元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 小生が鳩山氏に同情を寄せるのは、他でもなくオウム・アレフでの経験にも起因する。重責を負うトップの立場と、単に上の指示に従うだけで責任感のない人たちとのギャップを痛感してきた。

 理想を掲げる宗教であれ、国政であれ、会社運営であれ、何であれ、奇麗事だけでは物事は進まない。理想とかけ離れたどろどろした現実。その中にどっぷり浸からなければやっていけないこともある。

 丁度アレフが足立区に1億の物件を購入したというから、題材にしよう。この話はひょっとしたら既出かもしれないが、検索しても出てこないので、重複覚悟で出します。

 2006年の中頃、私は経理の上田君に物件購入を持ちかけたことがある。物件の契約更新をするより、長期的にはそちらの方が安上がりになる、というのが理由だった。彼は、「みんなと検討して回答します」と答えた。

 その当時、上祐氏らの一派とアレフ本体とは、決裂が確定状態だった。しかし、私と上田君他の現アレフ執行部との亀裂は、まだ確定的なものではなかった。当時私も、この数年後にアレフを除名されることはおろか、翌年アレフ代表に就任して上田君達と対立することになろうなど、考えもしなかった。そのままアレフにいる前提で、アレフ全体を慮っての物件購入の勧めだった。

 5日程経って、上田君から返信が来た。その内容とは、

 「物件は(サマナの)来世の重荷となる」

 そんな短い言葉だった。要するに、来世には持っていけないものだし、逆に転生が悪くなるから必要ない、という回答だ。

 私は直感的に、「これは麻原妻の回答だ」と思った。これはそれまでの麻原妻とのメールやりとり・文章の特徴からして推測したもので、あくまで個人的推測に過ぎない。上田君他の師連中が正悟師の見解を否定するにしても、来世のことを絡めた法則でここまで単純明快な言葉でひっくり返すとは考えられない。まああくまで推測だが、以下では麻原妻の言葉だという前提で記事を進める。

 この2006年当時、私は既に現在も支援を続けてくれている元信者の預かり金をどう使うかを考えていた。よって私の提案が通っていれば、その元信者の預かり金を出すつもりだった。結果的にこの時物件は購入されず、その元信者の預かり金は現在のホームレス支援の物件に変わっている。この点提案却下は感謝すべきだったかもしれない。

 あれから4年、アレフは1億もの金で「来世の重荷」を背負ったことになる。上田君はお金を預かる立場で、なおかつ責任を取ってくれる上もいなくなったが故に、現実的判断に修正したのだと思う。換言すれば、「物件は来世の重荷」は、来世どころか今生の衣食住すら責任を持たない麻原一家の横槍。私へのあてつけに過ぎなかったのかもしれないし。

 アレフのグルイズム自体が、グルへの依存により思考力・判断力・責任能力(法律用語でチト違うが…)・職務遂行能力を低下させてしまう。現執行部も5月に共同幹事が交代したはずだが、それすら出していない。出しているページも、グーグルその他で自分たちの氏名が検索対象にならないようにと、名前を画像ファイルにする小心さである(その後この画像ファイルすら削除となった)。


 彼らにとっては、偉大なる完全なる絶対なるグル以外は、全て「その他大勢」に過ぎない。責任など求められても、取れないし取りたくもない。しかし現実に上に誰もいなくなると、自ら判断をして責任を取らざるを得なくなる。鳩山氏の普天間問題修正ではないが、その辺は上田君も多少分かったのかもしれない。

 ところで今回のお題は、「歴史の終焉」。これはアメリカの政治経済学者フランシス・フクヤマ氏による著書「The End of History and the Last Man」から取ったもの。三笠書房の翻訳版タイトルは、「歴史の終わり」である。私は、フクヤマ氏とは違う意味で、「歴史の終わりだね」と考えている。勿論、資本主義についてであるが、民主主義もそういえるかもしれない。

(つづく)

コメント


トップを曖昧にして責任感のない組織ってどうなってしまうんだろうなぁ?

土曜は、たまたま最近入信したっぽい?大学生?の男性がお友達を導いているところに遭遇してしまいました。 
道場から10キロ圏内でしたし(電車内でした)話の内容がアレフっぽい
かなぁと思いました。 

信者らしき男性   テトリスを毎日する日々なんて無常さを感じないか?
            修行によって熱が上がるんだぜ!
            これから暑くなるし涼しいところだから行こうぜ!

信者らしき男性の友達       宗教はヤダ

信者らしき男性      宗教とか何が違うんだよ。お前ってそんな奴だったのかよ。

こんな会話でした。  
一駅分彼らと同乗して降りた駅は同じでしたが彼らは北口わたしは南口でした。
わたしはその後仕事でしたので寸分の会話を聴いただけで終りましたが
その後仕事がなくてタイミングよければそれってアレフ?とか聞いて見たかったような…。

本当にどんな教団になっていくのかな?

最近のわたしの経験としては4月半ばから最近までわりと頻繁にキリスト教の60代?の女性が部屋のチャイムを鳴らしてきます。(木造アパートだし他の部屋の人にも響いて迷惑なのでやめて欲しいです)
それ以前から来てましたが断っているのでそれ以降はずっと無視している
のですが、どの宗教も救済は必死なんですよね。
自分の宗教に夢中になりすぎて相手のことを考えることが出来なくなるのは
やはり困るなぁと思いました。 
相手のことを考えるという意味も宗教の視点と一般生活からの視点では全く別のもの
ですからね。


運営委員会

> 自分たちの氏名が検索対象にならないようにと、
> 名前を画像ファイルにする小心さである。

では、わたしが名前を列挙しておきまする。


運営委員会  2009年5月20日就任
            (↑2010年5月20日の間違いでは?)

共同幹事   
・松下孝寿  ヴァジラハーサ師
・田中和利  ダンマサヴァ師
副幹事
・並木清貴  ソーパーカ師
委員
・鈴木一弘  バッタジ師
・上田竜也  アヌーパマ師
・松葉裕子  スッカー師


これで、google検索やYahoo!検索でもすれば引っかかるんでしょうかね。
でも、「松下孝寿」で検索したら、
2ちゃんとか他のサイトが引っかかっていましたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1億の物件を購入するって、そんなお金があるなら、何で賠償の方に回さないんですかね。

国が賠償金を立て替えているんですから、国に賠償しなければならないんじゃないでしょうか?

それとも、アーレフはもう賠償金を払うのをやめたんでしょうかね?

以下について、先方に伝えておきました。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

* | 201006-06 22:34:10 |
* #
*
* [ 編集 ]

>「物件は(サマナの)来世の重荷となる」

静岡や山梨県にあった、オウムの物件(なんとかサティアン)は、来世の重荷。

そうだろうな。あれだけ人を殺しておれば。

ご冥福を祈る。

そういえば、サティアンでマンジュシュリー(故村井)が子供の霊の除霊をしたという話を読んだことがある。
彼は既婚者だったから、殺された龍彦ちゃんなど、案外いろいろ心にひっかっかるものがあって、そのような幻影に遭遇したのかもしれない。


松本家は、舎弟のT・Aさんの購入したマンションに住んでいるそうだから、アレプー(Aleph)側でも方針転換があったのだろう。


>1億の物件を購入するって、そんなお金があるなら、何で賠償の方に回さないんですかね。

1億の住宅ローンを組んだのか、1億の現金を前払いしたのかはわからないが、これから何億と火星で賠償を払う計画があるのかもしれない。

地元協議会もできることだし、これからの報道が注目される。

民族思想の行方

今の資本主義に問題点ありとすれば
人心の赴くところと資本の赴くところのギャップが開いて、結果世界残酷の21世紀になってしまった。
本来資本主義といえども政治的管理が改定され、変更されるべきなのに、それを省略するから
適切なブレーキ、適切なアクセルにならないで、激しい混乱を巻き起こしている。運転手が下手なので大勢がひどい目にあっているのだ。
これに答えのヒントを出すべき人間たちがオウムのような組織に駆り集められてあらぬ方向にエネルギーを発散させられた。 でしょ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一個上

はい

野田さんが教団のトップでいた時期、野田さんの存在さえ拝見することができない状況でしたが、いろいろな責任を考えて行動しようとしていたことやそれを遮られたことはとても
大変だったと思います。 本当にお疲れ様でした。

野田さんの本「革命か戦争か」の第9章 資本主義と空の教え はとても重要なお話
だと思います。  わたしの信徒時代はグル崇拝と導きモードの教団にとっては光の部分
と相反し影の部分の役割を続けていたと思います。 ついていけない心は次第に身体の
変調にもきたして体調を崩してしんどかったです。
辞めてから5ヶ月くらいはひとりで静かにしていましたが、心の中に蓄積されたストレス
はマグマとなっていたのだと思います。 

 このブログを通して野田さんに関わりこれまでの自分の心に作った深い闇を補おうとするかのようにいつしか野田さんに対して欲求する心が強くなっていたと思います。 
それによってご迷惑をお掛けしたことはお詫び致します。  
申し訳ありませんでした。
心の中の葛藤は長かったですがようやく抜けられたと思います。

野田さんが行動されているのでわたしは助かりました。
ありがとうございます。
これからもご活躍頑張って下さい。

商売あがったりのようですがそれでも賠償もされていますしお体に気をつけて頑張って下さい。

どんな立場の方でもこのブログをきっかけに次の一歩を踏み出せるようなものとして
継続して頂ければいいなぁと思います。

気づき

#o/PXu/q6さんは逃げ場のない深い苦しみの中で、涙とともに大切な気づきを得たんじゃないかと推察します。

それが凄く得がたいものなんでしょうね。
それを元に、不要なタブーを乗り越え、多くが同じように吐露してけば少しずつでも変るかな~と思う。
そのために野田さんは極大なショック療法からやってみたのだしw

ただしここで野田さんを闇雲に妄信するのもまた愚ですよww
野田さんはそういうの好かないんじゃないかな。
分別しながら確かめつつ、認められる点だけ信頼してけばいいんじゃないかな。

あ、私も少し「こうあるべき」「ああした方がいい」が強いか・・
とにかくね、ほんとは簡単なことなんじゃないかなと。
仏教のエッセンスの大切なポイント、幼稚園で教わるようなこと。

「みんな仲良くしましょう♪」

>>そのために野田さんは極大なショック療法からやってみたのだしw

いや本当にすごい治療法でした。。(笑)

>>ただしここで野田さんを闇雲に妄信するのもまた愚ですよww

盲信するつもりはないですよ。。
ここで会話してるだけですから思考が盲信モードで危なくない?と思ったら
盲信注意報出していただければと思います。。

>>「みんな仲良くしましょう♪」

とても必要なことですね。 
幼稚園で教わる基本ですら実践するのが難しかったりしますね。

人の苦しみの数を多く知って寛容に受け入れるこころを作りたいと思います。
一つの課題にしたいと思います。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/456-d382efc0

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad