fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

 近代合理主義精神の薬が唯識であると述べました。もう少し具体的に述べて以下のように記述しました。

「自身が認識するあらゆる災難・問題・苦しみの原因が自分自身にあるとみること」

 これは日常的に何をどうすればいいか?一般化するのは難しいが、簡単な例から述べてみます。

 一般的に我々は、何か嫌なこと・酷いことがあったとき、誰か他の人に原因があると転嫁することになれています。例えば誰かと道ばたでぶつかってケンカになったとします。そうするとお互いに

「お前が悪いんやないか!」

 と自己を正当化しながら相手を否定・攻撃することになります。そうやって怒っている時には、相手の怒りが自分の怒りを相乗的に強めている事が多いです。相手が興奮して怒っているから、ますますこちらも腹が立ちます。しかしこれは、その場の怒りのエネルギーに巻き込まれているに過ぎないのです。

 そこでその怒りのエネルギーを自分の煩悩であり、コントロールするべきものとして、鎮めるようにするのです。ここで鎮めることができれば、相手の怒りも多少和らいでいる筈です。

 苫米地流に言えば、相手の怒りとLUB(Least Upper Bounce 最少上界)を取って、自分の思う方向に誘導する、ということになりましょうか。苫米地流は催眠術の技法ですが、結局やることは大乗仏教の四無量心と同じです。

 本質が空という結論は、どういう教えから辿っても同じだから、具体的にやることも中身は同じになります。ただ多少方法論の積み上げ方が違うとか名前が違うだけの違いです。タイトルで「唯識」と使っておりますが、私はどこかの本で勉強したわけではありません。恐らく議論では学者に負けるでしょうが、余りそこに重きをおいていません。ただ仏教だろうとキリスト教だろうと、現実に即した実践となると、結論同じです。

 怒りのコントロールに話を戻します。ここでのポイントは、相手の怒りを自分のものとして一旦受け止めるということです。相手が怒っているのを無視して、全然空気分からん別世界の話を展開してもダメです。一旦怒りを受け止めるということは、相手の怒りなのか自分の怒りなのか、区別が無い状態になる、ということです。その上で、その自分のものになった怒りをコントロールできれば、相手も変わっているということです。

 しかしこの例で挙げているように簡単に消える怒りは、お互いにとってそれ程重要でないものです。道でぶつかって腹が立ったとか、お互いまともな社会人なら拘ることが余り意味のない事象が契機になるだけです。

 現実社会で起きている色々なトラブルは、そのレベルに留まりません。対象の根本的な性格に歪みや執着から来る場合、そうそう簡単に解決するものではありません。

 対象の煩悩や性格的傾向は、無意識・潜在意識のレベルに根付いたものです。それをかえようとするのは、暴れ馬に縄をくくり付けて調教するような作業になります。暴れ馬の調教を考えるなら、必要なのは、まず縄で縛ることです。縄が最高に強力で太ければ、どんな暴れ馬でも逃さず調教し続けることができます。しかし縄が細ければ、大人しい馬ならまだしも、どこかで暴れ馬が縄を切って逃げてしまいます。縄が細い場合、調教する側は、余り馬が嫌がるようなことをしないで、緩やかな調教しかできないことになります。

 ここで、調教師=自分、縄=相手との絆・縁、暴れ馬=相手の煩悩、となります。相手の煩悩は、自分の潜在的煩悩となります。つまり自分が過去においてそうだったかも知れない、あるいは未来においてそうなるかも知れない、そのような相手の煩悩を消していく作業となります。その前提として、相手の煩悩をこちら側まで十分に引き込む必要があります。それができない対象は、コントロールなどできません。

 具体的に私が日々やっていることで行きましょう。日々の業務の一つは、家賃滞納の督促です。滞納する店子に対して、どういう事情があって滞納になっているのかをよくよく話を聞き出してまず理解します。その上でこちらが干渉して解決可能な場合に、あれこれ口出しをします。

 例えば働きながらも収入が足らず生活保護の人がいます。滞納が2ヶ月くらいになった時、毎日の食事を聞き出した上で、「外食とか弁当を買う無駄が多いから、炊飯器で米を炊いた方が良い」と炊飯器を上げました。滞納が4ヶ月になった時、まだ炊飯器を使ってなかったので、「炊飯器で米を炊いて食べること、その上で朝昼晩の食事内容を一日の終わりに全て報告するように、それをやらないで滞納なら出て行ってもらう。毎日報告すれば滞納にならないはずだし、滞納になったらまた検討すると言うことで」と通告。それで一旦は滞納は止まります。

 ここで相手との絆、縛りとなるのは、今の住居に居続けたいという相手の希望です。いつ野宿生活に戻っても構わないというホームレスには、これは効きません。逃げ出して終わりです。

 多数の人に住居提供している私は、その縛りを沢山握っていることになります。しかしそれで変えられるのは、お金の管理・無駄遣いしないで家賃の約束をキチンと守ること、それ位までです。毎月月末までにキチンと家賃を払っている人には、逆に何の干渉もすることはできません。

コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/652-0a24506e

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-03 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]