元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆量子論

 非常につまらないものになりそう。だから今回は別の話。

◆病苦からの解放

 皆さんがこの記事を読んでいる時には、大村さんは教団に存在していない。既に脱会したのだ。この経緯については、現時点では詳しく述べない。が、結果的には、「追い出し」という評価もやむを得ないのではないか?

 大村さんは、よくシヴァ大神やグルの示唆に富んだ夢を見ることで知られている。派閥問題最盛の頃は、A派の師は彼女の見た夢を文章にしてサマナによく回したりしていた。自分たちの正当性を裏付ける示唆的な夢だとして引用していたのだ。だが、彼女が教団の問題を指摘しだした途端、この対応である。

 A派は追い出しの大義名分として、これまで彼女が周囲に行ってきた迷惑行為を拡大解釈した。

「もう教団にいても悪業を積むだけだから。現世に戻ってやり直した方が良い。それが(師の)あなたに対する慈愛だ。嫌悪しているのではない。」

 う~ん、この辺のプライドで自分の弱さを認められないところが問題なんだけどね。

 つい先日にも、合同会議側は、規約・綱領の改正とやらをやっていた。その中には、オウム真理教時代からの三つの救済とおぼしき内容があった。「現世的な幸福・病苦からの解放・解脱悟りへ導く」ってやつだ。しかし現実には、「病苦からの解放」ではなく「病苦の方、追放」である。

 え?A派が病苦のサマナを介護しなくていいという意味なんだって?A派が病苦のサマナを世話する苦しみから解放されるってことね?こりゃまた斬新な新解釈だな。

 う~ん、まあ老老介護、介護に疲れて無理心中とか社会問題でもあるけど、なんだかなぁ…。

◆大村さんへの反応

 しかしながら、今回驚いたのは、サマナの対応だった。

 大村さんに迷惑を被った、というサマナがいたのも事実だ。同時に、大村さんは大事な友達だから絶対出ていって欲しくない、というサマナも複数存在した。彼らのほとんどは当初大村さんからの訴えを聞いて同情していた。「酷い話だね~、師の対応は酷い」と。しかし大村さんに表向き同情はしても、この対応を問題として師に苦情を述べたりするものはほとんどいなかった。

 あるサマナは「大村さんの為に、合同会議が還俗指示を考え直してくれるように」と署名活動を始めた。しかし結局それに署名したのは、私VTとそのサマナの他は、わずか2名。その内1人は私が書かせたようなものだったから、発起人以外は実質1名である。

 結局、みんなおかしいと思っても、我が身かわいさに、ものが言えないのである。

 あるサマナは、最初大村さんに同情していたが、署名その他で協力を求められると途端に困惑した。「師がおかしいと思っても、自分の思うことも言えないの?」と大村さんが問いつめると、その後「大村さんは傲慢だと思う、やはり師の言うとおり還俗すべきだと思う」と手のひらを返すメールをよこしてきた。

 「大村さんは可哀想だと思うけど、師には何も言えない、私には何もできない、ゴメンね。」

 これが他複数の友人の反応である。しかもこれらの友人も、師から説明を聞かされた後は、急に冷淡になったらしい。話をしようとしても、「今、忙しいから…」とか。

 サマナは同様の問題が、自分の身に降りかかることを想像していない。あるサマナは、「それは大村さんと師の問題だから」「私がそういうことになったら、その時考える」と述べた。また、そうならないように、一生懸命A派師におべっかを使っているものもいる。

 このように書くと、サマナ=被害者・師=加害者のような構図に見えてしまう。しかし、実際には師も被害者的なところがある。

 「今の教団はおかしいと思うけど、松本家には何も言えない、私には何もできない。これがグルのため、救済のため、自分の転生のため。」

 本質的には、(松本死刑囚含めた)松本家に原因がある。そういう意味で、師もサマナも、ある意味被害者である。が、師やサマナは、自ら望んでその選択を行っている以上、当人達は、被害者などとは考えていないのであろうし、「絶対的な真理」を実践している以上、自分たちが誰かを害している、教団が誰かを害しているなどとは、夢にも考えないのだろう。そう、椅子取りゲームで、一つずつ椅子が減っていき、自分の座る椅子が無くなっている事態に直面するまでは…。

コメント


すべては心の現れ

慈悲の実践が最も重要だと思います。

慈悲の実践は自他ともに幸福にして
無慈悲の実践は自他ともに不幸にします。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/92_14545.html

慈悲がすべて

~チベットに伝わる話~

「昔あるところにたいへん慈悲深い師がいた。

 その師は
『どうか来世は地獄に転生することができますように。
 そして地獄の住人を救うことができますように。』
という強い発願をしていた。

 そのような発願の修行をしていると、師は来世自分が非常に高い天界に転生するヴィジョンを頻繁に見るようになった。

 自己保全を放棄し慈悲の実践によって高い天界に転生する土台ができたのである。

 師はそのようなヴィジョンを見るようになり、たいへん嘆き悲しんだ。

 そして師は自分の弟子たちにこのように懇願した。

『このままではわたしは来世天界に転生してしまう。
 わたしはどうしても来世地獄に転生して地獄の住人たちを救いたいのだ。

 お前たち、どうか『わたしたちの師が来世地獄に転生できますように』と祈ってほしい!」

無慈悲が諸悪の根源

~現代日本に存在するある仏教教団から伝わってきた話~

「現在あるところに師たちがいた。

 その師たちと出家修行者たちは
『どうか来世は三悪趣に落ちませんように。
 ずっと教団が存続しますように。
 わたしたちの修行環境・生活環境が守られますように』
という強い発願をしていた。

 そのような発願の修行をしていると、どんどん教団は精神的・環境的に悲惨な状態になっていった。

 教団保全・自己保全ばかりを修習するという無慈悲の実践によってどんどん現象が悪化したのである。

 師たちと出家修行たちはそのような教団を見て、たいへん嘆き悲しんだ。

 そして師たちは『師たちには慈悲がない!』と指摘した出家修行者にこのように言い放った。

『将来教団を解散することも考えている。
 わたしたちにあなたの面倒を見続けることはできない。
 どうか教団を出て行ってほしい。』

 そう言われた出家修行者は苦悩の末に教団を出て行くことを選択した。

 果たして教団の行く末は如何に?!

今後

サマナ粛清について現役信徒曰く
「わたしたちからしたら布施をしている身だから
精鋭だけを残すのは嬉しいけど
出されるサマナとしたら
たまったもんじゃないでしょうね。」

どう考えても現世でやっていけない人や
社会経験ゼロの人もどんどん出されるでしょう。

出家するときの誘い文句は「一生教団が面倒見る、
一生現世で働かなくていい」
というフレーズだったような記憶があります。

松本家

↓ちょっと、前の投稿文を変えさせていただきました。


~現代日本に存在するある死刑囚家族のひとりから伝わってきた話~

「現在あるところに松本家の正大師たちがいた。

 その正大師たちは
『どうか来世は麻原尊師の元に転生できますように。
 ずっと松本家が存続しますように。
 わたしたちの修行環境・生活環境が守られますように』
という強い発願をしていた。

 そのような発願の修行をしていると、どんどん松本家は精神的・環境的に悲惨な状態になっていった。

 松本家の保全・自己保全ばかりを修習するという無慈悲の実践によってどんどん現象が悪化したのである。

 正大師たちはそのような松本家を見て、たいへん嘆き悲しんだ。

 そして正大師たちは『アーちゃんたちには慈悲がない!』と指摘したサチコさんにこのように言い放った。

『将来松本家の一家離散も考えている。
 わたしたちにあなたの生活の面倒を見続けることはできない。
 どうか松本家を出て行ってほしい。』

 そう言われたサチコさんは苦悩の末に風俗業に従事することを選択した。

 果たして松本家の行く末は如何に?!


秘儀漏洩

オンフルール板に以下のように書かれていましたが、
彼らはそんなことを言っているんでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Message#13451 2008年5月7日(水)03時57分
From: 山本英司 返事 削除 変更
通信販売で定期購読している
『ボーディサットヴァ』vol.17(2008年5月1日発行)に、

告知
 要注意!
 ――〝漏洩〟説法データ等を見ることは
    重大な破戒に

 下向した人たちやいわゆるオウマーと呼ばれる人たちの手によって、教団に関する情報
がいろいろな形で外部に流されています。その中には、イニシエーション関係のデータや
説法関係のデータもあるようです。
 皆さんは、これらを閲覧したり、入手して、データとして自分のパソコンに保管したりは
していないでしょうか。
 これらのデータについては、特に気を付けなければなりませんので、ここに、皆さんに
対して注意喚起をしておきたいと思います。
[以下略]

なる記事が掲載されていました。

続きはアーレフ・オンラインショップにて(笑)
http://www.aleph.to/shop/goods-03-2003.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その秘儀漏洩サイトを列挙しておきます。

ATA説法集
http://pureweb.jp/~ata/

ヴァジラヤーナ教本
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/vkyogaku.htm

ファイナルスピーチⅣ
http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/fs4/index.html



現役の方が利用する上で、イニシエーション関係は問題はあると思いますが、
一般の説法自体は問題ないと思いますけど。



真言宗やチベット密教でも灌頂(=イニシエーション)を受けないうちは密教の修行は出来ませんからね。

次は自分の番

2008年04月22日介護疲れの心中

58歳の男性が86歳の母親を殺害して、自殺
介護と生活苦、年金からの後期高齢者医療保険料の天引き
1年未納したら、保険証を取り上げ医療機関に全額払い
いくら保険料の未納が多いと言っても、
社会保険庁に対する不信感がそれを増長させたように感じます
  
そしてこの1ヶ月くらいで
介護疲れによる心中が、7件も起きているようです
いまの介護の現実を表しています
このような悲劇は多くなるばかりでしょう

20年後には、年金なし、今から仕事・手に職なし、貯金なし、助けてくる人なしでは、尊師のノストラダムスの予言のように集団心中するしかないでしょう。

ドタキャンならぬ土壇場で裏切り

一般的にサマナは情が薄い。
そのかわり体制には従順だ。
情は悪とまで言われている。

署名がたった2、3人しか集まらなかったのかい。
パールのサマナ達は慈愛と違って
エリートではないし若くもないから
教団にとっては大切な存在でもないだろう。
明日は我が身と思った方が良い。

書かないといっておいて、お書きになるのは、どういったご了見なのでしょうか?
説明もなしで、意味がわかりません。

一般的な問題を取り上げる個別事例 としてはあげるって言ってたよね

しかも書かない、というのは、4/4の声明文掲載を希望した大村さんへの配慮であって、皆さんへのものではありません。彼女との話も随時しております。よろしいでしょうか?

ついでに予め

断っとくと、彼女にも面白い記事かいてもらった(今回の騒動とは別の内容)のを掲載予定

野田君嫌いだったけど。

野田さんのことは嫌いだったけど、いろいろと話を聞いていると、可愛く思えてきた。
応援するよ頑張ってくれ。
オウムは過去の話。
家元制度の上に成り立つアーレフは解散したほうがいいね。
もう何も無くなったようですね。悲しいな。

いいかげんにしろといってるんだ!

まず、この記事は、サマナ選別4、というシリーズ化されたサマナ選別という記事のつづき、という体裁になっており、けして、「ちがう話題だが、例題として」取り上げられたものではないのは明白です。
記事自体は大歓迎ですが、期待をあおっておいてそっちの勝手でやめておいて、しかも、それにたいして、腹が立つむねコメント差し上げたものには、無視をきめこんでおられたにかかわらず、平気で、こんなてんかいになるのは、ひどく、気分が悪いです。
大村さんにしても、修行のために、なにがあっても自己のカルマと受け止め、なにも言わないのではなかったのですか!
面白い記事の掲載の前に、けじめが必要なんではありませんか?

彼女は統合失調症なので(本人が言ってた)
気分によって変わるんでは?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

野田さんどうですね?

一般的な問題を取り上げる個別事例 としてはあげるってのは、なにか似たような話題のときにちょうどいいから例題としてだけふれる、というくらいに解釈していたんだけれど、ちがったのかな。
野田氏は、世界に向けて発信されているネットの世界の上で、統合失調症の自覚があって、いっていることがころころと変わる人には気遣いし、その人のいうとおり、記事を発信したり、勝手に途中でやめたり、かと思うと勝手に復活させたりするが、それを見て反応する側が歯がゆい思いをするのには、全く気遣いする必要はないと考えているというわけかな。
こんどは、無視せずに答えがほしいものだ。
できれば、統合失調症なりにどう思うか、本人に聞いてみたい。

だから

俺は元々、実況はしないが、辞めた段階で終わったこととして題材にするつもりだったの。大村さんが望んでいるわけでも何でもない。俺がやっているだけ。

何か誤解させて、不愉快だったらゴメンね。

これでこれは終わりにして下さい。>共通さん

野田さんへ

さいしょから、いなくなったら題材とするつもりだった、というのは、具体例としてはとりあげるかもしれないといったのはうそだったわけですか?
コメントは一日三回までとのことですのでこれでやめますが、誤解させた、とあやまるのではなく、始まった話を同情や、期待をあおっておいて急に変なやめ方をしたことや、具体例としてとりあげるかも、といっておいて、続きをかくにいたったことを謝っていただけませんか、こんなんじゃ、気持ち悪すぎる。
例、とは、違う話題上で、にかよった話をたとえ話としてわかりやすいようにとりあげる、という意味しかないのであって、同じ話題のつづきをしておいて、これが具体例としてとりあげたのだ、などと開き直ってもらってはこまります。
またブログを発信する上で、見る人がいることを意識するのはあたりまえで、大村さんに気を使ったのであって見ている人に気をつかったつもりはない、といういいかたは、通りませんよ。
急にやめて、かってにかっこつけているサマナ(元?)をみて、見ているもののなかにはこれだけ気分がわるかったものもいるということです。
乱雑乱文、悪言ご容赦ください。

お互いの解釈の違いですけど
そちらに誤解を生ませてごめんなさい

そのときにはすでに手遅れであった

>本質的には、(松本死刑囚含めた)松本家に原因がある。
>そういう意味で、師もサマナも、ある意味被害者である。
>が、師やサマナは、自ら望んでその選択を行っている以上、当人達は、被害者などとは考えていないのであろうし、
>「絶対的な真理」を実践している以上、自分たちが誰かを害している、教団が誰かを害しているなどとは、夢にも考えないのだろう。
>そう、椅子取りゲームで、一つずつ椅子が減っていき、自分の座る椅子が無くなっている事態に直面するまでは…。


まだ誰も書いていないようなので。
有名なマルティン・ニーメラーの詩(の普及版)です。

--------------------------------
ナチが共産主義者を襲ったとき、
自分はやや不安になった
けれども結局自分は共産主義者ではなかったので
何もしなかった
それからナチは社会主義者を攻撃した
自分の不安はやや増大した
けれども依然として自分は社会主義者ではなかったので
そこでやはり何もしなかった。
それから学校が 新聞が ユダヤ人が
というふうにつぎつぎと攻撃し
そのたびに自分の不安は増したが
なおも何事も行わなかった
さてそれからナチは教会を攻撃した
自分は牧師であった
そこで初めて自分は行動に出た
しかし そのときにはすでに手遅れであった


類は友を呼ぶならば

類は友を呼ぶといいますが、だとすれば大村さんはもはやA派の「類」ではなくなったのでしょう、精神的に。教団ではこういうのを縁が切れるとか、カルマが消滅すると言うのですよね。
本人は落胆しているのかわからないけど、次のステップに進む時がきたのではないでしょうか。離れて外から教団を見つめることで得ることが待ってますよ。
主観的ですが今から人生に絶望する必要はぜんぜんありません。
これだけ年金や老人介護、メタボリックなどの生活習慣病の危険が報道されているのです。教団が言うように我が組織に入信しなければ老い、病、死を意識できない世の中ではありません。
傲慢はあきらかに一部の教団幹部ですね。

ガチンコ対決後の疲弊

>>そう、椅子取りゲームで、一つずつ椅子が減っていき、自分の座る椅子が無くなっている事態に直面するまでは…。
>
>まだ誰も書いていないようなので。
>有名なマルティン・ニーメラーの詩(の普及版)です。

介護問題を担当するチームもあったように思いますが、あまり実態は伝わってきませんね。いや、本文にあるような解釈でないとは思いたいのですが。

> このように書くと、サマナ=被害者・師=加害者のような構図に見えてしまう。しかし、実際には師も被害者的なところがある。
>
> 「今の教団はおかしいと思うけど、松本家には何も言えない、私には何もできない。これがグルのため、救済のため、自分の転生のため。」

今までの対立の構図からして、アンチを展開しても、とことん頑なになるばかりで、さして建設的な方向へ転がることがなかったから、みなダンマリを通すようになったのだと思う。以前はここまで静かでなかったからね。
むろん、それだからこそ、余計に誰も異議を唱えにくくなってしまったような所はありますが。

邪魔者がいなくなったのだから、今の主流派はそのサマディ教団といったような理想をとことん追及すればいい。その結果の良否がどうであれ、自らが選択した、その心の内の顕現化だから、その結果を自ら受け止めなければならない。
むしろ邪魔してはいけないとさえ思う。

ただ、有意な現象化に結びつけるための触媒としての働きはいくらか出来るのではないかと考えている。単純なアンチよりは自分としては結果が出せると思う。つまり、今の翼賛体制の問題点を内部から現象化することである。いずれ避けて通れない問題を、少し早め、凝縮し、コントラストを高める。
もともといろいろな問題を先送りにしている現状から、小康のバランスが崩れると危ないという事案も多い。

病巣の治療は早いほうが絶対いい。というかもうTime's up。

へったほうがいいんじゃないの

公安の監視も楽になるし、国費負担もすくなくなる。
ひいては松本家の監視も容易になる。

それにしても不思議な団体とギャラリーだ自分たちのことしか考えていないし
自分たちにとってどういった意味を持つしか考えていないW

社会とのかかわりなどまったく考慮できないようだ。
その体質は以前に罪を重ねた体質とまったくかわっていない。

大村さんのことは別として

偉そうにカルマとか語っていた奴らが粛正されるのはいいことだが
慈愛のサマナが相変わらずのうのうと生きてるのは気に入らない

ゴルゴさん

オウム関係どのスレもよそもん程
得意になって仕切りたがる(笑)

ああ失礼

よく読んでみたらゴルゴさんは仕切ってはいないか。

厳密にいったら野田さんの身内だから
余所の人でもないな。

サマディ教団

水中クンバカ  30分以上
空中浮揚    1メートル以上

はクリアして欲しい。そうすれば、このブログの雑魚にも
馬鹿にされないでしょう。

最近教団は聞いたところによると家族ぐるみで入信したりとかあるみたいです。
みんな今の教団でも問題ないし、事件なんて気にしない人達のようです。
確かに教団の仏教的な教えなどがよくていいと感じる部分があるのは理解できたとしても新しい人達は今の教団の問題などをどう思うのか知りたいですね。
空中を1メートル飛ぶ?それができても心が傲慢だったら意味ないと思います。

馬鹿にしているの?

はじめまして。
私はネットをいろいろ見ていてここにたどり着いたものです。

私は統合失調症という病気にかかっています。
皆様の書き込みを拝見したら病名が書かれてあったので、反応してしまいました。
私は宗教のことは全くわかりません。
ですから、私が書こうとしていることは、皆様の意図に外れていることかもしれませんがご容赦ください。

皆様は統合失調症という病気がどういう病気なのかご存知ですか。
どれほどの苦しみなのかご存知ですか。
それを知っての上で、
>できれば、統合失調症なりにどう思うか、本人に聞いてみたい。
このような発言をしているのですか。

病人を馬鹿にするのもはなはだしい。

病人とされる方は本当に病院へ行ったのですか。そしてそういう認定を受けているんですか。
認定を受けるには最低半年~1年半もかかるんですが、出家修行者が高額な医療費を支払って、認定を受けるまでの期間、病院へ通えるはずがないと、私は勝手に想像しています。(この想像あたりが私が病人ゆえだとご判断していただいて結構。)

病気を隠れ蓑にしていませんか。
病気を理由にして、悪事から逃れようと、面倒なことから逃れようとしていませんか。

以前の日記に、野田さんが心療内科へ行くように勧められたという部分がありましたが、あれはどういう意味ですか。どういう意図ですか。
日記を読む限り、野田さんから精神的病は感じないんですけど。

まさか各自治体の福祉に関する助成金を不正受給しようとする計画じゃないですよね。(このあたりも私の病気ゆえの妄想ととらえて結構。)
とにかく、皆さん、精神病で苦しんでいる方々に対する配慮がない。(というか、配慮するような所じゃないか、ここは。)馬鹿にしているとしか思えない。

何が宗教なの?どこが宗教なの?
全く「愛」が感じられない。
そんなあなた方から、統合失調症をはじめとする精神病の名前を聞きたくありません。
今度一切使用しないように強く求めます。

魔境か病気か?

統合失調症の妄想型というのは単なる魔境ではないだろうか。
幻覚が見えたりするのは修行の途中でよくあることだ。

修業中にメガネをかけたのに、メガネがかかっていない、
おかしいと思ったら、アストラルでメガネをかけていたとか、
あるはずのない窓が壁に現れたりとか、
そういうような幻覚は、
程度の差はあると思うが、
真面目に修行していれば、
だれでも見るものである。

その幻覚が激しくなると現実と幻覚の区別が難しくなってくる。
それだけのことではないだろうか。
きっちりと修行していけば、
そういう状態からは抜け出す。

それとは別の本格的な統合失調症という病気もあるかもしれないが、
修行者の統合失調症は単なる魔境だと私は思う。

だからこそ、大村さんが修行できる環境にいることが大切だと思うが、
お茶の代わりにお酒を飲んでいたという、
アルコール依存症的な経歴を持ち、
出家してなお、禁酒できていないという条件なら、
どうすれば、いいか、難しい問題だ。
アーレフの問題解決能力が低くなっているとは思うが、
在家に戻すというのも一理あるかもしれない。
あるいは、アーレフの慈愛が不足しているかもしれない。

信徒さんの立場から見ると、
お酒を飲んでいるサマナのために、
お布施を出すということも、
抵抗があるのではないだろうか。

世界の中心で愛を叫ぶ

YSヨシコ24歳よ、よく聞きなさい。

この掲示板で管理人でもないあなたが
NGワードを規定するなど傲慢ではなかろうか。

愛というものは己のエゴを満たすことではない。

ましてや財施セミナーでイニシエーションを
取置きしてもらうことなどでは絶対にないのだ。

障害者認定を受ければ
診療費が無料になることも覚えておくがよい。

普通の病人ですさん=YSヨシコ24歳さん

ということでよろしいのでしょうか?

確かに本当にそっくりです。



統合失調症

ではないでしょ。まともですよ。
大村さんは、寝る前に酒を規定量与えるようにすれば、どうですかね。
昼間飲んだら、夜はあげない、とか。
ワークさぼったら、一週間の禁酒、とかね。

宮廷革命の様相

>確かに教団の仏教的な教えなどがよくていいと感じる部分があるのは理解できたとしても新しい人達は今の教団の問題などをどう思うのか知りたいですね。

おそらく「見なくていい、気にしなくていい」と教えられているのだと思います。
基本的な仏法を学び、布施など積徳が結果として実際の功徳(心の中の明るさのようなもの)になっていれば、本人にとってはメリットになっていると思います。
今の問題は、長く修行した者にとっての、ある程度から先へはどうする?という問題であって、多分に宮廷革命的要素が強いと思います。
上層部ほど影響が大きく、きっかけも上層部の対立から始まっています。

骨まで

骨まで、しゃぶってポイすて。。空中浮揚のためか社会犯罪を正当化するためw
大政翼賛会的な発想をするものは上層部の責任にする。
社会から、どう見えているかわかんないんだろうね

社会相関

自分たちの社会とより外部の社会との相関がまったくみえていない。信仰とは基本的にはより大きな集合社会のなかの部分集合であり、より外部の社会との相関関係をもとうとするものであるはずである。故に社会の通念などをより深化させ道義的には正しくあろうとするものであり、それは歴史的にみても犯罪カルトを除く信仰団体では戒律として定められている場合がおおいのを見ても分かるだろうと思う。

また、社会にとっては犯罪者の育成機関くらいにしかみえていないし社会的な接点はない。つまり悪魔崇拝とどうようの閉鎖された集団であり、ときおり一般人に金をせびり、被害者への賠償を不労という手法で回避している反社会集団である。

もし、一般人なみに罪の意識を感じるならば、ぷかぷか空中を浮揚することなどを口にせず、しっかりと勤労して被害者賠償でもすすめたらどうだろうか。

あたらしく家族で新たに入信する人がいるんですか?
もし、それが事実だとすると公安にそれはちゃんと報告されているんでしょうかね?
公安はえーじぇんとですものねW
それが国民に報告されるものであっても嘘の報告をしてもいいってことですかねぇ




二宮正悟師

集団で空を飛べば世間の人達も
私達を認めざるを得ない・・・

と言ってたそうですが。

二ノ宮正悟師は、いつも口だけ。
四の五の並べなくて良いから、やって見せて欲しい。

>大政翼賛会的な発想をするものは上層部の責任にする。

まぁそう簡単に決め付けないでね。上だけの責任なんてそんなわけないし。上のほうの課題であることは間違いない。上が悪いというのとは違う。
古い在家信徒は、入門者ではないので、ここ数年は派閥対立の影響かぶってますね。もちろん出家しているサマナはほとんどすべて。

ダルマを学ぶこと、布施することは、どの仏教団体でもやってるんで、そこに関しては違いはない。違いがないというだけ。
「本人にとっては」と限定語いれたけど、案の定、予想したようなツッコミが。
小乗論を大乗論で反論するのは不毛。荒れるのはココが原因。果てしなく荒れます。仏教が学問論争のネタに堕するのもココだと思います。ここを超えないと、仏教はどんどん衰退するだろうね。

仏教の派は違っても、基本はあまり変わらなかったりすることはよく云われていて、ある段階から違いが見られる。
それゆえ、大乗の話を持ち出すような段階になると、誰もが教団の現在抱えている問題にぶち当たることになる。

本立ちて道生ず

なので、上層部のごたごたに責任を帰着して文句を言ってる人にはよく噛み付きますけどね。管理職クラスの人は身動き取れないから、現場の人間が動くしかないんですけどね。当事者意識持たないと、本当に、まんま大政翼賛会ですね。民意の未成熟の結果みたいなものか。

もちろん、入門した人が今後、いずれ直面する問題にどう向き合うかを考えれば、根本を解決しないと、どうしようもなくなるのは確かですね。「本立ちて道生ず」ということです。いつまでも次のステップへ進むのを押しとどめるようなことになれば各地の道場活動も本末転倒となります。

共通さんへ

大村さんがこのブログに今後は自分のことを
発表しないといういきさつになったのは
「諸事情」があったとのこと。

共通さんに大村さんから伝言

「神経逆撫でさせてごめんなさい。」

別にA派の擁護はする気もないけど、病気が理由でというより大村さんが
周りにやってきたことが原因だと思います。

酒で酔って、包丁振り回したり、師部屋でおしっこしたりとさんざん周りに迷惑
かけたそうじゃないですか。それが、精神的な疾患でそういう行為をやってしまったなら
大村さんを同情するけど。
そうじゃない、わざとなら、追い出すA派側の気持ちもわからんでもないな。
また、追い出される=だれかを追い出したという点で物事を考える
ことも必要だと思う。彼女のコメント読むと何らその辺の反省がない。

自分が周りにやったことが、自分に帰ってきてるということ。


>別にA派の擁護はする気もないけど、病気が理由でというより大村さんが
>周りにやってきたことが原因だと思います。

出来の悪い人間にとっては、戦々恐々、次は自分の番だ(((( ;゚Д゚))))
いやもう、それだけ教団の余裕もないってことか。腹をくくるしかないか。

弱いものから切り捨てる

どんなに理屈をたてても自分たちの都合で弱いものを切り捨てているようにしか見えない。底辺を決めるシステムが作動すれば、永遠とそのシステムは稼動し続ける。
足を引っ張り密告をし、自分よりも低いものを決める。
味方は自分より上位にあるものだろう。
弱者決定システム、それは弱いものいじめほかならない。弱いものいじめに大義名分をつけるそのすがたは卑しいものだ。

彼女は強者だろうか、師に追放された事実をもってして、それは否であるはずである。
また、切るという既成事実をつくるのが最大の目標だろう。それはこれから足の引っ張り合いで決定される弱者にむけられていくのではないか。

こちらこそごめんなさい

次の日書き込もうとしたら、書き込み制限がかかっていてかけませんでした、遅くなりましたが、まずは正悟師に二度もごめんなさいをいわせてしまって、ごめんなさい。
大村さんにも、事情もしらず失礼しました。

通りすがりさんへ

>追い出すA派側の気持ちもわからんでもないな。

通りすがりさんは、今までの経緯を知らないから、そんな風に思うのですよ。
大村さんは、確かに暴れたりする事もあったけれど、数年前までは、その事に関して周りはそれを受け入れていたわけです。
U正悟師公認で酒を飲んだ事もありました。タントラの修行者のカルマが強いから、うまく使って導くしかない、という話を聞いたこともあります。

また、大村さんの夢は、尊師からの示唆的扱いをされていた事もあり、私も師から、大村さんの体験談をもらったことも2度程あります。

確かに、追い出されるような事をしたこともあるかもしれませんが、でもね、A派は自分達の都合の良い時だけちやほやして、合同会議にとって目障りな発言をして邪魔だと思えば、真理の実践者とはとても思えないような汚い手を使って、追い出しを賭けてくるのです。
外部者(信徒を含む)は、いくら話を聞いても、信じられないと思います。
私も数年前まではそうでした。
教団がやる事に間違いはない。師がやる事には、尊師の意思が含まれており、また相手を思っての行動だろうと。

でも、それは思い込みでした。
本当に、汚い手を使って、A派に従順でないサマナを追い出しているのです。それは大村さんだけではありません。某師や某師補、、、、

ここに、尊師の意思はないと思いました。
(それじゃなきゃ、正悟師が二人もやめたりしませんよ。事件後、多くのバッシングを受け、教団崩壊の危機も乗り越え、10年以上も教団運営に尽力されてこられた正悟師が、そんなに簡単にやめるわけないでしょう。よほど、よほどの理由があったから、離れていかれたのではないかと思います。)
四無量心なんて、言葉だけ。それとは、正反対の嫌悪が横行しているのです。
なぜ、多くの師が、反対せずに今のやり方を続けているのか疑問でなりません。
あなた達は、どこにたどりつきたいのですか?

支部も同じです。
元マイトレーヤ正大師やVT正悟師の批判を平気でします。そして、それを信徒が聞いて、笑っているのです。周りのサマナも師も笑っている。なぜ、それに疑問を持たないのですか?
そんな状態だから、結局、新しい人しか導けない。新しく入った人は、法友同士で批判し嫌悪している状態を当たり前だと捉え、同じようにA派に従順でない人を批判し嫌悪する。そういう空間になっています。

A派は尊師に向かっているようで、逆をいっているように思えます。
悲しい事です。

U正悟師はなぜグルでもないのに
カルマを見極められないのに
タントラの指導など出来るのでしょうか。
タントラの指導は本当にステージの高い人しか
出来ないはず。

しかも最後まで自分が手をかけたサマナを
面倒見ずに途中で切っていますよね。

私見ですが正悟師ではタントラや
金剛乗の教えや戒はサマナ信徒に
与えてはいけないかと思います。
サマナに

金さえ稼げれば酒も女もタバコも
見逃してもらえます。
持つべきものは手に職ですねー。

可能性を広げよう

>U正悟師公認で酒を飲んだ事もありました。タントラの修行者のカルマが強いから、うまく使って導くしかない、という話を聞いたこともあります。

O村さんは、希少種として貴重な存在でもあったなぁ。

ここらへんは、当事者でないとなんともわかんないね。判断の根拠を掴んでいるのは当事者だ。聞きかじりで判断できない。そういう導き方は過去に例が無いわけではないし。というかいくつか類似の話は今まで見聞きした。全くでたらめと云うわけでもなし。

正悟師も指導する側として、問題に対して、何らかの判断しなきゃならんし。今の状況でそんしに責任丸投げしたら、多分一喝されて終わりだよ。

どんな立場、ステージでも、目の前の課題にはそれぞれ出来ることをやるしかないんじゃないかな。「自分はヒラのサマナだからできない、やっちゃいけない」と、いつまでも制限、タガをかけて責任から距離をおくよりは。永遠に成長してはいけないってことになりかねない。

ちょっとコメント過多ですね。抑制します。

>次の日書き込もうとしたら、書き込み制限がかかっていてかけませんでした

え?新規ではかけてないですよ
既存の規制(ucom他)にかかったのかも

>しかも最後まで自分が手をかけたサマナを、面倒見ずに途中で切っていますよね。

これは、最後私が受け継いだから、他の正悟師は免責なんです。
私が投げ出したときに、一緒に問責してください。

まあ、これが教団に残っている一つの理由です。


>どんな立場、ステージでも、目の前の課題にはそれぞれ出来ることをやるしかないんじゃないかな。「自分はヒラのサマナだからできない、やっちゃいけない」と、いつまでも制限、タガをかけて責任から距離をおくよりは。永遠に成長してはいけないってことになりかねない。

そう。

誤解を招く表現でした すみません

>U正悟師はなぜグルでもないのに
カルマを見極められないのに
タントラの指導など出来るのでしょうか。
タントラの指導は本当にステージの高い人しか
出来ないはず。

お酒を飲む事を許可したのはU正悟師ですが、
タントラ云々の話は、U正悟師がされたのではありません。
誰が始めにそう言ったかはわかりません。
サマナ間で、そういう認識になっていたのです。

また、事件後は正悟師が教団を運営されていたと思いますので
(背後に御家族がいたのかもしれませんが。)
どこかで誰かが、判断しないといけないので、
個別に色々な対応がなされたのは、当然だったと思います。
無責任だ、ではなく、逆に、そういう判断をしなければならない分、
責任を引き受けなくてはならないし、判断したもののカルマになると
いう話もあるので、大変だと思います。
今の教団は、責任の所在があきらかでありません。
何が起こっても、逃げ、逃げ、逃げ。


あと、
>なぜグルでもないのに
カルマを見極められないのに
タントラの指導など出来るのでしょうか。

とおっしゃるなら、

なぜ師はグルでもないのに
下向させることができるのでしょうか?

という疑問は、なぜ発せられないのでしょうか?
大きな疑問です。

コメント3つ目。

飲酒の許可イコール、タントラの指導と解釈しました。

>なぜ師がサマナを下向させることが出来るの

バックが存在するからでしょう。

その質問は
なぜご家族がグルでもないのに
サマナを下向させられるの?
に変換した方がよろしいですね。

更に細かいことを言うなら
何故グルでもないのに出家を認められるの?

本屋でキャッチして教学も全くしてない人を
すぐ出家させましたね。
何故一部の師はグルでもないのに
コンソートを作るのですか。

何故合同会議はお酒と精神の病がだめで
働いた金一銭も布施しないで
300万貯め込んで業財と小遣いを別にもらって
今は働いてなくて
わがままばっかり
言ってる人を
還俗させないのですか。

>本当に、汚い手を使って、A派に従順でないサマナを追い出しているのです。それは大村さんだけではありません。某師や某師補、、、、

誰が追い出されたんだ?
A派にとってあまりふれられてほしくない所があるためか
全然情報が出回っていませんね

総括 自主解散

自主解散の案が出てそれを実効に移そうとしていたのですが、三女が「そんなことをしたら、尊師の帰ってくるところがなくなっちゃうじゃない。そんなの絶対許さない!」というようなことを言って、この話は流れたというような噂を聞いたことがあります。

これが真実であるかどうか確証はありませんが、そんなものではないかと思います。三女は父親を思う気持ちから言ったものであり、娘としては当然の発言でしょうが、もしこの時点で自主解散が行われていたら、教団に関わった多くの者達の人生も変わっていたことでしょう。自主解散が行われなかったことが、今となっては悔やまれます。

http://itigenn.blog115.fc2.com/blog-entry-57.html

アーちゃんの妄言

>自主解散の案が出てそれを実効に移そうとしていたのですが、
>三女が「そんなことをしたら、尊師の帰ってくるところがなくなっちゃうじゃない。
>そんなの絶対許さない!」

もう帰ってこないのに何を言っているんだと思いますね。

猊下時代の前ですが、
今もそう思っているんでしょうか?

で、アーレフを裏から操って、解散させないようにしてサマナ100人体制へと移行すると。

自主解散

その後三女は、解散を
視野に入れるようになったとさ。

これは自分のステージでは対応できません。とかいいながら普段は
「俺の他心通でお前の人生にアドバイスしてやるから有り難く思え!」といわんばかりに
色々説教してくるサマナ。でもそのとおりにしてうまくいかなかったと伝えると
「それはあなたのカルマです」と平然と答えるサマナ。
偉そうにしたいけど責任は負わないなんてことが世の中で通用しますかね?
幼稚園児ですか?

Zさまへ

そのようなサマナにはこのように対応すればいいのではないでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=iDdQfaGgbmg

財施部なのにずっと働かない人、
極度な精神不安定の人が出されるみたい。

今までは真面目に働いてる人が
なんだかんだ理由付けて働かない人の
会費や生活費を面倒見てたところがあり
それが頭に来て辞めたサマナたくさんいますね。

>財施部なのにずっと働かない人、
>極度な精神不安定の人が出されるみたい。

ならば布施者がおすすめ。
布施者は、何をしても自由。

数年来、一般人とつきあって破戒を繰り返していようが、
マンション借りて大学行こうが
お供物もらってサマナ扱い。

信徒と何が違うのかね。

これ以上、出家制度を、真理をねじまげるな!

布施者と信徒との違い

名簿に名前は一応ある。
お供物がもらえる。
セミナーは無料。
修行場、施設に入れる。
イベントにも参加出来る。

子供班も同様です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/223-658d6c91

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad