元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 生き甲斐から発展した話。

 生き甲斐追求という意味での緊張と弛緩。これは創造と破壊に対応できるかも知れません。これまでの価値観を壊して新たなものを創造する場合、古い価値観がきれいに壊れていた方が、新しいものが創造しやすいと言えます。

 それは古い家を新築するのと同じです。古い家を一部残して新築しようとしても、一部古いところが残ったままですから、完全な新築にはなりません。

 教団のグルイズムを放棄した人は数多くいます。が、それを綺麗に壊した人は余りいません。私と同等以上に綺麗に壊した人は、団体では上祐氏しか知りません。私自身が「綺麗に壊れた」という評価は、苫米地氏とのやりとりで証明されたと考えております。少なくとも上祐氏と苫米地氏は「現象が空である」ことを私以上に理解しているでしょう。程度問題ですが、同じような人は世界で万人単位いるかも知れません。

 では途中まで「グル一筋」で頑張ってやめた人はどうなったでしょうか?多くは「だまされた」とか「なんだかよく分からなくなった」という形ではないでしょうか。その場合、元々探索していたヨーガとか仏教の価値観を志向する形で、別の信仰を求めたりします。あるいは全く信仰すらなく、普通に仕事をして普通の生活を送っているかも知れません。

 しかしこの「別の信仰」にしろ「普通に仕事・生活」にしろ、誰か他の人が作った価値観の借り物にしか過ぎません。前者は別の宗教体系、後者は資本主義システムからの借り物です。壊すのも中途半端、新しいのも借り物、です。勿論それが悪いというわけではありません。が、創造と破壊の自在性という点では、自由度は小さいということです。借り物の価値観の中に作ったわけですから、その制約を受けるわけです。

 人によっては、それまで必死に信じていた唯一絶対の価値観が喪失してしまって、全く生きる気力さえ湧かない、というケースもあります。それよりは、借り物でも自由度が小さくても、何かあった方が生き甲斐は感じられるでしょう。

 私見ですが、破壊する方が創造するよりも比較的容易だと考えます。例えば大村さんや村岡元代表代行は、ある程度グルイズムを壊した人です。しかしながら、新たな価値観については模索中というのが現状のようです。まあ私も余り人のことは言えた者ではありません。上祐氏のように新しい宗教は作れませんし、苫米地氏のように次から次へと本を出し、チャータージェットで世界を飛び回れる程の自由はありません。

 ここでいう自由度とは、①既存の価値観から独立している程度 と ②どれくらいの数の人間を ③どの程度巻き込んでいるか が基準です。

 この自由度という意味では、麻原ショウコウも相当自由度の高い世界を作った人物です。拝金主義の現代で、全く違う強烈な価値観を創出し、数千人の人生を巻き込んだわけです。但し自由度とは言っても、麻原個人にとっての自由度です。システムを作り上げたトップと、それに従うナンバー2以下では、雲泥の差があります。彼は「絶対自由」ということを教義で述べていましたが、まさに教団内においてやりたい放題の「絶対自由」を享受していたといえます(アストラルで自由、という教義もあったことはお断りしておきます)。

 彼が創造した価値観には、それだけ多くの人がそこに意味づけを見いだしたわけです。ある意味で現代の拝金主義に疑問を持った人たちに、別の生き方を提供したことは間違いありません。何が正しいのか分からない、という人たちに、方向付け(緊張・集中)を与えたわけです。資本主義システムでの意味づけ(=金儲け競争での生き残り)が、難しくなればなるほど、その需要は増えてきます。彼は以前「ワシがいなくなっても、教団は10年くらい持つやろ」などと口走っていました。実際に15年経った今でも、A派教団は健在です。

 このように麻原と苫米地氏・上祐氏らを同等に並べると、各方面から批判がくるかも知れません。A派教団からも、苫米地ファンからも、ひか輪からも、「あんなやつと一緒にするな!」と。一緒にして欲しくないついでに言うならば、ヒトラーは更に強烈な価値観を創造した人物です。

 上祐氏・苫米地氏・麻原・ヒトラー。善し悪しは別にして、あくまで新たな価値観の創造・新たな世界の構築という視点だけで評価しています。善し悪しという問題は、その価値観の世界が大きくなる段階で賛同した人にとっての善、しかもその追求し続けている時点での善に過ぎません。それ以外の状況では、例えば途中でやめたならばその段階以降とかでは、相対的に悪になります。その価値観を善きものとしてとらえて、追求したい人が追求する。そういう意味で善が定義されるからです。

 そして創造されたものは、必ず破壊されます。始まりがあるところに、必ず終わりがあります。ヒトラーと麻原は、自分自身を集中・緊張の対象とした為、ひっくり返ってかつての身内からも悪者にされました。個人に集中させずシステムとしてやっている苫米地氏と上祐氏は、そこまで極端なことにはならないでしょう。

 どういうシステムであれ、それが一つの方向付けを与えて緊張と集中を強いるものである以上、どこかの時点で壊れます。緊張に対する弛緩、あるいは集中に対する拡散が、どこかで始まるわけです。緊張を永久に維持することは、元々が空であるが故に不可能です。しかしシステム内部に存在する人にとっては、システムの価値観を善としてとらえて追求(=集中・緊張)し続けてきた以上、自らその緊張を解くことは容易ではありません。

(つづく)

コメント


ミニ「ヒトラー」

わたしもソンシをヒトラーに似てる人物としてとらえております。
言わば、ミニ「ヒトラー」かな。

ヨーガの大家の成瀬氏は、ヒトラーを「シャンバラの使者」と言っていましたが、
ソンシも「シャンバラの使者」だと思いますね。
この世の善悪にとらわれないところなんてそっくりです。

!!

>ミニヒトラー

→この世の善悪に囚われないところ

そうか、それでヒトラーとミニヒトラーが、大量ポアに走ったのか。
サリンテロは究極の親切の押し売りだったと私は解釈していましたが、ヒトラーも究極の親切で大量ポアしたんですね?

是非の問いは、私は信者ではないから非に決まって居るのは変わらないのですが、ヒトラーとミニヒトラーの話、腑に落ちました。

空観ひとつだけを採択して現実社会との折り合いを棄てると、究極には大量ポアも親切のうちに入りますもんね。

そう断行できたのは、大勢を巻き込む力を獲たのも然り、本人が森羅万象を断罪できるレベルに到達した、と自己評価したのが間違いの元だったのかも。

ヒトラーもミニヒトラーも、被害者にとって全く余計な世話でした。

「価値観を綺麗に壊す」のは個人の自由にさせて貰いたいものだ。

正義の収束力

かなり微妙な所ですけど、善悪の限界を露骨に表面化してしまった、という意味では似てるかと。

9.11以降、「テロとの戦い」ということで、アメリカがどんどん戦時体制になり活動家やジャーナリストがどんどん捕まって、情報統制が厳しくなり、全体主義みたいになってきましたが、こういう流れは各地を次々と伝播していくのでしょうか?

Justice、正義は社会全体で共有されて異論に蓋をして、一つに収束させる力がありますから、多種多様な人々ををまとめるにはたいへん好都合ではありますが。

神聖なものを掲げたときから、人々の自由はどんどん奪われるようですね。どこでも同じみたい。

この前、なんで野田さんが記事削除したのか分かった・・!
2つ理由あったでしょー?
う~ん、上祐さんは、あの人は綺麗に壊したとかなんとかっていうより、
要領がいいっていうか・・・
野田さんも、けっこう似てるカナ~?

話題と全然関係ないですが・・・

野田さん
全然違う話で恐縮ですが、失礼します。(--;

以前から1週間に1日だけですが、体を鍛えています。下半身のトレーニングでスクワットというのがあります。これを続けているうちに、腰の周りになんとなく「気」の充実のようなものと言えばよいのでしょうか、
を感じるようになりました。

おそらく丹田だと思います。

より強化するとどうなるだろうと思い、興味あります。

ちなみに禁欲すると、腰の周りの「気」がより充実する感触あります。
禁欲と丹田は何か関係あるのでしょうか。

とりあえず、宗教には興味ありませんが、
より強化する方法をご存知ならご教示ください。

よろしくお願いします

小沢一郎 一新会講演
http://www.youtube.com/watch?v=Te6Iihzc-tg

これだけ今フォーカスされていながら、政治家のオピニオンを聞く機会は、今どれほどあるのだろう。
マスメディアでは、こうじっくりとした時間枠は取れない。

「誰も言わない、誰も責任を持って決めない、難しい話は全部玉虫で先送り 混迷の最大の原因」
「日本人の意識改革」
「地球規模の変化の時代」
「自立した日本人」
「日本人は自由を求めるよりも、お役所に規制されるほうを好む」
「55年体制~自社政権 対立していても体質は同じだった。」
「日本人に足りないのは何か 勇気と決断」
「変わらずに残るためには、変わらなくてはならない」

>ちなみに禁欲すると、腰の周りの「気」がより充実する感触あります。
>禁欲と丹田は何か関係あるのでしょうか。

関係あると思いますが、私は某気功教室では劣等生です。
他に分かりそうな人に聞いて下さい。すいません。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 [単行本]
マイケル・サンデル (著)

が売れているそうです
私は読んでませんが。

人間はどう生きるべきなのか
生きる意味とは何なのか
世界が激変してゆく中、この問いは多くの人を悩ませているのでしょう
教団の崩壊に伴う価値観の喪失は、よく似ているのかもしれない

仏教、ヨーガはこの問いに答えを出せるのだろうか
これについて此の頃よく考える

いや、仏教、ヨーガを学んだ元信者たちが迷っているなら、答えは出せなかったのだろうか?

おそらく世界は、キリスト教的世界観から、仏教、ヨーガ的世界観への転換をするだろう。
だが、その前に、崩壊してゆく価値観の中でなお、輝きを放ち続ける価値観、思想があるのか
仏教、ヨーガは未来の思想を担う力があるのか?が問われている。

あるいは伝統仏教ではない、より拡張された思想が生み出されるべきなのか。
世界が崩れ去る最中、問題点が整理され、思想が醸成されて行く
またとない機会になるだろう。

先日寄せたコメントと被りますけれども。

>禁欲

禁ずる時点で宗教だよね。
気功は宗教ではないから、禁欲ではなくて無欲かと。


>価値観の崩壊

今日は個人レベルから意見感想を言ってみます。宗教レベルや世界レベルの意見感想は、それが得意な皆様にお任せ。

長いので、続きはコチラ。
http://hayano0.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-89d8.html

何処でも目障りな弱者は排除されるようです。

野田さんのお仕事と関係ありますか?

『墨田区およびその周辺区では、スカイツリーの建設が進む中、地域の再開発に呼応するように野宿者の排除が激しさをましています。アルミ缶集めの条例改悪についても、この流れの中にあると考えられます。このような、貧者の排除を前提とした街作り・地域再開発は、非常にグロテスクなものを生み出そうとしています。観光客や金持ちしかいないような街など存在しません。』

まあ多少関係ありますね。深くはないですが。
また記事でコメントさせて頂きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/482-01c16a1f

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad