元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

「あそこの会社は、詐欺師の集まりですよ。」

 と、元の関係者に酷評されたその会社。私の所属している会社であります。。。

 どうしてこう詐欺師ばっかり集まってくるのか?不思議な現象でもあります。しかし、全く初対面の人を「詐欺師」扱いするのも偏見だし可哀想なので、「困った、助けてくれ」という場合には助けます。

 また今回もやられてます。ですが、まだマシなほうです。

 住むところ追い出されるから…、というので急遽引っ越しを手伝ってあげた上で、住居提供しました。勿論生活保護適用です。6月のことでした。

俺「家賃が役所から出たら払って下さいね-」

相手「分かりました、ここ相場より安いですから、余分に払いますよ。」

 まあホントに余分にくれたらありがたいけどね-。もう言葉だけってのは、全然信用しないんですけど。役所が2週間以内に出す、ってなことらしい。

 2週間たって連絡してみた。

俺「お金出ましたか?」

相手「まだです、7月頭だそうです。」

 念のため役所に確認。

役所「え?午前中にお金渡しましたよ??まだ家賃払ってないんですか???」

 またかあ~、と思って連絡を入れる。

俺「役所は午前中にお金払ったっていってますけど、どうなってますか?」

相手「すいません、すぐ振り込みます。」

 で、1か月たって今月の保護費が出たのが5日。当日の振り込みなし。6日週末の朝も振り込みなし。午後に確認する。

俺「家賃の振り込みどうなってますか?」

相手「あ、すいません、お金持ってくるの忘れてきたので、取りに帰って午後になります。」

 金曜午後3時過ぎると、確認は月曜になる。忘れた、忘れた、って、お金落としたっていうやつも多いからなー。

 9日月曜朝確認も未入金。

俺「どうなってますか?」

相手「すみません、振り込もうと思って背広に入れてたら、落としちゃったみたいなんです、もう泣きそうですよ-。」

 これまでの支援対象で、最初の、あるいはもらい初めて間もない頃の保護費を、落としたなくした、というケースが数件あった。割合として2-3割くらいだが、その内半分はウソ。問い詰めるとウソが分かる。ウソじゃないとしたら、ほぼ全財産に近いようなお金を落とすなんて、どうしようもない。

 で、大体こういう人たちは、50以上のええ年こいたおっさん、おじさんばかり。そういう人たちの人間性を変えるのは困難だ。

 それに比べると、元関係者の方が、一定期間宗教で訓練されてるから、はるかにマシ。「使い込んだ」にウソはないし、逆に「お金管理して下さい」となったりするから、手間はかかるが気分的に楽。あ、元関係者にも、若干ウソつきはいますが、どっかでテストしてはじきます。逆に言うと、ワシに支援断られる元関係者がいたとしたら、「給料袋丸ごと」と同等以上にどうしようもない、と思って。

 あと世間知らずの若い人も若干いるが、上記のような「どうしようもない」おじさん達に比べると、まだ思考の柔軟性があるだけマシかな。

 若いほどいいなら、もう子供の時から教育するのがベストかも。てなわけで「里子とらないか?」っていわれてるけど、それは大変そうだな-。

コメント


いや、嘘つきは幼児期から嘘が上手い。
嘘つきって天性じゃないかな。
嘘つきは自分自身をも騙すから、しれっと嘘ついてると言うより本人的には嘘は言ってないよね。
それを叩き直すとか無理。独りで山を動かそうとするぐらい無理。

子育ては愛の全部ですよ。片手間じゃ出来ない。慈善事業をやってくれる人の代わりは居ても、親は代わりが居ないから。
里子を迎えるとか気軽に言うなよ。子供は親に全幅の信頼を寄せたいものなんだ。出来ないことは引き受けてはならない。先ず、今引き受けているK君を育て上げて社会に出してからにしなさいな。

まったく

hayanoさんのバランス感覚は凄いな~、多方面に渡って正確な認識眼を持ってるとおもう。
(信徒にこういう人もっと多かったらなぁと思うw)

嘘つく人は自転車操業してる感覚なんでしょうね、騙すつもりは無いんだけどやってることの帳尻合わせがドンドン追いつかなくなる。
結局、常日頃人からもよく騙されちゃう。

社会に於いて、債務不執行や未払い、不渡りは一定比率発生する物ですね、人間の怠惰さやいいかげんさを考えると避けては通れない課題だし、どこかで誰かが帳尻を合わせざるおえない。

まぁ不動産業者にはついて回る物でしょうね、建築業界なんかも凄く多いらしいし。

詐欺といえば最近ネットで激安オークションが増殖してきましたね。
あれ、ソフトを高額で買わされて始めるらしいんだけど、その仕掛け側自体が大詐欺師的だと思います。なんと大手まであのやり口を模索し出したらしいですけど、あんなねずみ講式の物すぐ廃れるでしょう。

つか近年のビジネスモデルの多くで詐欺的なものが増えてきましたね。

しかしあまりにも滞納や未払いの比率が多いならシステム的な対策考えないと・・
一般の賃貸のように通告が出し難いのが弱者救済NPOたらんとこですしね。

あえてパンフレットなどで当初に支払い困難な場合の措置の規定を説明しておくとか・・
あとは保護費から天引きするオプション契約を選択肢に入れるとかいうシステムを構築できればいいんでしょうけど、難しい話ですかね。(同様なシステムでぼったくる悪徳業者いましたね)

難しいです

信仰の捕らえ方はほんと複雑怪奇で難しいです。

どう書いていいのか悶絶しちゃうw

社会と乖離しがちな面はどの宗派でもあることだとは思いますけどね。
環境的にも内的にも問題提起をして改革して行こうとするのが信仰の意味合いですからね。

ただしその度合いと様相が様々で、とても一言では語れないかな・・

ポジxネガ≠無

>社会と乖離している団体が、自分たちは善で社会が悪だから乖離したのだと言い始めて正当性を極度にアピってしまうのが、サリンテロとか、自爆ハルメギドなんじゃないかなあ。

善いこと、正しいことを追求する人は、何か対比として悪いものを見出して、それを踏み台のようにして、その上に自分の正当性を確立しようとしてしまいがちですからね。

しまいには、「私たちのコレに賛同しないやつは許せん、去れ」となって、そのセクト自体の中で差別され、皆ちりぢりばらばらになってどんどん衰退する。

悪の向こうを張った形での正しさは、常に悪の存在との戦いを求めてやまない性質のもので、となると戦争も差別も結局は無くならないってことに。

となると、その行き着く先、いわゆる「善も悪も、わけわからん」という崩壊した世界の素のスープから、実り豊かな新しい秩序を作り直すことになるんでしょうね。政権交代やかつての社会主義革命のような、いちど表裏ひっくり返してその後安定…というものとはちょっと違ったことになりそう。

無理して自分が善くある必要もなく、世の中が平和に繁栄するための土壌作りに専念すればいいと思います。それがどういう価値観かは、今は言葉で既定する必要はないと思います。その時になれば首尾一貫した何かが必ず産み出されますから。それを産み出すための、陰陽の合一ですからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とあるさん、二拍子さん、私と云う余所者なんぞにいつも丁寧に回答くださっていて有難うございます。

お二方に回答を貰って思ったのは、無理しない程度の改革で善や正義を志向するためだけなら、何故わざわざ残党同志で団体で在り続ける必要性があるのかと云う素朴な疑問。

以前、とあるさんでしたか、ひかわの団体の現実は自助介護(看護?)の役割もあるから解散するわけには行かない、ってなコメントを書いた人が居ましたよね。いつだっけか忘れちゃいましたが。

自助介護となると世界平和のための改革どころじゃなくなると思うんだけど、介護と改革は両立できるものなの? それとも、両立することが目的なの? それとも、惰性や諸事情により寄り添うことが目的なの? それとも、それ以上に何か得るものがあるから?

いまいち釈然としないなあ。何が釈然としないかって、その、団体を死守したい理由。団体になると社会と乖離するだけでなく隔絶されて行くから、自ずと情報は偏るよね。

とあるさんのおっしゃった「バランス感覚」って、乖離と隔絶が無い自由な状態でしょ? その自由な状態と、団体で隔絶される状態は、相容れないベクトルだから両立は至難の業だと思うんですが、どうでしょう? お二方はどうやってバランス感覚をキープしてるの? 私が想像するほど至難の業でもないの?

私が理由や意見を聴いてどうなるわけでも無いんですが、単に無性に知りたいだけなんですが。

公開コメントでしか会話できないので書ける範囲内で書くと、以上の疑問に尽きるかな。
今の私は教えて君。教えて教えて!

前提通念として

このブログでは、突っ込んだ本音主体に皆さん書く傾向が出来てきちゃったみたいなんで、あまり仏教法則をストレートに書かない傾向が出来てしまいましたが、教団は修行にまい進するための場所であって、今現在もそのエッセンスは一応保持されてるとは思ってます。

出家は社会と隔絶する一定の規律を定めた中で、自己を身体的にも精神的にも浄化・昇華・成熟させる道、在家であっても、布施や徳行を主体として、小乗的な捨て断つことを進めるていくプロセス、など仏教伝統の方法論が規定されてます。

ですからある意味社会性に対してアンチテーゼするような側面は当然あります。

ただしそれが正常に行われれば、世間に対して阻害感を生む方向ではなく、より順応性を発揮できる状態になる「はず」ではありますね、理論的な帰結として。
(その途上に於いて、一時的なネガを経験する試練の段階は含まれます。)
その理解には少々仏教の基本を学んでもらう必要があるとは思います。

不安的で状況によって変化して行く知識や常識や一般通念や固定観念に頼るような生き方から、生命のもっと根源にある原初的・普遍的な力である「智慧」を根本とした生き方へ移行(回帰もしくは進化)しゆくプロセスということができます。

またより社会と関わりを持って進む道とされる大乗的実践においても、煩悩捨断をする小乗的な否定の方法論は内包されつつ進みます。

ここの基本的教義については、一般的な仏教教義と大きく違っている物では無いと個人的にも保証できますので、一般の書籍と対比しながらでも結構ですからお時間があったら調べてみて下さることを期待します。

(と、ちょっと堅いけど頑張って説明してみた。誤謬があればどなたか訂正・補足してください。)

ええと・・

これじゃ答えにならなかったかなw

まぁ私にとって未だに教団は大切ですし、何に対しても諦めずに誠実的でありたいとは思うので、ってところです。
今はその試練のドラマの中ほど6~7割くらいのところって感じ。
だから教団はまだグダグダ・ボロボロな状態なんだと思ってます。
どうにかしないとなんですw
助けて下さいhayanoさん。

とあるさん、

>答えにならない

んなわけじゃないです。
考え中です。たまたま仕事立て続けで書けないだけです。せっかく真剣な回答頂いたのに申し訳ないです。

>とあるさん、

とあるさん的な前提通念の開示有難うございます。
ちょくちょく野田君ブログを遡ってとあるさんのコメントを追ってみようとしたんですけど、ブログ記事そのものが膨大で、コメントの殆どが長文マジレスばかりのため一朝一夕には追跡できませんです。。私の知識もついて行かないし。ごめんなさい。

間違い探しの御意見でも出てくれば初心者的には追跡の照準が合わせられるんですけど、皆さんマジレスなんだけど独り言なんだもの。w

それだけ、敢えて牙を抜こうとして内観に徹してるメンバーが増えていると言うことなのかな。

ひとつだけ、とあるさん的な前提通念の中で思ったこと。
宗教が善を目指すために社会に対してアンチテーゼってのは、社会に対してではなくて、社会の内包した悪を設定したら成り立つアンチテーゼですよね。それが二拍子さんに解説して貰ったグノーシスの一種なのかな?

宗教だからなのか、或いは仏教だからなのか、それともそちらの団体特有のヒンドゥー教混じりの仏教的新新宗教だからなのか、私は解らずに素朴な疑問として言うんですけど、

善悪を二元に分かつ必要性が生じるものなんでしょうか。

光と陰、或いは陽と陰がワンセットだと言うなら二元に分かつ必要性は無い気がしますが?

光、或いは陽にだけ特化しようとすると、多分に陰を内包したまま陰に目を瞑って撤廃した気になるか、邪魔な陰の因子を社会悪と認定して排除に走るか、になってしまうんじゃないかな。焦って急進的に走るなら。

または、その焦りと敗北感に挫折して、それまで陰や悪と認定していたものを反動で自分が体現する事態になりませんか。

人は善悪の2つだけで白か黒かだけでは生きて行けないし、何処まで行っても善も悪も中間も全部を抱えながら生きている。神と悪魔だけで森羅万象が割り切れるものなら、説明の着かない話は世の中に無いことになってしまう。

割り切れる数しか綺麗ではない、って、誰が決めたのかなあ。

私は無理数とか好きですけどね。円周率とか。楕円軌道や揺らぎも好きですけどね。

全然返事になってませんね。ごめんなさい。

ところで、6,7割ですか。まだまだ道程が長そうですなあ。どうなるのかな。正念場なんでしょうね。そんな時に逃げ出さないで日々模索を選択している、とあるさんや二拍子さん、そういう方々こそ幹部として仕切り直ししたら良い方向に向くんじゃないでしょうか。

>善悪を二元に分かつ必要性が生じるものなんでしょうか。

>割り切れる数しか綺麗ではない、って、誰が決めたのかなあ。

極めて大雑把には、私もそのように思います。
言葉や形に表わしたものは人間にとって解りやすいものですが、それゆえに勘違いや誤解もおきますね。

だから自分自身、性急に答えや結果を求めようとしないように心がけているつもりです。それゆえ教団にあえて残り、長く続けられたのかもしれません。特にまわりの人と二人三脚でペースを合わせて進むことも必要でしょうね。

敵を愛せよと言った偉人が過去にいましたが、行なうは難しです。じっくり続けていけば、敵の存在、戦いの土台すら、氷のようにそのうち溶けて形を失ってしまうのではないかと思えてきました。

ぶつかっても砕けない。それなら温めればいいんだ。

そうです

hayanoさんの懸念は結構核心的な疑問ですね。
全部を逐一返答してると膨大な文になってしまいますので簡単に返答しますと、
hayanoさんが懸念してる矛盾やパラドックスが信仰の入門~実践の途上で必ず起こる壁だと思います。
大筋ですごく合ってると思います。

ですから教団で湧き出た同じような問題点に対して、野田さんも二拍子さんも懸念を露にしましたね。

法則に於いての善・悪はあくまで捕らえ易いように単純化した表現なんですね。
物事全て、その捉え方・見方や実践のありようによって善とも悪ともなるのだ、というのが真理であると思います。

ただしそういう視点に立てるようになる以前に、まず我々の置かれた諸問題や心の葛藤を整理して取り除かなければなりません。
そのための規範が、一般通年にも即した捨て経つべき悪業(禁戒)、為すべき善業(歓戒)の実践、ということになると思います。

私は仏教でいう悪とは、その人が苦しみに固定的に埋没することに対して悪だと言ってると思います。だから言ってみれば「みんな無意味に苦しむな、本当の意味で楽になりなさい」と言ってるんだと思います。
そういう意味での善悪観・・つまり言い換えれば普遍的な愛のような思いですね。


だたしその道程は決して単純じゃなく、気が遠くなるほどの段階とドラマがあるものだとも思います。

だからちょっと修行ができるようになったという満が、今の教団の(私自身の)根本の問題点でもあるのかもしれないですね。

ですので、多少の問題提起は出来るけど、同じようにその渦中の身である私が引っ張るなんてとてもとてもw

これから期待できるとしたら、誰か中核になる人が引っ張るというよりも、同調的、同時多発的にジワジワ個々の発露によって自主性が芽生えてくることに期待するしかないんじゃないかと思います。

それを推すためのこういった寄り合いや会話・主張が大事だと思ってます。

だからまずはコミュニケーションなんじゃないかと。

皆さんももっと忌憚無くドシドシ書き込んで欲しいです。

>宗教が善を目指すために社会に対してアンチテーゼってのは、社会に対してではなくて、社会の内包した悪を設定したら成り立つアンチテーゼですよね。それが二拍子さんに解説して貰ったグノーシスの一種なのかな?

社会に完全に迎合というか、同じ価値観で行くなら、出家教団という形をとる意味は全くないですよね。

あえて社会と切り離した価値観を持って、世間を向こうに回して対峙するのは、対立関係にある相手を支えるためです。自己完結したシステムにも必ず欠けがあって、いつかは行き詰まることもあります。それを埋めるためには、全く違った方法論を持っていないとうまくいきません。同様に出家教団も、それ単体では生きていくことはできません。だいいち血統が途絶えますし、実際に多くは衰退して消滅しているはずです。

ふたつを切り離してしまおうという考えが強くなってしまったがゆえに、今まで多くの悲劇が起きてしまったようにも思えます。

とあるさん、二拍子さん、いつも開示と指南有難うございます。私も感想の続きを。

>ぶつかる、砕ける、温める

形が無いのなら、ぶつからないし砕けませんよね。人は何故ぶつかったり、ぶつかられたり、砕けたり、するんでしょう。

もし最初から最後まで、温める、融和する、というそれだけに徹していたとしたら、迎合や妥協とは違って平和に発展的な交歓が成り立つ筈ですよね。これなら形が有るか無いかに拘らず取り敢えず軋轢は無い筈。
何か物事を分かつためには形が有ることが前提ですが、分かち合うには形が有る無し前提は特に必要性無いですから。

私は、有る無しどっちだっていいです。どっちかじゃないと嫌、って言い始める時点で身勝手が始まるものじゃないかと自戒しているから。
物事はいつでも否が応でも無し、ありのままを丸ごと受け留めるなら、ぶつかったり砕けたりせずに最初から温めたり喜んだり出来ますよね?

あともうひとつ感想。
自分も先述に陰を暗に悪者扱いした前提で話を進めていますが、それすら余計だと思ってます。
別に、陰が悪、光や陽が正義、ではなく、どれも元は1で、その1とは今観えている物事の集約であって、観えていない物事を0と数えるなら、0からスタートしても良いだろうし、観えていない物事を度外視するなら1からスタートしても良いだろうし。何処からスタートしたいか、或いは何処まで集約したいか、選択は個人の自由だと思う。

自由意志の尊重をしつつ団体で集まって交歓する利点を享受し続けたいのであば、互いのパラダイムシフトを超長期的スパンで愛せるかどうかに懸かって来ると思うんです。焦って押し付けるのは愛じゃないよね。

お返事その2

>懸念、矛盾、パラドックス

どうなんでしょう、私は一度もそちらの団体を信仰したことが無いわけで、思い入れが無いんです。ましてや純粋に被害者ですので。

懸念は、団体分派から今日、未来までの、社会への悪影響ですね。社会を仮想の敵国と設定して闘っているつもりか何かになられてしまうとそれはテロリズムのトリガーになりますから、その標的に選ばれるであろう私たち一般市民の脅威が増えるわけです。

だから私は、やるんなら自分たちだけでやってくれと思っている。一般社会を仮想の敵国認定か何かにされたら迷惑なんです。

と言う姿勢を私が改めて開示した上で、お話の続きを再開します。

矛盾や、それにハマるパラドックス状態って、いきなりその渦から陸に揚がってしまえば、良い意味で傍観者を決め込むことで解決の糸口を幾つも見付けることがありますよね。
その、いきなり渦中から陸に揚がってしまうのが出来ないで一緒に巻き込まれるのは、優しさや情愛ゆえの人間らしい人間性なんだと思う。人間臭さと言うか。

私は渦から陸に揚がってしまえば見付かる糸口なら、自分は先陣を切って陸に揚がります。
それを裏切り者呼ばわりされるのは百も承知の上です。
俯瞰して見付ける糸口なら、俯瞰してみないことには分からない。やってみて見付からなければ、更に俯瞰すれば見付かるかも知れない。
渦中で一緒に溺死するのも愛のひとつなら、先陣を切って陸に揚がって俯瞰する役回りも愛のひとつだと私は思うから。

敵の存在をみて戦う人にとって、相手と自分の境目が溶けて消えてしまうことは非常に恐怖を覚えることのようです。

のださんのように、教団をでて(出されて)、対極をなすようにぶつかってくるという相手に対しては、正義感をふるって対峙できるし、ぶつかり甲斐のある相手だと感じると思います。場合によっては、相手の存在が、自分の正義の土台を提供してくれる悪役、好敵手と映るかもしれません。

教団に属して、(つまり仲間意識を持って)戦いやその根底をなす正義と敵認識がどこに起因しているのかということに言及し続けることは、その差別と戦いの土台を溶かしてグラグラにすることになります。

あまり息を詰めるような長文のペースだとしんどいので、少しづついきましょう。

>二拍子さん

いつまでも敵役を他人に求めて八つ当たりばかりする人は、己の中の弱さという最大の敵に目を瞑ってますね。幼稚だね。

好敵手って敵じゃないですよね。居て貰うことで切磋琢磨できるのだから、それは大義に同志ですよね。

しかし、切磋琢磨どころか話がグダグダ平行線を辿るばかりで潰し合いになる時に、相手に憎しみを感じて敵認定するもの。
その時こそ本当の最大の敵である己の中の弱さ、己の中の欲求不満、己の中のコンプレックスやトラウマに起因した攻撃欲ではないかと内省すべき。

と、私は自戒しています。

で、長文投下は大概にします。すいませんすいませんすいませんwww

色々と岐路でしょうけれども、、、
そんな時こそ身体が資本。

バランスの良い食事、たっぷりの睡眠、ストレスフリーで健康維持してくださいな!

今日の私は母ちゃんモード。

>その時こそ本当の最大の敵である己の中の弱さ、己の中の欲求不満、己の中のコンプレックスやトラウマに起因した攻撃欲ではないかと内省すべき。

いいこと聞きました。いったい何を守ろうとして戦うのか…ダライ・ラマによれば、人の聖域、魂は未定義なんだとか。

>バランスの良い食事、たっぷりの睡眠、ストレスフリーで健康維持してくださいな!

ここ数日、励ましが各方面から来ました。
おかげで最近は具合がいいですよ。
人はもともと自分のためだけに生きることは無理みたいですね。とかく自分の身ばかりを案じて思い悩む…反省しました。

すみません、1文字だけ訂正。内省ではなく、【内観】でした。
反省は、元気じゃないときは辞めといたほうがいい気がします。自己否定に繋がりますから。自己否定は、自分自身を自分の敵に回す行為ですから、そりゃあ敵は増えますよ。

二拍子さんは人一倍優しいので、ジャッジする時に自分自身を断罪しちゃうでしょ。そこに自己否定が混じると、「生まれて来てごめんなさい」になりかねないのでw、今は内省しないでください。今は、【肯定から入る内観】で、自分自身を自分の最大の味方に付け直してはどうでしょうか。無事、元気になってから思う存分好きなようにしたら良いと思います。他人の心配は、元気が無いと無理。

しかし大変そうですね。
たかが敵味方を他人に投影する(される)ことや、たかが自分の身を案じる(羽目になる)ことが、"多方面から励まされる" くらい辛い事態になってしまうものなんですか?
普通、それほど辛くならないけどなあ?
(普通、って、一般社会で一般人として生活している分にはと言う意味の普通。)

一般社会で一般人で居るには、何もかも切っ先を鈍らせて、面倒臭いものは見なかったことにして生きてないとやってらんないすからね。
その分、かなりドロドロな考え方のまま幼稚に生きていても表立った災難は来ないのかも。

切っ先を尖らせて真正面から立ち向かう人には、降りかかる災難もダイナミックなのかも知れませんね。
それは人生経験としては濃くて成長のためには良いことだと思いますが、いつもじゃ身が保ちませんよね。お疲れ様ですm(_ _)m

つかぬことをお伺いしますが、最近健康診断は行きましたか?
インドアで我慢を重ねていると内臓に来ますよ~。

>たかが敵味方を他人に投影する(される)ことや、たかが自分の身を案じる(羽目になる)ことが、"多方面から励まされる" くらい辛い事態になってしまうものなんですか?

時々あります。ちょっと数日自分らしくない状態がありましたが、おかげさまでいつもより安定してます。決して心身ともに強靭なほうではありません。セルフメンテナンスはいろいろ工夫してます。

いろんな人と見えないラインで繋がっていて、唐突にマインドが連動してしまうことがあります。あまりに唐突で、取ってつけたような違和感を伴います。不安定なことになったら、他のラインが繋がって本来の安定を回復したり。縁の深い人はリアルタイムで察知できるようです。

外で体を動かすのはいいですね。数日、周囲が落ち着かなかったので足が遠のきましたが、まめにやってますよ。そろそろ定期健診受けたほうがいい年齢ではありますが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/476-774e62f1

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 2
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad