元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 「利他行」について多少議論が進んだようで。ただ私の立場から言わせて頂くと、「道筋の分からない人が目的地点に到達するには、道筋を分かっている人に聞くのが早い」ということかな。これを精神世界では、「グル」とか「導師」とか言ったりしますが。で、導く側と導くこと自体についていうなら、「どこまでの範囲をどう責任を取るか」というのが重要かと思います。

 少なくとも現教団アレフは、導き手そのものが誤った、なおかつ、その後誰も責任を取らない、教えだけがガチガチの観念となって信者を拘束している死んだ宗教です。勿論その信仰が、誰にとっても百害あって一利なしとは申しません。グローバル資本主義の拝金奴隷よりは、多少ましなケースもあるかもしれません。出家信者については、教団存続意義シリーズで触れた通りです。

 私がこのブログで色々主張しているのは、95年以降指導的立場として信者を誤導した落とし前の側面もあります。と同時に、自分のやり方で社会に対する奉仕をさせて頂きながら、賠償も行う。その思想と実践の流布を、ブログで多少なりとも試みているわけです。

 前回のホームレス支援の話を持ってきてくれたS氏、その後ホームレスではない一般人の話を持ってきてくれたH氏については、彼ら自身の行為を賞賛すると同時に、感謝申しあげたいと考えます。明確な結果がでなくとも、私も勉強になりますし。

 2006,7,8年は、団体の立場に拘束された面もあり、外部に対しては積極的働きかけができなかった。去年今年と多少は動き出したと言えるかな、そう考えています。しかし困っている人は星の数ほどいます。特にお金で困っている人は。私はどこかで常泣菩薩のような気持ちを抱きながら進んでいます。

 私がホームレス支援を始めた頃、麻原原理主義のP師は次のように嘲笑していたらしい。

「そんな小さいことはどうでもいいんだよ。俺たちはもっと大きいことをやろうとしているんだよ!」

 これは私直接にではなく、私の活動を評価して辞めようとしていたサマナに述べたことです。他の師も私の活動計画について、同様に蔑んでいたかもしれません。

「尊師についていけば全ての衆生が救済されるんだ。貧乏人を一人二人救う事なんて意味ないんだ。」と。

 しかし現実彼らは、かつて「十億宇宙に唯一人の魂」と自称していた垂れ流しおじさんの命乞いをしているだけに過ぎません。「来世以降救済は成功するんだ!」という先送りなら誰でもできます。

 訳の分からないプライドで固めた幹部連中より、末端サマナの方が「まだ」自分たちの姿を直視しだしているかも知れません。以下は死刑廃止フォーラムに参加した現役サマナの言葉です。

「自分の為に『尊師を死刑にしないで下さい』と言っている教団の人より、自分とは関係ないけど『死刑は残酷だからそういう制度を止めるべきだ』と頑張っている死刑廃止フォーラムの人達の方がよっぽど利他の実践をしているかも知れないと思った。」


コメント


目を覚ませ野田

お前、いい加減にしろ。
もはや、オウム以前に、宗教の基本さえ忘れている。
宗教はな、たとえこの世で多少の安心を得ても、死後に地獄へ落ちたら意味がないという長大なスケールで物事を考えるんだよ。分かるか?
確かにホームレス支援だとか、死刑廃止だとか、いかにも「分かりやすい利他」であり、いかにも「人のためになる」という感じがするが、それは短期的でインスタントな利他だ。目先の利益だ。安心施の一種だろう。

そんなんで自己満足できているとしたら、本当に悲しい。人情に巻き込まれ過ぎだお前は。
まずは初歩的な宗教から学び直しなさい。
仮に、お前が支援したホームレスの方々が、懸命に生きて、人生を全うして、いかにも「良かった良かった」という結末になっても、死後に低い世界に落ちてしまったら、はっきり言って、ほとんど無意味だぞ?虚しくないのか?

そして、仮にそこで高い世界へ転生できても、問題がある。つまり、ここから仏教やヨーガの価値観、"解脱”というものが登場するわけだが、お前はまず、キリスト教やイスラム教のような価値観から学び直せ。
本当は分かっていて、そんな虚しい自己満足に浸っていると、信じたいが。。。

あと、オウムを否定すれば野田が自己を肯定できる、と思ったら大間違いだからな。

死刑はあるべき

女子高生コンクリート犯人の一人 八潮市の男、
再犯しました。
車のトランクに人を詰め監禁。
本来生まれてきてはいけなかった魂。
地獄の門が開いてしまった時代だから。

今の時代は荒んでるのでこれから凶悪な事件も起きるでしょう。
死刑がないとすると人の意識にストッパーがかからないのでは?

宮城の少年が裁判員裁判で死刑になりました。
形の反省をしようと魂の根本は変わりません。

動物の魂はお仕置きがなければ暴走すると思います。

目を覚ませ現S

まぁ、間違いなく松本死刑囚は糞尿地獄かなにかいくんだろうし、そこにつき従う奴は、もっと卑しい道へとおちるのだろう。あれだけの刑事犯罪被害者をつくりながら、全然わかっていないんだろうね。

また、イスラムであろうと仏教であろうが、貧しき人、苦しむ人を助けるのが原則なんだよ。勉強し直せよ。

野田を批判し、自分たちの煉獄落ちの罪を正当化できるとおもったら大間違いだからな。

反省もなく事故憐憫に終止する

反省もなく自己憐憫を反省なき犯罪者への擁護に置き換えている。そんだけのことなんだよね。自分の卑しさを非常に狭い領域で拭い去る。
空想の死後の栄冠を夢見る。まるっきりテロリストの要素はぬけていない。松本の犯罪を肯定しつづけるこうした集団はいつか消え去るのだろう、多くの人の記憶の片隅にものこらなくなり、犯罪史のなかで心霊詐欺師が起こした大犯罪としてきろくされるのだろうけれど、いまだ公安が要注意し、こうした集団がいまだに存在するということは多くの人々は気をつけないといけないだろう。

金を抜き取られ、布施だとかおもいながら結局は幹部どもの生活を生活を支えているだけなんだよね。そこんところおわかり?

所詮、オウムの修行は・・・

卑金属に貴金属のメッキをかけているに過ぎないことが分かりました。

現ナマS

そもそも宗教がいかに現代を荒らしているか、荒らしの急先鋒はオウムどころではない。 世界の大国を巻き込んで人々の財産を奪い、命を奪っている。 関係国の人心の荒みは計り知れない。

 現の主張は一当事者として否定しないが、しかし宗教の教義を基幹に据えるべきではない。それが問題を解決するの言うのは、あくまでタテマエであって、現実には破綻するという経験を共有したのだから。

 数学の問題と同じで、解けない方法をいくら試しても決して解けないと諦めることが肝要だ

玉入れ

玉入れにたとえるならば 死というものは カゴの玉を数える段階

大事な場面であるけれど そのときにはもう 結果はすでに決まってる

だからこそ 生きてる間に 功徳の玉を入れておけ

あれやこれやの悪口で 時間を無駄にすることは とてもじゃないが もったいない

弟子たちがだから猛スピードでヴァジラヤーナの実践をし、生死を絶えずかけて、修行を〈続ける、〉続けた弟子のみが、次のステップの修行法、次のステップの修行法というかたちで、より偉大な法則を現象化することができるんだ。それは、あるものが現われたという感じなんだ。
 それはちょうど、こういうことだ。鉱物資源が例えば一千キロの奥にあったとしましょうと。しかしこれは一千キロまで掘り下げなければ、その鉱物資源を手に入れることはできませんと。その一千キロ掘り下げることが修行である。そこには存在してるんだ。もうすでに例えば、地球の裏側まで掘り下げてしまった者にとっては、すべての法則が、必要なときに現われるんだ。グルが必要だというのはそういうことなんだよ。そしてグルと弟子の距離は、まだそれほどあるんだよ。この意味わかるか。

現Sさん

現Sさんは一連の事件をどのようにお考えですか?
偉大なる完全なる絶対なるシヴァ大神の変化身であられる、
真理の御霊・最聖 麻原彰晃尊師の深遠なるヴァジラヤーナの救済か、
グルを陥れようとするメーソン・イルミナティによる陰謀か。
どちらですか?

>現Sさんは一連の事件をどのようにお考えですか?

だよねええーーー!!ほんとっそう思う!アタマの中がお花畑じゃないのかと。
事件の反省、賠償、頑張ろうね!
自戒を込めて

いえ、別に皮肉や茶化しではないですよ。
現Sさんの宗教的見解を率直に伺いたいだけです。
どのようにご自分の中で総括、
あるいは昇華、納得などをされているのか、と。

刹那生滅の身において、壮大なスケールは存在しないはずで、この世を見捨てるならばあの世も見捨てると思われ。。。。。。
とにかくさ、どうせどこにいたって反省なんかできないのは誰でも同じだから、多少なりとも金くらい払って身の痛みを感じたほうがよいよ。
壮大なスケールの救済の前に、目の前の償い。これ基本だ。

>尊師についていけば全ての衆生が救済されるんだ。
>貧乏人を一人二人救う事なんて意味ないんだ

なんて傲慢な言葉なんでしょう!自分も気をつけるようにします。

小さなこともできないで大きな事なんかできるのでしょうか?

小さなことを積み上げていって、ある一線を越えるとドカンと
大きくなるような気がします。

自分も小さなことから積み上げていこうと思っています。

そもそも、個人の力(麻原)で全ての衆生が救済されるなんて事は
天と地がひっくり返ってもありえないことなんですがw
こんなのは馬鹿でも分かることです。

思い起こした神秘体験

A - マスコミが報道しなかったオウムの素顔

思い起こした神秘体験

 禅を組み始めて3ヵ月目のある夜、対面していた障子の桟が突然ぐにゃぐ
にゃと動き始め、同時に耳元では様々な男や女の声で、「こっちだこっちだ」
「こっちにくるのよ」という声が響き始めた。もちろん周囲を見渡しても、一
列に並んで禅を組む僧侶だけで他には誰もいない。幻聴というにはあまりに
生々しいその声は、翌朝の座禅の際にも聞こえ、耐えかねて住職に相談した
ら、「それはわかりやすく表現すれば、君の霊的な周波数が少しずつ同調して
きたからだと」と教えられた。
 「いいかい森君、ここが肝心なところだよ、ここで集中しないと悪いほうに
引っ張られてしまうからね、そんなことになったら修行が君にとって逆効果に
なってしまう」
 住職の部屋から引き揚げながら、何だ要するにスターウォーズじゃないかと
思いつく。良い理力(フォース)と悪い理力(フォース)だ。ルーク・スカイ
ウォーカーになったつもりの僕はそれから1ヵ月後に、君は仏門に入るにはま
だ早すぎると住職に寺を出ることを勧められた。
 「ただ座るだけで修行が進むものではない。そんな簡単なら誰も苦労はしな
い。君は人生経験がまだ少ない。いろいろ俗世間の垢にまみれてからまた来な
さい。寺は逃げないからね」
 修行に対して決して前向きではない(動機を考えれば当り前だが)不真面目
な僕へ引導を渡すための方便だったのかもしれないが、でも仏教には「俗世の
助走」という側面は確かに必要だと僕は思う。
 荒木浩たちオウムの信者に僕がいちばん物足りなさを感じるのは、まさにこ
の一点だ。人生体験という意味では彼らはほとんど例外なく平板だ。山頭火の
血を吐くような自己矛盾と苦悩は彼らには無縁だ。彼らが時折見下したように
「凡夫」と表現する俗世の人の営みは、本来出家と別の地平にあるのではな
く、営みのその延長上に出家があるはずなのだ。

>私の立場から言わせて頂くと、「道筋の分からない人が目的地点に到達するには、道筋を分かっている人に聞くのが早い」ということかな。これを精神世界では、「グル」とか「導師」とか言ったりしますが。で、導く側と導くこと自体についていうなら、「どこまでの範囲をどう責任を取るか」というのが重要かと思います。

以前から「責任を取る」と言っていた野田さんの独立宣言、グル宣言ですね
めでたいことだ、おめでとう

皆さんへ メリークリスマス!

落ち着きなさい

落ち着いた大人の方に返信します。

>現Sさんは一連の事件をどのようにお考えですか?
>偉大なる完全なる絶対なるシヴァ大神の変化身であられる、
>真理の御霊・最聖 麻原彰晃尊師の深遠なるヴァジラヤーナの救済か、
>グルを陥れようとするメーソン・イルミナティによる陰謀か。
>どちらですか?

正直に申し上げると、分かりません。
もちろん、一切の現象は絶対なる神による現象でしょうが、
もう少し人間的な捉え方をした場合、複数の要素が同時に絡み合っているという印象はあります。

我々のグルは、失敗をします。完全解脱者も、失敗をします。
そして学習し、マハーヤーナからヴァジラヤーナに変更があったように、現在はヴァジラヤーナから更なる計画の変更が為されているだろうと推測しています。また更に変更はあるでしょう。カルマは修行によって変わり続けますから、予言も外れます。グルは弟子に、予言が外れるような修行をして欲しいと仰いましたから。

ちなみに、野田氏は、あたかも教団が陰謀説で見解を固めている、かのような発言を繰り返していますが、少なくても自分の周囲では、見解はかなり自由になっています。というかそもそも、事件に関した話題にはほとんど興味がありません。ワイドショー感覚でゴシップネタを追いかける暇人と異なるからです。野田氏は、そういうネタを餌に、訪問者数を稼いでいるようですが、まずは一般の宗教家レベルまで戻るのが筋でしょうね。

では、

現Sさんは事件等、これまでのバッシングや陰謀等はどう見てますか?
それらも自己のカルマの反映・投影と見ないわけですか?
野田さんへの先の強い批判(非難)の口調からすると、とてもそうは思ってないように見えるのですが・・

>というかそもそも、事件に関した話題にはほとんど興味がありません。

これはどこにいても同じ。現役もひかりも辞めた人も。
だからこそ、少なくとも自分が崇めている対象が起こした事件、友達が起こした事件の賠償は多少なりともしたほうがよいよ。
子供が犯罪者になったら親は謝罪するし、ましてや表に出ないようにするでしょうし、
親が犯罪者になっても子供はそうするものだと思う。

>現Sさんは事件等、これまでのバッシングや陰謀等はどう見てますか?
>それらも自己のカルマの反映・投影と見ないわけですか?

気が上がっている時は、修行者的観点で解釈します。
気が下がっている時は、残念ながら、煩悩的な解釈をしてしまいます。
なかなか理想的な形で進んでいるとは限らない、ということは確かです。

了解致しました。

率直な返答ありがとうございます。
そうですね、私なんかも理想と普段の現実的感情は別個になりがちです。

そのように弟子全員が程度の差こそアレ、堕落しているのが現状である。というのが私のずっと主張していることです。

ですからステージ絶対主義を超えた協調体制が必要だと唱えています。

現Sさんのように会話してくれる方はまだマシかもしれませんw

なるほど。

>我々のグルは、失敗をします。完全解脱者も、失敗をします。
そして学習し、マハーヤーナからヴァジラヤーナに変更があったように、現在はヴァジラヤーナから更なる計画の変更が為されているだろうと推測しています。また更に変更はあるでしょう。

なぜ、現Sさんはグルの境地・完全解脱者の境地を語ることが出来るのでしょうか。
もしそれが単なる現Sさんの個人的見解に過ぎず、グルの意思をそのまま語っているのでなかった場合、とんでもない悪業になってしまうのではないでしょうか。

>正直に申し上げると、分かりません。

>少なくても自分の周囲では、見解はかなり自由になっています。というかそもそも、事件に関した話題にはほとんど興味がありません。

つまりわかりやすく言うと、「自分達にはわからないから知ったことではない」と言うことでしょうか?
しかし、グルの弟子として本当にそれでよいのでしょうか?
事件は、グルが弟子に与えた最大の瞑想課題ではないのですか?
それを「知らない、わからない、だから考えない」でよいのですか?
陰謀で納得しているならいざ知らず、
ヴァジラヤーナの救済だと考えている弟子であればなおさらではないですか?

しかも、教団として謝罪も賠償もしておられますが、
それに関してはどうお考えですか?

現Sさん、こんにちは。

私にも質問させてください。

>カルマは修行によって変わり続けますから、予言も外れます。グルは弟子に、予言が外れるような修行をして欲しいと仰いましたから。

ひょっとして弟子の皆さんが修行されたから予言が外れたとか考えておられるのでしょうか?それは地球人類の危機的な未来を皆さんの修行が変えたとかいう話になるのでしょうか?違うならなぜ外れたのかの解釈をお願いします。


>我々のグルは、失敗をします。完全解脱者も、失敗をします。
>そして学習し、マハーヤーナからヴァジラヤーナに変更があったように、現在はヴァジラヤーナから更なる計画の変更が為されているだろうと推測しています。また更に変更はあるでしょう。


>(一連の事件について)正直に申し上げると、分かりません。

グルが失敗することを認められるならば、解釈不能な事件のことも含めて、既に説かれている教説内容そのものに多くの誤りがある可能性が極めて高いと思いますが、如何でしょうか?

誤りの可能性があるならば、なぜ最初の投稿で「ホームレス支援」が死後の地獄云々の来世の問題とは全く無関係であると断定できるのでしょうか?キリスト教教会は炊き出しなどホームレス支援をしていますが、無意味なのでしょうか?

逆に現Sさんの立場から、一般の人がやる意味のあることとは一体何でしょうか?思いつく限りあげて頂けますでしょうか?

なぜ宗教は問題を起こすか

その答えは非科学的だから。

なお且つ反社会的ならカルトとされる

☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 現S再臨、まだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/

なにやら深刻な話が続いてますが、ここで一服

年末年始、みなさんどの様にすごすご予定でしょう
萌え文化研究所分室、シリアス劇画部門からのおすすめ作品の紹介です

「岳」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B3_%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%B1%B1

山岳救助ボランディアの物語
生、死、救助、ともらいといった話が続きます
どことなく山のヨーギーを思わせる作品です
私達も、できることなら争いではなく、人を助ける生き方がしたかったものですね。


同じ修行者でも、オウム関係者の雰囲気はこっちに近いかも
「バガボンド」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89

殺し合いの螺旋を抜け出る道を見つけられるのか?
主人公の「100人近くの人を殺した自分が、普通の生活なんかできない」と語る所など、なんとも・・・・

どちらも近年の名作なので漫画喫茶には必ずといっていいほど置いてます。
終電乗り遅れなど、お暇な時にどうぞ。

現S殿。。。

ゴシップネタと事件はオウム信者という立場であれば明らかに違いますが、ゴシップだと思っているとしたら、やはり陰謀あるいは自分は部外者、という見解でしょうか。

でも、そのゴシップネタを追いかける暇人たちによって生活が支えられているという事実、アレフが存続できているという事実を考えると、その人たちが要望することを受け入れつつ修行と法施をするのが僧侶としての勤めでもありますし、日本人としての勤めではないかと。

現役にそれを言うと大概、世俗的な価値で語るなといわれます。しかしあの事件を世俗で起こしたならば、世俗の法によって裁かれるのは当然であるし、また、それを反省しないならば社会的な恩恵を受けてはいけない。つまり、この世に組織として存在してはいかんでしょう。まして布教などもってのほか。この2つがなくなればアサハラ信仰を個人でしている限りにおいては何か問題になることはないです。本人が死んだときにアサハラもなくなるから。

賠償はそういえばやってましたね。でも個々人で自覚ありますか?
自覚がなかったらあまり意味ないですよ。
脱会者は本人の意思で支払うから自覚あるのだけど、ひかりもアレフも個々人はほとんど自覚してないと思われ。。。

問題の根本

現Sの言うことは、一見論理的で正しく聞こえる。
しかし、問題は、輪廻転生やカルマという価値観を共有したとしても、
以下の点において、共通の了解が得られていないことである。

・麻原あるいはその信者で構成された団体が、他者を地獄から救済し、
 解脱させる力がある。

この言明に対する証拠は乏しく、むしろその逆を推定させる方が多い。

現Sが自分たちのしていることが、全く功徳にならず、泥の上塗りを自分にも
他人にもしているのかもしれないいうことに少しでも思いを馳せるなら、
主張の前提は崩れるのを感じるであろう。

仏陀の時代、修行に一生を捧げた外道の師匠も信者も地獄に落ちたという
逸話を、自分たちに重ね合わせて考えてみるとよいだろう。

エネルギーに左右されるんですか

> 気が上がっている時は、修行者的観点で解釈します。
> 気が下がっている時は、残念ながら、煩悩的な解釈をしてしまいます。
> なかなか理想的な形で進んでいるとは限らない、ということは確かです。

嗚呼。

仏典を読んでいると、そういう話は出てこないので、
やはり、お釈迦様の弟子と、ソンシの弟子とでは雲泥の差があるんですな。

わたしも人のことは言えないかもしれませんけど。

コメント追っかけきれないけど...

カルトはそう簡単になくならない。
カルトにとってみれば、反カルトこそカルト。
テロとの戦いが叫ばれる昨今、テロリストがなくならないように。

人心の聖域に何か作られた聖像が置かれているうちは、カルトはなくならない。
忌まわしい存在として、自分たちの心と関係なくカルトが湧いて出たのではなく。

ひとの善良な価値観も、ポジとして認識される対象である以上、カルトのネガがついて回る。これを切り離して葬り去ることは難しい。

聖域としての良識が、空にまで還元されたときにカルトも消えてなくなるんじゃないかな。

つまり、例えば五百キロの地点で石油が出たとしましょうと、ね。「君はあと五百キロ掘り進めたら、今度は黄金にぶつかりますよ」と。いいかな? これはわかってるから言えるんだ。
 しかし例えばだよ、百キロしかまだ掘り下げてない人に対して、「千キロのとこに黄金がありますよ」と言ったとしても、これは無意味なんだ。それよりも、「二百キロ掘り下げてごらん、ね。あなたは、――例えば――銅を手に入れることができますよ」と。
 そして弟子たちは、例えば修行しない弟子だけだったら、百キロから二百キロの間でうろうろしてると。それは銅の話ししかしないよ。「いやー、いい銅が出ただろう」って。「もう十キロぐらい掘り下げたら、もっと純度の高い銅が出るよ」って。で、わたしの一日っていうのはそれで終わってるんだ。
 ……わかるかな、言いたいことは。
はい。
(尊師)ところが例えば、四百キロ掘り下げた者たちが十人、二十人といるとするならば、「では四百キロから五百キロに至る道筋について少し説明をしよう」ということになる。
 しかし、それはそれで終わりではない。

この喩えは

麻原が全部知っている、という前提がそこにはあるが、
そういう証拠はないんだよ。

麻原の思想を通して言えることは、非常に偏ったものの見方しかしていないということ。自分はすべて知っているという傲慢がなせるわざ。
マハームドラやジュニアーナヨーガについて全くの出鱈目を説いていることは、
少し調べればわかること。
出典に準拠せず麻原流の解釈をするなら別の言葉を用いるべきだろう。

それは弟子のレベルがそうだったから、と言いたいだあろうが、
残念ながら、結果を見れば、弟子のレベルに対して適切だったとは言えない。
他の教えで、普通に説かれ、よい結果を出していることについても、まるで
説かれていない。

つまり、
1.麻原がすべてを知っているという証拠はない
2.弟子のレベルに適切なことを説くこともできない
ということだ。

野田の最初の話にあるとおり、導き手が間違っているととんでもないことになるノダ。

マイトレーヤの弟子はステージが低いから、だましったていいって本当なんですか?

>マハームドラやジュニアーナヨーガについて全くの出鱈目を説いていることは
是非詳しく教えてください
元々の定義と違う用語や、途中で定義が変わった用語などあることは認識していますが、この二点については知らないのでお願いします。

ギャーナ(ジュニヤーナ)ヨーガ - 知識のヨーガ

スワミ・ヴィヴェーカーナンダ 日本ヴェーダーンタ協会

まえがき

 (中略)ギャーナ・ヨーガは知識の道と訳され、哲学的思索により感覚を制
御して真理に到達する方法、という意味だそうである。
 (中略)さて、英語では Juana Yoga と表記されている本書の標題はサンス
クリット、その冒頭の音は J と N の結合のようで、かな文字ではあらわすこ
とができない。いままではジュニヤーナ・ヨーガと表記してきたが、発音しに
くくて、書物の表題として不適当であるとし、またインドでこう言っても通用
しない。それで、完全ではないけれど比較的近い、と思われる「ギャーナ」を
とった次第である。


あらゆるものの中の神

 (中略)ヴェーダーンタは実は、この世界を非難はしないのです。ヴェーダ
ーンタの教えにおけるほど、放棄の理想が高度に達しているところは他にあり
ません。しかし同時にそれは、自殺をすすめるような、ひからびた助言をして
いるのではありません。それは実は、この世界を神聖視せよ――われわれが思
っているような世界、われわれが見ているような世界、われわれの前にあらわ
れている世界を放棄せよ――そして、それが実は何であるのかを知れ、と言っ
ているのです。

 (中略)このようにして、われわれはこの世界を見すてなければならないの
です。そして世界が見すてられたら、何がのこりますか。神です。それはどう
いうことですか。あなたは妻を持つことができる。あなたは妻をすてるべきだ、
などと言うのではありません。妻の中に神を見るべきなのです。子供たちを放
棄せよ、それはどういうことか。どこの国でもけもののようなある種の人々が
やっている、あのように家の外に彼らをほうり出すことですか。

※ここの意味は不明。人身売買、奉公、寺院に預けるといった風習のことだろ
うか?

 決してそうではありません。それは悪魔の行為です。宗教ではありません。
しかしあなたの子供たちの中に、神をごらんなさい。一切のものの中に、神を
ごらんなさい。生の中に、そして死の中に、幸福の中に、そして不幸の中に、
主はひとしく、やどっておられます。全世界は、主でみたされているのです。
目をひらいて、彼をごらんなさい。これが、ヴェーダーンタがおしえていると
ころです。あなたが推測している世界を、おすてなさい。なぜならあなたの推
測は非常にかたよった経験に、非常にまずしい推理に、そしてあなた自身のよ
わさにもとづいたものなのですから。それをおすてなさい。


※長いので一部だけかいつまんで読んでも誤解があるかもしれないので、興味
があれば通読してみることをお勧めします。参考に目次も書いておきます。こ
のシリーズは他に「カルマ・ヨーガ」「バクティ・ヨーガ」「ラージャ・ヨー
ガ」があります。しかし各ヨーガのことをストレートに解説しているのではな
く、タイトルに沿ったヴィヴェーカーナンダの講演集になっています。ですの
でエッセンスだけ知りたい場合にはちょっと長くてまどろっこしいかもしれま
せん。併せてヴィヴェーカーナンダや彼の師であるラーマクリシュナがどうい
う人だったのかということも調べておくとより理解が深まると思います。


<目次>
宗教の必要
人間の本性
マーヤーとまぼろし
マーヤーと神の概念の発展
マーヤーと自由
絶対者と現象
あらゆるものの中の神
さとり
多様の中の単一
魂の自由
宇宙(大宇宙)
宇宙(小宇宙)
不死
アートマン
アートマン、それの束縛と自由
真の人と外見の人
普遍宗教
普遍宗教の理想

投稿ありがとうございます
ギャーナ・ヨーガについては何となくわかりました
自分の解釈ではあまりオウム流と変わらないように見えますが・・・

>なぜ、現Sさんはグルの境地・完全解脱者の境地を語ることが出来るのでしょうか。
もしそれが単なる現Sさんの個人的見解に過ぎず、グルの意思をそのまま語っているのでなかった場合、とんでもない悪業になってしまうのではないでしょうか。

三つの観点から説明できます。

まず一つ目は、「基準を上げることで、成功は失敗になる」という話です。例えば、一般的な基準から見れば「釈迦は数多くの魂を覚醒させた、成功だ」と評価できますが、極限的に高い基準から見れば「釈迦は完成者なのに全衆生を済度し切れなかった、失敗だ」といった見え方ができます。
よって、グルについても、とにかく基準を動かし続ける限り、“失敗”と表現できないものは存在できなくなります。

二つ目の観点としては、我々のグルが仰るように、有言実行の成功率が100%ではない状況があります。そのような際、グルは素直に失敗を認めます。また、弟子や修行の質については成功しているが、弟子の数や量的な部分については計画が失敗していると断言されていることもありました。予言が外れた際は、それも素直に「外れた」と仰っています。もちろん、そういう“失敗”も、大局からすると些末なものと、我々には映ります。

三つ目の観点は、我々のグルはシヴァ大神の指示に従っているので、シヴァ大神が意図的に「グルの失敗」を引き起こす可能性はあると思います。例えば、何か失敗をさせて、弟子や国民から憎悪を向けられるように仕向け、そのような思念を受け、贖い、多くの魂を浄化する、という話です。

そもそも、完全な魂とは、「失敗しないから完全」だとか、「不可能はないスーパーマンだから完全な魂」だとか、そういう小学生レベルの解釈をするのは、野田氏や上祐氏の初歩的なミスだと思います。
カルパ・アサンキャという壮大なスケールにおける救済とは、単に「スーパーマン」がババーっとやればいいような単純なものじゃないでしょう。

現Sさんへ

シヴァ大神がいらっしゃる、
という前提を取り払っても納得させられる論を展開してもらえませんか?

シヴァ大神という前提を持ち続けているために、
説得力が著しく欠けているんですよ。

シヴァ大神など存在せず、
麻原尊師がただの凡夫やそれ以下であったとしても、
それでも一本通った宗教観、
そういうものを提示していただけると、
誰もが納得するだろうと思います。

価値観の結晶化は末期症状の証

かつてオウムでは一義的にロックは地獄の音楽だとされた。
しかしロックの中にも救いはあるよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1318652
定義を固定し過ぎて目の前のことを見ようとしなくなった。
そういうことを野田さんも言ってる。(死刑だ何だはカンフル剤w)
それはオウマーの人たちも皮肉を込めてはいるけど、一番見えていることだと思う。
裸の王様になってるって事象が教えてくれてるんです。

変革なくして進展は望めない時期。

あの。
冷静な気持ちでお聞きしたいと思います。。。

>例えば、何か失敗をさせて、弟子や国民から憎悪を向けられるように仕向け、そのような思念を受け、贖い、多くの魂を浄化する、という話です。

何も悪くない人を殺害しまくって、傷つけてそのような行為がどのように多くの魂を浄化するのでしょうか?
そのような行為がなぜ、救済になるのでしょうか?
分りやすく、簡潔に普通の言葉で説明してもらえれば幸いです。
私の頭ではどうしても分らないので教えて欲しいです。

現Sさん一人じゃ回答大変だろうから
仲間の現役の人も答えてあげなよ

オレは元だけど修行を続ける身として
中立で参加するよ

少しは話しやすくなるだろうから

別に間違っても構わない
訂正すればいい
ちょっとみんなで問答をしてみよう

失礼しました、追い詰めるのは良くないですね。
私も悪い。
忌憚無く会話できれば何よりです。

そうだ、そういえば君も現役だよww

現Sさんへ

1つ目
> 極限的に高い基準から見れば「釈迦は完成者なのに全衆生を済度し切れなか
> った、失敗だ」といった見え方ができます。
 現Sさんは極限的に高い基準にないのだから、極限的に高い基準から見たと
いう前提がそもそも成り立ちません。その成り立たない前提から導かれた憶測
は無意味です。好意的に解釈しても希望的観測といったところでしょう。とて
も説明といえるものではないと思いますよ。

2つ目
> もちろん、そういう“失敗”も、大局からすると些末なものと、我々には映
> ります。
 現Sさんは大局が分かっているわけではないのだから、大局からするととい
う前提がそもそも成り立ちません。その成り立たない前提から導かれた憶測は
無意味です。好意的に解釈しても希望的観測といったところでしょう。とても
説明といえるものではないと思いますよ。

3つ目
> シヴァ大神が意図的に「グルの失敗」を引き起こす可能性はあると思います。
 現Sさんはシヴァ大神ではないのだから、シヴァ大神の意図を理解できると
いう前提がそもそも成り立ちません。その成り立たない前提から導かれた憶測
は無意味です。好意的に解釈しても希望的観測といったところでしょう。とて
も説明といえるものではないと思いますよ。


 全般的に、明確に否定できない超常的なものを出して、導き出した憶測にも
明確に否定できない効果を付与するレトリックを使ってますね。でもそれだと
説得力はないです。宗教家によくある傾向ですけど。

(尊師)ね、ナローパ。最終解脱をしたということは、法則はすべて存在しているんだよ。
(ナローパ師)えっ、存在して……
(尊師)いるんだよ。ここがポイントなんだよ。つまり「知っている」ではなくて、「存在してる」んだ。あとは弟子のステージが上がれば、それに合わせて法則は説かれるんだ。この意味はわかるか。つまり君たちは「知ってる」だけど、わたしには「存在してる」なんだ。この違いはわかるかな? 非常に重要だけども。
(ナローパ師)表層的な、表層意識において知識としてわたくしたちは得ることはできますが、存在してるというのは、すでに具足しているという状態ではないでしょうか。
(尊師)「具足」というよりもね、もうこれは今まで、この宇宙というものは、創造され維持され破壊され、を繰り返してきたわけだよね。ということは、多くの、例えば、そうだねえ……この百カルパぐらいにおいても、偉大なる真理勝者ヴィパッシー真理勝者を初めとして、カクサンダ真理勝者や、シキー真理勝者や、例えばカッサパ真理勝者、いろんな真理勝者が現われられたわけだけど。だよね?
(ナローパ師)はい。
(尊師)この方々の成就のプロセスも含めて、系統も含めて、すべてデータは残ってるんだ。言いたいことはわかるかな?
(ナローパ師)はい。わかります。
(尊師)で、最終解脱というのは、それと完全にもう合一をしている状態なんだよ。しかしそれは普通話したとしても、何の役にも立たない。なぜ立たないかというと、それはちょうど、例えば今から二千年後の未来社会はこのような科学文明が生じますという小説を読んだとして、何の役にも立たないよね? それと同じなんだ。

Re: 三つの観点

現Sさんへ

このやり取りは、近年稀に見る、良コメントのやり取りですね。
現役信者の身勝手さが浮き彫りになる、最高の内容です。

> 極限的に高い基準から見れば「釈迦は完成者なのに全衆生を済度し切れなか
> った、失敗だ」といった見え方ができます。

これは麻原が失敗したということを「無罪」にするための屁理屈です。
つまり、失敗≠間違い、としたい意図が見え見えです。

>グルは素直に失敗を認めます。
いつどのように認めたのですか?
失敗を認めるということは、その失敗に対して責任を取るということです。
ところが、麻原は、貴方と同様、責任という感覚がまるでない人間です。

>そういう“失敗”も、大局からすると些末なものと、我々には映ります。
多くの人を不幸に巻き込んで、それで「些末」というわけですね。

世間が麻原の活動を批判・妨害したことを「過大」に捉えて犯罪まで犯す一方、
自分たちがやったことについては「些末」と捉える
まさに自己中心的な考えが浮き彫りになる素晴らしい発言ですね。

まあ、貴方も麻原も失敗を素直に認めるのなら、教えが間違っていることを認めて
そこを訂正し、二度と過ちを繰り返さないようにしましょう。

>シヴァ大神が意図的に「グルの失敗」を引き起こす可能性はあると思います。

なるほど。
ということは、シヴァ大神が意図的に麻原という外道をこの地上に送り込んで、
誤った教えを説いて、多くの人を不幸にした、という解釈も成り立つわけですね。
これもまたシヴァ大神の深遠なる方便なのでしょう。

>例えば、何か失敗をさせて、弟子や国民から憎悪を向けられるように仕向け、そのような思念を受け、贖い、多くの魂を浄化する、という話です。

国民から憎悪を向けられるのは現世果報です。
今回の麻原および団体が引き起こした悪業の結果として、現世果報を受けている
のであり、したがって、このような行為を引き起こす前よりも、浄化のレベルは
悪くなっていると考えるのが妥当です。

自分で悪業をやって、その果報を受け取りながら聖無頓着を実践していると
思い込み、自分では善を行っていると思い込んでいるのですから手に負えませんね。

>カルパ・アサンキャという壮大なスケールにおける救済とは、単に「スーパーマン」がババーっとやればいいような単純なものじゃないでしょう。

壮大なスケールに逃げるのはやめましょう。どうやってそれを証明できますか。
貴方の単なる思い込みです。

高々、数十人か数百人のカルマを受けて、病気になってダウンするような器の持ち主が、すべての魂を救済するなど無理なことです。
自分の器に応じたことをすればいいのであって、自分の器を錯覚しているのが麻原という人間であると解釈するのが妥当です。


現Sさんの言っていることは、麻原は絶対的に正しいという暗黙の前提を根本において、なんとか必死に正当性を導き出そうとしているだけです。
その前提をいったん取っ払ってみてください。

自分たちはすべて正しいと主張して、間違いを認めないこと、これをエゴと言います。
「真理」の名のもとにエゴを増長させていることに気づいてください。

いずれにせよ、現Sさんの発言は、現役信者の大半がいまだに意識的か無意識的に考えている内容でしょうから、すばらしい内容です。

>最終解脱というのは、それと完全にもう合一をしている状態なんだよ。

誰が何のために貼り付けたのかわかりませんが、本人が自分は最終解脱をしたと言ったとしても、そして最終解脱はこういう状態にあると言ったとしても、何の証明にならないことは理解してください。

>自分の器に応じたことをすればいいのであって、

弟子のスタンスとして大切なポイントじゃないかと最近確信しました。
私もハードSFとか好きですから、常識を遥かに超えた法則など幾通りも想像したことが何度もあります。現Sさんのいう可能性もほぼ理解できます。

ですがそれは証明が非常に難しく、また低い自分には到底できえないこと、責任を負えない領域です。だから自分で行うことは真っ当に常識的なことをメインにすればいいんだと。

ここに気がついてから大分気が楽になりました。
こういう気構えになってから大分安寧、凄まじかった葛藤(特にプライド面)もようやく治まりつつある。

自分を過度に追い詰めることをしなくて済むから、他へも追求の頻度が減る(さっきやっちゃったけどw)

阿修羅性を超える一つの術かと。

みなさまのしもべ

 以前ハレークリシュナの人に路上で声をかけられて、名刺をもらったことが
あるんですけど、こう書いてありました。


みなさまのしもべ
XXX・YYY・ZZZ (カタカナの宗教名)


 「みなさまのしもべ」とはこれはまたすごいなと思いました。一部の居酒屋
の演出的な「喜んで!」とは違い、なんかぐっとくるものがありましたね。し
かもその後郵送だかイベント会場だかでクッキーをもらったのですが、食べた
らすごい至福感に包まれたこともあります。

私は自分の経験から、新たな希望というか、より確からしい道が見いだせないと、なかなか一歩踏み出せなかったという事がありました。
現Sさんのような方にはニサルガダッタさんの本など読むことをオススメいたします。
http://now.ohah.net/pari/dic/

篠澤教授に三千点

遅れてすいません。

>つまりわかりやすく言うと、「自分達にはわからないから知ったことではない」と言うことでしょうか?

色々と多角的に検討しています。教団が完全に悪であったというパターンでも、もちろん検討しています。
結論だけを述べると「分からない」という形なので、お粗末に感じられるのも無理はないでしょうが、例えば、このブログで取り上げられるようなことは少なくても、遥か昔に自分の中で結論が出たものが多いです。今はもっと先のことを意識した上で「分からない」という状況です。

>しかし、グルの弟子として本当にそれでよいのでしょうか?
>事件は、グルが弟子に与えた最大の瞑想課題ではないのですか?
>それを「知らない、わからない、だから考えない」でよいのですか?

個々人によって、「今、何をするべきか」ということが異なるでしょう。全員が全員、このことを瞑想課題とするべきだとは思えません。この話題、この土台の上に乗らせたい気持ちは分かりますが、それは暴力的であると自分には映ります。その相手にとって本当にベストな選択肢を、四無量心によってよく検討して頂きたいものです。

>しかも、教団として謝罪も賠償もしておられますが、
>それに関してはどうお考えですか

この場では説明ができません。

教団が悪のパターン以外何があるんですか?
地下鉄にサリン撒いて人まで殺しておいて分からないで済むと思ってるの?
善のパターンって例えば何?
麻原の長女が言ったとされる陰謀説ですかw
多角的に検討しなくても教団が悪なのは事実ですよ。
陰謀説なんかアホらしくて信者の人以外は信じてませんよ。
賠償しているということは少なくても非があったのを認めたって事でしょ?
悪いことしてないのに賠償する必要なんかないもんね。
賠償は上祐さんの提案みたいですが。

>教団が悪のパターン以外何があるんですか?

想像してごらん。

>地下鉄にサリン撒いて人まで殺しておいて分からないで済むと思ってるの?

思ってませんよ。

>善のパターンって例えば何?

想像してごらん。

>麻原の長女が言ったとされる陰謀説ですかw

陰謀説は“説”です。

>多角的に検討しなくても教団が悪なのは事実ですよ。

その確たる客観的な物的証拠を見せてくれたらありがたいのですが。

>陰謀説なんかアホらしくて信者の人以外は信じてませんよ。

宮崎氏の著作を読んでください。野田氏と対談した苫米地氏も外部勢力について言及してますよ。

>賠償しているということは少なくても非があったのを認めたって事でしょ?

そこは複雑なのですよ。道義的責任という面と、それ以外の面があるのです。

>悪いことしてないのに賠償する必要なんかないもんね。

グルが実際に認めたものもありますからね。完全に無罪とまで思っている人はいないですよ。

>賠償は上祐さんの提案みたいですが。

上祐さんの載っている著作を今でも使用しています。別に彼を全否定するだとか、そういう雰囲気というわけでもないですよ。

sageさん

>自分たちはすべて正しいと主張して、間違いを認めないこと、これをエゴと言います。
>「真理」の名のもとにエゴを増長させていることに気づいてください。

あなたも同じでしょ。持論を正しいと確信してますね?自己の価値観を絶対的に正しいと確信してますね?そしてそれをこちらにぶつけてますね?

それが宗教、それが信念・信仰・価値観、そういうものなんでしょう。そこを否定すると、議論になりません。
誰かが何かを言うたびに「それが正しいという客観的な証拠を見せろ」と反論したり、「それが正しいと確信しているのはエゴだ」と反論するのは、要するにルール違反なのですよ。
その論法は誰にでも使用可能です。どんな見解に対しても使える万能なテクニック。

上祐氏は、「神格化してはならない」とよく仰いますね。
「神格化してはならない」という価値観が正しいと考えている自己の判断能力に絶対的な価値を置いているからこそ、その「神格化してはならない」という見解が生まれます。
自分はそういう否定の仕方を、「せこい」と感じます。

Nothingness

> 現Sさんは極限的に高い基準にないのだから、極限的に高い基準から見たと
いう前提がそもそも成り立ちません。その成り立たない前提から導かれた憶測
は無意味です。好意的に解釈しても希望的観測といったところでしょう。とて
も説明といえるものではないと思いますよ。

落ち着きなさい。
例えば、「身長は3mが基準だ」と考える人がいたとします。その人からすると、どんな人間も「背が低い」となります。そしてこの場合、その人の身長が3mである必要はありません。
「極限的に高い」というのは、要するに、「非常に高い」という意味です。考え過ぎ、あなた。

その人が実際に3mの人間を見ているのがそれ以前の前提として必要。
上祐もびっくりの詭弁。

聖者ぼんちリンポチェ

>シヴァ大神など存在せず、 麻原尊師がただの凡夫やそれ以下であったとしても、 それでも一本通った宗教観、 そういうものを提示していただけると、 誰もが納得するだろうと思います。

あのね。深いことをそんなにインスタントに理解できたら、今頃誰も苦労しませんよ。
お菓子を貪りながらドラえもんでも見てなさい。

>その人が実際に3mの人間を見ているのがそれ以前の前提として必要。
>上祐もびっくりの詭弁。

具体例としてテキトーに挙げただけだから。
そういう指摘までしてくるとは。。。もうコメントは終わりです。

最後に一言

あーー…

愛してるよバカヤロウ!

結果として代理者さんは、具体的なことはまともに何も言っていない。

あと、せめて相手に敬称ぐらいはつけましょうね。
ヨッシーじゃないんだから。

現S代理者M殿

>落ち着きなさい。

まず、貴方が落ち着きなさい。
論点にまともに反論できなくなったからといって、自暴自棄になると、あなた方の修行が役に立たないことを逆に証明してしまうことになりますよ。

>あなたも同じでしょ。持論を正しいと確信してますね?自己の価値観を絶対的に正しいと確信してますね?そしてそれをこちらにぶつけてますね?

特に持論をぶつける必要はありません。
あなた方の主張が矛盾しているので、あなた方の土俵で議論して、矛盾を指摘するだけで十分です。

>誰かが何かを言うたびに「それが正しいという客観的な証拠を見せろ」と反論したり、

証拠なり論拠なりは必要でしょう。貴方と同じ考えを持っているなら、「はい、そのとおりですね」で終わりますが、異なる場合、それを納得してもらうための理由を説明する必要はあると思いませんか?
私の主張は、それなりに論拠をもって話しているつもりです。

>上祐氏は、「神格化してはならない」とよく仰いますね。
>「神格化してはならない」という価値観が正しいと考えている自己の判断能力に絶対的な価値を置いているからこそ、その「神格化してはならない」という見解が生まれます。

「神格化してはならない」理由を彼は、彼なりにきちんと述べていると思いますよ。それに対して議論するのはいいでしょう。
現S氏の主張は説得力に欠けるため証拠を求めている次第です。

>「それが正しいと確信しているのはエゴだ」と反論するのは、

私は別に、確信を持っていることがいけないとか、エゴだとは全く言っていません。
私の表現がまずく、意図がうまく伝わっていないのでもう一度述べましょう。

麻原および団体は、予言を大真面目に捉え、「宗教生命をかける」とまで言って、多くの信者を真剣にさせました。そして「真理」に対する批判・妨害を「過敏」に受け止め、計画的に多くの犯行を実施しました。
にもかかわらず、その計画がうまくいかず、予言も外れると、手のひらを返したように、些細なことであるとするのは都合が良すぎませんか?ということです。自分は些細なことにこだわっていたのに、人が批判すると些細なことだというのは矛盾していませんか。

予言が当たると、だからソンシは偉大な力を持っていると宣伝し、外れると、予言というのは現世的なものだと目を背けるか、適当な言い訳を考え出して正当化します。やっていることに一貫性がないのです。ごまかすのも限界に近づいたため、証明も反証も不可能な、見えない世界や来世を取り出して、うまく逃げようとするわけです。

結局、その背景にあるのは、自分たちは絶対に正しいという思い込みなのではないですか。それをエゴ、自己保全というのではないですか。上記に述べたことは、例を挙げると枚挙に暇がなく、信者の精神構造に深く根付いているように見えます。
そして、それはあなた方が目指しているエゴの消滅と矛盾しませんか。

現S代理者M さんへ

※初回投稿時より大幅に簡潔にしました。

 私は現Sさんの例に対して、シヴァ大神でもない現Sさんが、シヴァ大神の
ような超常的なものの意志がわかるのですか?わかるはずないでしょう。と言
ってるんですよ。

 ところが代Mさんの例では、判断する側を超常的なシヴァ大神から普通の人
間とし、判断する対象も「3m」という誰が見ても分かる客観的なものにして
います。

 これでは論点がずれているのでフォローになってないですよ。

sage さんへ

 私も sage さんの、特に予言に関する指摘はその通りだと思います。
 さらに、
> 結局、その背景にあるのは、自分たちは絶対に正しいという思い込みなので
> はないですか。
 そのために、主神のシヴァ大神(の意志)すら自分たちに都合よく操作し、
基準の方を変えてしまうという強引な論理に走っているんでしょうね。しかし
基準を変えるということは、自分たちにとって逆に都合の悪い方に変わってし
まう可能性もあるわけですが、なぜか基準が変わってかまわないのは、自分た
ちに都合の良い方向だけのようですね。事件からあれだけ経過して、もっとそ
れなりの落としどころを見つけているのかと思ったら、今回の一連の議論を通
して、これは正直ひどいと思いました。

 もちろん一連の事件にははっきりしないところもいくらかあると思います。
しかしそういうのも織り込んだ上で、それなりの落としどころがあってもいい
ような気がするんですけどね。それだけの時間はあったと思うのですが。野田
さんが義憤を募らせるのも分かる気がします。

 出張から戻ったばかりで(笑、元気なうちにもうすこし
 現Sさんらの立場としては野田さんを批判する一方で何の実践がなぜ転生をよくするか。とくに「なぜ」の説明が大切かなと思いますね
 はたから見ればA修行で転生がよくなる理由が、周りは理解できないと思う

 「グルの修習」しかないとするなら人類のほとんどが救われないことになるが別の道は存在するに違いない。いずれにしろ説明できてこそ利他、慈悲かな
 今生の無力は来世の無力でもあります

sage氏へ

あらあら、すいません、意外と普通にコメントしておられる方がいたのですね。気付きませんでした、落ち着きます。ただ、途中から「篠澤…点」みたいに、低レベルな反抗キャラに変貌しないことを祈って、返信します。

>>誰かが何かを言うたびに「それが正しいという客観的な証拠を見せろ」と反論したり、

>証拠なり論拠なりは必要でしょう。貴方と同じ考えを持っているなら、「はい、そのとおりですね」で終わりますが、異なる場合、それを納得してもらうための理由を説明する必要はあると思いませんか?

言ってもいいんですが、多分、意味が分からないと思います。あなたが入信なさって、それなりに修行が進んできたら、徐々に話しますよ。もしくは、教団からの出版物に目を通して御覧なさい。否定できない証拠、論拠は、私自身の修行経験上、山です。山のように、というか、山です笑

>現S氏の主張は説得力に欠けるため証拠を求めている次第です。

確かに、あんまり根拠を述べてませんね私は。では「根拠を述べていない」とあなたは主張なさいな。「間違っている」だとか「矛盾している」という主張ではなく。

>麻原および団体は、予言を大真面目に捉え、「宗教生命をかける」とまで言って、多くの信者を真剣にさせました。そして「真理」に対する批判・妨害を「過敏」に受け止め、計画的に多くの犯行を実施しました。
>にもかかわらず、その計画がうまくいかず、予言も外れると、手のひらを返したように、些細なことであるとするのは都合が良すぎませんか?ということです。自分は些細なことにこだわっていたのに、人が批判すると些細なことだというのは矛盾していませんか。

それについて説明する前に伺います、あなたは“ヤショダー”や“ラーダー”をご存知ですか?または、“ラーマクリシュナの福音”を読んだことはありますか?

Nothingnessさんへ

>私は現Sさんの例に対して、シヴァ大神でもない現Sさんが、シヴァ大神の
ような超常的なものの意志がわかるのですか?わかるはずないでしょう。と言
ってるんですよ。

宗教の基本を説明して欲しいわけですね。。
まず、クリスチャンは聖書にあるキリストの御言葉から、父なる神の意思を理解し、推察します。イスラム教徒はクルアラーンから。シヴァ大神の意思は、我々のグルから。

もしここで、クリスチャンやイスラームに対して「お前は神じゃないだろ、なんで分かるんだ」と、言いたいなら言ってもいいですが、基本的に宗教っていうのは様々な信仰を土台にして成立するのです。実際にその絶対者に到達していると主張する人がいたら、むしろその人の言動の方が疑われますよ。実際、我々のグルは疑われてますよね笑。それは仕方ないことです。

しかし、ラーマクリシュナはこう言います。「仮にそのグルが偽者だったとして、お布施で居酒屋に行って酒を飲むような者であったとしても、そのグルを心底神の化身だと信じるものは、必ず神の境地に到達する」と。これが、心の世界の、意外なる真理なんですよ。

ただ、全ての実践者が実際に神の意思を完璧に実践できているとも、普通は思いません。失敗と成功の繰り返しですからね。あなたもいずれ、絶対ではない、普通の人の中から「絶対者」の存在を感じる日が来るといいですね。例えば、私は電車の中で、一般の方を見てシヴァ大神を感じることもあります。

夢野氏へ

>「グルの修習」しかないとするなら人類のほとんどが救われないことになるが別の道は存在するに違いない。

個と公の問題をご存知でしょうか。
教団の方々のイメージは、公的な側面でのみ、皆さんは捉えておられますね。
「グルによるしかない」というのは公的な側面です。うちのグルも、「ここだけが真理」とは言ってません。「四つの聖なる…を実践している団体が真理の団体」という定義をしています。カールリンポチェのところだとか、認めている団体はあるんです。
が、基本的には、公的な方向性としては、「うちが真実」というキャッチコピーで、新興宗教は活動します。

一方、個別の事例はどうなっているかと言いますと、まったく別なんですよ。
例えば私については、教団外の方で高いステージに到達している方を数多くいることを感じています。しかしこういう個の見解とは、相当な信頼関係が成立しなければ、あまり語られることはありません。
立場のある方や、影響力がある方ほど、発言が公的な側面を帯びてくるため、徐々に画一的な方向へと収束する運命にあります。まあ、えてしてそういうもんですよ。

sage氏へ

ちょっとコメントし過ぎてブーイングの到来がありましたので、残念ながらケンカはこれで最後にします。後は、また別の代理者に交代します。

ヤショダーっていうのは、クリシュナ神の育ての親です。
ヤショダーはある日、わが子クリシュナの口を開けたところ、その口中に全宇宙が広がっているのを目撃し、超ビックリします。旦那さんは言います、「うちの子は、ちょっと特別なんだよ」と。
そしてヤショダーは言いました、「なんか凄いみたいね、でも私はそんなこと知らなくてもいいのよね、ただこの子を愛していればいいのよね」と。

つまり、これを言ったら反論の嵐だと思いますが笑、
「論理的な整合性はどうでもいい、ただ信じて、愛して、付いて行くだけで最高」、
そういうものなんですよ。

クリシュナ神の近くにいる主だった登場人物は、何の教学もせず、何の修行もせず、何となくクリシュナに思慕し、帰依し、愛し、付き従っているだけです。しかしそれでいいんですよ。それはクリシュナ自身の言葉としてもそうですし、それを現代に伝えたラーマクリシュナの言葉としてもそうです。

ただ、こういう話をいきなり初期の方にすると、初期のミラレパのように何もしない怠惰な生活になってしまうので、ある程度の段階を踏んだ者に対してのみ語られる、崇高な真理なんです。

よく分かんない奴は本を読んでね。じゃ。

現S代理者M殿

>言ってもいいんですが、多分、意味が分からないと思います。

ぜひ、おっしゃってください。意味が分からないかどうかはそのとき判断しませんか?

>あなたが入信なさって、それなりに修行が進んできたら、徐々に話しますよ。もしくは、教団からの出版物に目を通して御覧なさい。否定できない証拠、論拠は、私自身の修行経験上、山です。山のように、というか、山です笑

いやー、この手に出ましたか。よくある宗教団体の常套手段ですね。
では、その山のなかの一つでも、二つでも例を示してください。

>確かに、あんまり根拠を述べてませんね私は

あれ、M殿はS氏と同一人物なのですか?

>それについて説明する前に伺います、あなたは“ヤショダー”や“ラーダー”をご存知ですか?または、“ラーマクリシュナの福音”を読んだことはありますか?

クリシュナの伝説ですね。知ってますよ。ラーマクリシュナの福音も読んだことがあります。

では、説明を楽しみに待っています。

>つまり、これを言ったら反論の嵐だと思いますが笑、
>「論理的な整合性はどうでもいい、ただ信じて、愛して、付いて行くだけで最高」、
>そういうものなんですよ。

反論の嵐1
そんなことソンシはどこで言ったの?
そんな生き方ソンシが望んでると思うの?
ついてゆくってこと自体が法則を学んで実践することだと思わないの?
何の為にソンシは法則解いたと思ってるの?
自分達は教えを歪めてると思わないの?
前世で娘だったロシア人のこと知らないの?
近くにいるけど法則を実践しない人についての説法知らないの?


教団がどうして滅茶苦茶になったのか良くわかったよ
そんなこと考えてるのか君達は
法則から外れて滅茶苦茶やってることの言い訳にしか見えない
結局、「ソンシソンシ言ってれば何やってもいいのよ」ってことだろ?

追加
マース君の例

コメントが前後しました

コメントが前後してしまいましたね。

>何となくクリシュナに思慕し、帰依し、愛し、付き従っているだけです。しかしそれでいいんですよ。

結局、論理的な、あるいは実証的な根拠は示せないということですね。

>「うちの子は、ちょっと特別なんだよ」と。
そしてヤショダーは言いました、「なんか凄いみたいね、でも私はそんなこと知らなくてもいいのよね、ただこの子を愛していればいいのよね」と。

ここから、「論理的な整合性はどうでもいい、ただ信じて、愛して、付いて行くだけで最高」というのは論理が飛躍してませんか。家族や周辺であれば、知らなくても愛するのが自然な流れです。そうでない人に対しては、逸話を持ち出して、クリシュナの周辺がそうだったからと言っても説得力はないでしょう。

そもそも麻原をクリシュナと比較すること自体無理があります。クリシュナは偉大な神通力を示しましたが、麻原には一体何がありますか?

科学技術省で、地震を人工的に作ろうとして、それができるようになったら麻原が一週間前に予言することを計画したり、人工的に空中に十字架をつくり、麻原が出現させたように見せかけようとしたり、他心通が「あり」ながら、嘘発見器を使ったり、まあ、クリシュナと比較すること自体無理がありますね。

一言

Nothingnessさんや夢野氏へのコメントに対して横から失礼します。

>しかし、ラーマクリシュナはこう言います。「仮にそのグルが偽者だったとして、お布施で居酒屋に行って酒を飲むような者であったとしても、そのグルを心底神の化身だと信じるものは、必ず神の境地に到達する」と

では、逆に、グルが麻原である必要は全くありませんね。

>公的な方向性としては、「うちが真実」というキャッチコピーで、新興宗教は活動します。

本音で語りましょう。
本音では、嘘だと分かっているわけですね。でも、体面上、教団の代表(ここでは)として仮面をかぶっている以上、何とか麻原や教団を弁護する発言をしなければならない、可愛そうな人ですね。

自分や周囲を騙して真実を見ないようにする生き方、それを元々貴方は望んだのでしょうかね。物事を歪んだ見方をするようになるのではなく、真実をありのままに見る修行をしているのではないですか?

う~む。

 う~む。代Mさんは議論慣れしてないですね。

 Aに対して議論をしているのだから、あくまでA’,A’’と、Aの周辺か
ら話題が離れないように努め、一時的に離れてもどこかで戻し、最終的にAは
どうなのか?という結論をしっかり出すべきなのに、論破されるとB,C,D
と次から次へ都合良く話題を変えてしまう。これでは文字通り議論にならない
ですよ。

> 宗教の基本を説明して欲しいわけですね。。
 ですから、私はそんなこと全く言ってませんが。
 こういうふうに、聞いてもないことを自分の都合で話しだしてしまう。それ
がツボにはまるものならむしろ歓迎なんですが、現実はどんどん話が拡散して
しまうと。


 これでは水泳の50mレースで、スタートした瞬間プールサイドに上がって
走り出し、ゴール直前でプールに入って何食わぬ顔でゴール!と言ってるよう
なものですよ。しかし今回は、プールサイドに上がったら何か叫びながら(よ
く聞くと俺の勝ちだと言ってる)そのままどこかに走り去ってしまい、残され
た人達が何も言えずにポカンとしているというイメージの方がぴったりですが…

現S代理者M さんへ

 説明に対するコメントもしておきます。

 説明の中にあった超常的なものを「信仰する」のと、現Sさんの超常的なも
のの「意志を理解する」のは違うでしょう。

 「信仰する」のは超常的なものの能力より下でも可能ですが、「意志を理解
する」のは超常的なものの能力と同じかそれ以上でないと不可能です。

 つまり現Sさん(たち)は、シヴァ大神と同じかそれ以上の能力があると思
っているわけですよね。でないと最初の現Sさんの例は出せませんよ。

 最初は現Sさんの、超常的なものは明確に否定できないという効果を結論に
付与するレトリック。
 次は代Mさんの、超常的なものを「人間・3m」という客観的なものにすり
替えて最初の例を客観的なものだと誤認させようとするレトリック。
 その次は代Mさんの、「信仰心」を「理解力」にすり替えて誤認させようと
するレトリック。

 あの手この手で説得しようとしていますけど、私から見ると毎回すり替えに
しかなってないんですよ。やはり最初の例で、シヴァ大神の意志すら自分たち
に都合よく利用・解釈しようという論理がそもそも矛盾していることを認めた
方がいいと思いますが。

 ああ、でも sage さんへのコメントで認めてますね。
> 「論理的な整合性はどうでもいい、ただ信じて、愛して、付いて行くだけで
> 最高」、

>ただ、途中から「篠澤…点」みたいに、低レベルな反抗キャラに変貌しないことを祈って、返信します。

相手にはせめて敬称ぐらいつけましょうね。
ヨッシーじゃないんだから。

しかし・・・
まともな具体例も示せない現役が反論に詰まったら
「低レベルな反抗キャラ」呼ばわりですかw
とんだ向煩悩滅尽出家多学男ですね。

あ、今は気が下がっているわけですね。

まあ、この一文だけでネット慣れしていない、と言うのが読み取れるわけですが。

オウム信者ってこんなにバカだったっけ?
もう少々賢いのがいたような気がするんだが・・・。
それとも、今残ってるのはカスばっかりなのかしら?

・・・せめて竹井さんくらいのが出てきてくれんかなあ。

>それとも、今残ってるのはカスばっかりなのかしら?
今残ってるのは麻原から見てそういう能力がないと判断された人達しか
いないみたいだから事件を起こしたりする危険性はないって
ロフトで野田さんか上祐さんが話してた。
まだ麻原を信じてるから頭が危ないってだけらしい。
簡単に言うと今のオウムは馬鹿しか残ってないって事でしょ。
上祐さんもいなくなったし。
有能な信者は殆どいないんじゃないかな?
荒木さんが抜けたらやばいかもね。

モリのアサガオ

>仮に、お前が支援したホームレスの方々が、懸命に生きて、人生を全うして、いかにも「良かった良かった」という結末になっても、死後に低い世界に落ちてしまったら、はっきり言って、ほとんど無意味だぞ?虚しくないのか?

「死後に地獄へ落ちたら意味がない」から、生前に痛めつけてカルマを落としてあげよう・・・なした事を返す、必殺オウム返し。


>まだ麻原を信じてるから頭が危ないってだけらしい。

超ウケました。

オウム被害者、総数は6583人。
地下鉄サリン事件の被害者が6286人で全体の約95.5%。
すべての魂の苦悩を背負って、白痴化するのはまだしも、
吸い込んだつもりの苦悩を逆噴射されちゃたまりませんよね。


電波系の脱獄麻原さんがいるようですので、
彼に、事件の賠償と謝罪をさせてみてはいかがでしょう。
サマナの混迷が晴れますよ。


>動物の魂はお仕置きがなければ暴走すると思います。

お仕置きリンチしていた麻原サンは、お仕置きされて垂れ流し。
「しつけ」と言って、虐待死させている親のいかに多いことか。


>「自分の為に『尊師を死刑にしないで下さい』と言っている教団の人より、自分とは関係ないけど『死刑は残酷だからそういう制度を止めるべきだ』と頑張っている死刑廃止フォーラムの人達の方がよっぽど利他の実践をしているかも知れないと思った。」

モリのアサガオの真面目な掲示板と比べるとオウムのルーピーぶりがよくわかります。
http://www.tv-tokyo.co.jp/moriasa/


なにはともあれ、大掃除して、みなさん踊りましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=o0LIWa1nqng&feature=related

そうだ、沖縄、行こう。気分だけでも。
http://www.youtube.com/watch?v=vmN-k1YFu1E&feature=related

アイマスは表情が無機質でちょっち苦手なんだよな~w
踊りはいいですね。
しかし昨今の教団はこういう華やかさが一切無い、糞真面目になり過ぎて・・

そういえばアレフの新しい教学アニメが似た萌え加減のアニメでした、
作品としては声もいいし悪くないセンスだと思った。
ま~相変わらず成就者ヨイショヨイショみたいな内容ですけどね。

とあるさん、そんなに発言しちゃって大丈夫なの? 現なんでそ? 二拍子さんみたいなことにならない? 背中に気を付けな。ホームは端っこに立つなよ。www

なぁに大丈夫っすよw
アレフは在家のこと見下しぎみな人多いから、誰も箸にもかけてない感じでしょう。
逆にかまってくれる人現れたら一つの証左になるから、
期待してやってるようなところもあって。
まー今のところ放置プレイ、つか気にとめられてないと思う。

>そうだ、そういえば君も現役だよww

えっ~?とある。。さんって、アレフの現役信者なの?
知らなかった~!?
本当なの?

>在家を見下す

あー、耳が痛いです。
私も現役だった時、そんなつもりなかったと思っていたけど、
やっぱり態度に出てたと思う。
私達があなた達にしてあげるのよ、みたいな。
親切(奉仕と思ってる)の押し売りですね。
後は、言う事聞かない人は、放置。
あー、ほんと酷いサマナでした。

>mikeさん
そうでっす。
最近はあんまり道場行かないですけどね。
半分意地で在籍してるようなもんですw
>ムーンさん
一概には言えないですけどね、
そしてそれは人間である以上、しょうがないことでもあると思います。
私だって出家したら下に見るかもしれないし、新しく入会した人に対しては先輩ズラすることもありました。

でも自覚が無いあからさまな人も結構いた。
そういう場合は多くはこちらで受容しちゃってるんだと思います。
それに対して爆発して暴走しちゃったのがキャンディーちゃんとかでありw

プライドは怖いですね。
腫れ物に触るように・・って説法は重要だと思います。

私、在家だった時サマナの人に気を使ってもらいましたよ。
教学一回でクリアしたら『一回で受かる人珍しいですよ~』なんて言われて。
小さい事を、いちいちほめてもらって。あー私の事、引き上げてくれようとしてくれているんだなあーと、思ったものです。うん。。。とくに、女性イサマナは大人で、対応が優しかったです。。。反対に、男性からは、駄目だしばっかりされてましたよ!
女性の方が大人だと思いました!

>ムーンさま

その節は丁寧な御回答有難うございました。ムーンさま宛のレス移動しました。m(_ _)m

では、もう少し書きます

いつも私ばっかり多く書いちゃってとちょっぴり自責はありますw
でもROMはそれなりにあるみたいなのに、結構皆さん寡黙だし今のところ少々スピーチする責務もあるのかなと思い書いてます。

~~

オウムではよく「ステージの上の者の思惑は下からは見えずらい」といったようなことが言われた。それは一面の真理かもしれないけど絶対ではないと思います。

ステージの上下があったとしても、ある人は上の方より優れてる・成熟している面があったとする、その場合はその領域に関しては上の方より熟知できているわけで、その領域の思考性に関しては手に取るように見える場合がある。

人間に内在する未権限の領域は膨大ですよね。
どんな低きに至った(と見える)魂とて馬鹿にしたり見下してたらイケマセン。
その一瞬は表層では解釈できていなかったとしても、潜在意識下に全て記憶されて行きます。それが後で意識の遡上に蘇ったとき新たな解釈をされてしまう。

だから怖い。

近年オウムでのこれまでの粗が皆さんよく見えるようになったのは、理性の観察面でそれだけ賢くなったからではないかともいえます。そういう意味では成長があったのだろうなと思う昨今。

あけおめです。

何の脈絡もないですけど、とある人に教えてもらったのですが、アニメ一休さんの最終回がよかったです。

以前女房役で弄られましたけど、無償の奉仕献身とかそんな気持ちはないです。なんていうか、本当に女房役で、まだ入ったばかりの職場だし、リーダーが倒れると自分の存在も危なくなるんですよね。

「あなたが死んだら、私はどうやって生きていけばいいの?」

家のローンも、子供も残して...それはイヤよ!
ってな心境です。

自分自身、職場での役回りを確立して自立しないといけないし、成長著しい会社の属人的タスクを見える化して分散させることに関係者が注力してるという現状です。

自分より若い人もけっこう多くて、働き方も若いですね。好きでやってる人が多いから、私もそういう人に合わせて働くんですけど、ストレスでぱんぱんになってる人の清涼剤としての役回りが合ってるみたいです。

自分自身、体調に気をつかいながら。
みなさんもまずはご自愛ください。
自己愛の確定あってこその利他ですからね。

あけおめことよろ2011

とあるさん、二拍子さん、皆様、あけましておめでとうございます。

新しい年がスタートしましたね♪
私は毎年慣例の氏神参りに家族で行って来ました。

今夜はいつになく夜空が綺麗。幾億千の星に見惚れながら、近所の人達と連れ立ってワイワイガヤガヤ夜道を歩いて来ましたよ。

楽しかった~。

自分の場合、皆さんみたいに強くないですから、こんな普通の幸せが手許に在ってこそ他人の心配が出来るんだろうな、と、つくづく思いました。
自分の最低限の小さな幸せを確保して他人の心配をさせて戴ける今が、人生で一番幸せです。
それまでは自分の心配で精一杯だったから、身近な幸せに気付けなかったのかもな、とも思っています。。
自分のための欲が無くなるほどに自由で幸せになることを実感中。

欲って自分をがんじがらめにするよね。欲を言うなら向上心という欲だけ残して後は捨ててしまいたい。家庭人、社会人として生きながら向上心を諦めないで居られる人で在り続けたい。

元旦からマジレスかましちゃったよ。

昨年中は荒らし回ったのに沢山カマッテ貰って有難う。
今年も盛大に掻き回しに来るからシカトしないでね~!w

あけおめことよろ

新年一個目は明日夜

おめでとうございます☆

今年はもう少し希望が見える年になったらいいですね。

新年行事や修行も、決まりごととして押し付けられる嫌々ながらの強迫観念的になるか心がこもった自発的行為になるか、それは皆様、我々それぞれにかかってますね。

別に外道とか蔑視するのではなく、こういうタイミングでそれぞれの思いのコアにある”神様””何か”に向かって清らかにお祈りするのはとても大切なことだと思います。

今年は正月気分をニヒって無視するんじゃなく、じっくり感じてみようと思います。だって多くの人が正月を特別の日だと思ってるんだから、時空間もそういうエネルギーに満ちているはずだからです。

  ”初夢”はぬこさん一家が現れました。
  玄関を開けると愛らしい子猫二匹が帰って来ました。
  迎え入れると、
  その後から何かに襲われ無残に顔がこそげ落ちた母猫が・・
  不憫で抱きしめてまた迎え入れると、
  目の前には毛が抜け落ちた獲物の小鳥が。
  子供を守るため親も色々苦労して業を積み、
  結果色々あって大変なんだな~って感じのビジョンでした。

って正月からまた理屈っぽくw

違うよ

初夢は元旦の朝じゃなくて、元旦を過ごした夜から2日の夜に掛けて観る夢。つまり今から観る夢のことだよ~。リベンジできます、良い夢観てね!(^^)

初夢

ですか。
これからですな。

わたしが思うに、守護霊か背後霊が本人に見させているような気がしてなりません。
ちなみに、去年は「変な夢」でしたけど、
現実世界も、「変な体験」をさせられました。
嗚呼。

誰か初夢報告しないの?
私の初夢は何故か子連れ寮母になって若者達の食事と人生相談を引き受ける役回り。
寮施錠後の深夜と日中は、何故かアサルトライフルを装備して向かいの建物の警備兵達と雑談(サボり)。
「平和な戦時中」みたいな世界でしたなあ。。

正夢になっちゃ困る夢でしたw

>守護霊か背後霊

背後霊はイヤだな。。キショイ。。w
守護霊と言うか自分自身の深い部分を抽出精製した分身みたいなのは、何種類か感じます。
胸に手を当てて自問自答する時とか。


先ほど帰省から戻ったところです。
改めて明けましておめでとうございます。
皆さんのコメントにレスしたい~
けど、中々時間なくて。
取り急ぎ、とある。。。さん、hayanoさん、レスありがとうございます。

今年も変な夢でした。

いくつか見たような感じでしたけど、一番鮮明なのは、
ジーパン(ジーンズ)を探していて、
みんな穴があいていましたね。
どういう訳か。

さて、どう解釈しましょうかね。

オウム流ですと、
「下半身からのエネルギーの漏れに注意しろ」
と解釈できそうですが、
地獄と動物に関係するアパーナ気とかムーラダやスヴァジということかな。

思い当たることはありますね。
ハウス(温室?)の中のアブラムシを殺生しようとしていることです。
あと、薪ストーブに樹の枝を使おうとしていることですね。
それに虫が付いていると。

それをわざわざ、守護霊もどきが知らせてくるのかな?と疑問ですけどね。

初夢...言えない(^^;)
何なのこの初夢。

でも、そうかぁ。夢で分析って、これ正夢だったらどうしよう。
苦笑いするしか。

あけおめ

>って正月からまた理屈っぽくw

>私の初夢は何故か子連れ寮母になって若者達の食事と人生相談を引き受ける役回り。

いい夢を見ましたね。


お金が貯まっているぞさんの夢分析からわかることは、オウムの教祖が糞まみれなのは、無差別殺人したから、っていうことですね。
教祖の体は正直なので、犯人は私ですって叫んでいるわけですね。


>何なのこの初夢。

白拍子とか。

念のため

久しぶりに覗いてみたらおやおや。

現Sさんって俺じゃないですからね。

元芝さん

お帰りなさいませ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/531-7df44124

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad