元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 前回は、「お金の仕組みは国家の信頼が前提」という所で終わりました。今日は、貨幣経済の成り立ちについて、ちょっと専門的な話です。先に要約を。

 経済は人と人との助け合い。しかし「あいつには世話になったから、一肌脱いでやろう!」という気にはなっても、「どこの馬の骨か分からんやつには、ちょっと…」というのが人情。そこで見知らぬ者同士でも、後で見返りが保証されるようなシステムができました。

◆物々交換から銀行券まで

 昔々にさかのぼりますと、人間は自給自足の生活だったわけです。自分で米を耕作して、雨風をしのぐ家も自分で作るというような。しかし自分だけでできることには限界があります。別の人は米ではなくて野菜を作っている、また別の人は牛の乳を搾っている。「俺も野菜や牛乳を食したいから、米と交換してもらえないかな?」というところから物々交換が始まります。ご近所同士の信頼関係ということですね。

 しかし物々交換では、「俺の米をやるから、牛乳をくれ」といっても、相手が応じてくれない場合もあります。そこで皆が共通に欲しがるモノを交換媒体として使用するようになります。これが貨幣です。大体金や銀などの貴金属を使うようになります。

 ヨーロッパ中世の大航海時代になると、大量の金銀が商業的に使われるようになります。しかし金銀は重いですし、摩耗や盗難のリスクもあります。そこで金銀を預かって、預かった証書を振り出す商人が現れました。それが銀行の始まりで、証書は銀行券と呼ばれます(皆さんのお財布にあるのも「日本銀行券」ってちゃんと書いてますよ)。


◆銀行券は金銀と変えてもらえるの?

 銀行から銀行券をもらった人たちは、逐一銀行に金銀を取りに行くのも面倒なので、そのまま銀行券で取引を始めます。ここで銀行券が、預けられた金銀に裏付けられた通貨になるわけです。当初この銀行券は、銀行が預かった分の金銀と交換できる分しか出していませんでした。

 しかし銀行券と金銀の交換を求めてくる人は、ごくごくわずかでした。そこである時銀行は、こう考えます。

「みんなから預かった金銀の量を超えて銀行券を発行してもばれない」

 要するに金銀の裏づけのない銀行券を出しても、全員が一斉に金銀との引き換えを求めてこない限り大丈夫だ、と。そして預かった金銀以上の銀行券を振り出すようになります。

 ところが銀行の中には、銀行券を大量に発行するだけ発行してとんずらしてしまうといった「山猫銀行」なる詐欺事件もちらほら起こりました。他の銀行でも、不安になった預金者が金銀の引き出しを求める、いわゆる取り付け騒ぎが起こったりしました。銀行も一斉に引き出しを求められるとたまったものではありません。発行した銀行券に対して預かっている金銀の量が足りないからです。

 そこで銀行同士がネットワークをつくり、取り付け騒ぎで金銀が足りないところには、別の銀行が融資するというシステムができあがりました。最終的に銀行券の発行を国が管理すべきだという認識が生まれ、国ごとに銀行券の発行を独占する中央銀行が設立されるようになりました。これが現在の紙幣の始まりです。

 金銀の資産を裏付けとして、銀行券を発券する制度を金本位制度といいます。欧米諸国や日本では、19世紀頃から金本位制度が取られるようになりました。しかし、戦争など国家の支出が多くなった際には、金本位制度が維持出来ないことが度々起こりました。つまり戦争で銀行券を沢山ばらまかなきゃやっていけない、沢山ばらまいた分を全部交換してやれるだけの金(Gold)がない、という事態です。


◆通貨は国家への信頼

 第二次世界大戦後は、アメリカの金保有量世界一を頼みにして、各国は金本位制度に戻ります。各国通貨がドルとの固定為替相場を介して、間接的に金と結びつく金ドル本位制度だったのです。ドルは金に変えられる約束だったのです。

 ところがアメリカは、ベトナム戦争で大量の戦費支出に迫られます。財政的に厳しくなったアメリカのニクソン大統領は、1971年8月15日、ドルと金の交換停止を突然発表します。いわゆるニクソン・ショックです。ここで金本位制は完全に終焉を迎えました。各国は現在、中央銀行が通貨の量を管理する「管理通貨制度」を取っています。つまり円やドルは金(Gold)とは直接関係なく、国家(政府と中央銀行)の信頼に裏付けられたものなのです。

 ではもう一度おさらいしましょう

物々交換   ご近所同士の助け合い・信頼関係

金銀の貨幣  みんなが欲しがる貴金属への信頼

金本位制度  お金・銀行券への信頼、貴金属を持っている中央銀行への信頼

日本の現在  日本銀行と日本政府への信頼、みんなが日銀券を信頼しているという集団の中の信頼、お金を返してくれるだろう前提での国債への信頼

世界の現在  借金大国アメリカへの信頼、みんながドルと米国債を投げ売りしないで持ち続けてくれるだろうという集団の中の信頼、米国債等金融資産への信頼


 経済が現在まで発展するにつれ、システムそのものは世界中に広がっている一方、漠然としたつかみ所がないものになっているのがおわかりでしょうか?人が人の為に奉仕する、その信頼関係を前提とした経済。個々の人間同士の信頼から、国が発行する借用証に置き換わっています。

 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」「まあみんなやっているから大丈夫じゃないか?」という安心感でしょうか。しかし赤信号で本当に車が突っ込んできたら、みんな我先に散り散りに逃げ出すだけでしょう。

 ドルと米国債が暴落し、株価が暴落したら、至る所で借金の焦げ付きが発生します。世界中に貸し倒れの連鎖が広がり、世界恐慌となるリスクがあります。「山猫銀行」詐欺事件のごとく、「国家に騙された、金返せ~!!」とならない保証がどこにあるのでしょうか?


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  5000~~~~~~ξξ∈∩∋ξξ~~~~~~~~ 5000 |
 | ζ    RI 92223504 P   ∪W∪                  ζ |
 | ζ ギ コ猫 銀 行 券   ___                 ζ |
 | ζ    ∩∩∩∩      /      \        ∧ ∧   ... ζ |
 | ζ  ∈ 五 千 擬 古 ∋  |       | ~′ ̄ ̄( ゚Д゚)    ζ |
 | ζ    ∪∪∪∪    ...「  ∩ ∩ ∩    UU ̄ ̄ U U     .ζ |
 | ζ                ⊃ ∪ ∪ ∪                 ζ |
 | ζ   ギコ猫銀行      \     //米国ITTE-YOSHI \   ζ |
 | ζ                    ̄ ̄ ̄                 ζ |
 | ζ~~~~~~~~~~ ∩M∩ ~~~~~~~~~~~~ ζ |
 | ζ==========⊂。。⊃============ ζ |
 |_____________________________|

 


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 10000~~~~~~ξξ∈∩∋ξξ~~~~~~~~10000 |
 | ζ    RI 92223504 P   ∪W∪                  ζ |
 | ζ モ ナー 銀 行 券   ___                 ζ |
 | ζ    ∩∩∩∩      /      \      Λ_Λ      ζ |
 | ζ  ∈ 壱 万 茂 名 ∋  |       |     (´∀` )     ζ |
 | ζ    ∪∪∪∪    1 ∩ ∩ ∩ ∩    (    )      ζ |
 | ζ                | ∪ ∪ ∪ ∪     | | |      ζ |
 | ζ   モナー銀行      \     /      (_(__)      ζ |
 | ζ                    ̄ ̄ ̄  /日本OMAE-MO-NER\ ζ |
 | ζ~~~~~~~~~~ ∩M∩ ~~~~~~~~~~~~ ζ |
 | ζ==========⊂。。⊃============ ζ |
 |_____________________________|



コメント


軍事で失敗した感があるのは、かなーリ痛いんだろうなぁ・・アメリカ。
ああ温暖化や、原発や、情報技術や、と絡んでくると、米国ドルの行き先は、なんともよくわかりませぬ。

VT正悟師は

将来教団を離れることになったとしても、教団が崩壊したとしても元手があれば得意の金融取引で生計立てられますね(笑)

おすすめの本です。今年の1月・2月に出たばかりです。

「相場に負けたときに読む本  真理編」
「相場に負けたときに読む本  実践編」
山口祐介  パンローリング株式会社

~本の内容~

○生き残るための精神修行

「感情を封印せよ」
「謙虚に臨め」
「欲を持つな」
「冷静になれ」
「うぬぼれるな」
「有頂天になるな」
「健全な懐疑心を持て」
「無心で決断しろ」
「純粋無垢の精神状態で臨め」
「責任転嫁するな」
「すべての行動に責任を取れ」
「言い訳をするな」
「他人に頼るな」
「正当化するな」
「聖杯は心の中にある」
「金融取引は滝に打たれるような厳しい修行である」


非常に厳しい言葉が並んでいますが、これらの言葉は正しいと思います。

宗教的実践においても経済的実践においても心の調御がすべてを決めるのだと
痛感しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

不安&恐怖の解消法

資本主義と宗教性の親密な関係

> ドルと米国債が暴落し、株価が暴落したら、至る所で借金の焦げ付きが発生します。

これはいつ起きるかどうか不透明です。起こらない保障がないに過ぎないでしょう。

別角度で素朴な疑問
どうしてお金は自己増殖をするんですか?

この個人的な疑問に納得のいく説明を見つけ出せずにいました。
この問いに、かろうじて納得が行きそうな説明が『マルクスの資本論』の中にあることを、最近知りました。

しかしその原理が判っても、貨幣を投資することによって、あたかも地中に播かれて穀物を産出する種子のように、生産的になる体系は出来上がってしまっています。

しかもその自己増殖性、不確定な流動性を、適切に制御できるような、本来的構造にはなっていないでしょう。

価値保証を国家がしてることを、信じることによって、かろうじて保たれている現在のあやうい状態でしょう。

『資本論』に潜む三位一体の原理を話題にする前に、ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』を覗いてみます。

「価値を保存して貯めておく手段としての貨幣を所有したい人間の欲望は、半ば合理的で半ばは不合理な本能的基盤に基づいているが、この欲望は不確定な未来に対して我々が抱いている不安や不信の度合いを示すバロメーターなのである。不確定な未来に対するには、価値を貨幣のような流動体として貯めておくことによって、この不安は大いに落ち着かされる。金銭を貸すときには、この流動性はいったん貸し手から離れなければならないわけであるから、当然それから発生する不安に対するお手当が必要になる。このお手当の尺度を示すのが利子率である」

ここでは明確に『不安&恐怖』の解消或いは保障(補償)するために、利子が割り当てられています。
不安&恐怖を、解消或いは補償することは、心理学或いは宗教性にとっての根幹課題だと個人的には思います。しかしここでは、不安に対する手当が利子であるとされています。日本では現在利子率は日銀が司っています。


中沢新一氏の『緑の資本論』から少し引用してみましょう。
--------------------
p71 p79 p92 (大量の引用になるので省略)

p102
「いまや、価値は、諸商品の関係を表わしているのではなく、いわば自分自身にたいする私的な関係に入るのである。それは、原価値としての自分を剰余価値としての自分自身から区別する。つまり父なる神と子なる神を通して聖霊なる神の発出がおこなわれて、父と子と聖霊のつくりなす増殖分をはらんだ三位一体としての価値は、原価値そしての自分を余剰価値としての自分自身から区別をおこなうのであるが、余剰価値を含んだ三位一体も原価値としての三位一体も、同じ神として、すぐさま区別を失ってしまうのである。

p103
 実際、その昔「聖霊」を神の働きとすることに反対した人々は「聖霊」の働きを一神教の原理を危うくする魔術的な本質をもつもの、と非難していた。「聖霊」は愛と意志に突き動かされている。そして、この愛と意志は、ロゴスの認識をおこなう知性の働きに較べると、はるかに魔術的実践に接近した場所に生起するのである。
キリスト教は愛と意志の働きを、「聖霊」として、神の内的構造のうちに組み込んだ。これによって、キリスト教はユダヤ教からもイスラーム教からも区別される。独自の一神教のドグマを形成してきたのであるが、そのおかげで、神の内的構造を、生命と商品の内的構造を記述することも可能なものとして、つくりあげることに成功したのである。

 マルクスの「聖霊」。資本主義の社会に、多数の「聖霊」が徘徊しているのだ。マルクスは商品に内在する「聖霊」的な活動を、除去することのできないものとして、それを出発点として、資本の分析を解析している。それによって『資本論』の分析は成功をおさめるのだが、資本の解明の仕事自体が、一つの循環論の中に入り込むことになったのも、事実である。資本の解明によっても、資本主義の「外部」に脱出していくことは不可能なのだ。
 ここでイスラームなら、冷静にこう言うだろう。商品に内在する「聖霊」の働きを除去することは、人類に可能である。イスラームの実験が、それを歴史的に証明してきたではないか。タウヒード(唯一性)によって、貨幣から発生する毒は消すことも可能なのだ。「聖霊」の増殖的活動を資本の解明の基礎に据えたマルクスが、たしかにそれによって外傷(トラウマ)を被ったことは本当だ。しかし、あの「三位一体」のドグマこそ、一神教の形成という人類の果たすべき「形而上学革命」に深く突き刺さってしまった、後戻り不能な外傷なのではないだろうか。

 精神的外傷は、健忘症や抑圧をつくりだす、と精神分析学は教えている。それは心的装置が処理しきれないほどの興奮量を生み出して、主体を苦しめる。グローバル化した資本主義が生み出す興奮量は、いまやイスラーム世界にも深く浸透して、その世界を脅かしている。このような時代を無思考によしとしないならば、私たちは、さらに深く商品の内部で働いている「聖霊」の活動を観察してみなければならない。
--------------------
興味があれば、書籍を直接お読みいただければと思います。


資本主義社会の構造的な原理と宗教性は、まったく関係なさそうに一般にはみなされています。

ですから私が素朴な疑問を発しても大概の方々は、お金を貸借する時、はじめに約束・契約がされたいるのだからその約束に基づき利息は当然として支払うように守られなければならない。など当然な決められてる社会的約束に基づき常識的答えが返ってきていました。

資本主義と宗教性との間には根本的連関性がもともとあったのだと知るに至り、経済問題も宗教問題も結局は、とどのつまりは同じ問題に帰結するのだなぁというところまでは理解が進みました。

ユダヤ教・キリスト教・イスラーム教など一神教に共通する概念

森羅万象この宇宙をかたちづくるものは、形も色も属性もさまざまな多様性にわたっているが、このすべての存在(あること)の存在性が「ただ一つの実体」におさまっていく、つまり唯一の神である「ただ一つの実体の表出」、言い換えれば、唯一の神こそが、森羅万象の創造主である。
この概念を生身の身体を有するものに敷衍適用すると、旧教祖、皇国史観に基づく天皇、これらが神であるみなす概念とまったく異ならないようになってしまいます。
これはほとんど一神教的な概念です。
古神道、或いは、多神教或いは聖霊の増殖作用を認めているとみなし得る概念とは著しく異なるでしょう。またキリスト教概念から発した資本主義の場合、その制御は相当難しいものとなっているのが現状でしょう。

「父」と「子」と「聖霊」がどのように、現実の資本主義経済社会内で、進展をしていきそうか、或いは、どこかに不確定な流動性を、適切に制御できるような体系が構築される必要があるかの考察の端緒を、マルクスの資本論などを解説してくれている、中沢新一氏の『緑の資本論』から学んでいるところです。

精神的外傷或いは統合失調症の発病やその傾向の発現の可能性は、資本主義経済のもともとの構造的な要素に潜んでたということですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/57-adfb0a02

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad