元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
革命か戦争

 末尾添付の記事を見ると、鳩山さんの「最低でも県外」発言の全文は以下の通り。

「最低でも、県外移設に皆さんが気持ちを一つにされているなら、我々としても積極的に行動しないといけない」

 ま、私としては、鳩山さんもそれなりに積極的に行動したようにも受け止めますが。参院議席数確保、社民党と連立維持する理由から、辺野古案に簡単に戻れなかったのはわかります。辺野古案に戻ったのをみんなで攻めるけれども、(ごく一部の閣僚を除いて)他の誰も具体で詳細な代替案を提示して動いたわけではない。

 現実的には衆院も解散しないだろうからありえないけど、福島みずほ氏他、今鳩山さんをボロクソ言っている人に首相になってもらって、この問題を責任持って対応してみて欲しいと個人的に考えます。

 米軍に沖縄から撤退してもらうとしたら、安全保障問題から日米関係、更には近隣外交含めて根底から考え直さなければならない。恐らく鳩山さんもその思考過程をある程度辿ったと思われます。しかしそれを具体的に取材して取り上げるマスコミはほとんどない。そんな個別専門的で難しい話は、誰も読まないし面白くない。それより先を争ってトップをこき下ろした方が、大衆受けする。

 事態がうまく進展しない、景気もよくならない。これをトップのせいにしてこき下ろすのは、多少の憂さ晴らしにはなるでしょう。そこに一般大衆が流れるのは仕方ないとして、それにマスコミや他の政治家も迎合してトップを攻撃する。そうやって一緒に憂さ晴らしをして、一般大衆の側に立つように見せかける。確かに視聴率・発行部数あるいは得票確保など、人気取りをするにはいいでしょう。しかしその結果として、誰も責任を取らない・取れない体制が続いている。これを衆愚政治といわずになんというのか。

 ここ4年で4人も首相が代わった。安倍さん、福田さん、麻生さん、鳩山さん。平成になってからの22年で、16人首相が代わっている(中には志半ばにして亡くなられた方もおりますが)。「誰がやってもダメ」と薄々気付きはじめている人も少なくない。

 結局主権者である国民の権利主張が強過ぎで、どうにもならないでしょう。これは経済の話にすると、もっと分かりやすい。

 今の資本主義システムは、銀行の信用創造機能に重要なポイントがある。銀行に預けたお金をどこかに貸し出してお金を回していくのだ。当然、貸し出されたお金が、人の役に立って利益を生むのが前提だ。利益を生みそうな話だからお金を貸して、その利益から返してもらう。

 サブプライム・リーマンショックで判明した問題を換言すると、「自分はお金は沢山使いたいが、人から借りたお金は返したくない」という人間のエゴである。それで貸し出した銀行が潰れそうになったから、仕方なく国家がそのリスクを肩代わりしている。日本を含めて先進国の財政赤字は急激に膨れ上がりつつある。今はその国家レベルのリスクが、ギリシャ等で噴出しているレベル。

 「お金は俺のもの、借金は他人のもの」

 つけまわされて膨大になった借金をチャラにするには、ハイパーインフレか戦争しかない。

(つづく)

-----------------------------


沖縄県民「翻弄された、辞任は職務放棄で卑劣」

6月3日9時3分配信 読売新聞
沖縄県民「翻弄された、辞任は職務放棄で卑劣」
拡大写真
民主党両院議員総会で菅副総理と言葉を交わす鳩山首相(2日、国会で)=米山要撮影
 鳩山由紀夫首相(63)と小沢一郎・民主党幹事長(68)。

 民主党の2人のトップが2日、ともに辞任することになった。それぞれの秘書や元秘書が逮捕・起訴された「政治とカネ」の問題と、米軍普天間飛行場の移設問題……。首相は辞任の理由として、この二つを挙げ、特に沖縄県民には「ご迷惑をおかけしている」と謝罪した。これを地元・沖縄の人々は、どう受け止めたのか。そもそも首相は、どんな経緯で普天間飛行場の移設先を「最低でも県外」と発言したのか。

 鳩山政権が、米国との共同声明で、普天間飛行場の移設先として挙げた沖縄県名護市「辺野古」地区。

 2日、10キロほど離れた市街地に住む保育士の宮城泉さん(37)は車で職場に向かう途中、ラジオで首相の辞任表明を知った。

 自公政権が移設先を「辺野古」と決めた経緯を見て覆すのは困難だと思っていた宮城さんも、「最低でも県外」という首相の言葉には期待をかけていた。その分、再び「辺野古」となったことへの落胆は大きく、辞任表明には、怒りがさらに増すのを感じた。

 「市民を翻弄(ほんろう)した責任を果たすことなく辞任するのは職務放棄で、卑劣な行為ではないのか」。宮城さんの言葉は厳しかった。

 「最低でも、県外移設に皆さんが気持ちを一つにされているなら、我々としても積極的に行動しないといけない」。首相が沖縄でそう発言したのは、衆院選まで1か月余に迫った昨年7月19日。新人として沖縄3区に名乗りを上げていた玉城デニー衆院議員(50)の応援演説の場だった。

 この会場に向かうワンボックスカーの車中で、首相は、隣に座る党県連の幹部から話しかけられていた。

 「基地問題のことを話してもらえないでしょうか」

 玉城議員の地元には名護市も含まれている。「民主党が政権に就いても辺野古移設を容認するのではないか」。当時、地元にはそんな疑念が広がり、この県連幹部は、首相に疑念を払拭(ふっしょく)してもらいたいと思っていた。

 「そうだなぁー」。首相は、拍子抜けするほどあっさり携帯電話を取り出し、「どこまでなら話してもいい?」と党の政策担当者と相談を始めたという。

 「最低でも県外」と発言したのは、それからわずか約1時間後のことだった。

 「あの時の言葉があまりに明確だっただけに、沖縄に不満や落胆が一層、広がってしまった」。迷走する普天間問題に、そう話していた玉城議員は、この日の首相の辞任表明を受けて嘆いた。「首相が退陣しても県外移設を求める民意は何も変わっていない。この問題の根本的な解決なしに、安定した政権運営は不可能だろう」

コメント


ここでの野田さんの記事や会社での出来事その他で感じたことは、それぞれの立場で批判は簡単にできますが、個人としての役割の中で責任を持った行ないが出来るかどうかは重要なことだと思います。
 
 他に委ねたり指示待ちをしたり批判するだけでなく
それぞれがモチベーションを持ち責任ある精神を身につけることが現代の人間には
必要なのかと思いました。

わたしもそういった意識を持っていたいと思います。
智慧ある精神を目指したいものです。
志しだけは高いですが行動が伴っていけるように日々努力のみです。

野田さんのブログによって自分を見直す点が発見出来るのでこれからも読ませていただきます。

>平成になってからの22年で、16人首相が代わっている。

16人も代わってないように思うのですが・・・。

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/souri/heisei.html

平成の首相 16人

ポッポさんの次まで入れるということか?

ああ、違いますね。  

ポッポさんの次の次まで予測?

たいしてお金ないのでハイパーインフレになったらどうなるかはポカーンという感じですが。
戦争は困りますよ。   (ハイパーインフレによって仕事がなくなったらそりゃ困ります。)
少なくても暮らしていけるお金があるのとないのとでは大きな違いですから。

16人

竹下さんも平成の総理、鳩山、菅で16人かな
テレビの受け売りです。定義しなおして訂正してもいいですが、コロコロ変わるって事です。

末梢的なことをわざわざとりあげて・・・
とのださんは思われたかもしれませんが、
いわゆる社会科学系のご本を上梓なされた
のださんですので、
こういったことは、小さなことだからこそ、
むしろ、誤解ないように記されないと、
信用を、意味もなく、下げることになりはしないかとの
老婆心でした。
他意はあんまりありません。

さて、実は、
京都支部長をなさっていた頃ののださんと
何度か私はお話したことがあります。
教祖に対しての信を、予言がはずれたことを主因として、
のださんはなくされたと
どこかで書かれていらっしゃいましたが、とはいえ、
何だかんだで、オウム幹部を長くやってこられたのだ様の
現在思うところの「宗教観」
(政治観でも現代社会論でもなく)
をうかがえたら・・・・とは思っております。

たとえば・・・
個人として、オウムの修行のどこを是とし、どこを非とするか、
一部肯定あるいは完全否定するならば、その根拠はなにか、
ーーそういったことが記されている文章がありましたら、
あるいは、
ネットでたとえば公開されてるものが
ましたら、指示してくだされば幸甚です。

>ネットでたとえば公開されてるものが
ましたら、指示してくだされば幸甚です。


ネットでたとえば公開されてるものが
ありましたら、指示してくだされば幸甚です。

打ち間違いでした。訂正いたします。
失礼いたしました。




>「宗教観」
>一部肯定あるいは完全否定するならば、その根拠はなにか、

要約すると、オウムの教義で
「本質が空であるところ、概念を固定化してしまうところ」は間違いとなります。しかし一般的に教義は文字として概念化しないわけには行きません。どの宗教もこの罠に嵌っています。単にオウムは強烈にやりすぎたに過ぎません。この問題についても、ここでどのように説明を試みようとも、「概念化」してしまったものしか提供できませんから、これ以上はご容赦下さい。

「革命か戦争か」の九章をお読み頂ければ幸いです。


あー竹下さんも平成の首相だったんだ。

西暦だと1989年
1月7日までが昭和64年  1月8日から平成元年
当時小渕官房長官が新元号「平成」を記者発表したんだった。

竹下さん74代総理の歴任期は1987年11月6日~1989年6月3日まで
とウィキに書かれてたので時代の変わり目の首相だったんですね。

現在平成22年  
平成生まれの人達が成人してきてる程月日が経ってるわ。
当時バリバリのオウムだった元さんたちもたくさんいますね。
それぞれの人生を今では歩んでいますがそれと引き換えに
今後も平成生まれの人達がアレフに入会していくんでしょうかね?
バブルの時代も不況の時代も人間の心の渇きは同じなのかな?
若者は精神世界を求めたくなるんだろうな…。

でも野田さんのおっしゃるように若者達には一つの概念に固定化されたものでなく多様な面から学んでいくことを願いたいです。

わたしは年はいってますがまだまだ勉強中の身です。(生涯ね)

http://twitter.com/DalaiLama/status/15478252732
I believe that we are fundamentally the same and have the same basic potential.
@DalaiLama 私たちは根本的には同じであり、基本的に同じ可能性をもっているものであると私は信じている。

ニューヨークタイムズに掲載された記事
Many Faiths, One Truth
信仰はたくさんあるが、真実はひとつ
http://dalailama.com/news/post/540-many-faiths-one-truth

I’m a firm believer in the power of personal contact to bridge differences, so I’ve long been drawn to dialogues with people of other religious outlooks.
私は違ったものをつなぎ合わせるために人がお互いに出会うことの力を信じている。だから私は違った宗教的見識をもった人々との対話を続けている。

The focus on compassion that Merton and I observed in our two religions strikes me as a strong unifying thread among all the major faiths.
Morton氏と私との二つの違った宗教のあいだで、慈悲心に注目したことは、たくさんの信仰をしっかりまとめる糸のようで、私の心を打った。

And these days we need to highlight what unifies us.
近頃は、何が私たちをひとつにするのかについてはっきりさせる必要がある。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/455-9133e097

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad