元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆追記10:50

 政治においては「大連立」、経済においては「復興国債の日銀引き受け」

 震災復興、国難に対処するという大義名分で何でもアリになってきました。これは二年半前、リーマンショック以降の金融危機で、アメリカFRBが国債買取をやり出したのと似ています。アメリカはそろそろ辞めようか…という雰囲気も漂ってはいますが、まだ未知数です。また中東、それからこの日本の震災などの懸念材料もあるからです。

 恐らく今後も出てくるであろう、世界共通の図式は

 大義名分 国難、非常時、○百年に一度の危機に対処する
 現実対応 国債増発
 市民生活 資源・エネルギー・食料など国際商品価格ジリ高

 与謝野氏他閣僚は、日銀引き受けを否定しております。復興国債の落としどころとしては、市場から買いオペで吸収でしょうか。裏を返せば、単にその観測気球にすぎないかと。。

 貧富の格差は更に増大し、一般大衆の欲求不満エネルギーはどんどん蓄積されます。

 金融システム崩壊、東日本大震災で第二章突入ですかな。

 まあキチガイの戯言ですから、余りお気になさらぬよう。

◆コメント欄より

>復興費用を日銀が直接引き受けの可能性とか言ってますが
>財政問題とデフレと震災の疲弊から財政破綻、ハイパーインフレの懸念もあるようなんですが
>今後の分析お願いします


 いきなりハイパーインフレは無いでしょうが、資源・エネルギー・食料とも国際商品価格はジリ高ですよね。現時点でレギュラーガソリン150円台の高騰も、25円引き特例措置は財政難の為に取りやめそうですし。サブプライム・リーマンショックと来た流れを紙幣増刷でくりぬけて来たつけは、こんな感じでじわじわ。

 個人的に注目は、財政難のポルトガル。緊縮財政案が議会で否決され首相が辞任しました。解散総選挙、その後大連立も模索とか。日本の復興支援も美しく見えるが、大連立しようと何しようと、国民が財政難の状況下どこまで耐えられるか。先進国はどこもかしこも似たような状況になりそう。そうなった時に、国民はどこに欲求不満のはけ口を探すか…

 ただ個人的には、福島原発と同様、誰もが疑問を持たずに頼り切っていた金融システムが、ある日何かの契機にメルトダウンする可能性があるかも、とか考えます。そうなれば放射能情報がどうのこうのどころの騒ぎじゃありません。

 これもキチガイの戯言なので、余り気にしないで下さい。


****EU、財政難ポルトガルに支援8兆円超か*****
欧州連合(EU)の首脳会議は24日、財政難に陥ったポルトガルへの金融支援に関心が集中した。同国は解散総選挙に突入する公算が大きく、支援要請に踏み切るとしても一定の時間がかかりそうだが、規模は750億ユーロ(約8兆6000億円)に達するとの見方が浮上した。

追加緊縮策を議会で否決され、辞意を表明したポルトガルのソクラテス首相は、支援要請について明言しなかった。一方、同国の10年国債の利回りは同日、一時8・0%近くまで上昇し、過去最高を記録。持続的な財政運営は難しく、カバコシルバ大統領を中心に早急な対応を迫られそうだ。

EUのユーロ圏財務相会合のユンケル常任議長(ルクセンブルク首相)は24日、支援の規模は750億ユーロが「適切」とした。ドイツのメルケル首相も「ポルトガルはこれまで約束した財政再建路線を堅持することが重要」と述べ、支援の可能性を示唆した。

一方、EU首脳会議では、財政悪化国を支援する常設機関として2013年半ばに創設する「欧州安定メカニズム(ESM)」の融資可能枠を5000億ユーロに設定することなどで最終合意。
財政赤字の削減を軸にした経済政策の協調や、域内銀行の健全性を審査する6月のストレステストの結果に基づいて資本増強など適切な措置を講じることでも一致した。(共同)【3月25日 東京】
***************************


6月5日に総選挙 財政危機のポルトガル
2011.4.1 10:18

 財政難に陥っているポルトガルのカバコシルバ大統領は3月31日、ソクラテス首相の辞任表明を受け、議会の総選挙を6月5日に実施すると発表した。

 ポルトガルでは、政府が提案した財政緊縮策が社会民主党など野党側の反対により議会で否決され、社会党の単独少数政権を率いてきたソクラテス首相が3月23日に辞任を表明していた。

 同国は金融危機の克服に向けた公的支出が財政を圧迫。2010年の財政赤字は国内総生産(GDP)比で8・6%と当初見通しよりも悪化しており、今回の政治的混乱で欧州連合(EU)などに金融支援を要請するとの観測が強まっている。(共同)

コメント


分析ありがとうございます
震災で目が国内に釘付けになってましたが
世界を見渡すとより厳しい感覚を受けますね
これは直感的なことですが
多臓器不全、クラッシュというイメージ

宗教の信者もまたピノキオだ

今回の野田さん記事と上のお二方のコメントで
野田さんの以前の記事を思い出した。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-273.html

どこでも財政危機なんですね。
ポルトガルへの支援金額8兆円超は人々の欲求指数の現われでもあるのでしょうか?




野田さんが言ってる陰陽の話でヨーガ論を含めたものを元に雑だけど感覚的に思ったこと。

地震の振動は音の振動タマス
   ↓
原子力核エネルギーは熱エネルギーラジャス
   ↓
サットヴァの光の速さに移り
   ↓
よくも悪くも事態があからさまに…。
個々人の精神性から世界の経済事情に至るまで…。

人間に心の平安をもたらす部分と、ドグマによって害悪をもたらす宗教。人類の
歴史は宗教戦争の歴史だと言っても過言ではないと思います。人や天皇を神とし
て崇拝し、国ができ、信者と非信者との分離が始まり、国家の威信をかけて戦争
するとゆう。20世紀までの特定の人を神として教祖やグルを絶対崇拝するスタ
イル、新興宗教の増加は宇宙の流れで仕方なかったと思いますが、21世紀は教
祖やグルなしに、個々人の内側に究極ポイントがもともとあるんだと氣づける時
代がやって来たと思います。僕はオウムやカトリック教会みたいに人間をステー
ジ制に階級づけることは何だったのか?正しかったのか?といまだに思います。
ステージに甘んじてお布施でのうのうと暮らし、当たり前と傲慢になり、自分が
偉くなったと錯覚し、地球の裏側の飢えた人達に目を向かない人達を見てきまし
た。で、僕自身も宗教や信仰で残る大きな重荷の一つに“プライド”選民思想と
ゆう我欲、課題が残りました。戦争も劣等感から来るプライドの要素が強いんで
しょう。僕の縁するヨーガの人達もやっぱりプライドでやっています。自分達が
正統派で正しい、と。他は間違ってると。ヒーリン
グ関係や日本の神道、修験道等の話しを持ちかけるとなんか即、“排他的に裁く
”ように言いますね彼らは。グルに人々を縁つけすることが使命感として活動し
てますね。一つのグループにハマるとやはり自分達が最高だと思い込んでしまい
、視野、世界観が狭くなるのは仕方ないことなんかな?と思います。僕は人間は今
までの経験を含んで超えるとゆう、良い意味で変わり続けなければいけないと思
います。

あれ?偉いまともな意見じゃん

そういう意見をいうならトリップつけてくれんかなもし

11/04/02 EM117-55-65-139.emobile.ad.jp 削除
タイトルなし

人間に心の平安をもたらす部分と、ドグマによって害悪をもたらす宗教。人類の
歴史は宗教戦争の歴史だと言っても過言ではないと思います。人や天皇を神とし
て崇拝し、国ができ、信者と非信者との分離が始まり、国家の威信をかけて戦争
するとゆう。20世紀までの特定の人を神として教祖やグルを絶対崇拝するスタ
イル、新興宗教の増加は宇宙の流れで仕方なかったと思いますが、21世紀は教
祖やグルなしに、個々人の内側に究極ポイントがもともとあるんだと氣づける時
代がやって来たと思います。僕はオウムやカトリック教会みたいに人間をステー
ジ制に階級づけることは何だったのか?正しかったのか?といまだに思います。
ステージに甘んじてお布施でのうのうと暮らし、当たり前と傲慢になり、自分が
偉くなったと錯覚し、地球の裏側の飢えた人達に目を向かない人達を見てきまし
た。で、僕自身も宗教や信仰で残る大きな重荷の一つに“プライド”選民思想と
ゆう我欲、課題が残りました。戦争も劣等感から来るプライドの要素が強いんで
しょう。僕の縁するヨーガの人達もやっぱりプライドでやっています。自分達が
正統派で正しい、と。他は間違ってると。ヒーリン
グ関係や日本の神道、修験道等の話しを持ちかけるとなんか即、“排他的に裁く
”ように言いますね彼らは。グルに人々を縁つけすることが使命感として活動し
てますね。一つのグループにハマるとやはり自分達が最高だと思い込んでしまい
、視野、世界観が狭くなるのは仕方ないことなんかな?と思います。僕は人間は今
までの経験を含んで超えるとゆう、良い意味で変わり続けなければいけないと思
います。

増税も加えてください。

金融システムに安定なんてないからね。。。
カネにそもそも価値はないからさぁ。。。
モノも価値ないけどねぇ。。。
ヒトもそうだけど。。。

全部、無価値。

軸を規定すればなんらかの価値は出るけど、
その軸自体が定まらない不確かなものだしな。

いちばん価値があるとすれば、

全部無価値であることが詳細に理解できることだな。

まあどうなっても、地獄で会おうや。

と思ってりゃ、なんかいいことあるだろ。


私も♪

名無しさんのカキコに偉い感動した。

>地獄で会おうや。
地獄にも救いがあると漠然と思ってますよ。

でも問題は、これらを超えて更にフェイズがあるかもしれない、と皆さん薄々おもってるようなところw

例えば、我々は究極の事柄を「心・精神・意識」として分析しようとしてる。しかしその心を客観的に観察しようとしているのがまた(我々の)心(多様だけどやはり心)なんですよね。

このジレンマ、パラドックス。
そしてだから更に仮設として空性や真我と持ってくる。
しかし依然ジレンマ性は終わらない。

いわばトリレンマw

さてさて、どうしたものやら。。

「変わり続ける」はいい響きでした。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-482.html 
のださんの「創造と破壊」記事より抜粋

>人によっては、それまで必死に信じていた唯一絶対の価値観が喪失してしまって、全く生きる気力さえ湧かない、というケースもあります。それよりは、借り物でも自由度が小さくても、何かあった方が生き甲斐は感じられるでしょう。

普段の生活において安全だと思っていたり当たり前のように使えたライフラインもある意味
絶対的価値観のように思っていた部分も大きいのかもしれません。。
しかしこの震災で大きな被害があり創造されてきたものが随分破壊されてしまいました。
紹介されていた自殺しまった農家の方のことも思いましたが全てを無くして失望
してしまったのですね。
農家の方は日本の貴重な財産的存在でもあると思うので残念です。
大切な一人の命、心痛みます。
野田さんも最初は農業支援も考えていましたし、これから農業は注目されると思いますし。。

マイべスさんコメントの

>普段から過ぎたことに頓着がないとか、理念が明確だと、日本がつぶれても、たぶんなんとか明るくやっていけるんだろう。

| 201104-02 18:05:18 | youmybestfriend #- URL [ 編集 ]

次への一歩って大切ですね。。。破壊があっても再生までの精神力や行動が早いのですね。

しかし国債がどんどん増大されているのは普通では考えられない状態だということですね。
グローバル資本主義という大きな借り物の世界の一部に存在していて仮に崩壊が訪れたとしたら
やはりお金ばかりに価値観を置かず精神性を鍛えておく必要があるなぁと思ってしまいます。

その一方スーパーに品物が揃ってくると震災後久しぶりに混みました。
防災とか買い込みという意識でなくてある程度普段よりみんな節制してたので
少し緊張感がとれて普段通りのお買い物がしたくなったようです。

宮城県の南部の方は避難所は物資の支援があるようですが、自宅が多少破損くらいで住める状態の人の方が物資が少ないようです。
水道、電気、ガスは使えるそうです。(震度7のお隣の地域)
スーパーも店頭販売があるだけだそうでガソリンも並ばないと買えない状態らしいです。

なまもの

イーモバさんや、

> 僕はオウムやカトリック教会みたいに人間をステー
ジ制に階級づけることは何だったのか?正しかったのか?といまだに思います。

'95年までのステージ制度って、それこそ数週間刻みくらいでコロコロ変更があったじゃないですか。それくらい本当のステージって生ものなんだと思いますよ。

その、一時的な肩書きがそのまま定着してしまっては、まったく意味をなさなくなりますよね当然。生鮮野菜の値札が何年も有効なわけないし。

個人的なこと言うと、教団出てからのほうがスピリチュアルな進歩が加速されていますよ。やっぱり足枷だった、服が合わなくなってたんでしょうね。人脈も変わったし、そういった異種の触媒で反応が違った側面から進んでる、そんな感じ。

コーラン焼却・・

ヤバス
http://www.asahi.com/international/update/0402/TKY201104020429.html

想像以上に世界は激変の時期・・
経済の流れも同時に深く見てなければ・・
さあ野田さん、持ち分発揮でがんば!

784:2011/04/02(土) 09:02:50.62 ID:rz/I8yxl
しかしまあ「一生ネットやりません」と宣言して置きながら
臆面もなく、またネットやりだして、その宣言したサイトにまた出没するってどういう神経してるのかねえ

785:2011/04/02(土) 09:50:47.21 ID:DKPzGZmG[sage]
>>784
あの人は精神障害者2級なんだよね
大目に見てやらないと可哀想

世の中に対して否定的過ぎ。

楽観的過ぎるのもどうかと思うが、世の中に対して否定的過ぎるのはもっと危険。
現象を直視して「わが身こそ振り返る」ことが重要だが、
世の中に対して否定的過ぎると、何でもかんでの世の中のせいにしてしまい、
「わが身こそ振り返る」ことができないし、「未来に俺たちが勝つ!」と妄信し、
今の現実から逃げ、今を意味ある生き方ができないことにもなりかねない。

だから俺は、世の中や世の中で活躍して人のよい面もしっかり見ようとしているし、そこから大いに得るものがある。

Soul Link さん

一般的には貴殿の仰るとおりですよ。
キチガイの戯言ですから気になさる必要はありません。

その上でまだここで物申したいとお考えなら、私は以下のように申しあげます。

一般的にはキチガイとしか思われない私は、空の理論を背景にしています。

それからすれば、オウムも洗脳されてましたが、今の世の中も洗脳されていますよ、ということです。それは繰り返し述べているとおり、グローバル資本主義下での拝金主義・物質主義・科学万能主義です。それは空の移ろいを記述する陰陽の思想からしても、ここ40年以内には大きな混乱を伴ってパラダイムシフトするだろうと考えます。

貴殿が仰っていることは、私が現役アレフ信者に語りかけることと同じです。それとほぼ同じ内容を、グローバル資本主義に洗脳されたほぼ全ての人類に私はここで語りかけております。まあほとんど無視されておりますがね。

貴殿が、私含め洗脳された哀れなオウム信者を何とかしたいとお考えなら、私以外にはまずその言葉は届いていないと考えた方が良いでしょう。なぜなら私の言葉ですらほとんど届いていないから。私に届かせようとするなら、ネットではなく現実世界(オフライン)で語りかけていただくことを希望しますね。


野田さんへ

震災ホームステイ
http://www.shinsai-homestay.jp/
どう?

>震災ホームステイ

今私の所は貸し出せるところがなく、空いているのは管理物件、つまり他の大家から家賃取って貸してくれというヤツだけなんですよ。大家も借金だらけでクビが回らない可哀想な人だし。世の中難しいね。


なるほど難しいですか。

こういう案件は国から支援が出れば賃料も貰えそうですけど整備に時間がかかるかな。
了解です。

君は人のために

>貧富の格差は更に増大し、一般大衆の欲求不満エネルギーはどんどん蓄積されます。

「インタビューで『偽善とか売名と言われることもあると思いますが…』と聞かれて、『ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうにおっしゃる方々もぜひ自腹で数十億出して名前を売ったらいいですよ』と啖呵切ってて迫力あった。」
http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=547299

ここまで来ると立派。こういう経世済民はかっこいい。


初音ミクでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=1Y2y-1UL2Ng


>個人的なこと言うと、教団出てからのほうがスピリチュアルな進歩が加速されていますよ。やっぱり足枷だった、服が合わなくなってたんでしょうね。

ジョーユーさんはじめ、杉浦兄弟、野田さんら幹部がもう1年でも2年でも早く脱会していれば、もっと多くのサマナの目が覚めていたかもしれませんね。

経世済民

ソフトバンクの孫正義氏が100億円寄付 震災孤児ら支援
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110403/biz11040322470005-n1.htm

ファーストリテイリングの柳井会長、個人で義援金10億円
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110314/biz11031416270026-n1.htm

石川遼、賞金を全額寄付「目標は2億円」 
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110330/glf11033016550003-n1.htm

凡人には無理だ。

売名だろうが、キチガイだろうが、信念のある野田さんだったら、これまでの賠償額317万円から、数年後には億を表明しているかもしれませんね。


>カネにそもそも価値はないからさぁ。。。
>モノも価値ないけどねぇ。。。
>ヒトもそうだけど。。。
>全部、無価値。

それでも、全部、価値があるでしょう。



>その一方スーパーに品物が揃ってくると震災後久しぶりに混みました。
>防災とか買い込みという意識でなくてある程度普段よりみんな節制してたので
>少し緊張感がとれて普段通りのお買い物がしたくなったようです。

太平洋戦争時では、贅沢は敵。
貧しくて、モノがなくて、子供らには苦労をさせたくないと我慢して頑張った。
子供が巣立って、病気になり、寿命が見えてきて、昔できなかった大人買いがしたくなった。

そういう人は、許してあげていいと思う。

あとで後悔する人は結構多い。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-57.html

野田さんのこの記事↑なんとなく思い出した。


>太平洋戦争時では、贅沢は敵。

ほんのちょっとでもいいので日本の現状は贅沢すぎるんだと感じてほしいときもあります。
レジ袋辞退2円引きするのを忘れたり、20円の割引を引き忘れるだけでレジ係りは
悪者にされて血相変えて罵りにやってこられる場合もあるから…。(買い物量を見ると生活には全く困ってなさそうですよ。それでもそうするんです…)
苦情対応がうまくなってしまい罵られることはあまり無くなりましたが…。

かなりの数を打ってると人間だものたまにはミスもあるよ。誰でも…。
でもストレス解消で当たられる場合が多いから現代人は悲しいもんだなぁと思うときもあります。 
本当は毎日毎日、食事の献立を考えてお買い物するのもイライラする人もいるのかなぁなんて…
大変なのねみんな。。

心にゆとりがなくなることって怖いです。 自分も気をつけよう。

消費することが震災での経済の復興になるというようなニュースが流れていたので
土日は大量にお買い物するお客さんが多かった。
仕事している人はまとめ買いするのも仕方ないですが…。
こういうのがあったらいい、ああゆうのがあったらいいとかこういうのが売れる?
なんてことで戦後の日本は物凄い種類の食料品が増えたんだと思います。
でも満たされることはなくストレスが貯まる場合もあるんでしょう。。
もっともっとという気持ちの場合や気に入ったものを出来るだけ安く買いたいという
心情から…。

自ら節度のある暮らしをしている人はあまりイライラもしていないです。
必要なものを必要なだけシンプルに買ってる人は心もシンプルで静かです…。

野田さんはどこだったかの記事によると乾麺とか納豆とか食生活がシンプルだから
どんな状況になっても困ることがなさそう…。痛くもかゆくもない感じ…。
今回納豆があまり出回らなくなったけど揃いはじめてきました。
今は果物の紙パックのジュースが品薄です。
物が無いので業務用が売り出されてました。
日々変化ありの状況です。

ざれごと

原子炉周辺より100キロの計画的避難。農地保護のためのシールド(防霜シートなど)東京まで含めて防護薬配布。こうしたものを一ヶ月かけて実施する。ガンの予防研究を進める。副次的に放射線物質中和技術の開発。もう、なににも備えない欺瞞の日常を送ることはないとおもう。関東方面在住の人達はヨウ素剤配布を求めるべきだとおもう。現状においては反対デモよりも重要ではないか。(ヨウ素剤は保健所や病院で学校で配布し、その用法は徹底して守られるべきだ)
ここで付記するけれども、とんでもない科学的な根拠の無い被害を口にするカルト的な人間に信をおくことはない。広島、長崎の悲しいながら偉大なデータの蓄積において、突飛な動物実験を除いて、遺伝学的な障害は認められていない。特に福島などの微小被曝はなんら問題はない。広島長崎における被爆差別がどれだけ悲劇を招いたかもわすれてはいけないとおもう。

ただ市民に対抗する術を与えられていないのが不気味なんだよ。それでいて政府が責任を背負うことをせず、本末転倒した欺瞞的な日常生活をおくるためのシート案などをだす。備える術、そして知識を要求するべきだとおもう。

備える力と知恵をもたせる事が責任あるリテラシーであるし、エンパワーメントなんだわ。ところが、政府は自主自主を繰り返し、力を持たぬ人達に自主自主を繰り返し、欺瞞の日常を呈示しようとする。

記者など利権まみれの連中が垂れ流す情報なんて無用。技術情報を開示し、多くの技術者研究者が医学者などが、それを受け取れる情報提供が必要。場末の技術者までが情報を吟味する事が可能になれば、そうした情報はキャンセルアウトされる内に市民に提供される妥当な情報になるんだよ。

エンパワーメントとは安手な大衆迎合や欺瞞提供ではないんだよ。ギリシア、ローマから続くソフィストの発想を底流としたものだ。より、市民に正しい知恵、生きる術をあたえるためのものなんだよ。現状のソクラテス ネロ的な発想はまちがっている。

ソクラテス ネロ的な発想は市民が不満ならば権力を保全するためにサーカスとパンを与えた。そして、事実を欺瞞して、人々が力をもつ事を拒絶した。つまりパンを与えるものは我々であるということに固着したわけだ。電力がなければ電力を与えましょう。電車が無ければふやしましょう。放射線がこわければ、やっつけしごとでやりましょう。対応する術をもたぬエンパワーメントされぬ人々は依存し、生き残る力をもがれる。
サーカスとパンを与えるものを信じるな。かれらの頭の中には、めのまえ数センチのことしか見えていない。
僕たちが求めるべきことは僕たち自身がエンパワーメントされる事であり、生き残る術である。それがないゆえにイライラが募り、最後には脈絡なき憤懣をもつことになる。おちつき、いまなにをもとめるべきなのかなにに備えるべきかを考えるべきだ。

東京まで被曝したら、どうしよう。その気持ちが想定外という言葉でパンを与えるものから与えられ、気持ちを飲み込む。大丈夫ですよとね。そうじゃないはずだ。東京大被曝に備えた備えそのものをエンパワーメントを求めるべきじゃないか。

エンパワーメントされた市民においてはデマは飛ばないし、恐怖に飲み込まれる度合いも少ない。つまり現状でのデマやカルト的な言質をつかうTのようなミニ麻原のような存在は現れ得ない。

ソクラテス的な社会の滅びは人々が生きる力を失い。恐怖を煽るカルトの乱立によって生じた。それが終末論に支配された社会である。

不安に乗じるやつに気をつける。それはサリン事件で我々は目の当たりにしているはずだった。しかし、どうだろう責任も取れぬ、そして生きる術を提供せぬ人間の戯言に信をおこうとしている。ひとびとは情報を探し、すこしでも違う情報を得ようとする。違うが故に信をおこうとする人も増えてくる。

備える力をエンパワーメントされた、その俎上において人は、マスギャザリング的ではあるが、なにを信じるべきかなにを主張するべきかの妥当性を得るものである。エンパワーメント国家であるスイスをみてみよう国家が責任を持ち備蓄を各家庭に行い、家屋にシェルターをもつようにエンパワーメントする。

そして、多くの避難計画を持ち演習すらしている。そうした国家でこのようなパニックが、そして鬱的な気分が蔓延するだろうか。人々は備える力を与えるように政府に求めるべきではないか。エンパワーメントを求めるべきではないか。

エンパワーメントされないばあい恐怖は異様な形で変遷される。備えがなければ、電力がない→原発も必要かもしれない。長崎広島そして福島で放射線被害と恐怖を与えられ続けおめでたいはなしだ。この国民はアホかということにもなるわけだ。しか、備えがあれば、次はこうしたストレスを加えられないよう考え始め、そしてやがてそれが収斂していき、電気は欲しいが、それならば他のことをしようとなる。それが自主的な政治決定権をもったエンパワーメント為れたが故に選択権をもつ市民というものだろう。

パンを与えられることを前提とした市民、パンを焼くすべを学んだ市民の差はそこにあるんだよ。

サーカス

現状を知り得る状態になったアメリカですら日本の情報の混乱を口にしだしている。そこにだわ、民主党の幹部が原子炉をシートで覆って放射線を出さないようにしますという。こういうのがサーカスだっていうんだよ。
一度でも下げたい炉心温度を脇においといて、放射線は気にしなくてもいいですよっと述べたもう。まるで蛇口からフロアに流れ出す水をとめるのは後回しにして蛇口にぞうきんでも巻きますからといっているのに等しいんだよ。


とても気になるんだよね

ダメージを受けた炉心の制御棒の事がね。大丈夫ならば良いけれど、地震からの応力(これは最新炉心においては対策済み)ならびに照射腐食割れなどがおきていないか。また、施設そのもののコンクリが大丈夫なのか、また、格納容器の蓋はどうなっているのか。

「不都合な真実」記事発見
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-237.html

のださんは原発についてもエコの視点から書いてたんですね。

エコとエゴって濁点ひとつで大きく違いますね。
濁点を取る生き方ができるようになると心も爽やかになりそう。

おっと、こんな記事が

ヨガが不整脈や脳卒中の予防に効果的、新たな治療法として提案される
http://gigazine.net/news/20110404_yoga_benefit/

↑ 確認ですが・・・

あくまでも『ヨガ』が効果的なわけですよね?
ずぅぅぅ~~~~~っっっと昔からある『ヨガ』が。
『ヨーガを教えた誰それが』『法則を解き明かした誰それが』
とかの話ではないわけですよね?

そんなの決まってるじゃな~ぃ
言わなくてもわかるでしょ?
うふふっ(ハート)

とサクラー正悟師の声で言ってみる

不都合な真実

服役中の2002年3月に脳出血で倒れ、言語・記憶に深刻な障害を負い歩行もままならないという。。

>レジ袋辞退2円引きするのを忘れたり、20円の割引を引き忘れるだけでレジ係りは悪者にされて血相変えて罵りにやってこられる場合もあるから…。(買い物量を見ると生活には全く困ってなさそうですよ。それでもそうするんです…)

普段からちょっとのミスで怒鳴られる会社か家庭にいるんでしょう。

>苦情対応がうまくなってしまい罵られることはあまり無くなりましたが…。

客あしらいがうまいのではなく、客の立場になってクレーム対応がうまくなることは大切。
社員教育を受けている人とそうでない人のスキルは違いますね。

>普段からちょっとのミスで怒鳴られる会社か家庭にいるんでしょう。

残念ですがそういう事実はありませんね。
(値引きのクレームについては自分だけが経験していることでなく80人以上が経験している例です。)
わたしの場合はひと月2000人くらい対応してるかな…。(クレーム客じゃないですよ総体的客数)
今の仕事2年1ヶ月目だから5万人くらい対応してますね。それだけの人を見てきたわけだし…。

スキルは実践で身につけていくものです。
教育はマニュアルです。該当しない例が数々出てくるものです。
様々なお客さんがいるわけですから数多くこなし他人のよいところは真似をし
学ぶことが第一なのです。

まあ、現場にいない人はわからないでしょうね。

素敵なお客様もたくさんいますし…。

最近は感謝されることが多いですね。ありがたいことです。
素晴らしい人間社会が壊れるようなことにならないために一人一人の
心の働きは大切なものですよ…。



>残念ですがそういう事実はありませんね。

ソンナさんやレジの人がそういう環境の人であるとは言ってませんよ。
ソンナさんは癒し系でしょう。

>まあ、現場にいない人はわからないでしょうね。

いろんな現場があるものですよ。どこかの臨界事故現場とかね。

セシウム137

半減期30年のセシウム137にはりんごペクチン剤が有効との情報ありました。
http://gagome7.seesaa.net/article/192948114.html
情報得ただけの段階ですがとりあえず。

プラス、現地住民で原発モニターをやってらした方のインタビュー。
ちょっと長いけどリアルです。
http://www.youtube.com/watch?v=EcF_75slgwk

毎年慣例の黄砂に含まれるセシウムとか、

北海や日本海にはロシアが21基ほど原子炉ごと捨ててそのままとか、

メキシコ湾で駄々漏れの原油に混ぜたコレキシットのこととか、

どうしようも無くなっているもんじゅのこととか。

日本には55基の原発が在ることとか。

そういう現実を度外視すれば福岡原発の話だけ切り取って盛り上がれると思うんだけど。

>毎年慣例の黄砂に含まれるセシウムとか、

シルクロード旅行して被曝しているかもしれない日本人とか・・・


広島平和記念資料館と

長崎原爆資料館と

東京都立第五福竜丸展示館は

日本人だったら一度は行って見ておくべきでしょう。



しかし、当面恐いのは、タバコの副流煙と吸殻火事。歩くフクシマ原発。。。

> しかし、当面恐いのは、タバコの副流煙と吸殻火事。歩くフクシマ原発。

 日経サイエンス4月、「タバコに放射性物質」が載ってるんですねー。日に半箱吸うと、年 100度の胸部X線撮影に相当する被ばく
 タバコの放射性物質ポロニウム 210は肥料とかに含まれるウランの崩壊生成物。タバコ産業は 50 年前に気づいたうえ、除去法も知りながら「商業上の利点なし」と見て内緒にした

 アメリカの犠牲者、年数千に上るようです

これまで

隠蔽されてた抑圧されてた社会の暗部がドンドン暴露されてきてると思います。
ある意味面白すぎるほど。(語弊覚悟)
人類にふつふつと蓄積されていた、アポトーシスへの憧れのなせる技か。
強力に学ばされてます。
ネガな事象に相対するものは・・

あーやっぱり煙草そうか。煙草はやばいとは思っていたけど。会社で言ってやろ。

結局、人間は納得できればそれでいいんだな。

納得できないから怒るわけだ。私も煙草の副流は納得できんからなぁ。。

しかしすべてを知ることは不可能だから、その納得できないことを想定内として生きなきゃなんないな。

インドが日本製品全部輸入停止だと。

これから大変だ。さあどうするか。

食品だけじゃないからな。東だけでもない。

逆ABCD包囲網か。

さあこれからどうするか。

も り あ が っ て ま い り ま し た 。

ニコ生:上原春男氏(ジャーナリスト) 共同インタビュー 主催:自由報道協会
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45748912
(第一部生放送終了、第二部予定だそうです。)

福島第一原子力発電所・3号機の設計者でプレート式冷却装置の開発者でもある上原春男・元佐賀大学学長への共同インタビューを自由報道協会主催で行ないます。
上原氏は政府と東京電力でつくる事故対策統合連絡本部の会議にも出席。
冷却対策を提案しています。

上杉隆氏(ジャーナリスト)の暴露
http://www.ustream.tv/recorded/13808412

原発事故について、話したあと、TBSのキラキラを降ろされ、ニュースの深層では、スポンサーである電事連から圧力がかかり、スポンサー無しの放送を余儀なくされた。岩上も、原発が理由かどうか、とくダネをおろされることに。大本営発表と同じ状態。非国民の代わりに不謹慎と言われる。

中国事情

 中国のインターネット上では「日本以外の人口密集国家でM9.0レベルの大地震が発生すれば、地震だけで数万人の死傷者が出るだろう」と論じ、「日本の建築物を見たあとにわが国の建築物を見ると、何もかもひどすぎることが分かる」、「M9.0は四川大地震よりも大きな規模だ。しかも地震の後には津波が来ている。中国の不動産ディベロッパーは反省し目を覚ますべきだ。日本の地震を見てみろ。地割れが出現し、深刻な地盤沈下や道路寸断も起きた。しかし、多くの建築物は何ともない。多くの住宅は地盤沈下にともなってそのままの形で沈んでいる」など、日本の建築物の耐震性を高く評価した。

 また、感嘆の声をあげているのは一般人だけではなく、専門家も同様だ。日本の建築物の堅強(けんきょう)さには専門家も驚嘆の声を上げている。不動産ディベロッパー華遠集団の任志強総裁は、「震撼(しんかん)した。も建物の倒壊で死亡する人がほとんどいなかったとは。これこそ人間第一主義だ」と発言している。

 中国エネルギーネットの首席情報官である韓暁平氏は、「日本国民の災害に対する冷静な対応は、われわれも学ぶべきだ。これほどの規模の地震でも、秩序を保ち、人を責めることがない。しかし、さらに重要なのはこれほどの地震でも倒壊による死傷者が非常に少ないことだ。これは日本の建築物の高いクオリティをよく表している」と指摘した。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0318&f=national_0318_105.shtml


 東日本大震災の被災地では仮設住宅の建設が始まり、中国でも同ニュースが報じられた。中国メディアの環球時報はこのほど、仮設住宅の建設の様子を写真付きで紹介する記事を掲載した。

 記事は、自然災害の多い日本では災害対策システムが充実していると紹介し、「電気、ガス、エアコン付きの仮設住宅100戸には液晶テレビや冷蔵庫、太陽発電システムなどの家電が無償で提供される」と報じた。

 記事には中国のインターネットユーザーから、まるで本宅のようだ、これで仮設住宅なのかといった驚きのコメントのほか、これでこそ先進国だといった称賛のコメント、仮設住宅から日中の差を見いだしては汚職官僚を批判するコメントなどが寄せられた。
http://topics.jp.msn.com/wadai/searchina/article.aspx?articleid=551292

>>毎年慣例の黄砂に含まれるセシウムとか、

>シルクロード旅行して被曝しているかもしれない日本人とか・・・

これプラス中国事情さんの内容読んで思ったんですが、今回の日本の震災前に
内モンゴル中国籍のバイトさんがモンゴルに帰っていたのですが、震災後も
なかなか職場に戻ってこないのでもう日本に来るつもりなくなったのかなぁ?と思ってたら
お客さんとしてやってきて実はモンゴルに帰ってからアレルギーが出て
入院してたと言ってました。 
その内仕事に復帰してきますが、震災があってもやっぱり日本がいいのかな…。
その方は23歳ですがゴビ砂漠の黄砂や砂塵暴の中で育ってきたわけだ…。

> >しかし、当面恐いのは、タバコの副流煙と吸殻火事。歩くフクシマ原発。

>日経サイエンス4月、「タバコに放射性物質」が載ってるんですねー。日に半箱吸うと、年 100度の胸部X線撮影に相当する被ばく

職場の社員食堂の一部に隔離された喫煙室がありますが
煙がモクモクとしているので誰かが「毒ガス室」だとか言ってましたが
まんざら嘘でもないようですね。

とくダネで取材されたというウォーターサーバー会社勤めの人は
あれから20連勤だそうです。
ただでさえ忙しいというのに20分から30分もクレーマー対処は大変らしいです。
かなりひどいらしいです。

(2010/11/7) 大阪・講演、世界学生平和会議(PCY)にてダライラマ法王のトークセッション

法王の秋の日本ツアー第一日目は、滞在先の大阪のホテルでの個人的な謁見から始まった。その後あいにくの雨の中、法王はその日のイベント会場、インテックス大阪に向かわれた。29カ国から集まった若者を含む5000人の聴衆が法王の講演(『恒久的世界平和の実現に向けて』)に集まった。

風邪のため喉を痛めていらしたのにもかかわらず、ダライ・ラマ法王は力強く平和について語られた。「より平和で暴力の少ない世界が構築できるかどうかはあなた方若者の肩に掛かっている。それを実現するにはまず将来の展望をもたなければいけない。平和を願うだけではだめだ。現実的で理にかなった具体的ヴィジョンをもつ必要がある。平和とは意見の食い違いをなくすことではない。意見の違いは決してなくならない。様々な意見や考え方がある中での平和、つまり内なる平和を目指すということだ。」法王の語りかけに会場の若者は熱心に耳を傾けた。

「暴力は結局私たち自身が引き起こすものであるから、それを無くすことができるのも私たち自身だ。アメリカではウィスコンシン、スタンフォード、そしてエモリーといった大学で、科学者たちが心の平和を実現するためのリサーチに真剣に取り組んでいる。今では科学者の研究は実体のあるものだけでなく心にまで及ぶようになってきているのだ。」

「快楽だけが深い喜びをもたらすわけではない。痛みを伴う喜びもある。感覚的な快楽ではなく、心の本質に働きかけて人間に平静や喜びをもたらす究極の要因を探らなければ。それは信仰の有無や環境条件にかかわらず誰にも共通のものであるはずだ」と法王は指摘された。

法王はかすれた、しかし説得力のある声でおよそ2時間半の講演を次のように締めくくられた。「変化は訪れる。武力や武器によってではない。決意や言葉によってでもない。行動によってだ。しっかりした動機をもって行動する。一人一人が全世界を『私たち』と捉えるようになった時、私たちはこの世界をよりよいものへと変えることができるのだ。」

短い昼休みを挟んで平和に関する討論が2時間に渡って行われた。世界学生平和会議(PCY)に参加する学生が会場を埋めた。

PCY2010に参加した学生らがその体験について発表した。彼らはPCYのプログラムを通じて世界のことを学び、暴力と貧困の悪循環を断たなければいけないと感じたという。若者の発言を真剣に聴いていた法王は、彼らが参加したプログラムを意義あるものだと讃えたうえで次のように述べられた。「インターネット世代になっても顔を突き合わせて対話をすることは重要だ。言葉だけでは人の表情までは伝わらない。」

法王はアルゼンチンで出会ったチリ人物理学者との想い出にも言及された。「彼は私に『自分の専門分野ばかりに囚われていてはいけないと思っている』と言った。私もまた仏教ばかりに囚われてはいけないと思う。」「自分の国や国民を愛し、文化を愛する。それは素晴らしいことだ!しかしもっと普遍的、全体的な社会観をもち、それに対して責任をもつことも必要だ。」

トークセッションを締めくくって法王は会場の若者たちに次のような言葉を残された。「私たちは時として自分の無力さを嘆き、自分では何一つ変えられないと思う。しかしそうではない。私だって節水や節電を心がけてシャワーに入る時に水を使いすぎないようにしたり、部屋を出る時には電気を消したりしている。小さなことだがそれでも必ず違いを生む。」「あなた方の情熱は素晴らしい。情熱とホリスティック(全体的)な考え方-とても重要だ。立派なことをしようと思ったら必ずと言っていい程困難に直面するということも分かっただろう。しかしチベットにはこういう諺がある。『九度失敗して九度頑張る』-決して諦めるな、ということだ。」

講演を終えた法王に会場の人々が喝采をおくった。法王はその後大阪を後にされ車で1時間程の奈良に向かわれた。奇しくもその日、仏教伝来の地、古都奈良では平城遷都1300年祭が閉幕しようとしていた。

http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/201011japan/report/day2.html

チベット問題

ナチの連中が共産主義者達を連れて行った時、私は黙っていた、

私は共産主義者ではなかったから。

彼らが社会民主主義者達を拘留した時、私は黙っていた、私は社会民主主義ではなかったから。

彼らが労働組合員達を連れて行った時、私は黙っていた、私は労働組合員ではなかったから。

彼らがユダヤ人達を連れて行った時、私は黙っていた、私はユダヤ人などではなかったから。

そして、彼らが私を連れ去った時、私のために抗議してくれる者は、
誰一人残っていなかった。

http://blog.goo.ne.jp/shinya_fumika/e/b36f17caaf266405c25009c96b420986

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/566-516b96d0

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad