元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 旬の話題なのでオリンピック考察を。と思っていたのだが、一昨日の自民「三党合意破棄」に小生は仰天した。更に仰天したのは、これに関する国民の関心が「なでしこ」他五輪より遥かに薄いこと。

 要約すると、「消費増税法案通したら解散してくれるんだよね~」と期待していた自民に対して、野田総理が解散時期をかなり遅らせる様子を見せたところ、谷垣氏もいらついた。そこに来て小沢氏が音頭を取って少数野党連合で不信任案提出を画策。「消費増税法案の廃案を目指し、自公両党に「踏み絵」(みんなの党の渡辺喜美代表)を踏ませることが目的」なんだそうで。これが先に提出されると、早期解散を目指す自民はジレンマに陥る。消費増税法案成立を優先させて不信任案否決だと、一事不再理原則により、今国会での切り札を失う。そこで自民は慌てて「解散の約束がなければ三党合意破棄」とするに至った。

 小沢氏他少数野党は、盲点を突いた良い戦術を採ったようにも思える。しかし「消費増税法案廃案」が大義ですか??まともな政治家なら、現在の経済システムを維持する上でどこかで増税するしかない、という思考になる筈。自分たちが責任を取る可能性が極めて低い小沢氏他少数野党の政治家が、単に「金がなく苦しい国民生活」の雰囲気・ムードだけを頼りに議論しているようにしか思えない。いやむしろそのムードをより強調して、財政悪化による金利上昇がどういう事態になるのか、それを直視するのを避けている・避けさせているとしか思えない。既に地球の裏で起こっている現実からの逃避。その盲点を突いた戦術に揺らぐ自民も、政策より政局。ああこういう政治を半世紀以上続けてきたのですね、と思わざるを得ない。

 結局自民も少数野党も、橋下・石原連合を間接的に利するだけの結果にしかならないのではなかろうか。この二人は一神教的に自滅へと暴走してくれるでしょうから、まあ時代のシナリオ通りといえばシナリオ通りかも知れません。ってことでハイル橋下!


 で、どうでもいい五輪(←西村流)から、多少為になる内容につながりそうな話題。

 一つ目についた内容は、審判の問題、その中でも誤審であろう。日本人について言えば、団体体操競技で内村選手最終演技あん馬での倒立失敗。これで最初は13点代という低い点数で、日本は団体4位でメダルを逃したかに思われた。しかし抗議により0.7点加点され団体2位の銀メダルとなった。

 この4位から銀メダルの逆転審判劇。

「日本メダルを逃したあぁぁぁーーーー工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工」

というアナウンスが10分後、

「日本銀メダル~♪キタ━(゚∀゚)━!!!!!」

という騒動。あなたは

 「何か変だな」

と思わなかっただろうか?

 柔道では、銅メダルの海老沼選手が韓国選手との試合で、一時は0-3の判定で負けとなった。それが審判委員の指摘により、3-0と完全に判定が覆り、結果銅メダルにつながった。

 この二つの再判定・逆転劇に、日本人は狂喜しただろうが、逆に相手国はたまったものではなかったろう。特に前者体操で、日本が4位から2位に対して、当初3位銅メダルかと思われたウクライナは4位とメダル圏外となった。

 ここでの問題。日本だけじゃなく多分海外でもそうなのだろうが、3位以内か4位以下か、メダルが有るか無いかによって、国民は一喜一憂している。何十億というオリンピックの観客にとって、緊迫する勝負の映像を見ている以外は何が重要だろうか?少なからぬ人にとって、自国が何個メダルを獲得したか、しかも過去ある程度オリンピックで結果を出してきた国なら、金メダルが何個か、という点に意識が向けられるだろう。

 銅メダル100個とって金・銀メダル無しよりも、金メダル5個の方が評価されそうだし、今回日本の銀メダル・銅メダルラッシュは国別ランクで「なんだ、北朝鮮より下かよ~」と不満な思いを抱いている人も少なくなかろう。ネットでは「10円玉37個分価値の銅メダル(銅の価値で370円)」などと揶揄されている。しかしそうなると、「一体オリンピックは誰のものか?」「何のためのオリンピックか?」という話になる。

 例えば内村のあん馬倒立失敗で終えた日本の団体体操競技。もしその競技そのものに一定の価値があるとしたならば、それに誰が何点付けようと、変わるものではないはずだ。しかしながら実際には競技・演技自体には絶対的な価値基準がないわけだから、審判の評価で点数付けして優劣を競い合う。その周囲の評価に余り意味が無いことは、ふがいない(と本人も思ったであろう)演技をした内村自身がよく分かっていたはず。だからこそ「2位でも4位でも変わらない」との発言があったのだろう。

 ではどう考えるべきか、どうあるべきなのだろうか?どうあるべきか、などという価値基準は人間の定めるものだから、ここではいつものように小生が勝手に思うことを書く。小生の見解は

 結果の金メダルに一喜一憂するより、競技者本人の精神的修練・「道」を追求する過程として見直すべきではないか

 ということになる。これは「観念について」で触れた「主体客体合一」、自分自身がやっていることについて意識しない、ということ。それが「道」の追求。

 「道」というなら「柔道」がまさにそれに当たるべきものだった。「道」の追求という視点から言えば、海老沼選手の疑惑判定ケースなら、明確な決着が着くまでやらせるべきだと考える。そもそも柔道自体その源流は、戦場で刀を捨てた状態での取っ組み合いにたどり着く。生きるか死ぬかの取っ組み合いの最中には、時間制限も審判も誤審も存在しえない。よって古武道は基本的に試合での勝敗を目的とはせず、武士としての使命を果たすための鍛錬などが目的とされていた。

 どちらかに優劣を与えて、上からメダルを与える。メダルをもらえた3位までが勝ち組、4位以下は負け組というのは、「一神教」の思考そのものである。一神教的思考の元で、「柔道」も、もはや「道」ではなく、「JUDO」というスポーツに成り下がったとも揶揄されている。

 限られた日程・限られた時間内で、優勝劣敗を決する。その為にせこい技のポイントが加算され、それに疑惑がある場合は、周囲が因縁を付ける。そのような現代オリンピックゲームは、精神修養・人間形成を重視する「道」の理念とはマッチしない。しかし日本には、元々そういう「道」の理念と実践があったわけだから、それを見直しましょうよ、ってことです。

(つづく)

コメント


ええと、

「国内財政が極度に悪化」というのはプロパガンダに過ぎない、
という見方があるのを知っていますが?
二重帳簿はその重要な隠れ蓑でしょう。
経済評論家の野田さんとしたことがここを見抜けていないとは・・

> 「国内財政が極度に悪化」というのはプロパガンダに過ぎない、

いつも「どっち転んでも良い路線」って言ってるよね。それなら
「大丈夫なら生活保護その他社会保障費目一杯支出願います」で結構です。
消費税もあげない方が良いと思いますよ
人間痛い目を見なければ分からないから
破綻しなければしないで皆さんも結構なわけですから、

あそっか、

表向きな一般論と裏事情を分かってらっしゃるならOKです。

ところで。

野田さんの血液型知らないっす。
教えてちょうだい。
あ、私はO。

A型

なるほど。

AかBだとは思ってました。
どうも。

不況下での増税

三橋貴明氏は不況下で消費税率を上げると、
逆に税収が減少すると主張していますが、
どう思いますか?

リンク

リンクを付けておきます。
正確には、デフレ期に~でした。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10652754139.html

消費増税や賃金低下、失業などを見ると
方向性としてはできるだけの消費抑制、自給自足、物々交換又は地域通貨、でしょうね。
税収の低下も避けられないでしょう。
余ってるのは高い失業率の若者の活力と、耕作放棄地くらいなんですから。

ここで必要となるのは、文化としての農村生活、精神活動としての自給自足の創造だと思います。
人間の精神、幸福感に必要な生命の循環の中での生活の意味合いが、豊かな文化性、精神性を帯びて説得力を持つかどうかが、次の時代の幸福感を作る鍵になると思います。

生命の循環だって
輪っかみたいなこと言っちゃったw

メダルより何より

オリンピック柔道でのガッツポーズをみて、彼らは武道をスポーツにしてしまったと嘆く
戦場で勝ったと手を上げて喜べば、その瞬間に死んだふりをした敵に斬りつけられ死なないとも限らない
そもそもこれが剣道なら、ガッツポーズしたら一本と認めてもらえないそうだ、残心がとれていないからだそうだが、柔道もこのルール取り入れてはどうか
武術は、戦場で人を殺す方法でしかないが、武道は、そこで学んだことを社会にひろく応用し、立派な人間になることをめざすものだろう
武道から学ばなければならない最大の心構えが、常に覚悟を持つということだ、つまり油断しない、という心構え、ガッツポーズを取る選手は、これを学ぶことができていないということではないか?
僕らのころは、投げてガッツしたらびんただったし、残心が一番大事、とならったもんだが
ユダヤ人は、離散という運命を背負い、その過酷な日々を乗り越えることで、優秀な血だけが生き残り、結果優秀な民族になった、と自称するそうだ、偏見かもしれないが、そのため、戦争や飢えなどの過酷な状況を、人類がよりよく進化していくための、必要悪と捕らえるという
ユダヤ人対して日本人は、じつはそうじて、和やかな歴史をもっている、平和になったのは、なにも戦争に負けたからではない、ユダヤ人の理屈からいえば長く平和のなかにいた日本人は平和ボケしてどうしようもないぼんくらになっているはずだが、なぜだか、一時期には、ユダヤ人を食ってしまわんばかりに経済的にも強かった
これはなぜかと考えると、日本人には、平和でも、油断しない、覚悟の文化が浸透していたからではないか

世界から戦争と飢えをなくしたとしても、人類は健全に進化していくことができる、そのことを証明して見せたのは、世界で唯一日本人だけだ、そしてそうしえたのは、武道、武士道が油断しない心、平和ボケしない覚悟を教えたからだ、そう考える僕は、もういちど、柔道選手に、勝ってかぶとの緒をしめよ、を知ってほしい




あ、あ、あ、あ、続きで。。。
ま、いいや。

日本は災害多いからね
油断できない

人間の力の及ばない「大いなるもの」を
意識せざる得ない環境

面白い例はゴジラ
町を破壊する悪者ではなく
自然を破壊する人間の思い上がりを叩く
破壊神・神としての一面を持って描かれている

オウムではなく王蟲もそんな感じ

カルマ落としの好きだったオウムも、そんな日本人の性格から出てきたんでしょうね。

あっ申し訳ない

野田さんのコメが、私の言へのことであれば
消してください
削除キーは1111

↑ いやもう今晩の記事にしちゃったんでそのままと言うことで。

私は「武道」のように「道」をつけたものほど胡乱なものはないと思いますよ。五輪二連覇した柔道のU容疑者は現在、準強制わいせつ容疑で逮捕、拘留中ですが、彼が国士舘大学の後輩の石井慧選手(現在は総合格闘家)に礼儀がなっていないと日頃から言っていたのですから、そのような人間の説く礼儀など噴飯ものです。
そしてそのような暗愚な人間性でも、身体は強靭で技はきれたということです。
極真空手では昨年、埼玉大学卒業の元キャプテンで教師が性犯罪を犯して逮捕されましたし、武道をやって人間性を高めるなどということは大いに疑わしいと私は思います。むしろ人間性は強さに反比例して愚劣になるとすら思います。「道」をつけているのは、暴力団が犯罪行為を正当化するために任侠道という看板を掲げているのと同じでしょう。

パワー柔道は萎え

私も実は高校時代、一時柔道部でした。
心身ともに強くなりたくて入ったんですが、筋力と技を磨くことばかりの毎日に疲れてましたね。講道館柔道になってオリンピック正式種目に採用されてから堕落したとよく言われる話です。試合場が狭く厳格に規定されてしまったり、規則や反則規定が過剰に多く、反則にならないのだったら何をしてもいいとか・・

筋力に頼るパワー柔道はつまらないですね。
試合で上級のごっつい先輩を一瞬の集中で投げ飛ばせたときはほんとキモチイイ。そういうときはあまり力は要らない。相手の力を効率よく自分の効力に変換するって感じです。まさに柔よく剛を制す、って感じです。

武道を好む人に虚勢を張りたがる人が多いのは確かです。
武道と信仰が結び付いたのは、歴史上の戦国時代の名ごりなんでしょうね。戦士の戦法をいかに精神性に昇華してあげるか。だから戦いがいらないなら、単純にヨーガや気功みたいになってく。

そして随分以前からオリンピックは金儲けの道具ですしね。

ただ、単純に批判したくない気もします。
どんな環境境遇であっても、その状況で崇高に頑張る人もいるわけでしてね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/775-96f65a72

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad