元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆金融危機の戦犯

 アラン・グリーンスパン前FRB議長が、金融危機最大の戦犯としてやり玉に挙がっている。

崩壊…目に見えていた 米金融危機でグリーンスパン氏、持論の敗北認める

「過ち犯した」グリーンスパン氏認める 「マエストロ」の面影なく


2005年議会証言

・多岐にわたるデリバティブの活用は、巨大化した金融システムを強固にする中心的役割を果たしている。デリバティブにより、金融リスクの分散が可能になったのだ。


2008/10/23の議会証言

・競争原理と自由経済の堅固な基礎で大黒柱と見られていたところが、崩壊してしまった。私はショックを受け、いまだに、なぜこうなったのか分らない。
・数十年にわたり通用していた経済モデルが突然機能しなくなってしまった。
・私の金融経済モデルには欠陥があった。
・金融危機がここまで大事に至った原因がいまだに分らない。
・私の在任中はデリバティブ市場も今ほど巨大化していなかった。
・銀行は株主を保護する能力があるという前提は間違いであった。
・CDS債務不履行スワップは重大な問題を抱えている。


 私に言わせれば、システム自体崩壊が不可避だったわけだ。それを理解していたのとしていなかったのとでは、舵取りもその結果も大違い。

◆終末論

 私が「終末論を展開している」とコメントを頂いた。だが、それはまだ説いていない。サイクル論の続きで触れる程度にしか言及出来ない。

 ただ確実になりつつあることは、世界経済がボロボロになることだろう。800年周期の転換は、現時点で50%位の確率で起こりそうだ。ただ、この過程で起こるのは、市場経済が混乱して、戦後日本が経験したような、あるいは近年でもロシアやアルゼンチン他で起こったような地下経済。それが一つ。

 更には、グローバリゼーションが急速に縮小し、国家単位で統制される経済になる。まあ保護貿易主義のようになる可能性が高い。70年前世界各国は、恐慌から各国が保護貿易主義に走った。これが第二次世界大戦を引き起こした要因でもあると言われている。それと同じ歴史を繰り返す可能性は高い。

 簡単に言うと、商売上の取引で双方がうまくいっていれば仲良くする。しかし、双方うまくいかなくなると、「貸した金早く返せ」云々で関係が悪化する。それが国家間で起こるだけのことだ。

 地下経済にしろ戦争にしろ、現在でも世界のどこかで進行している事態であるし、近代以降でも特に珍しい出来事ではない。それが起こったとしても、「終末」などではない。まあ、半世紀以上平和ボケした日本人にとっては、どちらも辛いかも知れないが。

コメント


これも面白いな

グリーンスパン発言=「公的資金は無限にある」 「印刷所」

http://www.nikkeyshimbun.com.br/081015-24brasil.html

1年半前のVT正悟師の予言が当たってた!?

アメリカ発 世界恐慌がやってくる?(プロローグ)http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-17.html

世界恐慌1(中高生でもわかる経済)
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-19.html

ドル暴落(中高生でもわかる経済)
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-25.html

地下経済も

恐慌も戦争も、起こらないと思いますよ。
アジア通貨危機でインドネシア・ルピアが暴落しても政権が交代しただけだし、フィリピンで民主革命が起こっても、支配構造に変わりはない。
世界経済がボロボロになる、といのはマスメディアの扇動で、その背後の意図を読み取らなければならないと思います。

背後の意図

現状分析は楽観論から悲観論まで、
種々雑多で混乱しているともいえます。
楽観論者は現体制(自民党)支持であることが多いのですが、
だからと言って、悲観論者が反体制的とも言えません。
背後の意図とは何であると考えますか?

アメリカ発 世界恐慌がやってくる?

理論(持論)が正しいかどうかは、
予測が的中するかどうか、
ということで判定できる。

(「お金が貯まっているぞ」さんが指摘するように)
VT正悟師が2007年3月の時点で、
アメリカ発世界恐慌という話題をUPしているのは、
評価できることだと思います。

紙幣のデザインで付加価値つけませう

>グリーンスパン発言=「公的資金は無限にある」 「印刷所」

日本のお札は技術的に凝ったつくりで、本当に額面どおりの価値がありそうな気もするw

ひょっとして最近になってグリーンスパン氏はVTブログに目を通すようになった?
完全に後追いしてるような錯覚さえ覚える。

この期に及んで神様が「謝る」なんてねえ
先日は、アンチ・ブッシュのポール・クルーグマン教授が怪しい賞を受賞したし
世界はブッシュ・アメリカ完全否定の流れにありますが
日本も麻生さんがサルコジ主催の「アメリカが出席しない会議」で熱弁を振るったり、
大手民法の情報番組で米国の「年次改革要望書」の存在が報道されたりなど
ややアメリカ離れの兆候も見えますが
今後どういうポジションを取っていくんでしょうね

個人的には年内は、ハイパー円高の影響で物価安が進むような気がしてますが、どうなんでしょう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/274-5cd13f0b

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad