元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 前回極めて簡単に「ドル暴落」に至る流れに触れました。今回は少し詳細に、アメリカ経済と世界経済の絡みを解説してみます。前回までの国内レベルで実感できる話にはなりませんので、少し専門的で難しいかも知れませんが、ご了承下さい。

 世界経済へのアメリカの影響を考えますと、前世紀後半以降、アメリカが自由主義経済の旗手であったことは疑いがありません。その主な理由の一つは、ドルが世界の基軸通貨であったことです。そしてドルが基軸通貨であるが故に、アメリカは多額の借金を重ねることができたのです。

 その借金とは何か?具体的には各国政府が自国通貨を安定させる為に、外貨準備としてドルを保有してきたのです。その形態は概ね米国債という形が取られてきました。例えば日本政府は2006年末で約9000億ドル(約100兆円)の米国債を保有しています。簡単に言うと、日本政府はアメリカ政府に約100兆円お金を貸している状態なのです。

 中国や東南アジア諸国その他では、自国通貨の価値をドルとリンクさせるペッグ制度を取っています。自国通貨をドルに対して一定の範囲に保つ為に、やはりドルを保有してきました。近年成長著しい中国もドルペッグ制度を取っており、昨年外貨準備残高が日本を超えて世界一となりました。中国もアメリカ政府に、数十兆円規模のお金を貸した状態なのです(但し、中国はドルからユーロ備蓄へとシフト中)。

 ドルが基軸通貨たり得た理由を考えてみますと、自由主義経済の旗手であったことと同時に、世界最強の軍事力の裏付けがあったからと言えましょう。それは米ソ冷戦終結までは、自由主義陣営の親分として、冷戦終結後は世界唯一の覇権国家として、アメリカは「世界の警察官」だったからです。

 簡単に言うと、政情不安定な為、戦争などで国家が容易に転覆するような政府の通貨は誰も欲しがりません。貿易立国・日本のように資源がなく、戦争有事になって貿易がストップしたら沈滞する国もちょっとねぇ…となります。戦争があってもビクともしない自由主義経済の国として、アメリカは信頼を得てきたのです。だから戦争が起こった際には、「有事のドル」を皆買い求めてきました。これは言い方を変えると、国際社会での国と国との信頼関係で、アメリカは世界で最高の信頼を、前世紀までは得てきたということです。

 しかし全ては無常です。信頼を勝ち得てきたアメリカにも、今世紀には奢りの陰が明らかになってきました。滝本弁護士の言葉を借りればこういうことでしょう。

「絶対権力は、絶対に腐敗する」

 「世界の警察官」たるアメリカは、これまで幾度も世界各地の紛争に介入してきました。しかしその軍事力行使が、世界からもはや正義とはみなされないレベルになってきているのです。記憶に新しいところでは、2003年のイラク戦争です。イラク戦争開戦の口実は、「イラクが大量破壊兵器を保有している」というものでした。しかし現実に大量破壊兵器は見つからず、しかもCIAは予め存在していないことを把握していたとも、後に報道されています。

 ブッシュ政権の本音の一つには、共和党の後ろ盾である軍産複合体( military industrial complex )を潤す為に、定期的に戦争を仕掛ける必要があったと思われます。つまり兵器を製造する死の商人から、アメリカ政府が兵器を買って戦争する。その財源は米国債であり、それを日本や各国政府に買わせているということです。世界中が正義とみなさない戦争に、どうしてこれ以上お金を支援したいと思うでしょうか?

 イラク戦争はその戦後処理がうまくいかず、更に1000億ドル(約12兆円)規模で軍事費を予算計上することになりました。しかしイラク駐留に関しては、同盟国・イギリスですら撤退の見通しで、もはやアメリカは孤立無援(子飼いの日本だけまだぐずぐずしてます)。

 更にアメリカは「悪の枢軸」と指定していた、イランに対する強硬姿勢を崩していません。状況は微妙ですが、もし仮にイランと戦争にでもなれば、アメリカの国際的信頼は失墜し、財政的にも窮地に追い込まれる可能性が極めて高くなるでしょう。そうなればドル暴落は、益々現実味を帯びてくることになります。


 この記事のわかりやすさについてコメント頂ければ幸いです(今後の参考に)。

1,難しすぎ
2,ちょっと難しい
3,何となく分かった
4,簡単
5,VT正悟師もまだまだ勉強不足ですな


コメント


評価:3

要はグルにお布施すれば大丈夫ってことですよね。

すいません、ウソです。

今後の通貨事情はどうなると思われますか?
やっぱりユーロですか?

、、、、。

自分に正悟師とへいきで敬称をつけておられる
ところが、とても違和感がありますね。
これが本質的に今のアーレフなんだな、たぶん。

消去法では

ユーロですけど、不動産持つとか。田舎で農業できれば最強(でも平時は日本じゃ厳しい…)。

後は人間関係作って、恩を売りまくっておく。要は功徳ってことになりますね。A派の道場お布施も良いけど、その時は、個別のサマナでちゃんと責任持ってくれそうな人捕まえて「非常時になったら助けて下さいね!!」って言質取っておくんだよ。勿論師クラスでできればいいけどね。コロコロ部署異動しそうならダメですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



そうなるともう信仰の選択の問題になると思います。誠に申し訳ありません。

>「非常時になったら助けて下さいね!!」って言質取っておくんだよ。

サマナなど当てにすると、痛い目みますよ。
実体験より。

>勿論師クラスでできればいいけどね。コロコロ部署異動しそうならダメですね。

貴方が言いますか・・・。

いや私で良ければやらせて頂きますけど、出来る範囲で。

よろしければ電話番号下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感想

中国にとって最大のお得意様であるアメリカはお金が無いので中国から借金する、そのお金で中国製品を輸入する。中国も買ってもらうため、安い人件費・輸出に有利な為替レートで儲けた金をアメリカに貸す。普通の感覚で考えると、とても不健全な持ちつ持たれつの関係なんですね。黒字にするために、関連会社にお金を渡して、その金で自分達の売上げを良くしている粉飾決済になにか似ている。
そして、アメリカ国内は現在不動産ブームに沸いている。東京の地価高騰も、外国資本の流入によるもの。でもそのお金の出所は、日本や中国からの借金。バブルがはじけたら怖いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あのね、野田君

2007/3/28
「あのね、野田君」  カルト問題・犯罪被害

「饒舌」のところにコメントがあったのですね。

>野田
>http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-26.html
>滝本先生こんにちは、おひさしぶりです。
>先生の言葉引用させてもらってます。一度ご覧下さい。

どこの野田さんかと思ったら、
なんと、アーレフの代表野田成人君なんだね。
うーん、なんとも。軽いなぁ。
上祐もひどく軽いし、まだまだ映画を見たいようだけれど、
ご自身はなんで尚更に、なのかなあ。

ご自身、いくら何でもそこまで気軽に書き込める立場ではないんだがな。
ご自身は、神秘体験とかかなりしてしまった方だったっけ?忘れた。
うーん「毒を食らわば皿まで」をいつまでやってるつもりか、が気になります。

脱会相談の場合は、どうぞ直メールでね。
そろそろご自身もいいんじゃないかな。

あっ、引用の箇所は、正確には「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」
と言い、私の言葉でもありません。

歴史学者J・E・アクトンの有名な言葉で、だからこそ「三権分立」が創出されたものです。これが独裁制に対する大きな批判であります。

自分自身の言葉としては、それに続けて「もちろん腐敗するに止まらない」という表現を入れればいいのに、と思ってます。

草々

自分も「3」あたりです。
それから、ひとつ質問ですが教団では年金なんて払わなくていい、経済破綻でもらえなくなる。その分お布施しなさいと言われておりましたが、やっぱり今でもそうですか?

いや

昔より薄れてきています。免除申請は自分でやるように指導され、部署と個人によっては払っています。が、昔の名残も…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

米国の経済成長は緩やかになる一方、引き続き堅調


<G7>共同声明で「世界経済は力強く拡大」 円安言及せず
4月14日11時21分配信 毎日新聞


 【ワシントン山本明彦】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は13日午後(日本時間14日午前)、ワシントンで開かれ、「世界経済はリスクは残るが、過去30年で最も力強く拡大している」とする共同声明を採択し、閉幕した。減速傾向が続く米国経済について、「成長は緩やかになっているが、底堅さを維持している」との認識を盛り込み、2月末に発生した世界同時株安も「健全な調整」(福井俊彦・日銀総裁)との見方で一致した。
 円安・ユーロ高が進む中でG7が開かれたが、声明は、為替相場に関して、「経済の基礎的諸条件を反映すべきだ」などと前回2月のG7の表現をそのまま踏襲した。欧州から批判が出ている円安には直接の言及は避け、結果として現状の為替相場を容認する形となった。中国・人民元については一段の柔軟化を改めて求めた。
 日本経済について声明は、「景気回復は軌道に乗り、継続が見込まれる」と評価。前回G7と同様、市場関係者に、こうした経済動向を織り込んで取引するよう促し、過度の円安を招きかねない「円キャリー取引」(超低金利の円を調達して他国通貨に換え高い利回りで運用する手法)の行き過ぎを暗にけん制した。
 6月の主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)で議長国・ドイツが主要議題に取り上げる予定のヘッジファンドについて、声明は「金融システムの効率化に貢献している」と評価しつつ、「動向を引き続き監視する」と注意を払う方針を示した。

◆G7共同声明の骨子
・世界経済は過去30年で最も力強く拡大し、より均衡がとれている
・米国の経済成長は緩やかになる一方、引き続き堅調。日本の景気回復は、継続が見込まれる
・為替相場は経済の基礎的諸条件を反映すべきだ。過度の変動は望ましくない
・中国の為替相場は調整が進むよう変動することが望ましい
・ヘッジファンドを含め国際金融市場の動向を引き続き監視

最終更新:4月14日13時5分


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/26-23648190

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad