元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

「自らを省みて直(なお)くんば、千万人といえども我行かん」 ~孟子

 自分自らを省みて正しいと思ったなら、たとえ一千万人が反対しても私は我が道を行く。この精神をギリシャ・パパンドレウ首相に垣間見ました。

 しかしながらこの「千万人といえども我行かん」というのは、見方を変えれば「一千万人の空気読めない独善」です。実際、パパ首相の唐突な国民投票案は、ようやくまとまりつつあったギリシャ支援策をちゃぶ台返しでぶち壊しかねない愚策と受け止められました。パパ首相は、「無能政治家」「バカ」扱いです。

 万が一、国民投票で支援策が否決されれば、ギリシャはデフォルトでユーロ圏離脱。影響はそれに留まらず、世界経済にリーマンショック以上の影響をもたらしかねません。そのような懸念を与えたパパ首相の決断は、グローバル経済でつながった70億人類の命運をも左右しかねませんでした。ただ70億とは言っても、大半は貧困にあえぐ状態に放置された途上国の民。このギリシャのニュースをリアルタイムで耳にしたのは、先進国等の10億人位かも知れません。

 パパ首相が、冒頭の孟子の言葉を知っていたかは不明ですが、さすがに10億人が行く手に立ちはだかった状況には、ひるんだようです。最後は腰砕けモードだったようですが、それでも国民投票を持ち出したのは、民主主義におけるリーダーとしての矜持というべきか信念ともいうべきものがあったかも知れません。「ギリシャ国民が、自らの選択としてギリシャ支援策を受け入れなければ、道は開けない」と考えていたのでしょう。

 私が評価するのは、バカであろうと無能であろうと、これ位の勇気・度胸がなければ、物事の善悪を白黒明白にさせることはできない、という視点からです。パパ首相の見解が、正しい正しくないというのとは全く関係がありません。結果として、自由主義経済と民主主義政治の解消不能な矛盾点を明確にしてくれた、その役割に対する評価です。「大変だったね、お宅一人のせいじゃない、みんなの問題なのに」という慰労とも言うべきでしょうか。

 その矛盾点を具体的に繰り返すと、「お金は我々が稼いだモノだ、借りたお金は返すべきだ。無駄遣いしないで、しっかり働け(メルケル首相)」という経済の原則と、「そんな急に金返せ、無駄遣いするなとか言われても、無理だ。国の借金は、国が悪いからだろ?なんで俺が、他人の為に奴隷労働せなあかんねん(ギリシャの一国民)」という民主主義主権者のわがまま。この二つの原理の解消不能な狭間に、パパ首相は置かれました。

 パパ首相は、3代続く世襲の国会議員だそうです。日本で言えば小泉純一郎か鳩山由紀夫か。10億人の空気読めなかった所は、ママから12億円子供手当をもらった鳩山おぼっちゃんに近いかも。実際、ギリシャ汚職の元締め一族との評価もあります。そのようなお坊ちゃんだったからこそ、「10億人といえども、空気読まず我行かん」だった可能性あり。ただ、誰かがこの役割を背負わなければならなかった、と私は見ます。なぜなら時代の転換点だからです。

 パパ首相が、10億人空気読まず国民投票を持ち出せたのは、彼の主張に民主主義政治の原則としての正当性があったからでしょう。置かれた状況を良く解釈すれば、「ユーロに留まる為のギリシャ支援策は、国民の理解を得なければ実行は厳しい」というトップの判断。しかし悪く解釈すれば「なんで俺ばっかり周りから文句ばっかり言われなあかんねん、あほらし。信任せえへんのやったら辞めたる。」と投げ出したくなる位、解消不能とも思える根本的な問題。豊かさと引き替えに積み上がった国家累積債務をどう返すか、という問題です。

 人類70億が直面しつつある価値観の転換点、丁度潮目が変わる地点に生じた巨大な渦潮といおうか、強大な地割れの真っ直中に置かれたわけです。別の言葉で繰り返すと、「お金の豊かさは維持したいが、金は返したくない、返せない」という個人のエゴが国家と通貨を揺るがします。近代合理主義精神の限界を示す相克です。

 この近代合理主義の限界が露呈したのは、まだまだ序の口。ギリシャデフォルト問題は、一波乱超えましたが、「1回の表ノーアウト満塁のピンチを最少失点で切り抜けました」程度か。我々が善として、正義として、あるいは幸福として追求してきた資本主義経済(および民主主義政治)が、悪の様相を帯びて我々自身を苦しめることになる筈です。当ブログの中心主張、「陰陽の転換」。

 メルケル首相がパパ首相に、「金返さなければユーロ離脱」と迫るのは、どうひいき目に見ても「勤勉なドイツ人=正義、怠惰なギリシャ人=悪」。時代の転換点では、正義の追求が多くの人の目に悪としか映らない結果をもたらします。

 正義の追求、力の行使の結果として、「お前、そりゃ一応の筋は通してるけど、やってること酷すぎるだろ?」というような事態が起こるのです。TPPはそのひとつになるのではないか、というのが私の見解です。

(つづく)

コメント


ダライ・ラマ14世、宮城・石巻市などを訪れ東日本大震災の犠牲者の慰霊法要に出席
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111106-00000995-fnn-soci

知らなかったけど4月にも東京で法要あったのね、行きたかった。

ダライ・ラマ法王による東日本大震災犠牲者四十九日特別慰霊法要
http://www.youtube.com/watch?v=QRh9Ur2e9Nw

今回の法話もいずれうpされて来るでしょう。

TPP反対論者の本のAmazon在庫切れ

http://www.nicovideo.jp/watch/1305876772

AmazonでTPP反対論の本を在庫切れにしているらしい。
これは2011年5月ぐらいに撮影された動画で、
関岡英之氏の「国家の存亡」という本について語られている。
(現時点では在庫切れではない)
関岡氏は米国が日本に毎年突きつける年次改革要望書を分析した
「拒否できない日本」の著者で、この本もAmazonで長期の在庫切れとなった。

「とある」さんと「くるみ」さんと七氏は同じ中野氏の動画を貼ったが、
TPP賛成派の民主党藤末参議院議員と親しい苫米地氏
と親しい、野田さんは、もしかしたらTPP賛成派か、
あるいは、TPP無関心派だろうか?

頭がいいはずの藤末議員は、TPP問題を、
貿易問題に限定して「バスに乗り遅れるな論」を論じており、
非関税障壁分野、ISD条項などには全く触れていない。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111107/mca1111070503002-n1.htm

↑読めば読むほど奇妙は主張だ。
米国からお金をもらっているのだろうか?

現在、Amazonでは中野剛志さんの「TPP亡国論」が
一時的に在庫切れになっている。
よく売れているから在庫切れか、Amazonの小細工か?

http://www.amazon.co.jp/TPP%E4%BA%A1%E5%9B%BD%E8%AB%96-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%AD%E9%87%8E-%E5%89%9B%E5%BF%97/dp/4087205843/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1320661704&sr=1-2

本文と関係ないコメントですいません。


TPP

聞けば聞くほどTPPはおかしい。

賛成している議員さんは色々としがらみがあるのだと思います。

小泉さんの息子の進次郎さんも賛成派です。

毎日、リチャードコシミズさんの動画を見ていますが、

ユダヤ金融大資本といわれる人々が操作しているらしいです。

もしこれが本当なら大変なことだと思います。




くゎー こんな話があぁ

「いいか、ナイショだぞ。実は中国のインフレ率は16%でGDPはマイナス10%だ」・・経済学者の爆弾発言が流出

http://www.epochtimes.jp/jp/2011/11/html/d18380.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/646-126c020a

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad