元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 昨日で1年ちょっとやった仕事を辞めた。年頭から派遣切り・ホームレス支援の方に取り組みたかったので、本当は社長も巻き込んでやろうかと考えていた。しかしどうも奥さんに気に入っていただけなかったようで、それはアウト。社長の方は、私がそちらに軸足を移していくのが分かったから、シフトを外せるような配慮をしてくれた。私は私で、仕事を失った人を社長に紹介した。私の代わりに来た人は、1年ほど仕事をしていなかった人だ。

 私と同じタイミングで若い人が一人辞めることになった。前にも書いたが、会社でゲームばかりしていた男。「風邪を引いて入院した」という話から、ほとんど1ヶ月以上音信不通になった。辞めるにしても余りに無責任。仕事ぶりも似たようなものだったが、社長曰く「最近の若い人は大体そんなもん」。

 結局、金稼ぐためだけの仕事。そういう認識なのだろうか。その背景に信頼関係構築とか、他への奉仕とかが余り感じられない。こういう風潮が広まっている現代で、肝心の通貨システムそのものが崩壊したら、どういう混乱がおこるだろうか。

 支援活動含めた不動産関連は、そこそこ忙しい。まあ通常の仕事の忙しさではなく、定式化できない忙しさなのだが。他に新しい仕事の話も来ている。それはどうなるか分からない。



オウム真理教が提訴 観察処分更新の取消求め
2009.7.8 18:25

 公安審査委員会が団体規制法に基づく観察処分(3年間)の更新決定をしたのは違法として、監察の対象とされたオウム真理教(アレフ)は8日、国に対し、決定の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 団体規制法は「無差別大量殺人行為の首謀者が団体の活動に影響力を有すること」などを観察処分の要件として規定している。平成12年に決定したオウムへの観察処分の更新は15、18、21年の3回行われている。
 オウム側は「(一連の事件の首謀者の)麻原彰晃死刑囚は代表ではなく影響力はない。(オウムから改称した)アレフとオウムは完全に別の団体だ」と主張。団体規制法の観察対象にはあたらないとしている。

 観察処分は、19年に分裂して上祐史浩元代表らが設立したひかりの輪も対象となっている。



 勝てない裁判してでも主張を通す位の金余り。師の退職金30万円也。その割には、出て行く人間の住居からトイレットペーパー回収ですか、変なところせこい。

コメント


尊師、尊師やってる団体が 観察処分更新の取消求め国に対し、決定の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こしたんですか?
相変わらず嘘を塗り固めた団体やね~。

いやなんとも

 尊師という存在を最も清らかな者として目指しているんでしょうね。 周りに対してあいつはいやだ、こいつはいやだと感じたら尊師に意識を集中して自らの穢れを清めなさいってことで、尊師に懇願したら、願望が叶うとか尊師を意識したら徳が積めるようになったとか、そういった世界が綺麗で心地よく感じる人が集う場所でそのような宗教性を重んじて、現在危険性がないから法的に闘っていくという主張なんでしょうかね???   個々がいつまで続くかわからないですが、好きなんでしょうね。 居心地いい
場所があるのかな?その場所を守りたいのでしょうか。。

目指すこと

 「信頼関係の構築」と「他への奉仕」です。

しっかし、こうもまぁいけしゃあしゃあと提訴なんかできるもんだね。
そんな金があるなら、被害者賠償に回せばいいものを!

ヴァジラヤーナを堂々と復活させ、家族も影で絡んでて、麻原崇拝が見え見えな団体が、よくもこんなナメタまね出来るわ。

麻原が死刑になっても一生観察処分など取れないよ、こんなとこ。

自覚ゼロ!


観察処分

を、次回は「ひかりの輪」だけ外しましょうね。>公安審査委員会殿



ひかりの輪の観察処分が外れるのと、資金ショートで潰れるのと、どっちが先かwww

ザワザワした空気

かなり追い込まれてるみたいで。双方。実態として公調サイドがきわどい行動をして教団が抗議、というパターンがずっと続いています。公調も無茶を承知で、勇み足にはちょこっと謝罪したり、教団としても勝てなくても裁判で牽制しないと押し切られるよヤバイよという。

中から見ると、法律の解釈を巡って何でもアリっていうなりふり構わない姿勢がすごいです。どちらも後がないから。
でもこんなときこそ、落ち着け教団といいたいところです。
相手が乱暴しても正面きって対抗してたら現象は悪化するばかり。

法務部門の徹底対決のスタンスは無茶だと思いますよ。それを許容している(意見できない?)教団の雰囲気もあるんでしょうけど。

団体規制法の体制も見直しが進むでしょうね。公調もそろそろ潮時、今はやること全部やり切ってしまいたい時期で。強い薬も副作用ばかりが目立ってきて、何のための処方かわからなくなってくる。
なかなか死なない教団に、もっと強い薬が盛られるかもしれませんけど。

お互い、何のための、何に向かっての対決なのか、モチベーションや目的意識がぐらついてくるでしょうね。エア格闘技やってる気分で。

訴訟を起こすということはそれなりのお金と労力がかかります。
最初から負けるような訴訟は起こせませんし
たとえ勝っても、それなりのメリットがなければしても意味ありません。

アレフは勝てるみこみがあるとみているのでしょうか?


提訴はお得意の「ポーズ」じゃないでしょうかね?
訴訟起こせば、社会が「正しい人たちが悪い人たちに無茶されている」って思ってくれるとでも思ってやってるんでしょうよ?

馬鹿だよな。

立ち入りが入ると、法務系にいる梅〇とかってのがいつもしゃしゃりでてきて、やれ修法物は触るな!だとか、イニシエーションを見ると地獄に落ちるぞ!と、さも「俺は帰依してんだ!」って感じでこれみよがしに公安を脅すんだってよ。

それ見た他のサマナは「バッカじゃねーの、この調子もんが!」って思ってるのに(実はサマナだけじゃなく、さめた目でそれを見てる師もいるそうだ)、そうやっておけば、あのサマナは帰依があるってことで教団では重用されるのが分かってるからやってるようなもんじゃんかって呆れられてるのも知らない。

提訴なんかする前に、反省も謝罪も改善努力もしてないだろ?

観察してもらってまだ犯罪に手を染めないでいられるんだよ。
提訴で文句言うより、感謝だろーよ。









裁判は損ですよ

>アレフは勝てるみこみがあるとみているのでしょうか?

実際、勝ったり負けたりですし、裁判はそんなに平等でもないですし。
法律の解釈に関して、グレーゾーンをはっきりさせようとする意味合いが強いですね。
裁判しなければいけないって所で損失が大きい。小さい団体には負担ですよ。
実際のところは内々に抗議書送って済ませることがほとんどですし。

教団が民事で勝っても賠償額なんてたいしたことない。財力があれば負けたほうも負け得。裁判ってそれも計算のうちなんでしょうね。

上記文面からはわかりませんが、ひかりの輪とアレフが実質同じ団体で、双方連携して云々…という実態とはかけ離れた前提で公調が解釈と行動の根拠としている所に噛み付いているという側面もあるようです。

そこまでしなくても、普通に観察処分更新は出来ると思うんですけどね。
そんなに無茶で難しいことですかね。公調側の大義を掲げることって。もし本当にそうなら、仕切りなおしして再考したほうがいいですよ。

 ヴァジラヤーナが、なぜ結果の道であるといわれるのか。
 わたしたちが修行する目的は何かというと、苦しみの生をできるだけ短くし、喜びの生を増大させると。そして苦しみの生にたとえ存在したとしても、そこでの苦しみを全く〈け、〉関知しないような心の完成、つまり悟りへ至ると。そのための結果、結果を求めて行なう実践がヴァジラヤーナであり、蓄積によって最終的にその結果へ到達する道、これが蓄積の道と呼ばれているヒナヤーナ、あるいはマハーヤーナの見解である。

け!偉そうにヴァジラヤーナの講釈たれてるぜ。

死人を生き返らせることが出来ないぼんくらが、ヴァジラヤーナと称して大きな勘違いの果てにリンチ殺人だの無差別大量殺人だの、殺人未遂事件を大量にやっただけじゃないか。

関わったみなさんは、その結果、心の解放やら真の幸せに到達したのかね?

かっこよさげに聞こえるけどね、結果の道とかペロっと言っちゃうと。

オウムの場合は、そういういいかっこしいのプライド高い馬鹿どもが揃っていたのでこうなったんじゃないんですかね?

V解説

> ヴァジラヤーナが、・・(中略)・・、見解である。

ATA説法集か、V教本の引用かも。

ヴァジラヤーナ解説

 引用でしょうね。。 志しを持っていれば一般生活の中に身を置いて実践できそうですが、いかがでしょうか?
    個人的に見たUさんは(セミナー手伝いで)、ワークをテキパキこなす方でしたね。動きが違うので目立ちました。  宗教者として純粋に修法物を扱う日ごろの心がけが必要だと思われているのかと思われました。  ヴァヤヴィヤも本格的なものでかなりのトゥモをおこしていたので、行者としても真面目に行なってました。   信徒への気配りもできている方でした。  

引用だって、わざわざ今それをここに書くってのは何の効果を期待して書いているのでしょうね。

A派で認められて生き残るにはね、ワークをこなすのは当たり前だし、たいていは任されればちゃんとやりますよ。
人が見てれば余計だし、ワークが出来るってのもステータスですから。

修法物は本当に丁重すぎるほど大事に扱い、グルグルと瞑想もし、修行も一生懸命し、なおかつ、信徒さんの前ではもう見本お手本って感じでやるでしょう。

それがポーズであれなんであれ、師やサマナ、信徒さんの前ではそういう姿を見せることは、とりもなおさず、教団で称賛を受けることなのだから、そこは、はずせない。

しかし、その姿の正味と演技がどうなっているのかは、周辺の良く知る人らの見解もさることながら、本人が胸に手を当ててよーく考えるしかないでしょうけどね。

ただ、強制捜査でもオウマーにでもたくさん持っていかれてばれちゃっている瞑想法とかイニシエーションを見たら地獄行きですよって今更公安をうるさく脅すっていうんだから、そんなもんポーズとしかいいようがないよ。意味無いことは本人もよく知ってることでしょうからねぇ。

それとも、ゲイカに修法しなおしてもらったので、ダメダメ!!ってゴネていた訳か?

家族との関係もごまかしてるし、提訴のこともヴァジラヤーナとかいってかっこつけて自己満足しているようなら、馬鹿じゃない?と言われてもしょうがないっしょ。

お見本

  いやいや、ヴァヤヴィヤもたいてい睡眠時間かわりにやってるように見えてしまうけれど(突っ伏して寝てるように)思い切り汗が吹き出るくらいにやっていたので、そこまでできる人はあまりいないからそれはご本人の日ごろの努力の結果であると思ったわけです。。 
 団体としてみたりそのご家族との関係云々は、なにやってんだか?って思ってしまいますけどね。。 

そうね、行法はめっちゃやるかも人かもね。

「梅ちゃん行者だね」って褒めたら喜ぶんじゃないかなw

破戒がバレて長期に入った時は、そういうステータスが崩れまくったからすっごく悔しがっていってたと評判だったみたいだから、そういうのもまたA派の中で頑張って取り戻している最中なのかもしれないけど、まずは観察処分がなぜかかっているのか、それはそれなりのことをやったからってのを分かってるくせに、立ち入りにきた公安に偉そうにして自己中な正当性を誇示してるっていうのがなんか情けない。

どうせ頑張るなら、自分の中の相矛盾するものとか、かっこうつけている部分とか、ごまかしている所なんかとしっかり対峙して、ちゃんと受け止めて改めるってことに頑張ればいいのにな。
かっこわるい。。。

頭悪い人じゃないって聞くからなおさら残念です。

そこには、その場で暮らしたものでないと分からない複雑な心理状態があると思うけど、梅○みたいなのがA派をまた変えていってほしいくらいなのに、そんな幹事の師連中みたいなことやってるんじゃああつまらん限りですよね。

でも、そうでもしないとA派の中では発言権すらなくなてゆくのでやっかいですな。

Uさんは、ご家族サマ様モードは合わない感じがする。  いいものが壊される感じがする。。

「ひかりの輪」賠償引き受け=被害者側と合意-オウム事件

 オウム真理教(現アレフ)の賠償問題で、教団から脱会した上祐史浩前代表(46)が率いる新団体「ひかりの輪」と「オウム真理教犯罪被害者支援機構」(理事長宇都宮健児弁護士)などは10日までに、ひかりの輪がサリン事件の被害者らに対する教団の賠償債務を引き受けたことを文書で確認した。合意は6日付。

 教団の破産手続きが終結し、破産管財人から債権を引き継いだ同機構がアレフ、ひかりの輪と今後の賠償について交渉を進めていた。

 合意書によると、ひかりの輪は今年分として800万円を支払う努力をし、最低でも300万円以上を弁済する義務を負う。来年以降は協議して額を決める。

 教団に債権を届け出ていなかった被害者も賠償の対象とすることや、機構に対して年2回以上、財務状況を書面で報告することも決まった。

 最終的な賠償額については、一連の事件の被害者に給付金を支給する救済法の手続きが終了した段階で確定させる。 

7月10日12時7分配信 時事通信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000076-jij-soci

そしてグルの指示どおり、――たとえそれが地獄への道であろうともだ――実践する、ということになる。
 ここで一つ、わたしは矛盾してることを言ってるよね。「地獄の道であろうとも」と。じゃなぜ地獄の道のために法則を実践するんだということになる。しかしこの場合は、その魂が、例えば十カルパ、百カルパという、地獄へ至るそのカルマを短くするために、地獄への道を実践させるのである。つまり、十カルパ、百カルパと地獄へ転生するはずの弟子が、もし法則の実践、その法則の実践が地獄へ至る道だとした場合、それは少なくとも千分の一の短きにわたる地獄で救済されるはずである。なぜか。
 これは借金地獄を考えてみたらよくわかる。借金があると。そっから抜け出すために、より一層の悪業を積むと。そしてそっから抜け出せなくなってくると。どんどん。これが一般のパターンである。地獄も同じだ。肉体に対してものすごい苦しみが与えられると。苦しみによって憎しみが生じると。苦しみによって恐怖が生じると。苦しみによって邪悪心が生じると。しかし、この憎しみの状態がもしグルが与えたものであるとするならば、必ず安らぎであるグルが途中で現われ、そこから地獄の要素である憎しみや邪悪心といったものを取り除いてくれると。それによってそこから救済されるのである。
 つまり、ここで重要になってくるのは、「縁」なのである。そしてミラレーパがまさに解脱できたというのは、グルに対する奉仕、そしてグルの妻に対する奉仕、そしてグルの息子に対する奉仕という要素があったからである。
 

やっぱ破防法しかないようですな。

# | 200907-09 19:50:27 |
# #-
# URL
# | 200907-09 22:24:27 |
# #-
# URL
# | 200907-10 06:47:54 |
# #-
# URL
# | 200907-10 08:09:30 |
# #-
# URL
# | 200907-10 08:57:15 |
# #-
# URL
# | 200907-10 13:05:52 |
# #-
# URL
# | 200907-10 14:07:28 |
# #-
# URL
# | 200907-10 14:15:22 |
# #-
# URL
# | 200907-10 16:33:25 |
# #-
# URL
# | 200907-10 18:01:28 |
# #-
# URL

七氏でないななしさんが多いけど、自作自演? ヒマだねえ。
個人批判だか、教団批判だかって、野田さんにとって何の意義がある?
怨恨か?
ヴァジラヤーナの教義を広めるのはA派の人でも今どきやんないよね?
こういうオウマーが一番危ないよ。破防法はオウマーも対象にしなきゃ。

 ここにあげたヴァジラヤーナ説法の抜粋ってよく読むと変だよ。。   でもかっこよくて崇高だと思うのかな??

「肝心の通貨システムそのものが崩壊したら、どういう混乱がおこるだろうか。」 こちらのほうが重大かも。    

梅原さん、破戒で長期だったんだ
てっきり荒木性大師代行と折り合いが悪いから入れさせられたと思っていた

今サンサンにいるメッターダッシン師も破戒で長期->サンサンのパターン?
去年は副幹事まで務めたのに
何で飛ばされたの?
やはり信徒と破戒?

立場を捨てることも

軍人官僚は歴代政権のトップに忠誠を尽くすのが定石でそれが信頼獲得につながりますけどね。クーデター未遂は重罪ですよ。

それでも国が道を誤れば戦犯として同罪なんてこともありましたからね。場合によっては自分の立場と誉を捨てる判断も求められますよ。

いきなり失礼な投稿ですみません

サイトのコメントを拝見してなのですが、どうもオーム真理教に関わったかたは、絶対的なものへの寄りかかり欲求があるような気がしました。
個々の独自の多様な価値観を認めてこなかった事は、長い間の日本社会の制度的な欠陥でもあると考えるのです。
新しく脱皮してゆくようなエネルギーを封殺していた組織でもあったような、。
優秀な脳がそろっていてもこうしたことはおきるのだと。
ブレーンストーミングを理解していないような。
なにか「依存」が目に付く気がします。

いきなり失礼な投稿ですみません。

梅原?だれ?師?

~ 救世主伝説 ~

http://www.youtube.com/watch?v=zYT_gNcOvK4

南と北の宇宙観

「ケツァルを象徴にもつ中央の民よ、北の鷲の民と南のコンドルの民と一緒になれ。われわれは手の5本のように一つであるから会うのである」

http://blog-imgs-32.fc2.com/y/t/a/ytaka2011/condor02.jpg
http://blog-imgs-32.fc2.com/y/t/a/ytaka2011/UKGallops070409Lucy7.jpg

南半球と北半球では、水流の渦、地磁気、天体の運行が逆になる。それを象徴するような「南と北の民」それぞれ逆向きの天文知識があるのだろう。だから本質的に両者を混ぜることは出来ない。
はたして中央の民ケツァルの創造とはいかなるものか。

・ケツァル
http://www.h5.dion.ne.jp/~cadena/quetzal/quetzal.html

・参照
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-133.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/376-a990fa6a

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad