元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 やっている仕事の内容は、昨年頭に企画書にした第一段階の内容そのものです。現在派遣村は解散ということかもしれないが、今でも反貧困ネットワークでやっている内容をもとにしたもの。反貧困ネットワークとは、代表が宇都宮健児弁護士、事務局長が湯浅誠氏の団体。

 尤も彼らはそのシステムの中で、「金儲け」となるようなやり方は取っていない。しかし彼らの活動を1年も手伝えば、「金儲け」の余地が十分にあるのが分かる。

 しかし普通の人はお金が回るところまで熱意を持ってやらない。数年前にある人にボランティアを勧めたとき

 「お金になるならやるよ」

 そう答えるのを聞いて、ちょっとゲンナリした。それでも「こうやってこうやれば、お金になるから」と説明したがその人はやらなかった。それを又聞きしたその人の友人は、私の言ったことについて、「できないことやるなんて言うなよ」と信じなかったらしい。

 当初私は、自分のノウハウを、自分と理念を共有して熱意を持ってやってくれる人に提供するつもりだった。現実には「利回り(20%)」に釣られた話しかこなかった。貧困層の支援という面では熱意を持ってやっている反貧困ネットワークの人にも話を振ってみたが、彼らは私を締め出した。

 一般の人が「利回り」「お金」しか興味を示さなかったのとは逆に、反貧困の人は「お金儲け」の要素をできるだけ取り除こうとしているようにも思えた。恐らくそれは彼らの理念追求からすれば、ボランティア活動は白く・清くあるべきだったのかもしれない。ボランティア活動は金儲けとは一線を画すべし、という理念だろうか。

 結果的にはそういう理念追求でもしていない限り、貧困層の人助けなど熱意を持ってやらないものだな、と感じた。ある意味彼らにとっては、白の理念追求が原動力となっているかもしれない。それがない人は、「金儲け」でもなければ動かないのかもしれない。

 派遣村が私を排除した理由を認めることになるが、人助けの熱意がない人に教えても、新たな金儲け・貧困ビジネスを生むだけかもしれないとも感じた。それは支援をする側に対して感じた問題点。それ以上に感じている問題は、支援された対象の現在の姿だ。

 記事でも少し触れたが、パチンコ・競馬・酒タバコ・一日中テレビ…。仕事についたものもいるが、1割前後。彼らにとって、何か生き甲斐が見つからないと意味がないように感じた。それをこれからやろうとしているところではあるが…。資本主義の問題を浮き彫りにしながら現実の賠償問題含め金儲けとは言っても、パチンコ~テレビでは意味がないように思えた。

 派遣村には、生活保護を受けながら支援活動を集中的にやっている人がいた。当初はそういう人が後から続いて活動が拡大しないかな、などと甘い考えを抱いていた。その目論見が崩れて、パチンコ~テレビ人間が増えるのを看過できなくなったこともあり、ノウハウは出さないようにしようと考えた。まあブログの隅々まで見てよ~く考えれば分かってしまうんだけど。

(つづく)

コメント


お勉強ばかりやってた人間には理解できないかもしれませんが、実際には社会で落ちこぼれるような人はパチンコ~テレビのような人間が多いですよ。貧困層を救うということは、そういう人間ばかりを相手にすることだ、という風に考えてもいいくらいじゃないですかね。「仕事があればやりますよ!仕事がほしいです」と言ってるからといって仕事を与えても「あーだこーだ」言って続かないとか。そういうのは治らないし、逆にそんなんだから社会から取り残されるんだと思います。昔の松本のおっさんの説法を思い出しました。「あー、もう修行だけやってたい。そういう人に修行をやらせてごらん。実際は寝てばっかりでなにもできないから。」とか言ってましたっけ。おっさんも、実にするどい観察眼は持っていたと思われます。笑

ははは、ゼロというのはその通りですね。弱者救済についてプラスの貢献がしたいと思っていたら手伝ってるはずですからね。

単純化するとこういうことじゃないんですか。
世の中には助ける価値がある本当の弱者が1、パチンコ弱者が9の割合で存在する。すべての弱者を救済するということは9のパチンコ弱者も救済するということを覚悟で(ジレンマを受容して)活動を続けるしかない。それでも1の本当の弱者が助かればいいという思いで。それが嫌なら1の本当の弱者を選別して救済する。公的な支援じゃないから気に入った人だけ助けることも不可能じゃないと思いますが(難しいとは思いますが)。どちらかしかないでしょうかね。「世の中の弱者はすべてがパチンコ弱者じゃない本当の弱者で、そのような人たちを高い理想を持って救済する」というような想像上の「弱者救済」ってものは存在しないんじゃないかと思うのですが。

それら

多くがやってる結構普通の娯楽ですよ。
ただしどれも程度問題であって、のめり込めば情けない話になりますね。
野田さんはそういうことにあまりにも無縁でしょうけどねw
そういう中でいかにやってくかってのが一般的人生ですわね。

まぁ

hayanoさんもお上品な方なんですよ。
パチンコは10人いたら2~3人くらいははたまにはやるんじゃないでしょうかね。
テレビは最近の若い人は見ない人も多いけど中年~年寄りなんかは常時付けっぱなしの人も多いですよね。
娯楽っていってもフーゾクやらお薬系やらダーティーなのはもっともっと凄い世界が色々あるわけでして。

男性ならどれかは「嗜む」ことがあるもんですね。
特に低所得者層は何らかの罠に嵌まってる人が多いもんです。
金も無い、地位もない、未来もない・・常時どれだけのストレスか考えてみてください。

だからといって清貧を期待しても無理なんです。
そういうこと含めて受け入れてあげないと始まらない。
そういう人たちに「ああだこうだ」言ってたら「うっせ~よ」って離れてくだけですからね。
自覚を持って立ち直るよう、出来ることを援助して見守るしかないのです。

あ、全部私がやってるわけじゃないですよw
あくまでも一般論です。

問題

問題は普通に働いてる人がパチンコやろうが
競馬やろうが自分で汗水垂らして働いた金だからいいの!
何に使おうが勝手。
でも他人の汗水流した金、生保の血税をパチンコとかに使うのは問題ありますよ。

いやあ

それもちょっと傲慢な視点じゃないかと思いますね。
働いてる人だって様々相互に多くの援助を受けてるのが社会なわけでしょ。いい時もあれば落ち込むときもある、それが浮き沈みの人生ってもんでしょ。
みなお互い様ですよ。

現実嵌まってるものをセーブさせるのは凄く難しいですよ、
アドバイスできるにこしたことないけど、かなりデリケートな問題ですよ。

(波乱の人生経験者談)

アシスト付き自転車は漕がないと進まない

>パチンコ~テレビでは意味がないように思えた。

被支援者にとって、本当に必要なものは物理的なものなんだろうか?という疑問はいつもあった。

転んだ人に手をさしのべてあげることは必要かもしれない。けれど起き上がった後、つっかい棒によりかかったカカシみたいになっていないだろうか?自立しようと努力しない状態では支えるほうとしても、ものすごくたいへんだ。普通じゃない勢いでどんどん悪いほうへ転がっていくパターンは、とことん依存に傾いて自立を放棄してるからなのかもしれない。

低目でも一定の生活を維持できるような人は、アシスト付きであってもある程度自立しているように思える。低俗な娯楽でも、身を滅ぼさない程度に嗜んでいるのは、よく自制していて、それが世の中では普通のレベル。

根本的には、刹那的で物質的なものにしか目が行かない価値観に浸かっていれば、どうしても抜け出せないのでは?昔はならず者であっても信心深かったとか、そういう表現もあったから、世の中全体のレベルが底上げされないと解消されないのかもしれない。

>自立しようと努力しない状態では支えるほうとしても、ものすごくたいへんだ。

自分自身、支援、奉仕というものを根本から考え直させられることもあった。

いろんな自助努力を放棄してしまって丸投げサポートを初めから当然のように期待したり、自分で少しも問題解決しようとしない。自分のことなのに当事者意識がまったくない。

なんで?
自分がそうなるように対応してきたに過ぎなかった。

支援、奉仕、救援だと思ってやっていたことが、言葉は悪いけどダメ人間製造業にしかならないと気づいたこともあった。自分は人を甘やかしてダメにする能力だけは長けてたのかも。

個人には自立を、組織には自律を促すことが、本当の意味での支援じゃないかと。ずっと手とり足とりだと、支援といっても絶対にスケールアップできない。もっと自律分散的にスケールアウトする仕組みが必要だと思った。

国策

結局、国としては生活保護もいいけど、もっと地に足の付いた敷居の低い就労対策とギリギリな人が生きていけるとりあえずの生活場所の確保なんですよね。
最低限の生活でさえ出来ない状況、どうやって這い上がれというのかってことです。

それがなってないから自殺者は増える一方ってことです。
民間の意識もただただ非難して忌み嫌うだけで冷た過ぎるという。

社会に於いて底辺の人は必ず一定数発生するものだ、という前提で行かないとダメなんです。
「あってはならない」なんてこと言ってるから何も進まない。

同様に、教団に於いても修行が進めばカルマが噴出して病気になったり当たり前にだらしなくなったりする。こういう現象は当たり前のことなんです。ある意味修行が進んだ結果(一時的)であるともいえる。

そこを経験しないと(受容しないと)前に進めない。

自立を自覚できるようになることを画策してあげる以前に(高度)、まず存在を認めてあげることですね。今は臭い物に蓋でもするかのように、排除することだけを考えてるようにも見える。

ホームレスは炊き出しで飯が食えると思ってるからホームレスのまま

在留資格認定53人 中国人生活保護大量申請、受給目的入国は否定
2010.7.7 08:29

 大阪市西区に住む中国・福建省出身の姉妹の親族とされる中国人48人が入国直後、市に生活保護の受給を申請した問題で、親族として在留資格が認められたのは53人に上ることが6日、資格申請にかかわった空野佳弘弁護士(大阪弁護士会)への取材でわかった。現在市内に居住していない5人は東京方面で生活しており、ほかに姉妹のきょうだい数人も福建省からの来日を希望しているという。

 空野弁護士によると、53人を日本に呼び寄せたのは79歳と78歳の姉妹とその兄(82)。母親は福岡県出身で昭和元(1926)年に中国人の夫と福建省に渡り、5男5女をもうけた。姉妹の兄と母親は平成9年に帰国したが、日本国籍取得の申し立てが却下され、まもなく母親は死亡。兄は強制送還された。

 ところが兄と姉妹の3人が20年11月、DNA鑑定で福岡のおばとの血縁関係が認められ、日本国籍を取得した。3人の実子10人や配偶者、孫ら53人が昨年1~2月に入国を申請して今年3月に在留資格が認定され、入国期限の6月までに次々と来日したという。

 53人を扶養する身元引受人が入国申請時に用意されたが、入国後扶養せず、今回の生活保護の大量申請につながった。「身元引受人に扶養の意思があったのか疑わしい」という市の指摘を受けて、大阪入国管理局が在留資格の再調査を実施している。

 空野弁護士は「身元引受人は同郷出身の複数の中国人で、半ば形式的な面があったと思う。親族も日本で働く意思があったが、経済状況などが変わり、入国後に知った生活保護を申請した。これほど大量に申請したのは意外だった」と、生活保護受給目的の入国との見方を否定した。

オンフ板から

Message#36255 2010年7月7日(水)12時26分
From: てんさいくん 返事 削除 変更
上祐が集金に必死w
オウム真理教(ひかりの輪派)・上祐史浩オフ会開催決定! [オウム・カルト]

ちわ。
風邪でついにノックダウン。咳が日曜日からひどいんです。で、本日はサボリーマンしてます。
週刊誌等、マスコミの皆様に朗報。
あの上祐史浩さん(毒ガス殺人集団元幹部)が、一般向けに、オフ会を行うそうです。mixiで必死に宣伝しております。日時は7/11(日)。一般施設での懇親会(オフ会)なんだそうです。
でも、7月11日じゃ、みんな、開票速報に首ったけだよね。案外、マスコミが動けない・それどころでない「この日」を狙ってやったのかもね。だったらさすがマイトレーヤ正大師。ただの馬鹿じゃん。
秘密にしてあげたいけれど、何回マイミク申請しても梨の礫だから、優しくしてあげないもんっ!
どうせ俺は呼ばれないんだし、一方なんちゃら映画監督ライクなオウムシンパならば呼ぶ魂胆なんだし。
なお、「懇談会・懇親会として、互いに対して友好的な意図を持った人の集まりを目的としておりますので、取材や敵対的な意図をお持ちの方には、ご遠慮いただかざるを得ませんので、あらかじめご了解ください。」だそうなので、関係者各位は、頑張ってうまく忍びこんで、写真を撮りまくって、FRIDAY等の紙面を盛り上げてください。

一般施設での懇親会(オフ会)のお知らせ 2010年07月06日20:22

 いささか急な話となりまして、申し訳ありませんが、7月11日(日)の午後1時から、都心の一般施設の会議室で、私とミクシィで知り合った皆さんとの懇談会・懇親会(いわるるオフ会)を行いたいと思います。

 このように急なお話となってしまいましたのは、当初は、同日に、ひかりの輪の道場でイベントを行う予定にしており、その参加を呼びかけをしばらく前に始めておりましたところ、一般の施設ならば行きやすい、というご意見を複数の方からいただき、より多くの方にご参加いただけるように、場所と内容を変更させていただいためで、その点ご理解いただき、ご容赦いただければと思います。

 前から、一般施設でのオフ会のご希望をいただきながら、忙しさにかまけて(という口実で)、ミクシィのオフ会を行なうのは、なんと、これが人生初体験となります。オフ会に慣れていらっしゃる方、初めての方も、揃って、お気軽にご参加いただければと思います。

 内容としましては、まず、一般の方でも分かる、日常生活に役立つ大乗仏教の智恵に関して、わかりやすいお話を多少させていただいた上で、参加者の皆さんの間でのフリートークなど、自由な時間としたいと思います。場所も、お越しになりやすいように、都心の駅からすぐのところにしましたので、お気軽に、ご参加いただければと思います。

 なお、お話の合間には、リフレッシュのために、どなたでもできる簡単なヨーガの体操・呼吸法などをお教えすることも考えております。また、会議室は夕方までですが、その後、希望者の方が多ければ、近くのファミレスで、2次会を行う可能性もあります(そういうもんだと、オフ会に慣れた方から聞いただけですが)。

 なお、場所・日時の詳細は、ご参加が決まった方に、改めてお知らせしたいと思いますので、ご希望の方は、なるべく早めに、オフ会の幹事の細川美香さんに、お返事いただければと思います。細川さんも、私のマイミクで、以下のページで連絡が取れます。

 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10324646

 また、これは、懇談会・懇親会として、互いに対して友好的な意図を持った人の集まりを目的としておりますので、取材や敵対的な意図をお持ちの方には、ご遠慮いただかざるを得ませんので、あらかじめご了解ください。

新人類 2010年07月07日 09:01
7/11じゃ選挙開票速報。人が集まりにくいと思うけれど。あるいは、その日を狙ってるのかな。いずれにせよ、宣伝してあげます(笑)。

上祐 史浩 2010年07月07日 10:34
 私も朝,選挙に行きまして、オフ会に行く予定です。
 服装は未定で、少なくとも、ファミレスにも合ういでたちで。


ずいぶんひねくれた宣伝だね

残忍な自己責任論=弱い者虐め

働く意思の希薄な人がドンドン増えているのは事実ですが、働く意欲どころかまともに働ける状況をなくされてるのがこの社会の現実ですしね。

底辺に落ちたのは自分らが悪いから、だらしがないからと揶揄するのを多く聞きますが、その人らは自分の今の安定を得た道程の上に多くの弱者の犠牲があったことを見ないようにしている、気がつきたくない。

その潜在意識下からくる後ろめたさがそういう層に対して「働けよ」「自分が悪いんだろ」と罵倒するような近頃の酷で短絡的な論調を生み出してるような気もするんですね。

まるで日本中で「自分は悪くない」病が蔓延しているかのように。

底辺の中でも酷く過酷な職場の状況です↓
http://logsoku.com/thread/namidame.2ch.net/dame/1253238224/

中小企業や商店が潰されチェーン店や大手系列企業にしか働き口が無い、その雇用形態も派遣ばかりで中間でボッタクリ、安い賃金で労働内容は過酷を極める物ばかり。
まさに弱者を食い物にする資本主義の末路ですね。

誰が悪いんですか?
誰でもない、みんなが悪い。

教団に対しても同じ。
みんなに責任がある。

私がここでずっと言い続けてることです。

で、私も自責の念から無い頭振り絞って頑張って書いてるんです。

大丈夫っす

自責っていっても酷い自己嫌悪には陥ってないから大丈夫ですよ、ただ誰の中にも同様な汚れがあるのだから、傲慢にならないように自分のなかにも確実に莫大な物があると認めていたいだけです。そして皆さんにも語りかけ問いかけ続けます。

まぁあんまり責任とか悪いとかいう表層的概念は使いたくないんですが、便宜上単純化のために使ってる訳です。

基本的には仏教的な見方、全ての汚れは盲目的錯覚によることで、結局仕方が無かったことなんだ、という優しい視点が好きですね。始まりの当初からそういうものが仕込まれてたわけで=根本煩悩。

じゃあそんな酷いこの宇宙のドラマの目的は何なんでしょう、ということがよりずっと重要な最後の命題ですね。

うわぁ

素晴らしい♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/465-e82b0b9b

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad