元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 ホームレス・派遣切り支援活動だが、現実なかなか社会復帰というのは厳しい。むしろ逆に、テレビ・パチンコ・競馬・風俗等々、「有意義かつ発展的」とは言い難い結果となっていることに多少の疑問も抱えてはいる。まあ映画の「pay-it-forward」のように、人助けの輪が簡単に広がる事態にはほど遠い。

 一つには、やはり住居と生活費を一旦得てしまうと、それ以上関わりが持ちづらいこと。ならば昔関係のあった人たち(旧団体関係者)の方がマシか、という気にもなった。が、そういう人でも、競馬・風俗等々…orz orz orz 。テレビとパチンコがないだけマシか?

 何にしろ生活保護というと世間の風当たりもある。

 そこで生活保護とは別に、困っている人を助ける新たな支援活動を考えた。それは何かというと、競売で家を失いそうで(または失って)困っている人を助ける、というもの。具体的にはもうノウハウもここでは出しません。真似したい人は苦労して調べて。ヒントは「任意売却」。

 とりあえず昨日第一号が終わった。どういう人だったかというと、

・シングルマザーで、子供2人と孫1人、子供もシングルマザーのような…
・所有者であった元の旦那は別居で一方的に連絡があるだけという
・元旦那も知り合いの連帯保証人などをやったところ逃げられて家を失うはめになったらしい

 本来なら競売で追い出されていたところ、私と巡り会ってそのまま住み続けることになった。相手方としては、

・引っ越ししなくて済んだ
・相場より安い家賃
(家賃そのものは、「いくらなら払えますか?」という質問に対する相手の言い値で決めている)

 こちらはこちらで、

・物件を新たに掃除したりリフォームする必要がない
・店子を探す手間がいらない
・生活保護で役所とケンカする必要がない

 誰も困ることがなく、良いことしかありません。しいて言えば、ホームレス支援より利回りが下がるってこと。あとは相手方に新たに家賃支払いが発生したことくらいか。まあどうせ引っ越ししたらこれ以上の家賃がかかったわけだし、社会通念上他人の物件にタダってわけにはいきませんから。

 完成度はまだまだだ。が、それなりに苦労したので、とりあえずにしてもまずまずの出来。

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

パッション

「最貧国」から来たホームレスたちのバンド
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20101002-00000040-jnn-int

なんかパワフルでいいな~

やりがい

私が病後の長きリハビリ期間を終えて、さて当面困ったのが就職問題です。
仕事に関しては、ここまでいい年になってくると、社会面での条件もそうですが、精神面での深いドグマと向かい合わなければなかなか目に見えては解決してかない。
「挫折と奮起の歴史」と簡単には書ききれないほど近年まで七転八倒の格闘を致しました。

去年このことをある師に相談、「やり甲斐のある仕事を何とか模索して探そうと思いますが、」と切り出したら、「”やり甲斐”というのはエゴを背景としてる、どんな仕事でも問わずにグルを意識して前向きに行けばいい」などと一蹴とも取れる返答を頂きました。

確かに言わんとすることは私もよくわかった、一理ある。
しかし現実面でやってくには、自分を何らかの「やり甲斐」という餌で釣りコントロールすることは当たり前の方法論でしょう、とそのときこころ内では思った。
(反論すればまたどう返ってくるか自明の理ですしねw)

「やり甲斐」という価値観は漠然としている。
「人の役に立つため」というバクティーヨーガ的題目を掲げる事だってやり甲斐となるし、グルへの奉仕という喜びでさえやり甲斐の一種であろう。

やり甲斐のある対象というものには落とし穴もある反面、一つの示唆でもあるし、密教的に言えば印・導きの側面もあるのではないのでしょうかね。

この師へ相談するときはいつもこのような感じで即、切り返される。
この方は知識面での積み重ねは優れているが、やはりまだ浅いんだなと思った次第。

こういうのは幾度もあった。
こと、根深い問題に関して、紋切り型の定型句で即答する人はあまり信頼できない感じ、乱暴にいえば実際面であまり役に立たない答え方。
そう感じましたね。
日本的な稚拙な精神論、「やる気を出せば」とか「死ぬ気になれば」というのとさして変わらない。

短いセンテンスで相手を感銘させてしまう神のように振舞える素養がある人は、神の領域に達した方だけではないかと思います。

こんな振る舞いをする師が多すぎます。

かえって答えに屈して一緒に悩んで下さって、ある意味情けなく見えるくらいの師の方が本物っぽい。
メッターダッシン師は数少ないそんな感じの方ですが、隅っこに追いやられたんでしたっけか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/497-19ac5452

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad