元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
相変わらずアマゾンランキング20万位台うろうろの拙著ですが…

新しい書評。


2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 内省へのあせり, 2011/10/17
By
クレオ・シュライベン (札幌市) - レビューをすべて見る
(トップ50レビュアー)
レビュー対象商品: 革命か戦争か―オウムはグローバル資本主義への警鐘だった (単行本)

おそらくこのレビューを読むひとは簡単に内容を知りたいと思っているでしょう。
そこで、まず中身を簡潔に紹介します。なお、この本の印税はすべてオウム犠牲者に寄付されます(本書113頁)。

1 著者は東大理物理中退(灘高断念→受験一筋→物理学研究への限界→入信→麻原のアメリカ行き指令で東大中退など)で、その後放射能を使った武器の研究のためにオーストラリアなどへ行ったりしている。すべて麻原の指示。本書によれば、ハルマゲドン(最終戦争による全社会的存在の死滅)をかたくなに信じていたためだという。なお、オウムがなぜ高学歴の信者を集めたのかの著者の分析が129ページにある。麻原の壮大すぎる宇宙理論への盲目的追従を支えた心裡の動きが語られています。麻原はオンナとセックスもするし肉も食うし修行もしない人間で、出家ではなく在家だったことに気づくことが遅かったための、著者の真剣さを踏みにじられた無残さのようなものがあると思う。

2 著者は、地下鉄サリン事件の実行には関与していない(らしい)。実際刑事責任は問われていない(正悟師といわれていたメンバーのうち5名だけが逮捕訴追を免れている。筆者もそのひとり)。麻原の逮捕をテレビで見ていたと書かれている。
 オウムの教団の全体の把握は麻原が仕切っていて、著者はその駒のひとつとして動かされていた様子が前半3章「武装化路線」のところまで(~50ぺーじ)に、かなりかいつまんで書かれている。オウム教団内の闘争などのナマ臭いことは書かれておらず抽象的な感慨が述べられているといえる。

3 1999年上祐釈放後の組織の分裂と筆者の離脱が4章(残された者たち)5章(上祐の出所)6章(教団からの追放)に書かれている。この部分の理解のためには、新聞記事などからの予備知識が必要で、著者の要求水準に合わせる必要あり。それほどコンデンスされているともいえるが。

4 団体規制法適用団体となったあとの教団の分裂とその後の著者の考えと行動が8章(私のオウム総括)以下にある。ここの部分は、著者の宗教論になっており、内外の類似宗教思想、ネズミ講などの詐欺集団との比較などもある。筆者の考えの細部はわかりずらい。しかし、教義の根本へ向かうひたむきさはひしひしと伝わる。著者がかなり力を入れて書いている部分で、無慚な人生を送ることになった筆者にたいし、同情に堪えない。

5 9章にグローバル資本主義と宗教との関連性が書かれている。「資本主義と空の教え」とでもいうべきか。
 この章と冒頭の数ページをあわせたものが、筆者の主張の収斂部分だとおもいます。
 結論だけをここで述べれば、地球規模でのグローバル資本主義の追及(金銭的追及)と、人間のこころを問題とする宗教「的」思想との類似性というか「同一性」が語られる。ただし非常に雑多なもの(たとえば立花、河合、などの著書)を、著者の都合のいいように取りこんで解説していると受け取れる書き方多数。これほど頭のいい著者であれば、もっと体系的に人文科学系の書籍を読破したうえで思考を組み立てるべきではなかったか。都合のいいところのつまみ食いとはいわないが、圧倒的な自己の体験にどのような言葉を与えるかに苦悩している様子があると好意的に受け取っておきたい。

6 10章は派遣村で有名な湯浅村長らとの確執、追放のプロセスが描かれている。オウム後の筆者の貧困層への援助活動が、既存の政党や組合活動またはNPOなどの主張する「利権」(政府補助金、マスコミからの名声など)との関係が語られている。管直人などの狡猾な動きは書かれていない。あの当時、新聞で一斉に派遣村を持ち上げていたのは社民党であり民主党の菅直人らであったことは、けっきょく、旧オウムという犯罪組織にいた筆者が追放されたことと無縁ではないと思われる。

7 最終章は、オウム信者を解脱させてきた苫米地英人氏との対談になっており、口語体で本書の要約が語られている。

(コメント)

読むに値する一冊であると思います。

くだらない自称「脳科学者」「宗教学者」「人類学者」「社会学者」などの宗教分析バカ本などより、はるかに優れた実証の書物。
逆説的にいえば、出版社が売ろうと思ってどんどん刷っている精神世界を扱った本がいかにいい加減かがわかります。
オウムが、筆者のいう「グローバル資本主義」へのチャレンジから必然的に生み出される存在であったという考えにはある程度説得力があります。ただしあまりにも論拠が薄弱。筆者のこの主張自体が「政治的解脱」だと取られかねません。説得力を著しく阻害しかねないのです。もっとページ数を多くして自由に体験した事実を語るべきであったかも。もっとアナーキーな個人主義へ突っ走るのかなと思いつつ読みましたが、非常に穏当な結論になっています。これはほんとうにそうなのか。もっと時間がたてばわかるでしょう。ただし、抑えてはあるものの、派遣村の湯浅氏などのマスコミ受けする社会の底辺の人間救済については、鋭い考察が至る所にあります。さらに、ちょっと小休止している筆者の脳の状態もわかる書き方になっています。巻末に「みどりの家族」プロジェクトの構想がありますが、ひとりよがりでなければいいと少し危惧します。

なかなか短時間では読み終えることのできない重い本であることも確か。

コメント


私もアマゾンで安くで購入して読みましたが、面白かったですよ。
ウッタマーさんは今は翻訳のお仕事をされているそうですね。。

それはどうもありがとうございます。

TPP

野田さん、やめてええええええええ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15973549

オウム裁判、21日終結の公算…元幹部に判決

オウム裁判、21日終結の公算…元幹部に判決

読売新聞 11月1日(火)20時10分配信


 地下鉄、松本両サリン事件など4事件で殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けたオウム真理教元幹部・遠藤誠一被告(51)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は、判決を今月21日に言い渡すことを決めた。

 オウム真理教による一連の事件で起訴された189人のうち、判決が確定していないのは、遠藤被告と元教団幹部の中川智正被告(49)(1、2審死刑、上告中)の2人のみ。中川被告の上告審判決も18日に予定されており、教団関係者の裁判は21日で終結する公算が大きくなった。

 オウム真理教の一連の事件では、教祖だった松本智津夫死刑囚(56)ら11人の死刑がすでに確定している。法務省は共犯者の刑が確定していない場合は死刑を執行しない運用をしてきており、オウム関係の死刑囚も対象から除外されてきた。しかし、遠藤、中川両被告の裁判で高裁に差し戻す判決が出ない限り全員の刑が確定するため、同省は執行の検討に入る可能性がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00001053-yom-soci

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/641-f0f01372

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad