元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 秋葉原でおきた無差別大量殺人事件について触れてみる。まあ「元祖」というべきか無差別大量殺人事件を起こした団体幹部としては、触れがたい部分もある。が、それは棚に上げておいて、いくつか感じた点を挙げてみる。

・社会秩序の破壊願望

 加藤容疑者は社会に対して憎悪を向けていた。これについて、模倣犯が相次いでいる。これは単に、模倣しているだけの話ではなかろう。加藤容疑者の心情に対して「共感」というべきか何と言うべきか、(適当な言葉が見あたらないが)似たような感情を抱いている若者が多い。それが事実だろう。その感情とは、「現体制秩序への破壊衝動」と表現できるかも。

 通常人間には、一定の秩序を構築したいと考える心の働きと、その逆の心の働きが存在する。私なりのヨーガ解釈で言うならば、緊張と弛緩、つまり右気道と左気道である。個人のレベルでは、一生懸命働いた後は、ゆっくり休む、ってなことだ。個人と集団の関係では、一定の規律ある創造的活動と周囲からの認知・受容。つまり何か社会に意味のあることをやって、それが認められるってなこと(ま、この辺はまだ整然とした解釈ではありませんが)。

 この緊張と弛緩が、うまくメリハリがきいてバランスが取れていれば、問題はない。しかし、ひたすら緊張を強いられて弛緩することがないと、自己もしくは他者に対して破壊的な結果をもたらしかねない。以前、ひたすら緊張を強いられた人物が、複数の子供を殺した事例を挙げた。加藤容疑者も表面的には大人しく、寡黙でまじめだ、と受け取られていた。親や会社に対しては、表面的には「良い子」だった。しかし、単に仮面を被った緊張を強いられていたに過ぎない。このような若者は、最近とみに増えている。親や上司の言うことが納得出来なくても、表面的には従う、という若者が。彼らの深層心理に蓄積される憎悪は、加藤容疑者と類似するものがあるだろう。

 この表面的な恭順さと裏腹な内面。その大きな要因は、ここで何度も取り上げているが、資本主義・拝金主義によって人間関係が希薄になったこと。更には、格差の問題であろう。いくら頑張っても思うようにいかない、認められない。それに耐えるにも限界があるってことだろう。


・敷居が低くなることのデメリット

 グローバリゼーションによって、世界は狭くなり、個人が認知出来る領域は広がった。世界中の人と簡単にやりとりができるようになり、物や情報のやりとりが遠方の人とも容易にできる。以前に比べると、国家や地域の敷居が低くなったといえるだろう。昔だったら、加藤容疑者の抱いた憎悪は、家族や会社その他認識出来る狭い範囲内の対象に向けられた筈のもの。親にも会社にも受容されていないと感じた彼は、ネットに行き着いた。しかしそこでも受容されるわけではなかった。それで逆に社会に敵意を向けた、とも解釈出来る。

 13年前の「元祖」無差別大量殺人の事件は、「10億宇宙に唯一人の魂」と自称するカリスマ宗教家がいなければ起きなかった。

 次に記憶に残る事件は、7年前の宅間守氏の事件だ。彼には精神科の通院歴があった、が、「カリスマ」などではなかった。

 加藤容疑者は、どこにでも居そうな、大人しくまじめな人物だった。

 どんどんとしきい値が下がっているように思えるのは、俺だけか?


・犯罪予告監視

 今回の事件を切っ掛けに、ネットの犯罪予告を監視する目が強まった。いたずらも含めて、その後の模倣犯は、容赦なく逮捕されている。そのような取り締まりが効果を奏するであろうか?単なる犯行予告の書き込みで逮捕が続出するだけで終わるだろうか?

 資本主義がひたすら増大させ続けている問題(格差・人間性無視の拝金主義)は、依然として変わらない。もし人類が共通の無意識というものを有するとしたならば、潜在的に蓄積され増大し続けている問題は、どこかで噴出してくるように思える。

 「ごくせん・小泉」で触れたが、戦争を希望するフリーターの主張。どんなに頑張っても負け組から這い上がれない若者の気持ちに、加藤容疑者と似通ったところを感じる。戦争か…、それとも無差別大量殺人か…。比べようがないな。

 ここまで来て仏典を思い出した。世の中がどんどん乱れて、人々が10悪を行うようになる。最後は、お互いを「これは獣だ!、これは獣だ!」と罵り合いながら殺し合う。それがハルマゲドンってな解釈になる。

 このネット監視強化は、見知らぬ人で少しでも変なことを口走ったヤツには、「こいつは危険だ、こいつは逮捕だ!」となる。お互いに対して不信と憎悪を増大させるこの事態が、何となく似ているなぁ…、と思ってしまった。

コメント


加藤智大なんてど~でもええが、美女の加藤智子はどこにいるのだろう

ハルマゲドン?

>ここまで来て仏典を思い出した。
>世の中がどんどん乱れて、人々が10悪を行うようになる。
>最後は、お互いを「これは獣だ!、これは獣だ!」と罵り合いながら殺し合う。
>それがハルマゲドンってな解釈になる。

それはソンシの解釈では?

わたしは現在の状況ではないと思います。
日本は他国に比べて治安は良いのでは?
地震の死者も少ないですし、もし、地獄のカルマが多かったのでしたら、
もっと悲惨なことになるでしょう。
先日の宮城県山間部の地震と、
中国・四川省大地震の死者を比較すれば、一目瞭然です。

ナノスケール最終戦争の遍在

>それはソンシの解釈では?

解釈どころか、教団内も実質似たようなものでは?
派閥対立はお互いの主張こそ絶対悪と全否定してたから絶対に折り合い付かなかった。

というか、互いに自己の正当性を主張し、相手の貴いものを悪の権化、枢軸として完全否定して刺し違えて果てるのが対立、戦争というものの究極形だ。
だからお互いに罵り合うことになるんだろうな。

少なくとも、そういう「解釈」があるのなら、避けられてもいいものなのだが。これは教団内のハルマゲドンになってしまった。

国民はお客か、国家の事業主か

今回の西成の暴動は長引いた。
財界には財界の正義があってそれを追求している。結果として良質な購買力と労働力の素となる中流階級の崩壊を招き、疲弊した底辺層の増大を招き、経済活動の地盤沈下を招く恐れもある。クルマはもっと売れなくなる。
民意が反映されるかどうかといえば、自民党が政権を失っても消費税率が元に戻ることはないだろう。
まずい反動が日本には起きないと断言できる材料もない。

経済的富国強兵策に歩兵として黙ってついてくる日本人というのもこれで終わるかもしれない。
破滅的対立関係から、生産的緊張バランスへの転換には、個々人の精神的従属からの自立が必要。基本的に日本はそれが許されている社会だ。
でもそこから逃げて従属する低い安定に安住しているのが実態。
それが今の政治、経済システムに反映されてしまっている。
凶悪犯罪が起きれば、ますます家畜的管理を甘受することになるだろう。

少なくとも自ら歩き、走り出すための材料を提供する地図、靴屋や自転車屋のような役割がどこかに必要になってくる。

久々のトラバ

誰かと思ったら…
ま、ええか。。。

拝金主義を打ち破る方法

格差・人間性無視の拝金主義を打ち破るのは、
カルマの法則と輪廻転生を信じる人口が増えることだろう。
そのためには現世的にも幸福そうに見える成就者が必要。
みなさん、そんな成就者になってください。
もちろん、私も頑張らないといけないのだけれども…。

秋葉にいる、わいわいのサマナが、ころされればよかったこもしれんね-

朝日は旧態依然」 サリン事件遺族、「死に神」問題で再抗議

 朝日新聞夕刊1面コラム「素粒子」で、計13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫法相を「死に神」と表記したことに抗議、質問した「全国犯罪被害者の会」(あすの会)への朝日新聞社の回答を不満として、「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人の高橋シズヱさん(61)が3日、同社に抗議文を送付した。

 抗議文では、あすの会の「被害者遺族にどんな気持ちを起こさせるか考えなかったのか」との質問に同社が「気持ちに思いが至らなかった」と回答したことに触れ、「犯罪被害者へのさまざまな二次被害防止の取り組みがなされている中、(朝日新聞社は)旧態依然と言わざるを得ない」と批判している。

 鳩山法相については「現行法に従って粛々と(死刑執行を)実行した。何ら非難、中傷を受けるようなことではない」と擁護した。

7月3日18時26分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000940-san-soci

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/234-e1c528c1

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad