元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 観察処分更新についての、アーレフ側弁明がコメント欄にあった。なかなか笑える、というか、10年前の私自身の思考そのものであったかもしれないのだが。。。

 今回の更新決定に際して、教団側も2回程記者会見を行ったらしい。荒木君も対応したようだし、また今回の報道で私に問い合わせてくる大手マスコミはなかった。これでこのブログの役割は、7割方なくなったかな、と考えます。つまり、当初は外側への対応を全くせず、マスコミ各社をないがしろにする広報部・荒木君たちに対して、別の窓口の意味合いがあった。広報部の考えとして、「こちらが対応しなければ、VTsgが何を言うか分からない」という計算も働いたかもしれない。どうであっても、それなりに彼らが対応し、マスコミもこちらに問い合わせすることもなくなったので、役割の大半は終えたと思います。

 少し彼らの主張に突っ込みを入れると…

 例えば、今回私が施設に出入り禁止になったのも、当ブログ上で「麻原を処刑せよ」と記述したからだ。その切っ掛けになったのは、各部署での再審請求決定を懇願する立位礼拝。この立位礼拝も、合同会議で決まったのではなく、A派幹部からの連絡で始まったらしい。だとすると、これにも松本家のさしがねではないか、との懸念が消えない。

 ちなみに、強制還俗となった大村さんの住んでいた部屋は、今も大音響マントラでの浄化がなされているらしい。これ三女がこういうのよく指示していたんだよなぁ、昔。。うーん臭う。

 ま、裏の指示があろうとなかろうと、彼らが松本死刑囚を絶対視し、その影響下にあることは間違いない。「麻原を処刑せよ」というだけで過敏に反応するわけだし。彼らはこの辺については、紙の記録などを残さないようにしているらしい。口頭での指示が多い。恐らく、A派幹部に私の出入り禁止処分について問いただしても、「麻原を処刑せよ」が原因とは認めない可能性が高い。

 あ、もう「麻原を処刑せよ」って開き直って言ってますが、まあこれはネタとしてもういいかなと。というかもう少し面白いネタを考えました。そもそも私が、「アーレフ代表」と称しているのも、「麻原を処刑せよ」で本を出してみよう、という意図もありました。「アーレフ代表」がそれを言えば、面白いかな、と。

 ただ現実には、一般人の感覚では、「麻原を処刑?え??まだ処刑されてなかったの???」っていう話だろうと。今回の観察処分更新ニュースの反応を見ても、ニュースネタとしてもう完全に賞味期限切れ。だから「麻原を処刑せよ」も、もったいぶる必要もないかな、と考え直しました。ほとんどいないかもしれないけど、ここの読者のコアなグルイズム信奉者にも、慣れてもらう意図も。

 次のネタを出しても、全然相手にされないかもしれない。ただ私としては、そのネタの裏づけとなる活動をしなければならない。まあ農業がどうのこうの、です。その準備で色々と忙しくなってきているのも事実。ネタの出し惜しみという側面もありますが、現実的に余りブログの更新はできなくなるかも。更新したとしても、短い日記のような記述のみになるかもです。

コメント


浄化のマントラ

大村さんの部屋、大音響でマントラですか・・・。
開かずの部屋というか呪いの部屋みたいだな。

もう空いてから随分経つだろうに。
永久欠番ならぬ半永久他の人が使わない
部屋になるとか?

誰誰の触ったものには触れないとか
そういうことやってるとOCDになるのでは
ないだろうか

ブログを閉鎖して、虹の階梯でも読んでください。

虹の階段

蛆の怪談の間違いじゃないのかなW

ラマ・ケツン・サンポと中沢新一の虹の階「梯」ですよ。
信者は自分たちの得意分野のこういった細かい間違いを鬼の首でも取ったかのように突っ込んでくるから、人名とか書名とか細かい用語とかは正確に書いた方がいいですよ。「やっぱり凡夫ね、どうしようもない無知なのね、だから尊師の説かれた法則が理解できないのよ、かわいそうね」
ぐらいのことは言ってきますから。

いやいや

知っていますよW
まぁ凡夫であるのは間違いがないし、それに誇りをもっていますがね。

ところで、この作者は人の原稿を無断で自分の本に掲載した人間です。
人の権威をつかう、宗教書を利用したりするのが得意な方ですね。
中身のないコピーライターの亜種のような方だとおもっています。

勝手に公募

認識として退会宣言を下れたって感じだね。
まぁいいんじゃないの。
なんにもこまらないしぃ。

どうよここのタイトルも変えたらW

ここで新タイトルの公募でもしようか!

どうよ

陰陽経済革命ってのはW

ここって

バリバリのAleph信者は見るんでしょうか?

ほとんど見ていないような気がしますけど。

大村さんやわたしみたいな信者崩れとかお馬~とか、
マスコミ、公ちゃん、ポリちゃんぐらいか。

被害者救済を唱えながら、麻原を処刑せよとただ語っただけで教団出入禁止にしてしまう今の幹部連中はどう考えても危ないと言わざるをえない。
 被害者側からしたら当を得た発言であって批難されるべきところはどこにもないし、それは関係ないといってもこのブログ自体の経緯がログとして残されていて何の説得力もない。

 亀戸等の実験その他で実際に開祖から大量殺戮を指示され、たまたま失敗したからよかったものの、一歩手前までいったM正大師やVT正悟師等の経験者がとうとう一人もいなくなった。
 パパは人殺しじゃないポアしたんだから。と思い込んでる連中が教団を動かしている。批判する奴はことごとく教団から葬り去られていく。 グルの意志だからと動いてる連中は実際自分が手を汚すまで、真実がわからないだろう。 
どうせ開祖は出てこないし、自分たちは無茶なことはやらされないだろうとたかをくくっているかもしれないが、本当にそうだろうか。
 血族の指示で動いてるのはみえみえなのに、なぜ警察は動かないのか。


信者らしい人の書き込みに、五逆の罪というものがあった。それによると、父母を殺すこととともに、阿羅漢を殺すことも含まれ、麻原は最終解脱者だから殺すと地獄に行くらしい。
野田さんは「麻原を処刑せよ」と言っておられるが、野田さんは阿羅漢らしいから、麻原を処刑するなら自分が一番適任ということなのだろう。どうせ処刑されるなら、人が地獄に落ちる身代わりになろうとしておられるのだ。

ところで仏教の説話に、百人の商人を殺そうとした盗賊を殺した釈迦の前世は、その百人の命を救った徳によって釈迦として大成したという話があるらしい。本当かどうかしらないけども、五千人の犠牲者を出し、それ以降もテロまがいのことをし続けた殺人者を逮捕した者たちは、前世の釈迦のような徳を積んだということだろう。

世にそういうのを菩薩というのだろう。

>血族の指示で動いてるのはみえみえなのに、なぜ警察は動かないのか。

そういう暇があれば、野田さんの事業でも手伝いたまえ。
そういうわけのわからんことで警察を動かすべきではない。税金の無駄遣いを減らして、消費税を減らしてほしい。生活が苦しくなれば一家心中が増える。

昨日のテレビ、野田さんが爆弾発言でもするのかと思って楽しみにしてたのに、ちょっと残念・・・・

昨日のZEROで何名かのサマナをみましたがいずれもがあまりに尊大な態度であきれました
最近のサマナは相当増長してると思います

まぁ

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-6.html
と同じ内容の報道がなされたということだね。

資産相続

カルトという問題は今後も続く問題なのだろうと思う。
ここ数年ということではオウムのサリン事件のようなものは起こらないのだろうけれども、十年や百年の単位では起こりうる可能性も低くない、また、日本だけではなく、多くの国で情報を共有し、できうればリテラシーのような手段を講じて、市民の自衛というものも講じなければならないのだろうと思う。
そのためには情報の資産化をすすめなければならないのだろう。資産化といっても、物品や情報を蒐集し一か所に集めるということではない。そんなものは公の文書や証拠保全を強く求め続ければよいことであり、それ以上のものではない。

体験そのものを語り続け、現況のカルト団体を監視し続けるということが大事なのだろうと思う。先日、ある団体と市民の戦いの中で市民側が敗訴するということが起きた。しゃくし定規な計量的な判決であり、その判決には社会的な責任感が伴っているとも個人的には思えないものであった。

もちろん日本という国の司法はコモンローを中心にそえはしていないし、成文法をもとにして判決をだすことになっている。しかし、それは絶対的なものではなく市民の権利等に関してはコモンロー的な配慮が必要になるものであると思う。

しかし、現況において、そうではない。いつかは肥大化し多くの被害者が出る事態も予想できるにもかかわらず、法の成文のみに根拠をもとめて甘い判断を下してしまうこともある。(これはオウム体験から多くの規制立法ができなかったことに起因すると思う)

昔といっても、大昔でもないのに、多くの人はオウムの犯した犯罪を忘れようとしている。そして、ぼくたちが忘れている間にオウムと同じような道を歩もうとしている団体がいるのかもしれない。

忘れないこと、それが大事なことであるし、オウムのような団体が二度と生まれないようにするには、当事者が多くの人に語り継ぐことが大事なのではないだろうか。

カルト体験が身近の出来事として語られていない。いわゆるオウマーというオウム事件のおたく達がひそひそばなしで語り合うだけであり、社会的な大きな意味合いは持たない。それどころか、私こそオウムの専門家でありオーソリティーであるということを言いたいがためにそこにいる人間も少なくないだろう。

基本的に、それは趣味的な領域であり、美少女フィギアを見せ合って、どっちの方がすごいといってるにしかすぎない。まぁ、それはそれでいいのだろうとおもう。

体験が真摯に語れていない。社会に相続するために言論がつかわれていない。皆無であるとはいわない。滝本弁護士のカナリアの会のようなものもある。しかし、それでは量的に不足なのである。

いまは退会し一般社会に出ている恩田氏の総括などは非常にすぐれたものもあるし、白竜さんのおこなっていたようなすぐれたスキムもあった。

しかし、それらをもってしても不足であるし、継続性に欠ける場合もすくなくない。

カルトへの警告を自己体験として語り、時としては他のカルトと闘う人に協力をおこない公判協力をも惜しまない。そういう人間が必要だし、そうなってこどオウム体験が社会資産になるのだと思う。

野田ちゃんにはそうした趣旨のメールを昨晩かいたのであるけれども、できれば”お金がたまっているぞ”さんやその他のここを見られているオウム体験をした人たちはできればそういうことを検討してほしいと思います。

元パヴィッタ師(=●田さん)

>いまは退会し一般社会に出ている●田氏の総括などは非常にすぐれたものもあるし、

元「師」の体験談ですから、資料としては一級品だとわたしも思っております。
http://shibataishin.akazunoma.com/pv/pv_index.html

↑これはわたしが元パヴィッタ師のブログ日記『カルトからの脱却』を復刻したものです。

復刻の許可を頂くときに実名は伏せるように言われましたので、
「●田さん」としておきます。


わたしも他人の体験談ばかり集めていましたが、
自分のもHPの隅の方にでもいつか書いておこうかと思っております。


野良仕事

>ただ私としては、そのネタの裏づけとなる活動をしなければならない。
>まあ農業がどうのこうの、です。

野良仕事も十分、ブログネタになりますね。
デジカメで作物の成長過程を写したりとか。
害虫の写真を撮ったりとか。
わたしももう少し技を磨いたらやってみたいと思います。


元パヴィッタ師の総括

全部、そろっていないですね。
何か取捨選択した意図があるのでしょうか?

取捨選択した意図

はないです。

彼のブログ日記は保存をしてありますので、いずれ全部うpします。
でも、コメント欄記事のうpはやめておこうかと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/304-4dcb7dfc

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad