元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

大村さん続報


 当初の通告は、4月1日からサマナではなくなる趣旨の内容であったらしい。しかしながら3/30夜のパールの身内食事会では、特に問題視されたフシもなく、しばらくは経費の面も含めて処遇は変わらないようである。

 合同会議側も、実家の親から「本人を説得して納得させてから」と引き取りの条件を突きつけられて困っているのであろう。恐らく今後、複数の師が彼女に対する説得を試みるであろう。

 ところでこのパールの身内食事会は、前回まで私は呼ばれていた。今回は師から「参加をご遠慮頂きたい」との連絡が来た。大村さんの件もあり、師とも話して、彼らの立場と苦労その他も理解したので、出席しなかった。私は師の立場も分かるし、その葛藤もある程度理解しているつもりだ。

 大村さん自身、破戒等で問題がないサマナではない。こう書いてしまうと本人に失礼だが、彼女と相当信頼関係のある友達にでも、「(マンションのような小規模の)同じ住居でクラスのは嫌!」と言わしめる問題点がある。

 しかしながら、私自身は、彼女の向上欲求と努力は大変評価している。よって、合同会議が「還俗指示」を全員一致で採択した以上、彼女に対しては私が最後の責任を取る旨を師に伝えた。これは合同会議がサマナと認める如何に関わらず、住居その他今後の世話をするということである。まあ、「私が彼女の面倒を見てもいい」という提案は、しばらく前にも一度師にも伝えていた。あらためて伝えた私の提案を、果たして合同会議側がどう扱うのか?

 勿論、サマナの還俗指示については、これまでにもあった話である。しかし教団を辞めてもらうサマナの条件として

1、お布施をしない、ワーク・奉仕作業をしない
2、いつの間にか勝手に外住居に住んでいる
3、強制的に入れられない限り、修行も余りやらない

 これらに該当する人物がリストアップされてきた。私が知る限りにおいて、大村さんはこれらに該当せず、一度もリストアップされたことはなかった。

 他方、病人や認知症の高齢者の世話を誰がするか、というのも問題にはなっていた。この病人・高齢者の世話については、合同会議でもひたすら小田原評定が続いていたようだ。しかしながら今回、還俗指示というところまで踏み込んだわけである。

 しかも、サマナの還俗指示については、該当するサマナに事前に面談を何度もするのが常であった。つまり「今のまま、お布施もしない修行もしない状態だと、サマナでいてもしょうがないから、辞めてもらうことになるよ」と選択を迫るのである。今回については、そのような事前の話はなく、かなり唐突に合同会議での決議を行っている。サマナ一人について決議を行ったのも、多分初めてではないか。

 ところで今回の還俗指示について、「松本家の指示があったのかどうか」。これについては、「可能性は排除できない」とだけ回答しておく。というのはこの点を論点としてA派師やサマナに突いたとしても、事実関係を容易に明らかにできるものでもなく、尚且つ論点としてつかみ所のないものになってしまうからだ。

 だが、このサマナの還俗指示は、サマナにとって切実な問題である。この点については、次回以降に記す予定である。


コメント


コメント一番識華皇子は今何処w

評論家としては非常に面白い展開

元無料体験者?風情がおこがましいですがw 

VT代表、大村さんとやらと同様「現状維持」ってことで合同会議に丸め込まれた??

あ、一番上のコメントは親記事と関係ないことを書いていて、

黒龍さんみたいですな。(藁)


大村さんのような人がなぜ教団にしがみついているのが第一、解せないですな。
わたしとは全然立場が違うし、一番近そうなのはサンディタ師のような気がしますけど。

教団から離れてしばらくしたら白龍さんみたいに、
ブログでもつくってA派の理不尽さを洗いざらいぶちまけたらどうかと思いますな。


サマナ一人について決議を行ったのも、多分初めてではないか。

大村さんは特例が多いですねwww

判断のしきい値はどこに?

>1、お布施をしない、ワーク・奉仕作業をしない
>2、いつの間にか勝手に外住居に住んでいる
>3、強制的に入れられない限り、修行も余りやらない

困ったなぁ
1も3も、人のこと言えたもんじゃない。2はないけど、出先で遅くなって始発の電車で帰ることもたまに。

扶養がたいへんだったり、サマナとしての実態が希薄だったり、問題が多くて苦慮してるのはわかります。でも自分自身、問題がないわけじゃないし、ほとんど「上向きの可能性がゼロではない」というだけで今の存在があるのが今のサンガ全体の実態のような気がします。
「これだけ問題があるから切捨て」では、状況が厳しくなると歯止めがきかなくなる危険があります。

可能性があるかどうかが判断の分かれ目で、確定的に、本人の修行を続ける意思がないなら、どういう理由でサンガにとどまっているのか訊いてみるのは必須でしょうね。それこそ無料宿泊所っぽくとらえてるだけなら、おいとまを本人に伝えれば済みます。本人もそんなにショックではないでしょう。信があってサンガに残っているのなら、それは本人も(チャンスがあれば浮上したいという)上向の可能性を捨ててないことの現われですから、それを否定するのはとても酷なことになります。

こういう話題になると、

わたしのようなお馬~や元在家はついていくのがやっとな思いがしますな。
サマナ生活なんてしたことがないんですもの。

ソンシの歌、「救済の構図Ⅱ」だったかな?
「サマナせいかつはたのしい♪」なんてフレーズがあったような?

わたしのような者から見れば、不自由だらけでどこが楽しいのか?と思いますな。



(追記) ↓これでした!

『救済の構図Part2』
http://bodhisattva.x0.to/music/q02.wma

私は現世を捨てて家を出る 私は出家し離解脱したいんだ

ビック生活は楽しい毎日だ サマナの生活は素晴らしいよ
修行者の毎日は楽しいよ 真理の実践は素晴らしい





>貯まってる師匠

ビック生活は楽し毎日だ サマナの生活は素晴しいよ 修行者の毎日は楽しいよ
真理の実践は素晴しい

でしょ

あらら、修正されとるw

時計代わりに使える歌。師匠も毎日歌いましょw

どのフレーズで何分、って

不悪口言うさん

>時計代わりに使える歌。師匠も毎日歌いましょw

いいえ、出家生活なんてまっぴらですから、歌うのもイヤでつ!


わたしはむしろ、↓こっちの方が良いでつ!

http://aumer000yasu.tripod.com/kakuseinotoki.html


おいっちに

一般人として見るとね
1 オームやアーレフの生活が病気にした
2 親から引き離しのたのは教団である
3 邪魔だから追い出そうとしている

おやごさんとしてはとんでもないことを教団から言われた気分だろうね。

それにしても固定された症状がなにであるかも分からないのに分かってることを前提にして野田ちゃんを攻撃している人が多いね。W

まぁ、分かってる人なんだろうけどねWW
どうせそういった人も何年後かにはOさんの心境を自分の中に再現させるんだろう。
とりあえず、これは成功してほしいね。Oさんの追い出しを積極的にやっていただきたい。やればやるほどに社会的な責任論の元で無責任で反社会的で非人道的な犯罪者崇拝集団としての性格を明確に社会に訴求できるだろう。

とりあえず追放の手段がほしい。そのための第一弾でしょうけどね。
あまりにも間抜けな手法だわ!

まよって、まよって、犯罪者崇拝者幹部は社会性のない。且つ、出家したおあばちゃんを殴ったりすることが平気な残虐な人間から助言をもらったのだろう。

まぁじゃなくともしてもだ、あほな方法だし世間からは、そういうところだとみられるだけ。

それにしてもだ、いま

大村さん

教団のやり方には問題があるが、
大村さんにも問題がある。
尊師に帰依するということは、
尊師の教えに帰依するということで、
戒律を守ることも含まれる。

私は尊師に帰依していますと言うならば、
まず戒律を守るように努めるべきである。
私は最近になって、やっと戒律の重要性に気付いてきた。
戒律を守らずして、いくら修行しても、
ザルで水を汲むようなものである。

ただ破戒の師も教団に残っていることを考えると、
大村さんに下向命令を出すのは不条理である。
現状維持はベストな選択でしょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

カーリー

18世紀に崩壊した盗賊団がインドにあった。その名前はサグと呼ばれていた。隊商や結婚式のパレードなどにまぎれこみ、親しくなったあとに夜陰に乗じて、黄色いマフラーで隊商やパレードの人を絞殺する。絞殺する人間と死体を埋葬する人間を分業し、自分たち独自の言葉までつくり世襲制でその盗賊稼業を数世紀にわたって続けた。彼らの所業は常軌を逸していて、4000名ほどの人数にもかかわらす、年間数万人もの人間を強奪のために殺したという。そんな彼らが信奉していたのがカーリーだった。

えっとぉ・・・

オウム教団の中にカーリーって名前をもったひとっていましたっけ?

まぁ

それの教師が元締めってことかなW


>オウム教団の中にカーリーって名前をもったひとっていましたっけ?


ソンシの次女じゃないですか。


宗教詐欺にひっかかった人たちに捧ぐ歌

追放の標的はつぎはだれだろ
つぎはだれだろう
おーこわ
おーこわ
わたしかもしんない
あなたかもしんない
記名投票の先にいたのは
わたしかもしれない
あなたかもしれない
おーこわ
おーこわ
食糧配給停止
家賃滞納
おーそれもこわし
おーそれもこわし
サグたちゃぁ(某幹部たち)
金庫カラになりゃとんずらさ
家賃滞納
わたしたちゃねむるところもない
だったらだれかをいけにえに進ぜようか
どうか
どうか
神様、わたしを最後にしてください
祈る手を友を引きずり出す手に変え
祈る声を不信心者をばじる怒声に変えよう
おーこわ
おーこわ
あとは考えずに一心に友を蹴落とそう
高齢者
障害者
病人は邪魔者だ
おれたちもいつかはそうなるけど
そんなの関係ない
現世利益
いまこそ帰依のしるし
友を怒鳴れ

できればつれてにげてよ
サグのわたしぃ

とくらぁW

悪魔の世論操作

 分かりやすい例をあげよう。例えば政府が少年法を改正したいと思ったとする。表
の世界ではできることは限られている。いくら少年法改正に向けて論議を尽くしたと
しても、その効果はたかが知れている。国民に対するインパクトも実質的にはゼロで
ある。しかしこれが裏の世界の話となると状況は一変する。突然、少年による凶悪犯
罪が増える。マスコミが騒ぎ、識者と言われる人たちの意見が紙面を賑わす。巷の話
題もそのことばかり。必然的に少年法改正論議にも花が咲く、ということになる。
 おいおい、これではまるで最近の少年犯罪激増は政府による陰謀であると主張して
いるようなものではないか、と仰るかもしれない。実はその通りなのである。そんな
馬鹿な、いくらなんでもそこまではやらないだろう、と言うのが一般大衆の反応であ
る。自分の貧困な想像力が及ばない問題については、たちまち心を閉ざしてしまう。
それが陰謀家どもの狙い目であることも知らずにだ。存在しないものについては攻撃
される恐れはない。大衆の理解が及ばない陰謀については、暴露される危険はない。
政府の影で暗躍する秘密結社のネットワ-クはその秘密性の故に無敵なのである。
 秘密結社は警察組織を完璧にコントロ-ルしているから、犯人がうっかり現場に残
してしまった証拠も握り潰すことができる。スケ-プ・ゴ-トの逮捕で事件に幕を引
き、激昂した世論を宥めることもできる。そこで何も知らない大衆は一安心して、事
件はすっかり片づいたと思い込む。だが実はそこから本当の事件は始まっているのだ。
 少年犯罪が繰り返されることにより、今まで否定的だった人も少年法改正やむなし
の意見に傾く。世論の動向を見極めてタイミングよく少年法改正法案が国会に提出さ
れる。少年犯罪は少年法改正に利用されたのではなくて、少年法を改正するために少
年犯罪が引き起こされたのである。これが筆者が言うところの世論誘導、世論操作、
心理操作なのである。民主主義社会とはあくまで合意を前提とした社会である。全体
主義国家のように上から一方的に法律を押しつけるわけにはいかない。だから大衆が
自発的にその法律を必要としているという雰囲気を作り上げることが重要になる。新
法制定は政府によって無理やり押しつけられたものではなく、我々が自らが欲した結
果なのだ。民主主義社会の世論操作は全体主義社会のそれよりもはるかに巧妙である。
民主主義社会が全体主義社会より危険だという理由がこれで分かってもらえただろう。
筆者は民主主義社会を「笑顔のファシズム」と呼んでいる。
 そしてこの世論操作の技術は日本でも明治維新以来、あるいはひょっとしたらそれ
以前から行使されてきた。世論操作のために秘密結社によって遂行された犯罪例を、
これからいくつかのパタ-ンに分類して、その動機を解明して行きたい。

還俗指示

病人と高齢者も還俗指示が出されているのですか?
正式決定なんですかね。
テーラワーダでは、女性は僧になれないので、シカマとして
僧の手助けをしたりしてます。高齢者の僧や病人の僧の
介護も、そのシカマがしたりします。
一方、僧の破戒に対しては厳しく、女性とセックスしたり
すれば、即還俗です。
教団も見習って欲しいです。

VT正悟師さま

黒龍をアク禁にしてください。

それにしても

このサグどもの幼稚な官僚主義の真似事はどうだろう。
まるで、頭の悪い女子大生が書いた官僚物語みたいじゃないか。
まぁそれにおどらされるサグどももサグだけどね。

お願い様

昔のコメント欄に比べたら大分マシになってきたから、我慢してくださいな。というのが私の今のさじ加減。


教団から出ることが完全に想定外ならば
教団が存続する限り居られる方法は
ないものかね。

だからさ、

黒龍はリモホ公開だって!

ところでひょっとして黒龍って、
ヴァジラヤーナサッチャで後ろの方の
三文小説書いてた奴じゃねーの?

黒龍さんの米

マキシマム ザ ホルモンが川北サリンって題名で楽曲を出そうとしたところ
レコード会社からストップがかかったそうです。なんでも被害者感情に考慮してとの
ことらしいですけどね。いまは出版含む多くのところで慎重に扱わざるを得ない。
これはしかたないことだし、だからどんな意見でもいいんじゃないかな

黒龍さんは、そのままでいいんじゃないかな W

愛着信仰

特に女性のサマナは尊師に対する愛着信仰が強いので、大村さんもよく考えて自分の道を進んでください。
また現在、尊師愛着信仰のいろんなグル-プがあるので、変に巻き込まれないように。
時には修行と称して死者が何人も出たり、身の破滅、修行者生活の終焉を迎える場合があるので。(例えばケロヨンクラブ、OOOO班)
また現在から、未来のA派は、ケロヨンクラブの崩壊のプロセスに非常によく似ておりますので要注意してください。

A派の心の叫び

わたしたちは超エリートなのよ!
ケロヨンなんかといっしょにしないでちょうだいっっ!!

コメント

解散を前提に病気や高齢のサマナはずしをしているのならば何の問題もないと思う。
そういう人間から強制的に追い出さないと解散は難しいだろう。
ひかりの輪のように病気や高齢のサマナ保護という「名目」で存続されては困る。
オウム系の団体は狡猾で、名目を作り上げてしぶとく存続するものだ。

病気の人を保護するのは福祉の役割であってカルト宗教ではない。
教団で面倒を見るのではなく、行政に陳情すればどうか?

あのようなひどい事件を起こさなければ、何の問題もなく病気や高齢者を置いておく
ことができたのであり、これは自業自得としかいいようがないのである。

これは教団トップである麻原が残された信者の生活を何も考えていなかったのであり
そのような教祖を未だ拝み続けることがいかに馬鹿馬鹿しいことに気づいていないかと
いう自己責任の結果にすぎない。


大村さんとうとうクビになったの?よかったじゃないの。これでまっとうな道に戻れる。
おめでとう、私は大村さんがサリン事件の騒動の只中に青山に来て、ワークしながら嫌がって帰りたがってたのを覚えてる。その後頭剃られて・・・あれから14年ぐらい、帰ってなかったわけだ、ずっと。
あんた好き勝手やらせてもらってたんだから文句言っちゃだめだよ。やっと帰してもらえたんだからありがたがらないと。そして心機一転人の役に立つ事でもやってくれ。
困ったことがあったら何でも言ってくれよ。


 ↑

偉そうに~ww

何でも言ってくれよっていうならさ、連絡先や素性くらい明らかにしてそういうことをいってやれや。

しかし、言い方は嫌味だが、「そして心機一転人の役に立つ事でもやってくれ」っていうのは同感かな。

やってくれ というよりは、そういうところで持てる力を発揮できるといいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/215-edc53169

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad