元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 最近は、経済の動きも余りチェックできていない。しかし当ブログ本来の目的は、拝金主義に支配された世間一般への警告である。グローバル資本主義は、あと40年以内に崩壊するという警鐘である。当方も分析の時間がないし、経済記事は余り読者の反応が良くないであろう。が、一応最近の動きも簡単に記す。

 アメリカ、イギリス、ユーロ圏、日本の4大通貨中央銀行がすべて、国債購入を始めた。結局どこの国も景気刺激の為に、国債で資金調達するしかない。その国債の引受先が中央銀行なのだ。

 しかし、元々中央銀行は、政府財政当局から独立でなければならない。これは通貨の信頼性を維持する為である。つまり今回のような、「 景気刺激だ財政出動 → 政府に金がない → 国債発行しかない → 国債買い手が市場にいない → 日銀さん買って頂戴 」これは中央銀行の独立性、ひいては通貨の信認を失わせる滅茶苦茶な話なのだ。

 こんな無茶苦茶な話がまかり通るのも、世界各国全て横並びでやってしまうからだ。どこも国民レベルで、「景気良くしてくれ!」の大合唱だし。ほとんど誰もシステムを成立させうる必要条件を理解していない。いや支配者はそれを理解しているが、自らの権限維持・立場保持の為に、ねじ曲げてしまう。

 大量の紙幣が出回れば、インフレになる。中央銀行としては、インフレになりかければ、国債を市場に売り出し、紙幣を回収するのが通常だ(売りオペ)。しかし、最後の買い手・中央銀行が国債を売り出したとき、果たして誰が買うのであろうか?その時は、国債暴落でハイパーインフレである。米国債だけではなく、主要国全てで連動する可能性がある。

 前にも述べたが、株価と金価格の動きには要注意。中国政府は、外貨準備の一部を金(ゴールド)に替えて蓄えだした。株価も回復傾向だが、金価格は900ドルを挟んだ水準に高止まり。いつ国債暴落してもおかしくない。

 勿論私は、「暴落起きろ!」などとは考えていない。起きなければ起きないで、生保で金を回しながら人助けが出来る。現物資産確保という動きは、起きたときの準備にもなっているし。


中国人民銀:量的緩和など非伝統的政策、インフレと通貨下落リスクに

  5月6日(ブルームバーグ):中国人民銀行は6日に発表した四半期金融政策報告で、中央銀行による経済への流動性供給はインフレと通貨下落リスクをもたらし、国債相場の「大規模な調整」につながりかねないと警告した。

  米連邦準備制度理事会(FRB)とイングランド銀行(英中央銀行、BOE)は今年、日銀が2001年に初めて導入した量的緩和政策に踏み切った。欧州中央銀行(ECB)は7日の政策委員会で金融資産購入を決定するかどうかで意見が分かれている。

  中国人民銀は「主要中銀の一部が政策を間違えれば、世界中でインフレリスクを引き起こしかねない。量的緩和など非伝統的な政策を導入する国が増えるにつれ、主要通貨の下落リスクが高まる恐れがある」と指摘した。

  米国はリセッション(景気後退)からの脱却を目指し、前例のないほどの巨額の国債を発行している。中国の温家宝首相は3月、ドルが下落し、同国が保有する米国債の価値が低下することに懸念を表明した。米財務省のデータによると、中国の米国債保有額は2008年に 52%増加。09年2月末時点では約7440億ドル(約73兆5786億円)に上っている。

  人民銀は「中長期的には金融市場は安定し、景気は緩やかに回復する。そうすれば、インフレ期待や金利が上昇し、中銀の流動性吸収オペが国債相場の大規模な調整を引き起こす恐れがある」との見解を示した。

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Sandy Hendry in Hong Kong at shendry@bloomberg.net

更新日時 : 2009/05/06 22:18 JST

コメント


ホンネでは

>勿論私は、「暴落起きろ!」などとは考えていない

宗教屋っていうのはハイパーインフレ=終末論成就待望ミエミエ

あなたが宗教の本質を理解してないだけだよ

宗教の本質

> あなたが宗教の本質を理解してないだけだよ

その通りですね。
だから、両手で足りないほどの数の宗教を掛け持ちしているのです。


オウム真理教、統一教会、天理教、真如苑、アマチ、ダライラマ、ヨグマタ、
・・・・
もっとありますが、忘れてしまいました。

これだけ多いと、エネルギーは乱れっぱなしのような気がしますね。


輪っかのペコちゃんは「聖地巡礼禁止」を言い渡されたとか訊いていますが、
気に敏感な人は複数の宗教に入信したり、
そういうところに行くのは危険だと思いますね。


万教帰一

元はワンネス。解釈の違いだけでしょ。

宗教の本質は阿羅漢様ほどに理解できてないのは当然だけど、「宗教団体」ってものについては、ホンネの部分では社会の混乱に対してほくそ笑んでるってことだけは理解しておりますw

宗教団体

そりゃ、世間一般の宗教団体はそうでしょうな。

でも、
元々宗教はもっと純粋に衆生済度とか、
高い世界を目指して修行に勤しんでいたはずでしょうに。

今のA派Alephや輪っかは知らないですが。

資本主義って見方を変えて精神性に置き換えてみれば、信用度のエンテロピーでしょ。
その信用度の矛先をどこに向けるか、最終的に誰に依存するか責任を負わせるかだよね。

当然それは行き着くところ、その構成員、庶民ですわな。
庶民がほぼ信用の逆のベクトル、猜疑心に満ち溢れたら終わり、
つまりそれは必須ということかと。

宗教も終わってます。

>でも、
>元々宗教はもっと純粋に衆生済度とか、
>高い世界を目指して修行に勤しんでいたはずでしょうに。

本気で、偽りなくそれを実行しようとすれば、「宗教」そのものをぶっ壊すしかなくなるっていうのが現代の精神世界のおかしなパラドックス。
「最も神聖不可侵」なものこそ、本当に解体しなければならないもの。

もちろんそれを愚直に実行すれば宗教界からつまはじきにされます。
犠牲者は死屍累々と。いやはや、もうね。本当にスピリチュアルな自由はとうの昔に侵略され、奪われて久しい。

宗教の堕落

>もちろんそれを愚直に実行すれば宗教界からつまはじきにされます。
>犠牲者は死屍累々と。

ソンシも既成宗教の打破を目指して、オウム真理教を始めたんですが、
逆に、似たようなことになったしまったのは、皮肉なことです。

教団や組織でそういう宗教を究めようとする時代ではないのかもしれません。

私は生活がかかってるので経済破綻や
新型ウイルス蔓延など起こったら困るのですが
現役出家信者なんかはニヤニヤして凡夫苦しめ
と思ってんでしょうね


 お金が世の中を支配してお金で世の中が潰れるって感想を持ちました。 金融、経済の記事を2007年5月まで溯って読んできましたが面白かったです。 またさらに溯って読みます。 溯るほどわかりやすく書かれていました。

私事で申し訳ないですが

 今日は私、大村が教団を出てちょうど1周年記念です。ちょうど去年の5月7日に教団を脱会して出ました。早いなと思いますが、いろいろ嫌なこともありましたが教団を出たお陰でいろいろなことができるようになりました。
 またいろいろ見て知ることもできました。
 とりあえず1年たったんだなと・・・思いました。
 

 ☆大村さんへ☆
 視野が広まるっていいですよね。 様々なことが学べますよね。 嫌なことは忘れて素敵に輝いてくださいね。。 


ハーブさんへ

何故あなたはここのご意見番みたいに
ひとつひとつにコメントを入れて
管理人でもないのにコメント欄に投稿した人に
返事をするんですか?

↑ ↑ ↑ ↑

何故あなたはここのご意見番みたいに
管理人でもないのにコメント欄に投稿したハーブさんに
返事をするんですか?

自粛してもらいたいからです。

 あえて自粛するつもりはないです。

  書いてる理由をなぜ聞いてくるの? 
 記事とコメントの内容に興味があって勉強になるので参加させて頂いてるんですよ。 あなたも参加すれば? 


↑ ↑ ↑ ↑

ハブが自粛要求にかみついた(笑)

最近アレフ東京道場で信徒向けに
新型インフルエンザについての師の説法
があったそうですが内容は聞かなくてもわかりますわ(笑)サマナさん(爆笑)

 ハブは毒もってるから噛み付いたら死んじゃう場合もあるでしょう。  ハーブは実際に虫を殺さず虫除け効果もあるんですよね。  やさしくやさしくやさしくね。。

今月は世界的に有名な精神世界の指導者が来日します

世界教師マイトレーヤの代理人 ベンジャミン・クレーム氏

http://sharejapan.org/bcworks/bc_lec.html

世界的慈善事業家 アンマ

http://amma-rainichi.org/


オウム出身者でこの2人に心惹かれている人は多いです。

オウムでは果たせなかった世界救済の夢をこの2人に期待しているのかも知れません(笑)

わたしはクレーム氏には何回か会っていますが、まだアンマには会っていません。

今年はアンマに会いに行こうかなと思っています。

薄気味の悪さ

ハーブきもいわ。

↑ ↑ ↑ ↑

まあまあ(笑)

こういうオウム現役・元信者

が集まっているところですからね。

一般人から見れば、「キモイ」というところでしょうから、
奇特な方もいるんですね。

しかし紙幣を印刷したからといって、すぐに紙幣が紙くずになってしまうわけではない。「米ドルの崩壊」をさかんに強調する向きもあるが、通貨はあくまでも「相対的」なものである。

(中略)

 世界中が危機なので、1つの通貨だけが突然紙くずになることのないよう、すべての国で同じ行動をとり、1つの傘の下に入るという行動がとられている。今回の経済危機に対し、国家間でスクラムを組むことにより、国の破綻、保護主義の進展を押さえ込むことにある一定の成功が得られている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000000-sh_mon-bus_allより)

この記事では、上記の事実(政策の成功点)を踏まえたうえで、 「経済危機は火事ではない。押さえ込んだら消えてなくなるというものではないため、押さえこんだ反動がどこにどのような形で出てくるか、今後注意してみていく必要がある。スクラムを組んで脱落者をなくしたつもりだが、スクラム全体がインフレという波に押し流されるという可能性も残っている。」という主張がされている。

<span style="background-color:#FFFF00;">ヨグマタ</span>こと相川圭子師は朝鮮人ですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/346-99b4ffd8

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad