元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 マスコミ某社よりコメント依頼がありました。こちらにも掲載しておきます。

「今回の分裂は、教団の麻原絶対崇拝(麻原回帰主義、麻原回帰路線)に反発した結果。上祐ら新団体が真に麻原元代表から決別したか否かは、今後の動向を見守って頂くしかないと考えます。被害者への本心からの謝罪は、現教団では到底なしえないが、(上祐ら)新団体の動向には注目していきたい。」

関連記事
オウム上祐前代表派が新団体設立=「ひかりの輪」、麻原脱却を強調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000067-jij-soci

コメント


モーニング娘。のリーダーも

今日モーニング娘。を卒業しました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000004-oric-ent

吉澤ひとみは新リーダーの藤本美貴について
「優しくて温かい子。でも、言い方がキツイところがあるので、そこはオブラートに包めば、いいリーダーになる」とコメントしています。

 アーレフ新リーダーのVT正悟師も優しくて温かい人ですが、「A派は内弁慶でヘタレだ」「A派は屁理屈ばかり言っている」と言い方がキツイです(笑)


 吉澤ひとみは最近弟さんを交通事故で亡くされました。しかしその直後のコンサートはきちんとこなしたそうです。

 人生出会いがあれば必ず別れがあります。

 そして別れがあれば出会いがあります。

 吉澤さんにも教団関係者にも素晴らしい出会い、明るい未来がやってきますように。

大極あって陰陽生ずと言います。

さて、苦楽表裏一体ということは、善悪、正邪も同じことでしょう。
我々、生を営む者が、何か特定の完成した善のみで満たされるこの世の世界が実現できると期待することは、妄想以外の何ものでもないのは明白でしょう。

このような善・聖の一方だけに、強権的に自分たちの周りを変えてしまおうと試みても徒労に終わるのは明白、しかし、癒されたり、聖なるものを感じられるものがあるのも事実です。

結局善が悪へと変化したり、悪が善へと変化していく、二元相対の世界の全体を認め受け入れることをしない限り、大極のような、全体的なありのままが平安な境地にみなが至り得ることにはならないことが明白でしょう。

すべての人の苦悩からの解放を望むことは、苦、悪、邪の否定排除だけでは、決してこの繋がっている苦楽表裏を体感した、平安な境地にほど遠いことになってしまうでしょう。

少し方向性を変えやはり一方に偏っていた経験的実例を挙げましょう。(再び一方に偏る経験をここでさせて頂きました。)

同質・循環・相対性

これは私が40年ほど前からおよそ20年間いた団体の中核的教義でした。因果応報を単的に示した部分があります。
しかしながら、この世で個人が可能な限り豊かな(所有を可能とする)生き方に向かう為に、活用してしまった部分があったので、聖なるものを感じられると同時に、精神的経済的貧困を厭う傾向は回避できそうにありませんでした。

類は友を呼ぶというのは業の理論でしょう。同質
十二縁起はその苦の過程から聖なるものを感じられる過程に入れるので、循環
苦楽表裏はまさに相対性でしょう。

このように説明していなかったと記憶していますが、この世の客観的性質を単的に示しているのは事実でしょう。

私は訳あってここを離れなければならなかったのですが、

相対性の性質をもつこの世で、個我の(精神的&経済的)豊かさを追い求めれば、必ずその反対性は無意識(集合的無意識)的には、消滅することが決してなく付き纏うことを、自覚しない限り、おそらく、循環し反対性が現象化してしまうでしょう。

日本的霊性には寛容性、曖昧性が必ずありますが、ここに相対性の感受性があって、ず~と聖であり続けることは、不能であることを良く理解している証拠でしょう。

> ヴァジラ・ヤーナの実践に於いては、最低でもグルの指示に隠されたグルの深い意思を瞬時に読み取る智恵が必要となります。

はたしてその意思がどこら辺にあったと、客観的にみなし得るのでしょうか?現実は少なくとも現在もなお、仏位を維持されておられるとは見受けられません。(一時期あったかも知れません)
最も顕著な事実は、被害者に多大な苦痛を与え、日本&世界に多大な恐怖を与える効果はありました。しかしその相対的視点で、苦を感じたものの数の方が、神聖を感じているものの数を稜駕している事実は、はたしてその現象が智恵のある意思に基づく行為であったといま猶言えるのでしょうか?

この真意には、
『来世私は三悪趣に生まれ変わるかもしれない
三悪趣の苦しみは、心の解放をした私にとって苦しみではない』

この部分にあるのであって、個我の精神的豊かさを追い求めて、悪趣から自分たちだけが解放されたい願うことに、焦点があるのではないでしょう。

俺たち大悪人が、他の苦しみを自己の苦しみとしたとき自己のカルマに濁りが生じることを甘んじて覚悟するところに真の焦点があるはずです。(しかし心の解放をしていれば苦として感受しないという意味も含まれているでしょう。)

確かに『理趣経』第三段 降伏の法門に

たとえ三界の一切の生き物を殺したとしても、決して悪の報いを受けて地獄に墮ちることはない。それどころか悪しきものを調伏したことの果報を得て、速やかに無上正等覚を証することであろう。

との記述がありますが、これには前提があるということです。
降伏の行為をなす自ら仏となんら変わらないものとなったという条件が前提であり、しかも他者の苦悩からの解放に寄与することが必須であり、

仏となり得ないこの世で生身を有している部分には、当然として三悪趣の要素を集積するように取り込んでいますので、三悪趣に生まれ変わる要素は膨大に増していることを忘れるべきでないでしょう。

しかし、文字通り意味を取ってたとしても、速やかに無上正等覚を証する条件は、仏の位を保っていなければならないことには変わりがありません。

ところで、ある行為が降伏であったとしたら、仏の位を維持していなければならないという部分で、その指示を出した人が現在も尚、仏の位を維持しておられる客観的証明はありますか?

もともと『理趣経』第三段は、個我の外側の煩悩魔・陰魔・死魔・天魔を殺害することが真意では決してなく、本来は個我の内側に生じる悪魔を退散させることに真の目的があるのであって、外側の他者の苦悩を増大するような行為をして良いと語っているのもでは決してないはずだと個人的には解釈しています。

苦楽表裏の実相にあって、本当に自他の苦悩からの解放の手伝いをすることができるのは、苦が楽に変化するものであり、悪が善に変化するものであり、邪悪が神聖なものに変化するものであり、この変化を促す手伝いをさせていただくだけであって、

必ず両者は必要なものであるということを忘れるなら、単に平安な状態への執着に異ならないこととなり、そんな事していれば、何れ必ず、楽が苦に変化し、善が悪に変化し、神聖が邪悪に変化する憂き目を現実的に経験せざる得ないことが運命づけられているでしょう。

従って、どんな人も、どんな団体も、変化はまぬがれませんけれども、その変化の同質・循環・相対性を、楽善神聖のみを渇望すれば、必ず落胆の憂き目があるので、悪が善に変化するように促す事柄に努力していれば、時が善・楽・神聖を感じさせてくれるものを与えてくれるでしょう。

反対に聖の肯定、邪の否定で、聖なるものだけを好み、邪悪なるものを厭い続ける限り、望む聖は掌からこぼれ落ち、いつか邪悪を掌に握ってしまっている失敗をしていくことを気づかされる事になるでしょう。

> 上祐ら新団体が真に麻原元代表から決別したか否かは、今後の動向を見守って頂くしかないと考えます。

ですからこのような見守る姿勢は素晴らしい事であり、川の流れのように、いかなる人もいかなる団体もその自らが常に変化する性質からまぬがれないですから、いかなる人もいかなる団体も他者の苦楽に寛容に対処するものであれば、時と共に、その傾向は人々がその真価を如何様にか評価し、その評価の質(良否)に基づき、いかなる人もいかなる団体もその自らの内部の苦楽の感受状態も決定づけられていくでしょう。


滝本弁護士ブログより

2007/5/7
「あちゃあ」  カルト問題・犯罪被害

TBS報道から、上祐代表
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20070507/20070507-00000015-jnn-soci.html

「『ひかりの輪』を作るというのは、旧団体の反省を込めた非常に重要な実現。10年、20年、30年と『ひかりの輪』が続くなかで、地球が危機に入るかもしれない。その時『ひかりの輪』は、私の今の思想がそのまま実現すれば、ハルマゲドンが起こらないように努力はしても、決して闘争はしない」
-(ひかりの輪・上祐史浩代表、今月3日)

「あちゃあ」という観想、いや感想です。
失礼ながら、思わず噴き出してしまった。

上祐さんはその意味がわからないのだろうなぁ。
なんとも。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

吉澤ひとみ引退

よっすぃ~が引退したと。素晴らしい素晴らしい素晴らしい。プッ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

マスコミ

A派の皆さんはやはり
「上祐がマスコミに叩かれているのは尊師を裏切ったからだ!
私たちは尊師への帰依を貫いているからマスコミの攻撃が弱まっているのだ!」ぐらい思っているんでしょうか。
以前は「私たちこそ真理の実践者であるがゆえにマーラの手先であるマスコミに攻撃されているのだ!」って言ってたものですが。
まあそれも無常ですがねえ。

今朝NHKを見ていたら

いきなり「アーレフ・ひかりの輪に立ち入り検査が入りました」と報道された(笑)

「両派の対立が深刻になる可能性があるので、引き続き監視を続ける方針」とのこと。

痴話げんかをいちいち国にチェックされて日本全国に暴露されるなんて大変だねえ。

やっぱり捨てられません!!

公安調査庁は10日、オウム真理教(アーレフに改称)を脱会した信者らの新団体「ひかりの輪」
=上祐史浩代表(44)=の施設などに対する初の立ち入り検査で、複数の施設から
松本智津夫死刑囚(51)=教祖名麻原彰晃=の肖像写真などを見つけたと発表した。

公安庁によると、新団体の信者は「捨てるのを忘れた」と説明したとされるが、
同庁の片岡義篤調査第1部長は「新団体も依然として麻原(死刑囚)の影響下に
あることをうかがわせる」としている。

肖像写真のほかに新団体の施設から見つかったのは、麻原死刑囚の唱えるお経のような
「マントラ」の音声ファイルが入ったパソコンなど。


共同通信
http://www.47news.jp/CN/200705/CN2007051001000657.html

未廃棄はダメよ。

>公安庁によると、新団体の信者は「捨てるのを忘れた」と説明したとされるが、同庁の片岡義篤調査第1部長は「新団体も依然として麻原(死刑囚)の影響下にあることをうかがわせる」としている。
肖像写真のほかに新団体の施設から見つかったのは、麻原死刑囚の唱えるお経のような「マントラ」の音声ファイルが入ったパソコンなど。

上祐代表の言う「宗教事業」に出資するいわば「株主」の立場からすれば、上記のような新団体の「企業理念」に反するが如き専従スタッフは(故意あるいは過失に係らず)公表して欲しいですね。
代表の管理者責任に基づいて。

>上記のような新団体の「企業理念」に反するが如き専従スタッフは(故意あるいは過失に係らず)公表して欲しいですね。

「ひかりの輪」会則
第14条 本団体は、会員が次の各号の一に該当する場合には、当該会員を除名又は資格停止にすることができる。
①本団体の基本理念、本会則及び役員会の定める規定に反する行為をしたとき
②重大な法令違反をしたとき
③本団体又は他の会員の名誉・信用を傷つけ、又は重大な損害を与えたとき
④本団体又は他の会員の活動を妨害したとき
⑤他の会員のプライバシー権、パブリシティ権、著作権及びその他の権利を侵害したとき
⑥その他、会員としてふさわしくないと判断される行為をしたとき
(専従会員の会員種別変更)

14条3項に抵触しているんじゃあるまいか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/54-f4b93692

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad