元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 支援活動の対象となるホームレスは、殆どの場合住民票が行方不明。住民票不受理で苦労したサマナでもお分かりかと思うが、住民票がないと色々と困る。自動車運転免許の更新もできないし、健康保険証もなければ、身分証明書もない。身分証明書がなければ、携帯電話も銀行口座も開けない。電話がなければこちらも連絡が着かない。今話題の定額給付金ももらえない。

 しかし支援される側の元ホームレスは、大半が自分で住民票復活の手続きができない。よってこちらで時間を見つけて手伝うことになる。だが、私一人では手が回らない。この運動自体を広げたい意味合いもあって、ボランティアを募集した(現在も募集中)。これまでの実績では、ボランティアのほとんどが元を含めた信徒・サマナ(氷川さん除く)。

 「このままでは第三オウムになってしまう。。」

 と危惧していた。ちなみに第一=アレフ、第二=ひか輪のこと。(え?断らなくても第三オウムだと?うるせー!)

 そう思っていたところ、先月ミクシーのマイミク「ふじくま」さんが手伝いを申し出てくれた。私が元オウム幹部ということも承知の上で。これは中々貴重で有り難い話だ。ふじくまさんは埼玉県西部在住で、私の管理物件に近い。この管理物件には、新宿駅でホームレスだったHさんが部屋を契約し、倉庫にホンダ子会社派遣切りで再就職のTさんがいる。

 そこでふじくまさんを、Hさんに顔合わせすることにした。住民票の問題があるのはHさんだが、ついでなのでTさんも誘った。というのも、生保は取ったが電話もないHさんの連絡は、いつもTさん経由。Tさんの携帯メールにこちらからお願いする伝言を送る。その代わりではないが、トイレと風呂がないTさんは、Hさんの部屋の風呂とトイレを使わせてもらっている。まあこれは俺が勝手にHさんに断っただけなのだが。

 数日前にTさん・Hさんに連絡を取り、前日にも確認を取った。ふじくまさんには仕事帰りによってもらい、ちょっとした食事会をすることにした。先に食べ物と飲み物を買って、Hさんの部屋に行く。

「あと半時間くらいでボランティアの方が来ますので、Tさんも一緒に顔合わせします。これその時に食べますから(と食品を置いた)。私は今からボランティアの方を迎えに行って来ます。」

 ふじくまさんを駅から迎えて来たついでに、倉庫のTさんを呼ぶ。3人でHさんの部屋に行くと、もうせんべいをボリボリやっている。ちょっちょっちょっと待ちぃな。。。

 とりあえず4人顔会わせで、簡単な紹介。自己紹介兼ねてTさんに派遣切りの経緯など話してもらう。この辺はとにかく場を保つために必要な話題。20-30分Tさんが話した後、Hさんに話を振るが…。

Hさん「もう俺は昔の嫌なこと思い出したくないんだよ。」

 あー話が続かないなぁ…、と思っていたら、

Hさん「そもそもこの話は一体何なんだよ!俺んとこ何しに来てるんだよ!!」

 場の雰囲気が一変してしまった。

わたし「いや、Hさんの住民票が今どこにあるか分からないということだから、それを回復しようということでしたよね?私が動ければいいんですが、私も色々忙しいから、家が近いふじくまさんに手伝っていただこうということです。その為の顔合わせなんですけど。。」

Hさん「住民票取ってやるとか、何だとか、そういう恩着せがましい話は嫌なんだよ。大体人の家にピンポンも鳴らさず、トイレだとか風呂だとか勝手に来て入って、一体何なんだよ。」

 HさんはTさんがトイレと風呂を使用するのを気に入らなかったようだ。

Tさん「いやそれでしたら、もう私も風呂もトイレも使いませんから。。」

 え?Tさん、それ言っちゃっていいの?と思ったが、もう話は収拾が着かない。

Hさん「なんだったら、俺はこっから出て行くよ。俺は人と話すのが嫌なんだよ!!ごっそさん。」

 と言って自分の部屋に籠もってしまった。いつでも出て行ってやるよ、とは、確かに元ホームレスの強みだなぁ…。

 完全にちゃぶ台返しで台無しになってしまった。折角来てもらったふじくまさんに申し訳なかった。とにかく話を収拾させなければいけないので、2人には倉庫に移ってもらい、私はHさんと話すことにした。

Hさん「野田さんが出てけって言うなら、出て行くよ。」

わたし「でもそうなったら困るんじゃないですか?」

Hさん「………役所の人に相談するよ。」

 暖かくなったとはいえ、やはりホームレス生活に帰りたいわけではない。

わたし「私の方から出て行けとは言いませんよ。」

 適当に気まずい話を切り上げて、今度は倉庫の方に行く。こちらはこちらでTさんが烈火のごとく怒っている。

Tさん「人に助けてもらって一体何言ってるんですか、あの人は。野田さん、あんなやつ支援してやるんですか!!」

 うーん、ここで宗教の話をするわけにはいかないから、回答に困ったなぁ~。教団追放を食らった私としては、これまでも書いてきたとおり、恩が仇で返ることは想定内。それより折角来てくれたふじくまさんに申し訳ない。それだけだった。

 倉庫での話は、あとはTさんのぶちまけ話に終始した。

Tさん「腹が立つから、もうトイレも風呂も使いませんよ。」

わたし「え?でもどうするの?」

Tさん「風呂は銭湯で、トイレは近くに神社がありますから何とかなります。」

 何かそれも申し訳ない。この生保を受けた被支援者と、生保を受けない半分被支援者の格差も問題だな。まじめに働くものが馬鹿をみている。

 1時間ほどTさんのぶちまけを聞いて、会はお開き。気になっていたふじくまさんだが、翌日メールが来た。今の職場で仕事を紹介するのも可能、とのこと。当日のこともミクシー日記にある。余り気にしていなかったようだ。あのちゃぶ台返しを目の当たりにして動じないとは、結構大物だな(w。ふじくまさん、どうもありがとうございました。

 タイトルの「人間の尊厳」とは?Hさん含めてそうだが、元ホームレスだった人には、人間対応嫌いが多い。自由がいい、うるさく制約されるなら、ホームレスの方が気楽。そう感じさせる発言は、彼以外からも聞く。勿論こちらも最初にその辺の意思確認をしているつもりだが。結局、本人の自由意思とプライドをどう尊重するか。そういう問題だが、それで逆に周囲が困ることも出てくる。役所からは「連絡手段を持たせてくれ」と言われているし、俺も連絡がつかない。いやそれよりTさんのトイレ・風呂がないという、そちらも人間の尊厳に関わる話だ。

コメント


>少光天レベル 野田成人 800点 シャーリープトラ神系列 アジナー系

ホームレス支援の功徳、ダブルポイントゲットキター

サンデーさん

元シヴァナンダさんがコメント欲しい様で

Message#22306 2009年6月8日(月)18時16分
From: PC壊れたので友達のPC借りながら@元芝

参考程度に

どなたかサンデーさんに俺へのアドバイスは無いか聞いてみてください。

野田さんのブログにはコメントしないと宣言したので向こうには書き込まないので。


本当の支援

 前から気になってた本で哲学者の中島義道という人の「私の嫌いな10の人びと」という本を読んだことがあります・
 そこには、笑顔の絶えない人、常に感謝の気持ちを忘れない人、みんなの喜ぶ顔が見たい人、いつも前向きに生きている人、自分の仕事に『誇り』をもっている人、『けじめ』を大切にする人、喧嘩が起きるとすぐ止めようとする人、物事をはっきりいわない人、「おれ、バカだから」と言う人、「わが人生に悔いはない」と思っている人って書いてあって、これってうちの救済したいんですっていって、いい人になろうとしている人の何かケって私がいつも違和感感じる体験談に通じるものがある。
 セミナーの最終日に並べられる予定調和の実感の薄い演出つうか嘘くさい言葉のオンパレード。
 どうして私がいつもそれに反感もってしまうのかちょっとわかった。
 そこに書いてあるのに「みんなの喜ぶ顔が見たい人」の中には・・・・とあって彼女たちには、曽野綾子さんの講演集『聖書から学ぶ人生』の中にある難民とその援助に関するところをじっくり聞いてセンチメンタルな同情心ではなく、真の意味で彼らを救うことが、どんなに気の遠くなるほど大変なことか、自覚してもらいたい。難民というと「心のきれいな犠牲者」と思っている人が多いでしょうが、とんでもない。曽野さんは、「生きるために、彼らがどんなにずる賢く、どんなに嘘つきか知っていますか?」と問いかける。
 「みなさまが難民におなりになったら、もっとすごいと思いますけれど」というくだりで、会場の聴衆はどっと笑いますが。
 世話を焼きたい人とは、自分が世話を焼きたい人に、世話を焼きたいときだけ、世話を焼く人です。彼らが、それはすべて自分の自己満足のためだと自覚してくれればいいのですが、おうおうにして相手に「感謝」を求める。
 これだけしたのに、自分に対する「感謝の気持ち」が相手にないとわかると、むくれる。いいですか、人の世話を焼くのは自由ですが、断じてそ・れ・だ・け・は望んではならないのです。
 場合によっては、相手から手ひどい仕打ち、理不尽な誤解を受けても仕方ないと割り切って、人の望むことをかなえてあげるかぎり、あなたの援助活動は本物でしょう。とありました。
 
 教団でも、途上だから仕方ないけれど何だか救済とか簡単に言っている人ってこういうこと自覚してない、それを感じて斜にかまえている私も自覚していない。
 それが象徴に相手から裏切られたり、あれだけやったのになとか思ったりして傷ついているわけだしなと思った。
 自分を笑いながら泣けてきました。根本的に私間違っているなって。求めすぎている。
 だから今の苦しみってここを抜けないと永遠に続くなって・・・安っぽく救済とか言えない。
 
 のださんはこれを知っていて相手に期待せず裏切られる覚悟でホームレスの支援をやっていることは伝わってきます。
 やっぱり支援ってこういうものだと思いました。上記の文章は支援っていうものが安っぽい同情ではできないっていうことと、相当の覚悟がいるってことだと思います。
 その点のださんは上記を面白おかしく書いて、でも見放していないですよね。支援するってことの大事な視点を見失ってはいけないんだなって実感しました。

>上記のヴォロス神がヤーナ・トロイニチとユリ・ゲラーの本尊だ、不悪口言うさん。
>年内一杯に身辺整理して ロシアのヤーナ・トロイニチの元に走ったほうが良いよw

不悪口言う風情に対し懇切なるご助言光栄に存じます。

ご夫人のステージが上ってことから、ウル様かと一瞬思ったのですが、ケイマさんが別に書かれてるのに後で気づいたと。

それにしても相川女史が伊宮さんとかいう方の下位とはwww  

ヤーナトロイニチグルって、ビヤ樽おばはんかと思ったら、検索すると凄い美少女ではありませんか。嗚呼、タントライニして頂きたい。なんて心業だけでもスワジに落ちそう。懺悔致します。

家族以外でステージが一番高いのはチッタカ、岡田さんですか。
正大師より上なのか。

ていうことはサンデー夫人とはご家族???

不悪口言う

>ていうことはサンデー夫人とはご家族???

そう、私を大梵天まで引き上げてくれた大恩人でもある。

大村さんへ

まさに器ってなんでしょうね。
かくいう私も(大村さんも野田さんも他の方々も)
かつてそのような偽善的な領域で真面目に本気にやってた。
その後来るのがグダグダでダメダメな領域で、
それを超えるとまたまた見えてくるものがあると。
もちろんその観察眼の中にまだまだ多少は嫉妬心などもあれ、
もう以前の狭い価値観で物事を捉えられない自分がいる。
更に昨日の自分が今日ではもう遥か小さい見方してたなと
気づくくらい、激動の変化のさなかに自分がいると感じてませんか?

サンデーさんが何者か分かりませんが、
彼もまたなかなか刺激のある発言をしてくれる。
(私への評価がまだ無いけどw)
彼は対象がその時々で上がったり下がったり変動してるように書く。
実はまさにその通り私たちのステージなど日々変化してるのかもしれないですね。
とすると実証できえないそれらに囚われてるのが馬鹿らしくもなってくる。

信仰、救済、功徳、ステージ、・・
み~んなみんな、一度ゲシュタルト崩壊しちまえばまた新しい視点が嫌がおうにも見えてきて。
みんなみんなそんな過程の最中にあるのじゃないかと思い至る昨今です。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督のホーリーマウンテンという映画見てみると面白いです。
ちょっと刺激が強くて難解ではあるけど、信仰の何たるかが垣間見える作品です。
あと最近で凄いのがダークナイト(バットマン)、これは単なる勧善懲悪を超えたド級の内容です。
真の善とは何か、考えさせられます。

一寸書き方が曖昧でしたが、散ったかさん云々というデボン青木さんのコメントを受けて、それなら「サンデー夫人」さんは「ご家族」という意味ですか? という質問だったのですが、もしこれに対する肯定のご返事だとすると、長女あるいは次女の方が既婚であられてサンデー夫人、サンデーさんは松本家ご家族の婿殿ということに・・・げげげげげ

映画

あ、先に紹介した映画でイメージきつかったら
リトル・ミス・サンシャインで中和してくださいw
これもまた実は深い映画です。
信徒は見ておいたほうがいいかも。

恩田くんは良くて喉だろww

サンデーさんは

ひょっとして元KPA正師?

キ●ー●師は水曜日生まれ

>不悪口言うさん

すまない、「家族」の意味を自分の家族と間違えてしまった・・・・。
松本家の長女・次女はシヴァ神系で、私のカミさんはアフラ神系なので安心しなさい。

サンデーさんのコメント

>>七氏さん

> 一般的人間から見れば、
> サンデーさんのコメントは、
> 魔境か、作文か、
> このどちらかと解釈するでしょう。

それは読者の判断によると思いますね。
わたしとしても、判断保留です。
確認のしようが無いですから。

別に、ハッキリさせなくてもいいと思います。

>信じる自由

実は私は、大川総裁は相当凄い大乗の菩薩だと信じていた。
池田先生は、本当に素晴らしい大乗の菩薩であると信じていた。
私は、誰かを魔境であると感じたことがほとんどない。
ネット上で「私は悟っています」という人に対して、
疑いの目を向けたことはほとんどない。
電車に乗った時、サラリーマンを見て、
「相当凄い境地だ」と信じて疑わないことは日常茶飯事である。

私はいつも感動している。
私には魔的なものが見えない。
事実は、私の心が決める。

この前提に立った上で、次に、
もし私が立場のある人間で、言動が波及する状況であれば、
精査し、周囲に良い影響を与える必要が出てくるだろう。

ただ、それ以前の問題として、
「理性的に信じない」ことと、
「疑念のカルマに巻き込まれた」ことの違いのように、
心の弱さや、煩悩的背景からの判断に陥っていないか、
誠実になる必要がある、と言えるかもしれない。

うはw
ニコ動にありやがんの
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6655778
夢でうなされても知りません。

原子力の功罪みたいな話

>>少光天レベル 野田成人 800点 シャーリープトラ神系列 アジナー系
>
>ホームレス支援の功徳、ダブルポイントゲットキター

大魔境どころか、大聖者ではないですか(^^;)
信仰の力というのはすばらしい…けどひとたび相対的な世界に放り込まれると信仰と信仰がお互いに悪魔と罵り合ったり殺しあったりするものですね。

もともと信仰って、閉じた系において本来の良さが出てくるんでしょうね。これはグローバル資本経済のワールドワイドでの価値観の押し売り問題と通じるところがあります。

ふと思ったけど、

野田さんってニーチェとかぶるところがあるなとなんとなく、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%8A%AB%E5%9B%9E%E5%B8%B0
有名な「神は死んだ」って言葉は誤解されてる面があるけど信仰を否定する言葉じゃないんですよね~・・
またもう一つの「永劫回帰」は輪廻転生の奥義的側面、
つまり瞑想家としての優れた資質をほのめかす。。
彼はあまりにも超越的過ぎて多くの支持を得なかったとw

ふとそんな感じがしたんだけどボヤキとし書き止めておきます。

あれれ、ヤーナ萌えって書いたコメントが消されてる

アンケート

アンケートには面白いコメントがあったので、
削除はもったいないですね。

サンデーさんのコメントの大部分はオンフ板の付属板に一応西武してあります

http://honfleur.sakura.ne.jp/bbs/00bbs16/bbs16.cgi

最新から二つ前の投稿のところに

西武

今となっては貴重な資料ですね

サンデーさん

でんさんの件でミスしなければ、今もここの主でしたでしょう。
オンフルール板でも元芝さんや和井さんと衝突して去っていきました。


でんさんのミスも含めて、ご本尊様の範疇内だと私は感じる。
ネット上で末永く導く役割というより、目的たるいくつかの“連絡”をする上で、
信頼されるのに必要な分だけの宣託をし、立ち去る流れだったのだろう。

サンデーさん

ウイットがきいていて面白かたんだけどね。あれほどセンスのいい中傷はないんだけどな。まぁ松本死刑囚のようなミイラ取りになるまえに撤退したのは賢明なことだと思う。
松本死刑囚がどうして生まれたのか端的に表してくれた寸劇だったと思うよ。

事象にたいしてパッチワークを意図的に与えていく。そのうちに心が昇華されたとか、パワーをもらったという人間もあらわれてくる。そうした人間たちに周囲から自分を肯定させていく。しかし、その結果、演劇で塗り固められた事態は拡大していき、自分でも収拾できない事態になる。収拾できなくなれば自分の心の中でも自分はそうした救世主ではないかと思いこみたくなる。しかし、そうではないという葛藤もあるし、なによりも逃げ出したいという願望がつよくなり、現実逃避のためにさらに共演者たちと妄想劇を展開し続け、そこの劇中でのモラルが優先され、モラル破たんを自己と周囲にもたらす。

そうならないためにも撤退したのは賢明なことだったと思うし、ひょっとすればわざとでんさんミスを自演したのではないかと思う。

通常社会のモラルをもった人間から見れば非常に奇異な繰り広げられたのだけれど、これが、特異なローカルルールの世界を形成するには必要な条件だということがわかった。

あくまでも、オウム信徒は霊感詐欺に引っ掛かった哀れな人々だと思うけれど、通常の社会にある幸福に目を向け、それをめざして努力することをなまけたために松本死刑囚の共同正犯であるともいえるだろう。

しかたない理由で洗脳された人もいるだろうけれど、どうして普通の幸福を目指して努力できないんだろうね。それも、普通の幸福をめざさないがゆえに大きな罪をおかしたというのに。。。。

彼らはわかってるんだわな

なんにんかの元信徒さんのお世話をさせてもらっている。そのうちの数名が近日中に結婚するようだ。そのとき彼らはいうんだわな。
きっと結婚して子供をもてば自分は苦しむんでしょうねとね。そりゃそうだわな、そうした家族を引きはがし、ひどい場合には第3者ですら殺した。
修行ってものがどういうものか知らないけれど、彼らがこれから背負う苦痛は、つまらん自虐柔軟体操や自己正当化のための瞑想などとは全くレベルの違うつらいものあdと思う。

彼らにとっては、まずは、人の幸福を理解できること、それが修行なんだろうな

>どうして普通の幸福を目指して努力できないんだろうね。それも、普通の幸福をめざさないがゆえに大きな罪をおかしたというのに。。。。

普通の幸福っていうのが、自分にとっての幸福だと、どうしても感じられなかったってのがネック。

エリート連中は別としてね

エリート連は別としてね。基本的にはネットカフェでたむろしてそこから抜け出さない人間たちと同じだろうと思うよ。
評価社会に背を向けて、自分の存在理由を探している。結局は評価的な自分がそこにあるのだろうけれど、本当の自分はどこかにある。そうした思いから自分を評価している人間を探していた。既成の評価方式に満足できないといえば、聞こえはいいんだけれど、たんに評価主義にしっかりとhまりきっているにしかすぎない。まぁその証拠と言えば証拠になるんだろうけれど、オウム独自の階級制度と評価方法が、現在の日本の階級制度のいびつなこぴーであったことをみればわかると思うわ

「尊師」替え玉ってあり?

>松本死刑囚のようなミイラ取りになるまえに撤退したのは賢明なことだと思う。

1997年前後に本人は代表の立場を放棄することを表明してますね。
実質的に発言なども休止状態。
往生際悪いのは現役信者のほう。自虐モードかなぁ…

これを境に、現役信者がいう「ソンシ」の意味合いに変化が出てきたわけだけど、そこに触れるのはご法度みたい。

寸劇

>松本死刑囚がどうして生まれたのか
>端的に表してくれた寸劇だったと思うよ。

それは常識的な見方です。

私はサンデー夫人に期待しますね。
もし、このコメントを読んでいるなら、
何かコメントしてほしいな。

サンデーさんは、要するに、
力量が、まだ不足していたのです。

魔境って凄いんですね。女性的とさえ形容されるリアルのサンデーさんからは想像もできないような怒涛のお言葉だった、との感想を元サの方から頂いてます。

削除された書き込みはオンフ長文板で、ここの分とオンフの分の一部を西部してくださった方これあり。

常識

超という言葉をつければいいようにも聞こえるのだけれども。オウムが実践しようとしたものは仏教を含む多くの信仰が最低限でも人をくるしめないという常識を延伸しようとするものであるのと比較すると一般常識を含有するようなものではなかった。あくまでも非常識の部類のものであり、それでいて、一般社会を都合よく加工しただけのものであった。この模倣の部分が松本死刑囚が欲した権力機構だった。つまり、外では得られない(東大不合格、音楽センスゼロ、おまけに空手は二週間で逃げ出す始末)名声や力、つまり彼が唯一持っており、その才能は天下一ともいってもいい才能である霊感詐欺師としての能力をフルに発揮して構築したもの、それがオウム真理教であり、それを構築した原動力は怪奇雑誌や漫画から得たオウムの真理の教えだったのだろう。

それについては彼も自分の矛盾をよくわかっていたのだろう。公判においては、詐欺師としての知識以外はなんら評価できぬ浅知恵でどうにかして、自分の弟子にその罪を着せようとした。

基本的にはヒットラーとも比較できぬし、アフリカの少数部族出身の独裁者や東欧の独裁者にも及ばぬ犯罪者にしか過ぎないのだけれど、その被害を受けた人の苦しみは看過できない。社会から下される罰と地獄でその罪をつぐなうのが彼にとってはもっとも妥当な道だろうと思う。

しかし、残されたものはいまだに歪なグルを求めているというのも今回はわかったような気がする。もし、いびつなグルが極端で非常識極まりないローカルモラルのもとで、犯罪をおこそうとするとき、それにつきあう人間はいるのかもしれないと所感した。

もちろん、それはオウムの旧信徒ではないだろう。彼らは自尊心の中で自分が騙された相手は偉大(悪意味も含めてね)であったと信じたいというだけにしかすぎない。これは個人の趣向にちかいもんだから放置してもよいように思う。

問題はこうした出来事が十分に社会資産化されていないために何十年か後、松本死刑囚当然のように忘れ去られた時に同じものが出る可能性が高いと言わざるを得ない。

>問題はこうした出来事が十分に社会資産化されていないために何十年か後、松本死刑囚当然のように忘れ去られた時に同じものが出る可能性が高いと言わざるを得ない。

時代が忘れても、忘れない奴がいて、それにあこがれ、模倣して、もっと大きな犯罪を引き起こす。

まるで20世紀少年のようだね。

サンデー夫人さんへ

何となくサンデー夫人とサンデーさんが誰か分ってきた。
サンデー夫人は大阪支部出身の人じゃないかな?
はずれていたらごめんなさい。

魔境のご主人をかかえて大変ですね。
まあ、サンデー夫人も少し魔境気味だから、
魔境同士で仲良くやっているのかもしれない。

サンデーさんは一種の低級霊域に入っているようですね。
低級霊域はいったん入ってしまうと、
なかなか正常には戻れないので大変だと思います。
こういうときに、グルの必要性を感じるものです。

サンデーさんは、
サンデー夫人を認めているようだから、
サンデー夫人の力で、
サンデーさんが本物のサンデーさんになれば、
いいのにね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/363-cd13b917

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 2
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad