元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 Sさん滞納の話続き。部屋を移ってもらう説明をしに現地まで行く所から。

 その日もSさんは仕事なので、「7時半くらいに帰宅する」とのこと。一応当方が管理する物件なので、多少の仕事をやりながら待つ。しかし、8時、9時を過ぎても帰ってこない。「まさかこのままバックれるんじゃないだろうね」という疑いも。メールで確認すると、「あと5分位で駅につきますから。」とのこと。苛立ちを抑えつつ「近くのコンビニで待ってます。」と返信する。

 10分超過ぎてやっとSさんが登場する。苛立たしさその他の感情を、立ち退き最後通牒をすることでぶつけてやりたい気持ちもあった。が、現れたSさんの疲れきった顔を見て、それらは全てどこかに吹き飛んでしまった。

Sさん「お待たせしちゃってどうもすいません。」

 Sさんも紛れもなくグローバル「奴隷」資本主義の犠牲者なのだ。とはいうものの、宗教の話ができるわけではない。現実問題として、どうやってお金の問題を解決するか、である。私の立場としては、大家にお金を入れなければならない。この大家も、○千万円の借入でのアパート経営。

わたし「ここの大家も借金がありますし、私も身銭切るわけにも行きませんので、具体的にどうするか考えましょう。今収入はいくらあるっていう話でしたっけ?」

Sさん「いや、一応40万はもらってるんで、そこから20数万返済はあるんです。ですから普通だったら家賃が払えないはずはないんです。」

わたし「今回はどういう事情で?」

Sさん「私と一緒に借金を返しているもう一方のやつが、約束の額を払えないっていうもんで、私が立て替えてるんです。」

わたし「もう一人の人が払わないのをSさんが払わなければいけないんですか?」

Sさん「はい、そういう約束になっているもんで。。」

 これまで断片的には聞いてはいたが、ようやく理解できた。要するに連帯保証というか連帯債務(※)という状態のようだ。この連帯保証・連帯債務で縛られたもの同士は、一方が払えないつけが他方に回ってくる。現代の連座制みたいなものだ。

 前回の記事を読むと、Sさんがかなりいい加減な人に思えたかもしれない。しかし多分、当方に支払うべき家賃を友人に貸したというのは、この連帯債務の支払い肩代わりということだろう。つまり連帯債務の他方がいい加減なので、自分の家賃も充てなければならない。

わたし「破産はできないということでしたが、任意整理とかはできないんですか?減額してもらうとか、あるいは毎月2人でいくらじゃなくて、もう一人の支払額とSさんの支払額それぞれ別々の額で確定してもらうとか。」

Sさん「貸してくれているのが知人なもので、任意整理って訳にはいかないんですよ。額をそれぞれ確定してもらうのは、貸し手が良いっていえばいいんでしょうが。。」

 ところが債務整理関係の仕事をしている知人によると、これはほとんど不可能らしい。確かに金を貸している側からすれば、連帯保証人とか何とか、「金返せ」とせっつく相手が多ければ多いほど、返済可能性が大きくなる。携帯の無料通話分を家族で分け合える方がお得なように、借金も多人数で不足分を分け合って返してもらった方が、債権者にはお得だ。一旦手にしたお得を、そうやすやすと手放すわけがない。

わたし「でも貸し手は知人なんですよね?多少待ってもらうことはできないんですか?」

Sさん「まあできなくはないでしょうが、私も相手が滞納すると随分せっつかれるもんで。。」

わたし「ああ、そうなんですか。じゃあ私も家賃支払いをせっつくと支払っていただけるんですか(笑)。」

Sさん「いやー(汗)」

 多分こちらからの支払い督促を、回数と音量を5倍に上げれば、滞納はなくなるかもしれない。しかしそこまでやるつもりはない。では、どうやって具体的に解決するか?

(つづく)

※連帯債務(れんたいさいむ):数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務である。連帯債務が念頭に置いているのは金銭債務であり、債権者は各債務者に対して債務の全額を請求をすることができる(民法第432条)。

連帯保証(れんたいほしょう):通常の単純保証では、保証人が数人いる場合には各保証人は債権者に対して保証人の数に応じて分割された部分についてのみ債務を負担する(456条・427条)。これを分別の利益という。連帯保証の場合には、この分別の利益がなく、連帯保証人が数人いる場合であっても、各連帯保証人は債権者に対して債務の全額について責任を負わなければならない。

コメント


借金の動機

そもそもどういう理由で借金したのでしょうかね。
連帯保証だと信用と重荷が分散されたような気にはなりますが、片方がトンズラ状態になると一気に負担をかぶることになりますからね。リスク管理という点においては危険ですね。

貸した物は必ず返せよ。そうしないと社会が回らないというのが現代の経済ですね。仏教の布施ベースだとそういう前提はないですね。

貸し、借りの概念があまりにも常識として染み付いてしまって、どうにもならない窮屈な仕組みになってるのでしょうか?物質のような形あるものを至上とする価値観だと、無くなったらどこかから取り戻す。当然だろという枠組み。

そもそも数字で経済を全てコントロールしようとすればするほど嵌ることになるのかな?国家レベルのデフォルトが出たら、そういう意味では敗北宣言になってしまいますね。

失礼します。

以前テレビで見たのは他の国で親の借金の返済のために奴隷のように茶畑で朝から晩まで働いていて、借金が返せない限り代々永遠と続くらしいですが、日本は豊かなようで
娯楽のために借金を抱えたり、しかも本人でなく遊びふけってガンで死んでいった親の借金を背負わされている人もいました。借金地獄の奴隷です。 なんらかの処置手段はあるのではないかと弁護士事務所に相談してみたけれど支払うしかないという人もいました。
    

「滞納している」という時点で、Sさんは、ルームシェアを断る権利はないように思います。
もちろんSさんには、安い方の部屋に入って頂きます。

というか、これからは、「滞納したら、ルームシェア決定」という条件付きで、
入居してもらう形にしては…?
滞納したら即座に玄関の鍵を換えて、入居者を半ば強制的に追い出す手法の逆で、
滞納したら、待っている方に即日入居して頂き、半ば強制的にルームシェアさせる。

ちなみに、うちの近所(関東)に、家賃が1万9千円のアパートあります。

ヴァジラティクシュナーの欠点は何だと。これは自己の苦しみには強いんだけど、他人の苦しみにどーんと没入していくタイプではないと。よって、ニルヴァーナという段階には入れるかもしれない〈から、〉けどもマハー・ニルヴァーナという、つまり大乗の道を提起したときに、どこまで耐えるかというのは疑問である。なあ、ヴァジラティクシュナー。

Sさんの話が本当なSさんはやく訴える手段をとればいいと思いますが、貸し手元が危険すぎる人なのかな?   

オウム早川被告、死刑確定へ=弁護士一家殺害など7事件-教団で6人目・最高裁

7月17日15時9分配信 時事通信

 坂本弁護士一家殺害など7事件で殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされたオウム真理教元幹部早川紀代秀被告(60)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は17日、被告側上告を棄却した。死刑が確定する。

 教団の一連の事件で死刑が確定するのは、元教団代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(54)らに続き6人目。ほかに元幹部の井上嘉浩(39)、新実智光(45)両被告ら7人が二審で死刑とされ、最高裁に上告している。 


日本人平均寿命、また延びた 女性は世界一をキープ

http://www.asahi.com/national/update/0716/TKY200907160305.html


サマナの平均年齢は男性40代前半、女性40代後半
不衛生で劣悪な生活をしているから平均寿命までとても生きれないけど
60歳までは何とか生きれるとして、あと15年以上どう考えても教団が維持できるとは思えない
たとえ教団が存続してもまともな介護や生活環境は期待できない
現在でも手がかかる人は捨てられたりしている

今日のことばかりでなく10年後や20年後のことを考えて
来生のことを考えているから大丈夫というけど、具体的にどこに転生できるかわかっているんですか
明日のことを考えられない人が来世のことを考えているとはとても信じられない


08年の日本人の平均寿命は男性が79.29歳、女性は86.05歳で、前年をそれぞれ0.10歳、0.06歳上回り、3年連続で過去最高を更新した。厚生労働省によると、女性は24年続けて世界で最も長寿で、男性は4位だった。がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾患による死亡率が下がった影響が、最も大きかった。

 厚労省が16日に発表した「簡易生命表」で分かった。男女の平均寿命は、インフルエンザが流行した05年を除き、00年以降延び続けている。08年がうるう年でなければ死亡率は下がり、男女とも平均寿命は推計でさらに0.03歳長くなっていたという。

 厚労省が把握している海外の最新データと比較すると、男性の平均寿命が最も長いのはアイスランドで79.6歳、スイスと香港が79.4歳で続いた。女性は日本に次ぐ香港が85.5歳、フランスが84.3歳だった。

 日本人が3大疾患により死亡する割合は、男性が約55%、女性が約52%。3大疾患による死亡がなくなったとすると、平均寿命は男性が87.39歳、女性は93.05歳まで延びるという。

高齢化

普通の社会では子供が大きくなって、
年老いた親の面倒を見るけれど、
子供がいない社会では、
年老いていくだけだから、
将来的には教団は高齢化で、
非常に困るということが目に見えている。

有能な人がすごく稼いで、
年老いたサマナを養ってあげたらいいけど、
そこまで経済的に余裕がある人が出てくるかどうか…。
世代的に循環していないコミュニティの弱点ですね。

ただサマナが死ぬ気で修行して、
目に見えるような神通力を身に付けたならば、
解決するかもしれない…。

老後ってあるんですかね

本当の菩薩なら、自分のやることを終えればこの世に留まり続けようとは思わないでしょうね。

老後って生きる意思そのものじゃないですか。そこに何らかの欲求、動機が必ずある。菩薩が生きる意思を失えば、何らかのきっかけで自動的に他界してしまう。

老後という概念すら当てはまらないかもしれない。活動できるうちは老後でない。老いても生きることを求められれば生きる。時期が来れば去る。

菩薩

>本当の菩薩なら、自分のやることを終えれば、
>この世に留まり続けようとは思わないでしょうね

菩薩はすべての魂が救済されるまで、
自分のやるべきことは無くならないのでは?

本当の菩薩であれば、
周りの人に何らかの感動を与えるので、
お布施も集まってきて老後の問題はなくなります。

しかし、菩薩志向ではあるが、
未だ凡夫的な要素が残る中途半端な人は、
人間社会に生きている以上、
じわじわと老後に困窮する可能性大。
ただ日本人なら生活保護をいう最後の砦があるから、
そのレベルで大丈夫なら安心とも言えます。

次へ

>菩薩はすべての魂が救済されるまで、
>自分のやるべきことは無くならないのでは?

この世に留まり続けること=やるべきこと
とは限らないので、状況次第で次に行くかもしれません。
多くの聖者が自分の死期を見極めているようです。

この世界に未練を残しているなら、多少の蓄えや老後の備えも自然とやってるでしょうね。それより人の心の孤独感はずっと深刻に蔓延しているようですが。

でもまぁ、人付き合いがあっても無くても、もともと人は天涯孤独だし、終始向き合う相手は自分の中の存在。もともとそういうもんだと思えば。かえって、どんな人にもまっさらな気持ちで向き合えるってなもんです。

>もともと人は天涯孤独だし

>人付き合いがあっても無くても、
>もともと人は天涯孤独だし、

死ぬときは一人でバルドーに放り出されるわけですからね

ティローパ正悟師

の死刑が確定しました。
来世はこの方はソンシに付いていくのか分からないですけど。
でも、彼は「菩薩」とは思えませんね。

わたしが「菩薩」だと思えたのは、ソンシと上祐氏と猊下方(長男、次男)ぐらいです。
もちろん、
VT正悟師、アッサージ正悟師、・・・・、アーちゃん(3女)、ミラレパ正悟師などは
違います。
でも、サチコさん(4女)は分かりません。

ソンシによると、無色界で何カルパも静止状態を得た後、
如来や完成された「菩薩」のイニシエーションを受けて、初めて成れるそうな。

「菩薩」と呼ばれる存在は多種多様だと思いますね。
昔、「菩薩」についてもアッサージ正悟師と面談したことがありました。

彼によると、三悪趣をのたうちまわっている「菩薩」もいるんだそうです。
まあ、そういう存在をどう捉えるかも、人により多種多様だと思います。

ティローパ正悟師

かなり前だけど、
接見に行ったときは元気そうでした。
数回呼吸法をするだけで気持ちのいい状態になれるそうで、
非常に内面の明るさを感じました。

菩薩か菩薩でないか、それは分らないけれど、
私よりステージが高いことは間違いないと思いました。

それでも、死刑の瞬間は、
多少の恐怖感とか色々あるでしょうが…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/378-8e25f9aa

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad