元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 最近の教団の動きです。ついに私は、教団運営の説明会に出たくても出られない唯一のサマナになってしまいました(合同会議にもスパイ容疑で出られません)。代表だけつんぼ桟敷というわけです。以下その問題について、私が内部向けに書いた文章です(一部修正してます)。

============================

合同会議の説明会・教団運営プロジェクトからの説明について

 各部署において、教団運営プロジェクトのメンバーが合同会議の説明を毎月行っています。これまで私はこの説明会に、私の管轄部署のX師からの要請もあった為、上長として参加してきました。

 しかしながら、4月の説明分については、プロジェクト側から現場の師宛てに、「会議の内容をブログ等で外部に漏らす正悟師に、そのまま出て頂くわけにはいかない」旨の通告がありました。X師はプロジェクト側から、最終的に以下のような選択が迫られることになりました。

・VT正悟師が出ないならば、X師の部署での説明会は通常通り行う
・VT正悟師が出るならば、正悟師に内容を外部に漏らさないと確約して頂く必要がある
・確約がないまま正悟師が参加予定ならば、X師の部署では説明会は行わない

 そして最終的に、私が「外部に漏らさないとは確約出来ない」としたため、X師の部署では説明会は行わないことになりました。

 まず問題とされた外部に漏らしたという情報ですが、これは4月合同会議での幹事・副幹事・委員6名の決定とその氏名です(上田・杉内・利根・松葉・萩原・松下)。これについて私からの解説を加えます。

 教団運営を責任もってあたるならば、内外に対して誰にどういう権限があるのかをしっかりとさせる必要があります。これは現状でもサマナの皆さんからの不満に対して、「部署の師に言っても回答がない」「誰に言えばいいのか分からない」というものがあると思います。問題を解決するにあたって、誰に管轄する権限があるのかをはっきりしていなければ、皆さんも困るでしょう。

 これは一般外部の人間から教団を見た場合も同じです。例えばあなたが、住んでいる施設の問題で、近隣の人から「責任者出せ」と苦情を言われた時にどうするかを考えてみてください。あなたに解決の権限がなければ、あなたは責任者を連れてくるか、連絡先を教えるしかないのです。

 今のA派のやり方は、責任所在を曖昧にしようとしています。私はこれも裏で松本家が関与している状況証拠だと思っています。A派師もただ単に裏で「私の指示というのは秘密だけど、これこれやりなさい」と言われているだけだから、A派師自身が責任を持つという感覚が欠如していると思われます。「A派師も大変ですねぇ…」というのが、私の本音です。

 しかしA派師が、松本家指示である部分を秘密でやり通すならば、A派師自身が責任を負わなければならないということです。近隣から「責任者出せ」と言われた時に、「いや~私に言われても困ります。」では、相手は納得しません。裏にいる責任者を出せなければ、A派師が自分で責任を負って解決するしかないのです。だから私は、外部に対しても氏名を公表しました。


 何にしろ、私自身は自分から参加したくとも、合同会議の説明会に出られない唯一のサマナとなりました。ただこれまでは、A派師側で私含めた正悟師とはそれなりにうまくやっているような説明をしていました。そのレベルから比べれば、問題が明らかになり、事態が進展したとも言えます。

 私自身の代表という立場について、外部の方が誤解しないように、これからも内部の問題点・責任の所在については、この説明会問題含めて明らかにせざるを得ません。

コメント


名前くらいで情報漏洩って・・・馬鹿馬鹿しい。
一般人と違って教団運営に携わる人間なのだから・・・。
松本家を守りたいなら逆に自分の名前くらい公開しなきゃなのに・・・。
A派、頭悪い。哀れなほどに。


他の正悟師方は、どのような活動をされてるのですか?VT正悟師のお考えに賛同されてるのでしょうか?

一言

概略や決定事項さえ公表できない会議なら初手からするな!!(笑)

ノビリタス支配

こういったノビリタス支配の行き着く先はいつも同じだと思いますよ。
古代ギリシア、ローマの寡頭体制の例を見ても、最終的には少数の貴族が責任所在を曖昧な形にしながら、自分の実名公表もしないで私益的な方向性に政治誘導する、
評議制度でない以上はどうしてもこういう形に収斂してしまうでしょう。抜本的な意思決定プロセスを変更しない限り、これは続いてしまうでしょう。過去の歴史などをみるとこういったもののプロセス変更は体制下の構成員が自己の権利に目覚めて行く事なのだとおもいますよ。

ポリアーキー

議の申し立てと参加の容易性、このふたつの条件をつかって、その体制がどのようなものであるか評価する方法をポリアーキーという。

異議の申し立てに関してアーレフは上司などに上申しない限り不可能であり(下級修行者と上級とではまともに話も出来ない程の階級制度が弾かれているという)参加に関しては、それなりの修行をつみ審査をうけないと自分の属する集団であっても評議には参加できない。

カースト型エリート寡頭体制であり、私益誘導性も強く秘匿性もたかい。

野田氏の動きなどをみていると、これを競争的な寡頭体制に移行させ、ポピュリズムを引っ張りだしてやろうという事なのではないかと思う。

考えてみると

チベット密教成立のバックグラウンドは中国大陸の皇帝に権威を与えるためのものであり、そのために多くの民間信仰の神秘性を凝縮した過程があった。ある意味でポリーアーキー的に考えると「カースト型エリート寡頭体制であり、私益誘導性も強く秘匿性もたかい」というのは必然であるような気もする。

いざとなると神秘性や精神性を持ち出す。そういったものをこれから見直して行こうというのがダライ・ラマの新思考というものだろうし、友人の改革派の僧達にきくとそうであるというけれど、なかなか難しい部分もありますね。

秘密主義の危険性

以前のコンピューター事業部の件(*参照)のように外部に公表出来ないような秘密を作って自分達本意の教団運営をしていると、現在の状況では公権力によって団体規制法の再発防止処分を掛けられて何れ教団が潰されてしまうのだが、その事を分かっているのかな?

全くやる事なす事、以前の長老部ソックリですな。

*参照 http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-55.html#comment759

のだちゃんが。

実況し続けないと、また暗闇にもどってしまって、
社会から断絶されたままになって成長しちゃうから、
のだちゃんにはがんばってもらわないとー!!
責任の所在を明確にするというのは、団体においては大切なことなのになあ。
そりゃ、あるのかもしれないけど、そこにいないひとがわからないようなままでは
だめだとおもうだよ。

VTさんがA派の実体をさらすこと自体には意味があると思うのですが、もともと何故こんな状況の団体にまだいる理由が不明です。その点を明確にしてもらわないとVTさんの真意は理解できません。以前も質問させてもらいましたが、まだ答えをいただいておりません。麻原さんについて今どう思っておられるのでしょう?現在のアーレフにどんな意義をみいだしておられるのでしょう?お答えください。
お答えをされることが現状のVTさんのアーレフ内における立場をなくしてしまうようなものであればそれは仕方のないことではあるとおもいますが。

VT正悟師は

なぜそこまで追いやられてるのにアーレフに留まっておられるのでしょうか。「まだなんとかなる余地はある」と踏んでおられるのでしょうか。弟弟子たちをミスリードした責任を取って彼らを矯正しようとしておられるのであればそれはそれで男らしいことだと思います。
いよいよ「こいつらもうダメだ」というところまで粘られますか?
アーレフのためにはVT正悟師が留まり続けるほうが利益になりましょうけど。

おっと、↑のかたと質問がかぶってしまいましたな。
失礼をば致しました。

個人的印象

> もともと何故こんな状況の団体にまだいる理由が不明です。

全くの他人が想像するに、

なぜ残っているかということは簡単だと思います。
野田さんが半生をかけて行なってきている宗教活動に対する
責任感が続けさせているという印象です。

間違いはだれでも犯すものです。
しかし犯した過ちは大きすぎます。
誤導した責任上、
尻に帆かけて逃げ出すわけに行かないのだという印象を抱いています。

他にも諸々の理由は当然あるでしょう。ただ私個人はそんな印象を抱きます。
いいや、そうあって欲しいと望んでいるのかも知れない。

世間や周りに対して真剣に配慮する方向に向かわなければ、
本当に純粋な極Aは微小人数で
ほとんどのあとの方々は真面目に暮らしたい人ばかりだからでしょう。

真面目に暮らしたいと望んでいる人の殆どは事実を
まだ本当に知らないのが現状でしょう。
真面目に暮らしたいと望んでいる人に真実・現実を
伝える役割が、野田さんにはあるでしょう。

へこたれずに、頑張って頂きたいです。

メインは

責任感です。河本さん代弁ありがとうございます。

3つ上の質問には、私自身の回答は常に対機的なものですから、ここでは説明しづらいです。確か電話番号差し上げていませんでしたっけ?

2ちゃんのキャンディスレより

811 :神も仏も名無しさん :2007/05/15(火) 00:31:55 ID:o22SLPgs
平等性を期すために聞きたいんだけど
VT師はなにか、下ネタってないんですか
いまのところ、A派たたきのためにも 生かしておきたいのだけど、、

もどきはVTはやめるっていうね、、
自分であほらしくなってやりきれないとか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※もどき=キャンディさんにいろいろ語りかける「守護霊もどき」のこと
 もどきの言うことは結構よく当たるw
 

 A派は経費無駄使いや下ネタオンパレードなのに対し、野田さんにそのような話がでないのはさすがです。野田さんが質素な人であるのは間違いありません。

松本家主導によるA派の傍若無人なやり方ですが、VTさんは批判もせずにそのままにしておくというのも一つの手ですよ。彼らは愚かな結果を必ず出すはずですから。そうやって問題を発現させ直視させて自覚させるより方法がないでしょう。
 それから松本家という表現ですが、これは曖昧です。実際に、長男や次男が積極的に関わっているとは思いがたいのは四女の告白等からも明らかですので、これからは松本家というワードを松本麗華と松本知子の主導という表現に変えてみてはいかがでしょう。
そのほうが適切だと思われますがいかがでしょう。

現状はその通りですね。
そういう意味で言ったら「松本知子教」?
でも言いづらいな…
松本家ということで元代表も含まれるので、ま、いいかなと。。

野田さんが残っている理由は

責任というより、目の前におきることから逃げないということ、
(逆にそれこそが自己の課題と考えてる)
ありのままに物事を見て、それを対処し続ける忍耐力をやしなう。
そして、その根本には「利他」があるってことでしょう。
そしてフットワークが軽い。

うちの代表を見ていてわかったんですが、宗教というとどうも日本では人格が重んじられますが、表面的に性格を見ただけではわからない宗教性っていうのがあるみたいなんですよね(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/60-19229ae5

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad