元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆天才は常人理解の外

 苫米地博士との会談つづき。

 会談中、「野田成人個人の今後の活動」にある私の企画書を苫米地博士に渡した。あの内容は、文字数にして約1万2千字ある。日本人の平均的な文字を読む速度は、分速400-500文字。普通の人は読了するのに20分前後かかる量だ。早い人でも10分はかかる内容である。しかし、苫米地博士は、パラパラと1分ほどめくって、即答。

苫米地「うん、これはいい、応援するよ」

わたし「をを!!」

 わずか1分であの企画書を読み終えるとは!これはフォトリーディングである。博士によると、「画像そのままが頭に記憶されるので、本の紙面にあるシミまで頭に残ってしまって困る」とのこと。

 極めて情報処理が速いのだ。速すぎて一般人にはついて行けないレベルである。ある程度苫米地博士と接している人から聞いた話では、「彼は何か聞かれても簡単にパッと返事する。何も考えてないんじゃないかな?」とのこと。しかしこれはそうではなかろう。余りに頭の回転が速すぎて、常人には理解しがたいレベルになっているとみる。


 ところでウチの信者を脱洗脳する場面に立ち会うことになった。博士がどんな風に脱洗脳するのか知りたかったので、「参考に見せてください」という話で。博士は2時間ほど話をしていたが、その途中やたら眠くなるのだ。時間が遅かったせいかも、と思っていたのだが、異常に眠気が襲う。ちょっと変だなと思ったので、博士に聞いてみた。

わたし「ひょっとして話している間に、トランス誘導していませんでしたか?」

苫米地「うん、そうだよ」

あ・か・ん…、も・う・洗・脳・さ・れ・た(w

 トランス誘導とは、相手を変性意識(潜在意識)に誘導して脱洗脳しやすくすることだ。通常の意識(表層意識)は、情報に対してある種ガードした状態である。しかし変性意識になると、無防備に近くなる。オウムの洗脳も、睡眠と食事を極端に制限し、変性意識状態を作り出した上で行われる。そうやって行われた洗脳に対する逆洗脳も、同じ変性意識状態で行うわけだ。

 ちなみにその信者が言うには、「博士の顔を見ていると、なぜか気持ちよくなり、リラックスできたんですよ。博士もリラックスしていたと思います。」紛れもなくトランス誘導なのだ。

 博士によると、「言語よりも非言語によるコミュニケーションが大切」とのこと。よくよく話を聞いてみると、これはミルトン・エリクソンの手法である。しかもミルトンの娘から免許皆伝してもらったらしい。心理療法の分野に革命を起こした、20世紀最大の天才催眠療法家ミルトン・H・エリクソンである。

 この天才ミルトン・エリクソンについて面白い話を聞いた。ミルトン・エリクソンが一度日本で記者会見か何かを開いて記者の質疑に答えたらしい。ところがある記者はミルトン・エリクソンについて、次のような趣旨述べたらしい。「ボケ老人がぼそぼそと何かわけの分からないことを語っていただけ」非言語コミュニケーションの天才も、言語の部分しかとらえられない記者には、「ボケ老人」としか映らなかった。

 天才が理解されないというのは、まさに苫米地博士にも当てはまるだろう。苫米地博士は、未だ未解決の国松長官狙撃事件について、小杉元巡査長の証言を引き出した。だがこの件で警察庁の逆鱗に触れ、主要メディアからしばらく干されることになった。その結果、一部世間から奇異な目で見られている面もあろう。この点は同情を禁じ得ない。

 「この人は”尊師”のライバル」と称したE君以外にも、複数の教団関係者が博士の本をひそかに読んでいる。それも師クラス含めてである。真剣に道を求める一部の人には、それなりに理解出来るのだ。だが、教団からすれば「悪魔」であるから、到底正面切っては会えない。

コメント


なんとなく その記憶法というかそれはわかります 苫米地博士はすごいですね

凄いですね。

 常人を遥かに超えている天才って本当にいらっしゃるのですね。

スピリチュアリズム

図書館で苫米地さんのスピリチュアリズムを借りて途中まで読みました。
他の本はすべて貸し出し中でそれしか借りれませんでした。
途中までなのですが、苫米地さんの事がますますきらいになりました。
同じ脳科学者でも茂木さんや川島さんの本の方がよほど面白いです。
共感できる部分が10パーセントくらい。
まったく共感できない部分が90パーセントくらいです。
反面教師と思っておけばいいのかもしれません。
反省してみます。

速読法

昔、そういう内容の速読法の本を読んだことがありますが、
まさに苫米地さんの方法です。
本をパラパラとめくるだけで、読めてしまうそうですね。

わたしは出来ませんが。


速読法 

わたしも速読法学びました。記憶術の講座も受けました。全く効果ありませんでした。どうして??(でも神秘的体験はしたような…)大学時代の友人はそういうの全くやったことない人でしたが、難しい本を一日で4冊くらい読みこなす超人?でした。
この人すごーい!!と思っていましたが、大学の知能検査では、私のほうがその人より知能指数30くらい上でした。速く読めること=知能が高いとはいえないみたいですね。その友人は、本が速く読めることもあって博識でしたが、人格的にいろいろ問題あり、親しくなった人がすぐ離れていく感じでした。速読できるからって何?幸せ??でも、できたらすごいよね。

コメント

自分が天才だと持っている人は、一般に天才に弱い傾向がありますな・・・

天才への依存

天才の価値は否定しないけど、天才依存の組織、社会は行き詰るからね。

何度も痛い目を見てきたはず。結局のところ、普通の人がどのように自立(自走力をもった「ひとり」)、自覚(=狭小な自意識をぶっ壊す)するか、それを目指すには依存から脱却するしかない。
まぁ教団もしかりですけど。

洗脳もそれ自体良くも悪くもないけど、最終的には洗脳からさらに脱洗脳出来ないと幸福になれないし。それは他力だけでは無理。

わたしもとおりすがり?さんへ

>この人すごーい!!と思っていましたが、大学の知能検査では、私のほうがその人より知能指数30くらい上でした。速く読めること=知能が高いとはいえないみたいですね。その友人は、本が速く読めることもあって博識でしたが、人格的にいろいろ問題あり、親しくなった人がすぐ離れていく感じでした。速読できるからって何?幸せ??でも、できたらすごいよね。

わたしは知能指数に興味があるので、この内容は興味をひきました。
まあ、知能検査の項目は多岐に分かれているので、“残り97%の脳”といわれている部分も含め、人それぞれ、活性化されている部分が違うんでしょうね。
(こういう投稿はまたお願いします。)

『残り97%の脳の使い方』を読みましたが、脳についてが主で、心についてはどうなのかな?という印象を受けました。
昔のコースでいえば、シッディコース好みのタイプかなと?!

 この記事で興味を持ったのは、「極めて情報処理が速い」という部分と「トランス誘導」で「変性意識状態」に簡単?になってしまうものなのか?(苫米地博士のトランス誘導は即効性があるんだ?)とか、「非言語コミュニケーション」でした。(非言語コミュニケーションってどんな感じで伝わってくるんだろう?と…)

アージュニャーチャクラ

苫米地さんはアージュニャーチャクラを使える。
一種の魔術師である。
彼に対抗するためには、
同様にアージュニャーチャクラを自由に使えるステージが必要。

しかし、彼は生まれつき使えるので、
使えない人が使えるようになる修行方法は、
よく理解していないだろう。

アージュニャーチャクラを使えない人が、
いくら彼の真似をしても、
あるいは彼の教えを受けても、
彼のようにはなれない。
結局はコツコツと修行することが必要となってくる。

苫米地さんの教えとオウムの教義は非常に共通点が多い。
(オウム)-(ヴァジラヤーヤ)+(催眠テクニック)=(苫米地理論)
という感じである。

彼はなるべくカルト色をださないように説いているが、
その本質は非常に近い。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションとは、
オウム的に表現すると、

エネルギー交換、
コーザルイニシエーション、
他心通、
アナハタをいじる、

というようなことで、
やられた方は普通相手よりステージが低いので、
その瞬間は何も分からないが、
その相手に対して、
非常に信頼感というか安心感を持つようになる。

そして潜在意識レベルで気づかない内に、
行動が以前と少し変化する。

これを悪用すると、
相手を自由に操れるようになる。

反論できないこと

非常に印象深い苫米地語録の一つに、
「言語は言語によって反論可能」
ということがある。

非言語コミュニケーションは、
普通のステージの人間なら、
反論することができず、
そのまま受け入れる以外に方法がない。

なるほど

よくわかりました。

ソンシのように後天的にそういう能力を身につけたのではなくて、
エスパー清田氏のように先天的にもっているみたいですな。


ベチというと

ダヴィンチ脳とかいう高価なCD買ったけど頭良くなったような気がせんw ますます狂ったような気がするwww

現物はオクで売り飛ばして儲けたけど、ほしかったらピコ贈呈しまっせ>貯まってるさんとか

ダヴィンチ脳特殊音源CDはよかったよ。
毎日聞いてたらいつの間にか本を一行ずつ言葉で読むのが苦痛になってて
イメージとして読んでいることに気がついた。
読むスピードがメチャクチャ上がってたよ。
気づかないうちに抽象度があがってるとは・・恐るべし

七氏さんの説明

あ なるほどなと思いました。
ベチさんアストラルレベルでの催眠術師っぽい。

アレフの師でもそういう人いましたね。
某正大師が「利己的な理由で他人のアストラルいじったらカルマが返ってきて苦しむよー。」
とおっしゃってました。
あとあまりそういうことをやると
病んでしまうとか肉体にくるそうです。

エンパワーメント、修法して相手を意のままに操る。
グルとして君臨出来ます。
ベチさんは欲望とか悪気があってやってるわけではなさそう。

支配欲求は強いが現実の力や人望が
そこまでではない場合、
他人を操るのに有効でしょう。

眠くなったときの対策

寝てはいけないときに、眠くなってきたら、
非常に高い崖か、ビルの上にいる自分を観想する。
そうすると、そのビジョンが浮かんできて、
バシッと目が覚める。
オウム的な修行をかじった人なら、
おそらく誰でもできると思うのでお試し下さい。

しかしながら、苫米地さんのトランス誘導にかかったときに、
絶対的に意識を保てる自信はない。
苫米地さんに悪意はないかもしれないが、
自分のいわゆる内部表現を勝手に書き換えられるのは不気味。
「君子、危うきに近寄らず」
という感じです。

不悪口言うさん

>現物はオクで売り飛ばして儲けたけど、ほしかったらピコ贈呈しまっせ
> >貯まってるさんとか

イヤです!

そういうモノは輪っかの上祐氏にでもお布施しましょう。

情報的身体の大きさ

もし私が苫米地さんのトランス誘導中に、
例えば、高い崖の上にいる自分のビジョンを作って、
目を覚まそうとしても、
苫米地さんなら、そのビジョンをふかふかのベッドに、
いつのまにか変えてしまいそうな気がする。
それに気づいて、
またビジョンを変えようとしても、
おそらく変わらないだろう。

このとき、情報的身体が大きい方が勝つ。
情報的身体というのはオウム的には、
器とか、ナーディの太さ、エネルギーの強さ、
という表現を統合した概念になる。

客観的に分析してみると、
現時点では明らかに、
苫米地さんの情報的身体の方が大きくて、
勝てそうな気がしない。
(修行するぞ!)

情報的身体→空の大きさというところでしょうか。

アストラルのエネルギーを使い過ぎると
現象界でそのうち抜け殻のようになります。
一応慣性の法則で生活も仕事も
しばらくは出来ます。
苫米地さんの場合はアストラルをいじるというより
心理的に相手に働きかけるように思えます。

パソコンをいじるように相手の心を
自分の都合の良いようにプログラミングする。

書き換えちゃうんです。
それには相手とのある程度の精神的距離が必要。
ケーブルを繋ぐ工事をしてから
まずはじめに自分のエネルギーをインストールして
それから都合に合わせ時々バージョンアップ。

操られるのが嫌ならば電源ではなく
ケーブル自体をちょん切ってしまうしかない。
マルパだかミラレパだかの本に
鳥とプラーナを繋げて落とす
というのもありましたが。

そういえばアレフでは師が集団で
現世の催眠術師に習いに行き誘導瞑想に使っていたようです。

つまり苫米地博士は4つの無量心の実践者であり、完成者だと
7つのプロセスの実践者であり完成者であるってことですかね

頭のよろしい方なら、世界中で他にもたくさんいるだろうに
日本でも茂木健一郎とか、語学の達人舛添要一とか、いかがなもんでしょ

「ひかりの輪」の方がまだまともだ・・・

苫米地英人氏

>つまり苫米地博士は4つの無量心の実践者であり、完成者だと
>7つのプロセスの実践者であり完成者であるってことですかね

A派でなくとも、異議を唱えたくなりますな。
そんなことはないと。

ただ、現世的な(+アストラル的な)功徳を沢山持っている方だと思いますね。
でも、コーザルにまでコントロールできるかは疑問です。

応援しております

援助すると言われてうれしかったのはわかりますが(苦笑)持ち上げすぎです。
根拠のない能力を「凄い」と言う恐ろしさに、まだ懲りていないのですね。
それは、非常に残念なことです。

ちなみに1分で読んだ件。
では、何ページのどこに何が書いてあったか、そんな簡単な確認だけでもしましたか? 
雰囲気だけなら飛ばし読みで、誰でもできますよ(苦笑)。
実際出来ていたかどうか(そういうテクニックはあるわけですし)よりも、
あなたが単に盲信して、確かめずに「凄い」と言っていたのかどうか。
であれば、確かにあなたはもう「洗脳」されています。

一見強い人間(実は虚像)のまやかしの言葉にすぐ従ってしまうのです。

それは特別な洗脳ではなく、単に心の弱い、自分の頭で考えられない人なら
日常で簡単にありうることです。
あなたは、自分が頭がいいと思っているようですが、
このブログを読む限り、かなり騙されやすい、
しかも利害で簡単に人の印象を変える、頭の悪い人間にお見受けしました。

もともとの頭の良さと、その使い方が賢いかどうかは別物なのです。
どうぞ過去のことを教訓に、もっと謙虚に、
もっと真の目をもって生きてくださることを切に願っております。

応援してくれるというのは

応援してくれるというのはありがたいです。

けどね、俺にとっては、トリップすらつけない、、どこの誰か分からない特定のできない意見については、言いっ放しで何の責任も持たない2chの落書きとほとんど変わらないんですよ。誠に申し訳ないんですけどね。

私がブドウ科氏や苫米地博士を評価するのは、実際に顔を出して名乗り出てきて現実の接触と働きかけがあるからなんです。

あなたがご自身の分析・私の評価・上記書き込みに責任を持つ、つまりリアルな接触を持つなら、私は貴方の意見にもっと耳を傾けるでしょう。

しかしそうでないなら

( ´∀`)< オマエモナー

まあこんな関係と変わりないですよね。 

苫米地英人氏やさしそうなひとですね

先日、苫米地氏のDVD見たけどかなりよかったよ。
苫米地氏は本物だと確信した。
洗脳の本質についてメチャクチャ触れていたよ。
http://www.otakulaboratories.com/tomabechi1/

天才って定義はなんだろうと思いました。速読が出来る事は一輪車に乗れる事と比べて天才的でしょうか。
私が知る限りでは苫米地さんは学位は取得されていますが、未だ論文で脳科学の世界であまや認められてはいないようです。彼の経歴が彼の洗脳のための一つのわかりやすいトリガーになっていると思いますし、あなたは彼に会う前から洗脳を受けているようなものかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/347-776b9837

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad