元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 先日も元信者の生活保護申請に同行。その人は、派遣の作業で手取りが月12万。以前はもう少し収入があったが、ここ最近で仕事が減った。その上に、持病が悪化したものだからたまらない。職場の人間関係も含めて、肉体的にも精神的にも厳しい状況にあった。

 月12万の収入では、生活保護受給者との逆転現象が生じる。まず交通費が支給されていない。国民健康保険の負担も月々数千円。国民年金の請求もあるが、このレベルでは支払えない。雇用形態によっては厚生年金等の社会保険、所得税の源泉徴収がされて手取りが減る。実質の手取りは10万を切るケースがほとんど。

 ところが生活保護になれば、地域にもよるが、家賃込みで12-13万が支給される。なおかつ医療費はタダ、年金も免除。この元信者は、病院に行きたくても、治療費が捻出しづらい生活水準だった。保護決定が出れば、ようやく受診できる。

 上記のような生活保護水準以下のグレーゾーン労働者は少なくない。このような格差はその内問題にもなろう。

 例えば私と同年代以下ならば「どうせ払っても…」と期待値が低い年金。年金を納めていなくても、生活保護で月12万受給可能だ。例えば私などは、年金を今から一生懸命納めても70歳での支給額が月12万になることはない。生活保護の場合、労働で得た収入には控除があるから、働けばその分多少もらえる額は多い。生活保護から抜け出すのに十分な仕事・収入がなくても、頑張った割合に応じて生活保護受給額にプラスになるわけだ。しかし年金に対して、生活保護では控除はない。そうすると、「どうせ将来生活保護で12万もらえるなら、年金なんて払うだけ無駄」となるだろう。

 生活保護受給者に対して、年金支給額にも控除をつけないと、年金未納は増える一方になろう。勿論、それで年金制度が崩壊するか、それとも先に資本主義システムが崩壊するか、という問題だが。

 当方の2年前当初計画では、元信者の生活保護は想定に入れてなかった。「余り積極的に関わりたくなかった」と言った方が良いかも知れない。ホームレスは根無し草。信頼関係を構築するには色んな意味で障壁がある。最近は、よっぽど元信者の方がいいと考えたりもする。十数年の付き合いで大体の性格は分かるし、ごく一部の例外を除いて、ウソはつかない(と思っていたが…★)。

 しかし別の意味で、元信者には生活保護を取らせたくない考えも出てきた。その理由とは、安易にお金がもらえる生活で堕落してしまうということである。ある程度の贅沢に慣れてしまう堕落、これは他のホームレスとも共通する点でもある。しかしホームレスの場合は、元々路上生活もしくはピンハネされててきた宿泊所を追われてきた身。贅沢とは言っても、生活保護は日本人に最低限保証された権利。

 出家信者の場合は、元々余り贅沢な暮らしをしていない。出家生活に比べると生活保護は極めて贅沢な生活水準(家族を除いた正大師レベルの待遇)。その贅沢な境遇に加えて、仕事もなくやることがなければ、「思想・信条的な死」となることがあるように思われる。

 ホームレスにはこちらから積極的に働きかけるのとは違い、元信者にはこちらから働きかけているわけではない。それでも、オウム時代からの事も含めて、思想的な面での責任は感じる。私が関わる関わらないに関係なく、元信者はその点あらかじめ自己責任で認識頂いた方が良いと思う。

 「その点」をかみ砕いて繰り返すと

 一日一食、タコ部屋の生活で質素倹約たるを知るに慣らされてきた元出家者にとっては、個室付月額12-13万円の生活保護は天国のような境遇。うるさい師もいなければ、無償奉仕にかり出されることもない。しかし、自分の中に確たる指針(信仰その他生き方の方向性)がなければ、仕事もやることもなく漫然と日々を過ごす堕落の道。いやでも信仰が強要される団体生活から離脱して、それを選択するのは本人の自由。私は国家が保障する最低生活への橋渡しをするだけで、思想・信条的な点は如何なる責任も負えません。

 以前派遣村に、生活保護をもらいながら反貧困関係の弁護士と連絡を取りながら、派遣村や反貧困運動の事務関係をやっていた人がいる。生活保護をもらいつつ仕事を探さないでそんなことばかりやっているというのは、世間一般からすれば非難対象にもなり得た。私は奴隷労働のような派遣の仕事よりは、よっぽど人の為になる意義ある活動だ、とは思うが。。個人的には、ブログで主張してるようなアンチ・グローバル資本主義、その趣旨からの貧困層支援(ホームレス支援・リースバック事業)を手伝ってくれたら有り難いな、とは考えてますけど。

 勿論、もはや思想・信条など関係なく、「麻原と団体幹部に騙された!普通の日本人に戻りたい!!」ということであれば、「搾取してきてごめんなさい」となるが。幸か不幸か、現在までの所、当方にはそのような問い合わせはない。

※ 上記は団体の現役・元出家信者を対象としたものであり、在家信者等はこの限りではありません。
★ この原稿を書いたのは5月末だったが、その間に元信者の対応で史上最大の損失を被った

コメント


話題と違うけど

米国債、格下げ検討…デフォルトの恐れも
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110714-OYT1T00401.htm

どうなんですかね野田さん。

つか私の生活も結構厳しくてデフォルト寸前w

プチ生活保護のススメ 改訂第3版―申請書付
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X

とある信徒のメルトダウン
というアニメタイトルが浮んだ・・・

大分厳しい人たちも多いのかな
この曲が浮んだ
http://www.youtube.com/watch?v=rIFQ2M2tJwc

へー

いい歌ですね、しんみりきました。

多情仏心

またずいぶんと昔のまっさんを持ち出してもらってなつかしいです。http://www.youtube.com/watch?v=ICJw_4LSLr8

>「麻原と団体幹部に騙された!普通の日本人に戻りたい!!」ということであれば、「搾取してきてごめんなさい」となるが。幸か不幸か、現在までの所、当方にはそのような問い合わせはない。

「その間に元信者の対応で史上最大の損失を被った」ってカルマが返ってきたって言わないんですかね?
穏便な問い合わせじゃなくて、実力行使ちゅうか。


>奴隷労働のような派遣の仕事よりは、よっぽど人の為になる意義ある活動だ、とは思うが。。

東南アジアのプランテーションが搾取、という認識はあっても、現代日本の派遣が類似型とは普通思わないんでしょうね。。


ここで1曲。
償い
http://www.youtube.com/watch?v=YM6UUYgjKa8&feature=related

そのような暇があれば、ボランテア活動してください。
長い目で見れば利益があります。

また真夏の炎天下、グルを思い小菅で歩く修行してください。

小菅で修行してもいいけど、いわゆるグル、ってものを、肉体のある人物と同一視したらあかん。。。
ここでいうグルが師という意味ならば尚更だし、まったく違う、大いなる何者か、という意味であったら肉体が実在するはずもない。大乗の比喩を取り違えてしまうのは論理が理解できてないから。アビダンマの発展系として大乗論が出てくるのは理解できるが、大乗が一人歩きすると間違いが起きやすいな。

生活保護で一定の生活を保障してもらえる制度って、年金より安心感高いから、時々生活保護でプチリタイヤ生活ってのをしながらのんびり生きるほうが精神病も減ってかえって生活保護が減るかもねぇ。。。

満足を求めて生きているという観点からすれば勤労も生活保護も寅さんも僧侶も同じだし、脱原発も原発推進もアメリカもアルカイダも同じなんだよな。

だから自我がすべての諸悪の根源なんだけどさ。
その影響は仏陀でも死ぬまで受けるわけで。
となるともう、、、仕方ないやな。

>★ この原稿を書いたのは5月末だったが、その間に元信者の対応で史上最大の損失を被った

偉そうに世界経済活動の動向説いているわりには
同じ釜の飯食った仲間に損失被るんだね。
自分の金じゃないから平気なんだろうな。
搾取され続けている元サもドブに金投げているみたいなもんだな。

>小菅で修行してもいいけど、いわゆるグル、ってものを、肉体のある人物と同一視したらあかん。。。

芋馬の耳に念仏でしょう。

炎天下のホットスポット小菅でホームレスのような風体の元大幹部を歩かせて、救急車か消防車か警察沙汰を起こさせようという、神もほっとけの無情の権化。w

脱会カウンセリングに協力するのは構わないのだが、常軌を逸する非常識さに閉口。
これから脱会したい人は社会常識をゼロから学び直すことと、社会以前に「長らく出奔していたことを家族に謝罪する覚悟」について心の準備をして置くと良い。
社会復帰以前の問題で逃げ口上を並べても始まらないので。
肝腎な問題から逃げて歩いている限りどんなゴタクを並べても説得力ゼロ以下なんだから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/591-dea8e580

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad