりでした。すみません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/780-c28a0c5a

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad