元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 今週、日経平均は10月7,8日と連日大幅安となった。米金融危機に加えて、1ドル=100円割れの円高が進んだのも要因だ。読者の中には、「どうして円が高くなるのに日本の景気が悪くなるのか?」と不思議に思う人もいるかもしれない。いつも経済オンリーだとつまらないようなので、今回は教団の話とあわせて解説してみる。

 一国の通貨の高い安いは、その国の総合的生産性によって変動する。プラスどのくらい通貨を流通させているかにもよってくる。これは実は、アレフでも評価されていたことなのだ。何かというと、ステージ昇格制度である。頑張った人には、ステージを1段階もしくは2段階特進で上げて評価するというものだった。これは誰が評価するのかというと、実質上、上長の正悟師である。すると正悟師の性格によって、どの程度昇格するかが大きく分かれてくる。

 例えば、私の場合は評価が厳しく、相当長期間実績をあげた人をやっと昇格させる、という感じだった。ところが二宮正悟師の場合は、出家して間もないのに3段階超特進とか、簡単に昇格させてしまうのだ。要するに評価が甘い。

 この評価が甘い正悟師と辛い正悟師の決めたステージが混在した場合、例えば次のような混乱が起こる。ある人は、ろくろく年功も実績もなく無能なのに、もう師クラスまで昇格している。ある人は、年功も実績もあり有能なのに、まだサマナ長どまり。実績のない無能な人間が、実績ある有能な人間より上になってしまったりする。

 これを解決するには、辛い正悟師評価のサマナ長は、甘い正悟師評価の師より上である、などのランク付けが必要になる。まあ、極真空手の初段は、町の空手道場の3段より上だ、とか。これ「極真3倍段」といいます。

 実際に教団内では、正悟師毎にそういうランク付けがなかったので、甘い辛いの評価が混在した。結果、色々とステージだけでは解決できない微妙な評価の問題が残った。そこでまた二宮正悟師が面白い発言をした。

「もう仕事を評価するのに、1功徳とか2功徳とか決めて(評価・褒美を)あげたらどうか?」

 これはまともに取り上げられなかったが、結局ステージにしろ功徳にしろ誰がそれを発行して与えるか、が問題になる。つまり誰が通貨発行権の銀行になるか、の問題なのだ。

 ではこのステージ・功徳の話を、国家の通貨に置き換えてみよう。

 ここに、二宮ドルを通貨とする二宮国と、野田円を通貨とする野田国があった。貿易上の通貨交換レートは 当初 1二宮ドル=300野田円 であった。野田国民は優秀・勤勉で、製造業で品質の高い製品を輸出し続けた。T社の自動車は機動性に富み、燃費も良く、性能が良かった。一方、二宮国の自動車メーカーG社は、粗雑な作りで燃費も悪かった。T社の車もG社の車も、二宮国では販売価格が1万二宮ドルだったので、T社製は飛ぶように売れた。T社製自動車は、二宮国だけでなく世界中で買われていった。ここでT社の車一台の売上は、1万二宮ドル=300万野田円である。

 勤勉・優秀な野田国民の製品は、自動車以外でも品質が良かった為、どんどん売れた。一方二宮国民は、生産よりも消費好きであった。バイクツーリングやクルージング、グルメ、食べ放題、海外旅行などで浪費するのであった。更には極めて好戦的であり、莫大な軍事費を支出し続けた。この浪費・支出を、結果的に財政赤字垂れ流しでまかなった為、二宮国ではインフレが進んだ。

 これらの要因で、野田円の二宮ドルに対する交換レートは、どんどん切り上がり、 1二宮ドル=100野田円にまで高騰した。

 しかしここでT社は困窮することになる。なぜなら車を前と同じ1万二宮ドルで売っても、今度は売上が100万野田円にしかならない。つまり3分の一である。前と同じ300万野田円の売上確保には、価格が3万二宮ドルになる。そうするとT社製がいくら性能が良くても、高いので売れない。ボロくても安いG社製で我慢する人が多くなる。

 要するに極真3倍段と同じなのだ。優秀勤勉な野田国T社製自動車1台 = 粗雑オンボロ二宮国G社製自動車3台。評価が辛く厳しい野田国の1つの仕事をするのに、評価が甘い二宮国民は、3倍働かねば同じ評価をもらえない、ということなのだ。

 既におわかりかと思うが、野田国・T社 = 日本・トヨタの想定、 二宮国・G社 = アメリカ・GMの想定である。上記はフィクションであり、野田正悟師の部下が勤勉であり、二宮正悟師の部下が勤勉でない、ということではありません。むしろ、二宮正悟師は、優秀な部下ばかり身辺に置き、道場で余り使えない人材を私のところに送りつけたりしてきていたくらいなのだ。

 では勤勉・優秀な日本人が、円高不況で苦しんでいる問題は、どうすべきか?これはステージの話を見直していけば、解決策が見えてくるのである。

(つづく)

コメント


あれれ?

サマナのステージは霊的体験によって決まるのではないのですか?

VT正悟師のお話を聞いていると、

「オウム真理教」は、
まるで、現世の会社や官公庁の組織と大して差はなかったんですね。


わたしは今まで、
「オウム真理教」の「師」とか「正悟師」とか「正大師」といったステージは、
霊的能力や心の成熟度に応じて決められるモノだと信じておりました。


嗚呼。

消費の国が作り出すもの

http://www.msnbc.msn.com/id/24831357/

米は作っているのにカンボジアの子供たちは食えない。弱者切捨ての構造が生まれる。また、この弱者切捨ての構造は自分たちが最底辺にならないようにするために強度の忠誠ヒエラルキーを生む。生産よりも忠誠ってことだね。

がんばれ特進

霊的ステージの判定基準は年を追うごとに基準が厳しくなった。
クンダリニーヨーガを達成するには、それなりに心のぶれの少なさと十分な功徳が必要だから、どちらも相関はある。

サマナ長は、基本が固まっていれば与えられるものだったはず。霊的ステージはあんまり関係ない。

特進なんて、「がんばれ特進」みたいなもので、昔からけっこう多かった。それだけに続かない人も多かった。

ああっ、VT正悟師、ついに・・・

「バルス」を発動してしまったのか・・・

部下の件はフィクションとしても、「一方二宮国民は、生産よりも消費好きであった。バイクツーリングやクルージング、グルメ、食べ放題、海外旅行などで浪費するのであった。更には極めて好戦的であり、莫大な軍事費を支出し続けた。」 という件は明確に否定しているわけではない、ということは、やはり「そういうこと」なわけなんですねえ・・・

その言葉・・・。

>ああっ、VT正悟師、ついに・・・
>「バルス」を発動してしまったのか・・・


『天空の城ラピュタ』で聞いたことがあるような?

http://jp.youtube.com/watch?v=cgfdYpziu5k

フィクション

>ああっ、VT正悟師、ついに・・・

いや、フィクションだってば、フィクション。

二宮正悟師も今頃くしゃみしてるよ 

「フィ ッ クション!!」

どっちが

何か今回の記事・・・・すごいですね。勇気っていうか?
 私はこの間ちょっとニュースで見たことが頭をかすりました。
 直接この記事と関係があるかってことではないけど、間接的にかぶります。 
 結局この仮想の(あくまでも仮想ね)二ノ宮国に存在するのが幸せか野田国に
存在するのが幸せかってこと。これはその人が何を望むかですが?
 で、この間のニュース。ブータンのことが流れていて、
ブータンは王制が変わって民主主義になったんですが、それはまあ本題ではなく。
 ブータンでは教育として幼い頃から自然環境の大切さをじっくり教えます。
そして自然をあくまでも壊さないように法律が決まっていて、家を新築するとき
にも切っていい木の本数が決まっています。
 自分の土地にある木でもそれは国や地球のもので自分の物ではないってこと。
 彼らは国民総生産でなく国民総幸福を理念としています。
 もし多くの木がある土地の下に莫大な鉱産物が眠っていても木を大切にして掘
り出すようなことはしません。
 目先の利益より長い目で見た人間の利益を優先するそうです。
 そこでアンケートを国民みんなにとると何と国民の90%が幸福だと答えます。
 インタビューを試しにしてみても、みんな主婦も農民も老人も質素でも満足で
きる今の暮らしは幸福ですと答えます。
 では経済発展国である。
 日本は?はたして何パーセントの人が幸福と答えるかな?物はあふれています
よね。でも、孤独で誰とでもいいから一緒にいてしまうなら体の関係を結んでセ
フレとかいってどうやったら幸福になれるのと自分の体を大事にしない若い女性。
発展国の中で一番自殺者が多い国。
 日本ははたして何%の人が心から幸福かと答えるのかな?
 では、二ノ宮国と野田国ではどうなのか?または他に別のユートピアがあるの
か?それぞれがどう思われるでしょう???

出家歴浅く三段階特進ってVT正悟師と
同じ大学出身の女性Mさんでしたっけ

悪魔の組織犯罪

乗客の話では、列車の座席の下に新聞紙に包まれた箱が置いてあったり、ガソリン
容器のようなものが倒れたりしていた。また車内に透明の液体がまかれたという証言
もある。(『朝日新聞』95年3月20日夕刊)

 調べでは、不審物は五本の電車に、それぞれ一つずつ置かれていた。捜査本部が密
閉して保管しているが、二十五日までに中身を確認したところ、三つは弁当箱くらい
の大きさの容器が、二つはビニ-ル袋がそれぞれ新聞紙に包まれていたという。(『朝
日新聞』95年3月26日朝刊)

 日比谷線小伝馬町駅-電車が駅に着いた時、車内に直径、高さとも35センチ位の
筒状の物が二重のビニ-ルに包まれて置いてあった。乗客が「これは危ない」とホ-
ムにけ飛ばした。(『読売新聞』95年3月20日夕刊)

 丸ノ内線池袋駅-午前8時30分ごろ、2両目に乗ったところ、ドア付近に新聞紙
に包まれたものがあった。円柱状で人の頭大だった。(『読売新聞』95年3月20
日夕刊)


 不審物の多くは、二十-四十センチ四方の弁当箱状のもので、中には直径約三十五
センチの筒状のものもあったという。(『読売新聞』95年3月20日夕刊)

 日比谷線-新聞紙かチラシのようなものでくるまれ、ビニ-ルのひもで十文字に結
わえられた縦、横二十センチぐらいの紙袋が床に落ちているのに気付いていた。(『読
売新聞』95年3月21日朝刊)

 これまでのところ車内にあった新聞にくるんだ不審物から液が漏れ出しガスが発生
したという。不審物は二十センチほどの大きさの弁当箱のような金属製の物体。(『毎
日新聞』95年3月20日夕刊)

 日比谷線-男が車内に置いたとみられる不審物は、直径.高さとも三十五センチ程度
の円筒形で、新聞紙やビニ-ルで包まれており、液体はサリンとみられている。(『東
京新聞』95年3月21日朝刊)

 千代田線国会議事堂前駅では、ホ-ムに居合わせた清掃作業員(65)が午前八時
十三分着の代々木上原行き電車の先頭の床に強烈な異臭を放つ、高さ約三十センチ、
幅約十五センチの白いプラスチック製の水筒のようなものを見つけた。布切れの上に
置かれていたので、ホ-ムに持ち出し、警察が押収したという。(『東京新聞』95
年3月20日夕刊)
 車内にはシンナ-のような強い異臭が立ちこめていた。車内を探したところ、床に
落ちていたビンのような容器に入った白いポリ袋からにおいが出ているのを発見。駅
構内の管理室内に運んだ。(『日本経済新聞』95年3月20日夕刊)




野田氏の

話は分かりますが、実体経済にそっているのでしょうか?
「世界の金融機関が相互に貸し借りし合うロンドンのユーロダラー市場の取扱い金額は、営業日一日当たり3000億ドルを超え、年間では75兆ドルに達している。優に世界貿易額の25倍に及ぶ巨額である」
「ユーロダラー市場のみに限らず、世界の外国為替市場の取引高も急激に増加している。ニューヨーク連銀からの呼びかけで、1986年3月現在、はじめて日・米・英の中央銀行が同時に調査した外国為替市場の一日当りの取引高は、東京480億ドル、ニューヨーク585億ドル、ロンドン900億ドル、三市場合計で1965億ドルであって、年間49兆ドル強、モノとサービスの世界貿易金額の16倍以上にものぼっている」(ドルと円、宮崎義一著)

「国際的な資金の動きが財とサービスの貿易金額の16-25倍にも達しており、もはやかつてのように世界経済を動かす力は、財・サービスの貿易(実需)と深く関連した資金の国際的流れのみではなくなっているからである。
 英誌『エコノミスト』(1988年1月9日号)も、「70年代のはじめ以降現われた世界経済最大の変化は、為替レートを動かす力が、モノの貿易から貨幣の流れに変わったことである」と述べている」(同著)
 だから、マハティール首相が、アジア通貨危機は国際金融マフィアによって引き起こされた、と憤慨していたのです。

実体に近付いた

むしろ3年前に比べれば実体に近付いてるはず。
もちろん今はドルの危機で揺れているが、今まで円が安すぎたのは確か。
日本に観光に来た外国人がやたら高級なホテルに泊まったり、特に対ユーロは極端だった。ヨーロッパ製品が馬鹿みたいに高い値段に値上げされたりした。
じわじわ長期的にドルは弱くなってきた。今1ドル100円を余裕で切るのが適正なレートじゃないだろうか。
為替は実体経済でなく相場で波が発生して揺れている。それがもろに輸出入の流通に影響を与えているから、日本はいつも為替に敏感な経済構造になる。
世の中脱拝金となれば、そういった波に対しての市場のリアクションも今後変わってくるのは無いだろうか。
「お金には価値がないんだ」そういう認識を持つ人はどんどん増えるのは間違いない。

>話は分かりますが、実体経済にそっているのでしょうか?

ちょっとこれだけだと質問がよく分かりませんが。。。

何にしろ株価が下がると、銀行に担保として入れている株の資産評価が下がります。銀行は新規貸し出しをしなくなり、回収に回ります。企業は資金繰りが苦しくなり、バタバタと倒産していきます。金融経済が実体経済を振り回すのです。

あなたのような立場の人間が、批判は良くないと思いますよ。


>出家歴浅く三段階特進ってVT正悟師と
同じ大学出身の女性Mさんでしたっけ

ちゃいます

嗚呼

>いや、フィクションだってば、フィクション。

>二宮正悟師も今頃くしゃみしてるよ 

>「フィ ッ クション!!」


正悟師が不綺語戒を犯されていいんでせうか?


これは傑作だ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/268-1dabc33d

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad