元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆大村さん独白の続き

 これはあまりにもひどい、私のそれまで一生懸命やっていたその努力までをも踏みにじる行為です。私はやったことはやった。やっていないことはやっていないでいいです。しかし、彼らは、私が酒を飲んだ結果、ときどき記憶がないのをいいことに「あれは大村さんがいくらやっていないと言ってもやっているの」とまで言って、嘘を本当にしようとしています。

 そこまで言われたサマナはびっくりして、「まさか師が嘘をつくはずがない」と思うでしょう。私が悪い、出ていかされて当然と思うでしょう。どちらを信用するかは、本人次第で仕方ありません。

 その後、いろいろなことがわかりました。私の下向命令は3月10日の合同会議で全員が手をあげたこと。そのときに「大村さんの状況を考えて」とか「大村さんの輪廻転生の為」などと、おためごかしを言っていたようです。でも本当は、「病気と年寄りと今のA側に少しでも反抗したものは下向させる」という三女からの指令を受けていたこと(VT注:これはあくまで本人がいくつかの情報から推測したものに過ぎない)。

 とにかく将来解散も考えていて、優秀な人だけを残す方針。年寄り、病人はそれだけでお荷物でカルマが悪く徳がないし、将来面倒みられないので家に帰すという方針。それをサマナには伝えず、そういうことを隠し、合同会議に賛成させるアンケートを取ってから、私に家に帰れと言ってきました。

 私に同情したパールヴァティの人たちは、師に対して、「大村さんを家に帰そうとしているのか?」とたずねてくれました。しかし師達は、「大村さんに家に帰れなんて言ってない」と言いました。あきらかに私に上記の宣言をしたのもかかわらずです。

 そしてサマナには言葉たくみに、「ひとえに大村の利益を考えて…」のような綺麗事を並べ立てていたのです。「大村さんをやめさせないで!」と言う署名運動をしようとしたサマナを、一人一人個別に呼びだし、あきらかなウソを並べ立てました。

 その上で師達は私に内緒で、私の実家にまで行って親に私を引き取るように頼んだのです。親に確認したところ、行ったのは、A師・B師・C師・D師の4人。

 私の親は、「引き取ってもいいけれど」といいつつも、次のことを付け加えました。

「元々あなた方の教義は、親を捨てても出家させるという主旨のはず。それで一生面倒見るということ。そして私の娘は一途でまっすぐでそういう不器用な人間だったから、それを信じて全財産を布施して、親の私たちのお金を100万円騙し取ってまで出家した。借金を100万円ローンさせて、強引に不合法な手段で出家させた。それはあなた方教団が私の娘にやらしたのでしょう。

 だったら私たちも娘を帰してほしいけれど、一途なうちの娘は納得しない。今の足のケガもあなた方教団の仕事で壊れたもの。頭も元々まともだったのに、あなた方たちが、娘の心を壊すまで追い込んだ。あなた方は親を捨てさせ、娘の体と心をズタズタにして、その上で重荷になったら、責任がもてないといって、なぜ今更使いもにのならなくなったら親に面倒を見さすのか!それでは私の娘の気持ちは踏みにじられる。帰すなら帰すで私の娘が納得いくまでちゃんと責任をもって説得してほしい。

 私の娘は一途だから絶対に納得しなければ動かないから、娘がこれからの人生きちんと生きれるように説得して帰してほしい」

 このように私の親は言ったそうです。それに対して師は、4人も雁首そろえて何も言えなかった。

 合同会議のみんなが全員手をあげて私を追い出すなら、私自身を説得してほしい。そういう話もなしに、いきなり欠席裁判で死刑判決が下されて、言い訳や弁明もできない。ただ、都合が悪くなったら出ていけ、もう決定だから、という。サマナの人生をなんだと思っているんだ。人を人とも思っていない方針で出て行かす。そういう卑劣な手段には断固!!不服従をつらぬく!!

 結局、合同会議は30人か40人も師が雁首をそろえて、私一人をも納得させらえる法則も智慧も力もない。何もない。そこにあるのは法的に何の力もありえるはずもない影の鶴の一声に自動的に従っているのである(VT注:上と同じくあくまで本人の推測)。

 その人たちは自分達は安泰の生活を送り、サマナの一人が下向させられようがどうしようが全く痛みも何も考えられない人、そしてそのそういう影のご意向を借りて自分達の権力欲求を埋めている師たちである。

 サマナが疑問をはさめば、師は嘘までついてありとあらゆる方法でサマナをつるしあげて出て行かせるのである。私は決して自分の意地だけでここに残るのではない。私はそういう現実をサマナのみんなもいつか味わう可能性があるので、私は非力だけれど闘うつもりでこの声明文に近いありのままのことを書いた。

 しかし、彼らは私の病気を理由にすべて私の記憶がないこととか妄想と嘘をつくであろう、そのときは例え短くても私と接した友人に聞いてほしい。私とはどういう人間であったか!そこまでひどい人間であったかどうかを!!

(つづく)

コメント


>「大村さんの状況を考えて」とか「大村さんの輪廻転生の為」などと、おためごかしを言っていたようです。

おいおい、自分が排斥される側になったとたんこれかよ。
信と帰依があるなら「自分の為を思ってくれたんだ」と思わないのかよ。
信も帰依もないじゃんかよ。
少なくとも「コレは自分のカルマだ。グルのお導きに従おう」ぐらい考えろよ。あ、もっと高度か。

VTの排斥に賛成した途端、自分も排斥されたってことだろ?
自分自身は何を思ってVTの排斥に賛成したんだよ?
もっと客観的に諦観しないとまずいぞ。

自分自身の心が現象に現れたんだろ?

昨日の時点では大村さんのことは知らなかったのですが、
色々情報を求めたところ大体話はわかりました。
VT正悟師が大村さんの病態について公に言及しない理由はそういうことなのですね。

DM

VTの排斥には反対していたようです。

大村さんについて

少なくとも下っ端のサマナには、是非の判断をする情報も、ろくに入ってこないで、結果も後になってなって知る状況だったはず。パールなんて、特にそうだったんじゃなかろうか。部署の上長によっても、入ってくる情報の量は違った。たぶん今もそう。
サマナの中には、排斥運動に積極的に参加している人もいたけれど、そうじゃない人もいた。(今は知らない)

私は大村さんを知っているけれど、真っ直ぐで不器用で一途。
曲がりなりにも、一生懸命生きている。彼女の信仰は、教団の中でも、いや、その辺の師よりも、稀な純粋さをもっている。上の人に物申す時も、筋が通ったことをちゃんと言える。

彼女自身、できることは少なくとも、今まで一生懸命やってきたのを周りは見ているはず。大村さんは、みんながここで認識している、A独特の〝グルグルグル〟とは質が違う。排斥のためのグルグルグルじゃない。

大村さんを知る一人として、それを言いたい。

こんなことを書くのは、ほんとに気が引けるのですが、、、
大村さんの言い分はわかりますが、サマナでありながら、記憶を失うまで酒を飲んだ
ことは、すくなくとも、事実なわけですね
記憶がないということは、その間自分がしたことを覚えていないということで、もしかしたら、サマナとしてあるまじきことをしたと、判断されるようなことをしていたかわからん、と、大村さんに味方したいのはやまやまなんですが、この状況では、はたして大村さんがサマナでいることが、プラスになるのかどうか、判断しかねます、あしからず。

公開希望

雁首そろえて何も言えなかった無能な4人の名前を公開希望

パールの師二人とシャンバラの師二人。

共通様

お酒は正悟師が許可してるようです。(VTではない)

大村さんの件については、
あまり意見を言わない方がいいような気がしますね。

ーさんは事情通なご様子ですが、ご本人ですか?^^(返答はかならずしもいりません)

正悟師の許可があったのだとすれば、事情が変わりますね。
酒の結果なにがあっても、正悟師が、責任をとってくださるとうけとれますもの。
正悟師のご判断が誤りであったと考え、サマナでいたいなら、禁酒してもらう、というようにするか、そうでなければ、下向命令をとりけす、というのが筋でしょうか。


はて?

>お酒は正悟師が許可してるようです。(VTではない)

なんでサマナの身でお酒が許可されているのですか?

ちょっといじわる

ひとつvt正悟師にご意見を伺いたいことがあります。
どうやら、大村さんの主張のとおりであるなら、教団が大村さんを追い出そうとしているのは、お酒云々よりも、「病気と年寄りと今のA側に少しでも反抗したものは下向させる」という三女さんからの指令を受け、その条件にあうとの判断から、全員意見一致で、大村さんの下向が決まった、しかしまさか、そうは言えないので、ありもしない事実をでっちあげ、理由をこじつけようとしている、ということになりそうです、正悟師としては、それは事実だと思いますか?

共通さん

本人ではありませんよ。
彼女はネットのやり方わからないので
このコメント欄を知ることはないでしょう。

こうやってブログで公になった以上
パールに長い間居続けることは困難。

その後の新生活が問題です。

↑ ↑ ↑ ↑

特例ですよ。

彼女がお酒をやめられないのは教団内では周知の事実です。

失礼しました

大変失礼しました
気をわるくせず、仲良くしてください、よろしく^^

特例ですよ

酒代くれない師に、とび蹴り(蹴り、どっちだか忘れた)食らわせたのは彼女くらいでしょう。

特例ですか

はっはっは(爆笑)酒代をくれなかったってことは、まだ飲んでいなかったことになりますが、しらふでもそういう系の方なんですかねー。

↑ ↑ ↑ ↑

しかし、彼らは私の病気を理由にすべて私の記憶がないこととか妄想と嘘をつくであろう、そのときは例え短くても私と接した友人に聞いてほしい。私とはどういう人間であったか!そこまでひどい人間であったかどうかを!!

心のさけびに

ふざけてごめんなさい。
そうですね、包丁をもってなんてろ、なんて本当にあったんなら目撃した人がいないわけもないでしょうし、本人に記憶がなくても、事実であると伝わるでしょう。

特例?

>酒代くれない師に、とび蹴り(蹴り、どっちだか忘れた)食らわせたのは彼女くらいでしょう。

大村さんは、アルコール依存症のお姉さん?
酒代くれないからとび蹴りって・・。w
現世の人間でもあまりやらないと思うけど・・。

>「元々あなた方の教義は、親を捨てても出家させるという主旨のはず。
>それで一生面倒見るということ。
>そして私の娘は一途でまっすぐでそういう不器用な人間だったから、それを信じて全財産を布施して、親の私たちのお金を100万円騙し取ってまで出家した。
>借金を100万円ローンさせて、強引に不合法な手段で出家させた。
>それはあなた方教団が私の娘にやらしたのでしょう。
>だったら私たちも娘を帰してほしいけれど、一途なうちの娘は納得しない。
>今の足のケガもあなた方教団の仕事で壊れたもの。
>頭も元々まともだったのに、あなた方たちが、娘の心を壊すまで追い込んだ。
>あなた方は親を捨てさせ、娘の体と心をズタズタにして、その上で重荷になったら、責任がもてないといって、なぜ今更使いもにのならなくなったら親に面倒を見さすのか!
>それでは私の娘の気持ちは踏みにじられる。
>帰すなら帰すで私の娘が納得いくまでちゃんと責任をもって説得してほしい。
>私の娘は一途だから絶対に納得しなければ動かないから、娘がこれからの人生きちんと生きれるように説得して帰してほしい」

 まさに正論、至極真っ当な御意見だと思います。

>このように私の親は言ったそうです。それに対して師は、4人も雁首そろえて何も言えなかった。

 私が言える立場では御座いませんが、分裂騒動からの一連の流れを見る限り、四無量心が足りずグルの意思を理解出来ていない、かなり出来の悪い人達がいらっしゃるみたいですね。


Zさま
>VT正悟師が大村さんの病態について公に言及しない理由はそういうことなのですね。

 何らかの精神的な病によって奇異な行動を繰り返しているという事でしょうか?
 もしそうならば、プライバシーの問題によって曖昧なままにしているのですね。
 でも御当人の病状は件の下向命令の主原因なのですから、本人納得の上でこういった抗議文を公にする以上は絶対に公開すべき事柄だと思います。
 でなければ、何も判断出来ません。

共同さま
>大村さんの言い分はわかりますが、サマナでありながら、記憶を失うまで酒を飲んだ
>ことは、すくなくとも、事実なわけですね

 10年以上前の話ですが、外に働きに出ていた某サマナが毎日酒を飲んで遊び暮らしていたにもかかわらず、懇意の正悟師に呼び寄せられるやいなや、何事も無かったかのように平然と内ワークに戻った例なら知っておりますが。

>記憶がないということは、その間自分がしたことを覚えていないということで、もしかしたら、サマナとしてあるまじきことをしたと、判断されるようなことをしていたかわからん、と、

 一回大酒を飲んで刃物を振り回したくらいで、即下向というのは理解出来ませんね。
 その際に実際に第三者や他のサマナに危害を与えたとか、常習性が有って改善の余地がまるで見られないとかいうのなら、下向命令も仕方が無いかもしれませんが。

ふーむ

>一回大酒を飲んで刃物を振り回したくらいで、即下向というのは理解出来ませんね。
 その際に実際に第三者や他のサマナに危害を与えたとか、常習性が有って改善の余地がまるで見られないとかいうのなら、下向命令も仕方が無いかもしれませんが。

全員一致で賛成、とのことですから、なにごとかはあったんでしょう。
三女さんの極端?な指示のせいでないならば。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

苦言お許しを!

ただですよ、なにごとがあったにせよ、本物なのならば、修行で更正させてあげろ、ってことですかね、修行をはじめて精神をこわしたのであれば、たぶん、修行途上で、魔境にはいったとでもいえる状態なんでしょう?なぜ、今オウム真理教なのか、霊的な道筋を知り尽くした先達がそろっていて、よその教団のように、クンダリ二ーを覚醒させたはいいが、魔境にはいり精神病になって、そのまま放り出された、なんてことがなく、安全に修行が進められる、などと、アーレフになってからも、ビデオなどで教学させていただいたものですが、こういうのは、すくなくとも、いまでは、絵に描いたお餅であることになるんでしょうか。

E師は誰?

ーさん、回答ありがとうございます。

パールはくさら、いんどらとわかるのですが
しゃんばらの2名は、ぱっちはわかります。
もうひとりは、Vはーさ、あぬーのどちらですか?

あと、3/28投稿「サマナ選別」のE師はだれですか?

個人的意見ですが

かつて同様な経験をした者としては、
上に名が挙がっている師の方々におかれましてはどうか誠実な対応をして頂けるよう願います。
彼女自身のカルマとはいえ、それによって今後の彼女の苦悩の度合いも大きく変わるでしょう。

やめましょう

失敗は成功のもとと申します。
失敗した人がいたとしても、取り返しがきかなくなるほどに、責めてはいけません。
実名を挙げるのはやめましょう。

白龍さん
>なんでサマナの身でお酒が許可されているのですか?

 基本的には全面禁止、ただし秘儀伝授の場合など特例も御座います。
 この大村さんの場合は、また違うようですけどね。
 いずれにしろ間違った固定観念で判断されませぬよう。

>大村さんは、アルコール依存症のお姉さん?
>酒代くれないからとび蹴りって・・。w
>現世の人間でもあまりやらないと思うけど・・。

 重度のアル中の人による暴力行為は、現世でも実に頻繁に見られる症状ですけど?
 ちゃんと考えてから投稿してらっしゃってますか?

#l.rsoaag
さま
>VTの排斥に賛成した途端、自分も排斥されたってことだろ?
>自分自身は何を思ってVTの排斥に賛成したんだよ?
>もっと客観的に諦観しないとまずいぞ。

 否定的な内容を投稿する人って、斯様に間違った思い込みをして勝手に論を進める人が多いですね。
 「現象をありのままに観る(捉える)」という、真理の道を歩む上での最も基本的な事が出来ていないからだと思います。

師に配慮は無用

共通さん
師にそんな配慮は無用です
失敗したとはまったく思っていません

相手のカルマが悪かった、
相手の徳がなかった
相手がグルを思念できていなかった
相手に法則が入っていなかった
ので、サマナフォローできなかったのは自分のせいではなくすべて相手のせいだ
など、いつもすべて他のせいにしてますから
身近に接していればあなたにもそう感じていたはず
少なくとも、シャンバラの3名の師の言動から大多数の人が感じています

今回の大村さんの件も同様の思考から来ていますよね
良くそれで救済などと口にできていた者だと感心します
同じ組織に属する者として恥ずかしいです


それに戸籍名ではなく
教団関係者にしかわからない略称なので実名ではありません


あーサンディタさんへの返信と、自分の疑問をかいときます
大村さんの文章からはVT排斥に反対している人であるとは
読み取れません。
逆に、騙されて賛成されられたと主張しているように見えます。

また、上祐氏やVTその他を排斥していない人はAとは分類
されず中間派となると認識しています。

大村さんはAでしょ?

あとから綺麗事言っている印象はぬぐえません。

サンディタさま

ここは公安やマスコミのいわゆる
現世の人達も投稿されてるので
真理云々を押し付けるのは止めて下さい。

嘘付いた師

毎日酒をあおってる。包丁振り回してる
足は酒飲んで酔っ払って挫いた、
ワーク中じゃない・・・
私の知る限りでは上記のことは嘘です。
ほんとだったら噂になるからね。
足はセミナーの手伝い中挫いた。

光音天のこの師はりかタンと縁があるから
正悟師排除に反対の彼女は許しがたい存在。

嘘は良くないよ、嘘は!

#l.rsoaagさま
>大村さんの文章からはVT排斥に反対している人であるとは読み取れません。
>逆に、騙されて賛成されられたと主張しているように見えます。

 私には、大村さんの文章からだけはVT排斥に反対している人であるともそうでないとも読み取れません。
 また騙されて賛成されられたと主張しているようにも見えません。
 今回公開された抗議文では、あくまでも大村さん御自身に降りかかった下向命令に関する話しか書かれておりませんので、とてもじゃないがVT降ろしに荷担したかかどうかまでは判断出来かねる次第です。
 ともかく、あやふやな憶測を重ねて結論付けても真実には届きませんし、そもそもそれは真理の実践者はするべきでない事だと思います。

>また、上祐氏やVTその他を排斥していない人はAとは分類
>されず中間派となると認識しています。
>大村さんはAでしょ?

 それを「間違った思い込み」と言うのです。
 大村さんのように「グルグルグル」の人でも、即A派とは言えません。
 もし本当の意味でグルの意思を理解している人なら、A派の妄動には決して組みしません。
 だから大村さんがA派かどうかすら、今出ている情報だけでは判断出来ません。

 
| 200803-30 01:17:19 |さま
>ここは公安やマスコミのいわゆる
>現世の人達も投稿されてるので
>真理云々を押し付けるのは止めて下さい。

 このblogの過去ログを見ても分かる通り、私は今まで一度も公安やマスコミや現世の人達に対して真理云々を押し付けた事は御座いませんが、それについては如何でしょうか?
 私はあくまでも教団関係者もしくは法則を元に話をしている人に対してのみ、こちらも法則を根拠に話をさせて頂いております。

サンディタさんへ

>基本的には全面禁止、ただし秘儀伝授の場合など特例も御座います。
>この大村さんの場合は、また違うようですけどね。
>いずれにしろ間違った固定観念で判断されませぬよう。

いやいや、だから基本的には全面禁止なんですよね?
それに基づいての判断ですから、別に間違った固定観念ではないでしょ?
特別な理由があるなら教えてください。

>重度のアル中の人による暴力行為は、現世でも実に頻繁に見られる症状ですけど?
>ちゃんと考えてから投稿してらっしゃってますか?

重度のアルコール中毒になると、暴力的になることはあるけど、どちらかというと男性の場合が多いみたいですよ。サンディタさんの周りの女性で、酒代よこさないからと蹴りいれてる女の人って見たことあります?私は今までそういう女性に会ったこと無いんですけど・・。

あ~サンディタさん
私彼女と面識があって、多少ですがそれなりに昔のことは知ってるんですよ。
その上で質問してるんで、思いこみはありますが、それなりの情報もあるんですよ。

私としてはべつに否定的にコメントしているつもりもないんですよ。

彼女の苦しみを解くには、教団へのあやまった依存をなくさせ
解散もあり得るなら自立させるのが最善だと思っているからコメントしてるんです。

起こっている現象が自己のカルマだと認識することが解放への
道ですしね。

サンディタさんは

みんなに絡むから
みんなから絡まれるwww

まあ、私サンディタさんすきですよ。
反対意見は出てきて当たり前ですから。
実際最近の事情は私も知らないので質問してるんで。

20年前まさか

>「まさか師が嘘をつくはずがない」

私は20年前松本氏があれだけ仏法に理解を示しているので、まさか彼が嘘をつくはずがない、やったことはやったと言って不妄語を実践しているはずだと思い込もうとする間違いを犯しました。

彼が正しい仏道実践者であって欲しいという、私の思い込みによって、結局正しく松本氏を観ることを壊してしまいました。

結果現実は彼を盲信することを長く続けることと相成りました。
真実は個々の方がありのままの真実とみなせるものを、観ることに大切さがあるでしょう。

大村さんはAでしたよ。
正悟師の排斥が始まってから
Aに疑問を持ち始めたようです。  

みんな適当なことを書いてるわけではなくて
割と事の成り行きを知ってる人が
ここに書いているようです。

では、

大村さんは元A派だったんですね。


大村さん、負けないで。

大村さん、師の追い出しには、負けないでください。
尊師への信・帰依がある限り、修行への思いがある限り、中にいて精一杯がんばってください。大村さんの状態を、他心通すらない師が分かるわけがありません。

A派の師は、サマナを整理し追い出す前に、自分達のしてきたことを、まず精算したらどうでしょう。
大村さんがいる施設のI師は、一度下向していますよね。そして、元マイトレーヤ正大師に呼び戻された。一度下向しているなら、サマナ見習いからやりなおすのではないですか?
下向したのに師として戻ってきている人は、何人かいますね。

くさらは、元マイトレーヤ正大師が認定したのでしょう?元マイトレーヤ正大師は、刑務所にいたころから尊師を否定していて魔境だったというなら、認定したときも魔境だったというのがA派の言い分でしょう。ならば、その認定も間違っているのでしょう?しがみついていないで、返上したらどうですか。

VH師も、サマナと破戒してるでしょう。
それでも立ち直るチャンスを与えられて今があるのでしょう。
師のくせにサマナと破戒しても追い出されなかったのに、大村さんを追い出すんですか?

追い出す正当な理由があるなら、本人が納得できる理由があるなら、嘘をついたりコソコソ手をまわすようなことしないでください。

大村さんを下向させる前に、やる事はあるでしょう?

難しい議論はともかく

続きを早く!!! わくわく



サンディタさんってまともなこと言われてますな

大村さんの心の叫び2


何らかの形で強制退去

知能犯的なやり口で。

追い出す前に署名を書かせたくない為に
サマナに嘘を付いた光音天の師は
大村さんに謝罪してあげて。

じゃないと一生傷になるから。
あなたが麗華タンの為なら妄語も本望!
なのはよくわかるけど
弱い立場の人のことも
もう少し考えてやって。

というか、

教団にしがみつく方がおかしいと思いますね。

大村さんは気の毒ですけど、教団にはもうソンシもいないし、
高い世界からエネルギーやデータを降ろしてこれる人物はいないでしょう?

ソンシから見ても、教団は存在価値無しです。
破戒はするわ、適当に教義解釈をするわで。

ソンシはあの横山弁護士を通じて、
生活上6人づつ組をつくって、現世で働いて正悟師に上納させろとか言っていましたね。
それすらやっていないと。

まあ、VV正悟師ぐらいでしょうな。
ソンシの教えを守っているのは。


まーパールだといられないだろうね。
中間派の拠点であるサンサンなら居場所あるんじゃない?
今はどうなってるの?

でも、それとて一時しのぎだから、その後の事も考えながら
準備期間として、緊急避難ということになるだろうけど。

なんか脱北者みたい

VH師も、サマナと破戒してるでしょう


白龍さん
>いやいや、だから基本的には全面禁止なんですよね?
>それに基づいての判断ですから、別に間違った固定観念ではないでしょ?

 もし本当に特例が有るのを知っていたとしたら、「なんでサマナの身でお酒が許可されているのですか?」とは尋ねないはずですよ。
 だって元の| 200803-29 23:49:39 |の投稿では、ちゃんと「彼女がお酒をやめられない」からだと、一応は理由が明示されているのですから。

>重度のアルコール中毒になると、暴力的になることはあるけど、どちらかというと男性の場合が多いみたいですよ。
>サンディタさんの周りの女性で、酒代よこさないからと蹴りいれてる女の人って見たことあります?
>私は今までそういう女性に会ったこと無いんですけど・・。

 女性のアルコール中毒患者の絶対数が男性に比べて少ないので、実例を知らぬままそう感じているだけだと思います。
 私が今までに見聞きした限りでは、アルコール中毒を含む薬物の禁断症状において男女差は特に御座いませんでした。
 もしそうではなくて「アルコール依存症では、男性より女性の方が暴力的でない」のだという医学的な根拠を御存知でしたら、お教え頂けると有難いです。
 蛇足ですが、医学的には男性より女性の方がアルコール依存症に陥り易いようです。

----------------------------
女性とアルコール(「ウィキペディア」より転載)

女性は、男性に比べ一般的に体が小さい事、体内の水分率が男性より低い事、女性ホルモンはアルコール代謝を阻害する要因となる事などから、同じ量のアルコールを摂取しても男性の2倍悪影響が出ると言われている。
アルコール依存症患者は、飲酒歴が長期に渡っているのが特徴であるが、女性の場合短期の飲酒歴でかつ飲酒量が比較的少量でも急速にアルコール依存症となってしまう危険がある。


#l.rsoaagさま
>私彼女と面識があって、多少ですがそれなりに昔のことは知ってるんですよ。
>その上で質問してるんで、思いこみはありますが、それなりの情報もあるんですよ。
>私としてはべつに否定的にコメントしているつもりもないんですよ。
>彼女の苦しみを解くには、教団へのあやまった依存をなくさせ
>解散もあり得るなら自立させるのが最善だと思っているからコメントしてるんです。
>起こっている現象が自己のカルマだと認識することが解放への道ですしね。

 そうですか。そういう深慮が有ったのですね。
 でもそれにしては #l.rsoaagさんの書いた http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-214.html#comment4514 の投稿はあまりにも言葉遣いが悪く、大村さんの耳に入る可能性が低いが故に救済としてはあまり役に立たないのではないかと感じられました。
 それに#200803-29 22:16:30|の方が「VTの排斥には反対していたようです。」と言及しておりますから、せっかく#l.rsoaagさんが彼女へ為した苦言も結局は「当て推量による的外れな物」にしかなっておりません。
 もし#l.rsoaagさんが本気で大村さんの救済を考えているのであれば、かような軽挙妄動(妄言)は慎むべきかと思い、あえて批判させて頂いた次第です。

たいへん残念なことです

大村さんの病気についてサマナならばある程度知っていると思います。

彼女の場合はっきりと「病気」という診断がありますから、適切な治療が必要です。つまり彼女について第一に必要なものは治療です。そして、パールの生活環境は治療的にみればかなり悪いものだと思います(あの生活を続けていれば病気は益々悪化していくだけでしょう)。

上長の方々は、治療の一環として大村さんの生活環境の見直しを考え、それを大村さんのご家族の方々と、必要ならば本人も交えて真剣に話し合うことが必要ではないですか。
それは時間がかかり厄介なことであるのはわかります。しかし、それまで大村さんの状態を放置してきた教団幹部責任者(かつての幹部=正大師・正悟師)に代わって、教団を運営していく以上、そういう放置された問題にしっかり取り組んでいくことが、今の教団運営責任者にかせられる当然の義務になるのではないでしょうか。
(もし師の方々がその義務、ある意味での尻拭いを放棄したいならば、アーレフから脱会して自分たちだけで団体を作るのがわかりやすく、多くのサマナの利益だと思います)

そういう方向ではなく、単純に困ったサマナの切捨て(アーレフから引きずっている問題の切捨て)に動くならば、教団の運営自体が早々に頓挫するのは目に見えているように思いますが、いかがでしょうか。

また、野田さんについて疑問もあります。野田さんは、大村さんの病状についてよくよくご存知なのですから、こういう場に彼女の主張を掲載することが彼女の病気に大変深刻な影響を与えることはわかっていると思います。それにもかかわらず掲載されたことは、ある意味、今の師の方々の行動と同じで、大村さんの利益を第一に考えた対応だとは到底思えないのですが、いかがでしょうか。

かつての法友の方々が、慈悲・智恵の限りをふり絞って、教団の現実に立ち向かわれることを。

野田さんは言いにくいだろうから
私が代わりにお返事させて頂きます。

ブログへの掲載に関しては本人が実名投稿を望んでいました。
ブログに載ることが病気の
どういうところに影響があるのでしょうか。

それよりも大村さんを徹底無視してきた
パールの師や彼女が結核になったときに
経費がかかるから病院から帰って
来ないで欲しかった・・
と本人に言い放った経理の方の方が
病気に影響与えるのでは?

確かにパールのガサツな環境は
心身共に悪い空間ですね。
自宅で安静にしてた方がいいとは思います。   

しかし本人がどうしてもサンガで、
と望んでます。

グルの意思とは?!

Re: アーレフ規約ー下向命令
by 千石マホメッド 2008/03/29 (Sat) 12:10:28

下向がグルの意思だ!
さあ、みんなで下向しよう!


Re: アーレフ規約ー下向命令
by ☆ 2008/03/29 (Sat) 12:55:27

帰り道に気をつけて、
みんなそろって集団下向しましょうね。w


Re: アーレフ規約ー下向命令
by ひかりの輪一同 2008/03/29 (Sat) 18:58:31

わたしたちはもう集団下向しましたー\(^o^)/

いまは上祐代表のもとで神社巡り・温泉巡りをエンジョイしてまーす(^_-)-☆

赤信号 みんなで渡ればこわくない!

オウム脱会 みんなでやればこわくない!

「下戸」でなく大酒飲みの方に対して「下向」は不適切w


病気に関しては、治るまで「休職」扱いにするのが適当と思われ。

無理やり追い出しというのは余りに無謀

酒乱だから下向しろだぁ~?

そんだったら、性欲の破戒したサマナを先に下向させるのが、順番としては筋なんじゃねーの?
戒律の順番から言って。
それともアーレフの出家の戒は邪淫より飲酒の方が重いのかねw

荒木さんの例

荒木さんは病気になって自宅療養して病状が回復した後、教団に復帰しました。

大村さんの場合も大村さんを交えて「いったん自宅療養してしっかり病気を治して、病状がよくなったらまた教団に復帰すればいい」という話し合いをしていれば、大村さんもこんな激しい抗議文を書いて公表することはなかったでしょう。

今回の騒動は「自分は生きている限りサマナでいたい!」という大村さんの信仰心を踏みにじった幹部たちの大失敗です。

今回は強制下向命令ということで騒ぎが大きくなっていますが、部署から強制的にサマナを追い出すということは以前からよくありました。

幹部たちはその感覚で大村さんも強制的に実家に戻そうとしたのでしょう。

幹部たちは大村さんからこんな反撃を食らうことを想定していたでしょうか?
幹部たちは大村さんは泣き寝入りするだけだとタカをくくっていたのでしょうか?

今回の事例はまさに「窮鼠 猫を噛む」という言葉がよく当てはまります。

ご説明ありがとう

shinraと申します。

大村さんの個人的な情報に触れずに説明するのは難しいですが、大村さんがかなりアストラル優位の人だということはお分かりのことだと思います。実名での投稿も彼女自身が望んだことというのも理解したうえで野田さんの判断に疑問を持ちました。

パールのなかでの対立・排斥の連続はよく知っています。それはずいぶんと前から、問題は違えどあったことでもあります。そして、それが担当上長のある意味での未熟さ故に問題が深刻化したという理解もわたしにはあります。

それをふまえつつ、彼女の状況はすでに専門家(医師)の助言を得て考えていかないと難しいものだと思います。その対応を医学の門外漢の上長に求めても、もともと無理があるでしょう。野田さんのように常識的にも十分考えられる方なら、その辺のところは理解されていると思います。
にもかかわらず、こういう場で彼女の発言を公にするのは、わたしには大村さんの利益を最優先に考えてというより、彼女の怒りの爆発を公にして、教団の新体制のスタートに一石投げたいという意図があるのではないかと思えたのです。野田さんの教団崩壊を早めたいという意図のために、大村さんを利用していることになるのではないかと感じられたのですが、いかがでしょうか。

パールの仲間内でいろいろとやっている状況と、こういうネット上にそれを持ち込んで拡大するのは、潜在意識への影響が大きく違うのでとても心配しています。

ネットはダイレクトなアストラル世界です。ここでの動きは、大村さんに賛同するものも、彼女のこれまでの行動に批判的なものも、大村さんのアストラルに大きく影響します。
また、この場で大村さんが怒りや悲しみ憤りなどを表明すれば、それはパールで仲間うちに叫んでいるのとは全く違った広がりと強度(パワー)を持ちます。
そして、それは現実のなかで叫ぶよりももっと早く大村さんに返ってくるわけです。

わたしは、そのときその返りに大村さんが耐えられかどうか心配です。彼女の一途さ純粋さと皆が評価している側面は、潜在意識型人間の持っている特徴でもあります。かつて彼女がそういう側面で思いつめてしまった状況も知っているだけに、今回のこの投稿をきっかけにして大村さんが意識にさらに乱れを生じ、危険な思いつめによって行動してしまうことを心配しています。

大村さんにとって大切なことは、日々潜在意識に突っ込んでいるような生活ではなく、潜在意識に飲み込まれないように現実にしっかりと根を張る作業です。サマナという条件であってもそういう生活を作ることはできると思います。パールに居続けることがイコール、サマナであることではないんだから。

野田さんには、彼女の本当の意味で助けになることを考えてもらいたいと思いましたし、今それは野田さんにしかできないことではないかと思いますが、いかがでしょうか。


公に

公になってしまった以上、
合同会議の代表のビルパ師から
今回のことについて納得のいく説明希望。

公式ページにでも載せて下さい。

大村さんを救うのは大村さん

>野田さんには、彼女の本当の意味で助けになることを考えてもらいたいと思いましたし、 今それは野田さんにしかできないことではないかと思いますが、いかがでしょうか。


大村さんが苦しみから解放されるには、本質的に彼女自身が自分の問題点に気づきそれを改善するしか方法がないと思います。

今回彼女がこのブログを通して自分の心情をさらけ出したことはshinraさんの言う通り、彼女の意識に大きな影響を与えるでしょう。それによって彼女は今以上の苦しみを経験することになるかもしれません。

しかしその苦しみによって彼女が自分自身の問題点に明確に気づき改善することができるなら、彼女は苦しみから解放される可能性が出てきます。

今回の騒動は大村さんの膿出しであり、教団の膿出しでもあります。
早く膿を出し切ってしまって、大村さんも教団も改善されることを祈ります。

悪魔の世論操作

悪・魔・の・世・論・操・作・

 いよいよ最後の謎解きに入る。これまでは無実の人が犯人にされてしまう過程と、
真犯人の正体について述べてきた。これから事件の動機の分析にかからねばならない。
そうは言っても、これは読者が想像する程難しい作業ではない。単純な話なのだ。指
摘されれば誰でもなるほど!と思うたぐいの話だ。ところがこれまでこの動機につい
て正しく指摘した研究家は存在しなかった。誰も思いつかなかった、想像も及ばなか
った、言われてみて初めて何だそうだったのかと納得する。例えて言えば、手品みた
いなものである。種を明かされれば、な-んだ、ということになるが、種を知らなけ
ればその奇跡に幻惑されてしまう。だからこれはやはり最初に謎を解いた人間に軍配
はあがるのである。そういうものであると受け取って欲しい。
 前口上はこのぐらいにして、さっそく本論に入ろう。単刀直入に言って、秘密結社
マジシャンの狙いは、犯罪を通じた大衆コントロ-ル、世論誘導、心理操作にあるの
である。犯罪ほど大衆にインパクトを与えるものはない。これは時代が変わろうと、
国が変わろうと、常に変わらない普遍的真理である。政治、経済、文化、世の中には
もっと重要なものが存在してるじゃないか、と仰られるかも知れない。軍事もそうで
あろう。戦いの帰趨は戦時下には一国の関心事であろう。
 それでも犯罪ほど人々の精神に深く刻印される出来事はなく、後々まで人々の話の
種となるものは少ないと筆者は言いたい。その犯罪が凶悪な殺人事件だったら尚更で
ある。犯罪が単に一過性の局所的な出来事に留まらず、社会全体にとって重大な関心
事であると見なされるのは理由がある。それは各々の犯罪に対して、我々の魂が共鳴
したり反発したりしているからなのだ。共鳴にしろ、反発にしろ、いずれにしろ我々
は犯罪に無関心でいられない。何故なら犯罪とは時代を映す鏡であり、我々自身の姿
がその鏡に投影されているからなのだ。犯罪とはその時代の精神を凝縮したエッセン
スみたいなものだ。だから犯罪を分析することでその時代の人々が何を考えていたか
分かる、というのがまあ一般的な犯罪論であろう。
 ところが筆者の犯罪論はもっと奥が深い。筆者は、時代精神の反映が犯罪となって
現れるとは考えていない。そうではなくて、時代精神を操るために犯罪が使われてい
るのだと考えている。世論を誘導するために、世論操作のために、大衆の心理操作の
ために、政治的なコントロ-ルのために、犯罪が用いられるのである。
 つまりこういうことだ。秘密結社が達成したいと思っている目的がここにあるとす
る。その目的は政治的なものでも、経済的なものでも、文化的なものでも、何でも構
わない。民主主義社会のシステムでは、国民の多数の合意に基づいて政策は決定され
る。法案が作られそれが国会で可決なり否決なりされるのだ。もちろんその前にその
法案に対する国民の理解が得られていなければならない。公の場で、あるいは私的な
場で、その法案に対する議論がなされてしかるべきである。その議論を土台にして国
民は私情を交えず、冷静に公正にその法案の善し悪しを判断し、それを支持するかあ
るいは廃案にするかを決定しなければならない。
 これが表世界のシステムである。もちろん大衆が知らないだけで、この世界には恐
ろしい裏世界も存在している。その裏世界では、政府はマスコミを使って大衆をコン
トロ-ルすることで所期の目的を達成しようとする。表の世界とどう違うのかと言う
と、ここでは目的達成のためには手段は選ばないのである。殺人等を含めた凶悪犯罪
も、その目的達成の手段として使われるのだ。

アク禁よりリモホ公開でいいんじゃない?

祈ります。

私もかってかなりアストラル優位の方二人と暮らしていました。
>大村さんが苦しみから解放されるには、本質的に彼女自身が自分の問題点に気づきそれを改善するしか方法がないと思います。

これは本人が問題点に気づいていてもなかなか改善できないと思います。
思い切って環境を変える方向に考えたらどうでしょう。
目の前の自分の事しか見えないA派の連中と係われば、もっと精神的におかしくなるかも。
大村さんが少しでも改善されることを私も祈ります。

神々からのメッセージ

「どこにいても」精神的成長を
目的とした修行をしてください 

と拘置所からメッセージがありましたが
グルグルグルならこれを実践してはどうでしょうとも言えますが・・・。


>ネットはダイレクトなアストラル世界です。ここでの動きは、大村さんに賛同するものも、彼女のこれまでの行動に批判的なものも、大村さんのアストラルに大きく影響します。
また、この場で大村さんが怒りや悲しみ憤りなどを表明すれば、それはパールで仲間うちに叫んでいるのとは全く違った広がりと強度(パワー)を持ちます。
そして、それは現実のなかで叫ぶよりももっと早く大村さんに返ってくるわけです。

ちょっとオカルトがかってないかな。
ラーシャー師はどうして下向したのかな?

シンラさんへ

>野田さんには、彼女の本当の意味で助けになることを考えてもらいたいと思いましたし、今それは野田さんにしかできないことではないかと思いますが、いかがでしょうか。

彼女の利益最優先でやった行動ですけどなにか?

彼女がこのことでアストラルが乱れてどうのこうの……あなたは彼女を見くびりすぎています。私はこの数日間でも直接の会話・電話・メールで状態を確認しています。

これ以上の回答が必要なら、vv99までそちらの実名と電話番号を送付下さい。

ラーシャー師はどうして下向したのかな?

この記事に元ラーシャー師本人が教団を離れた理由についてコメントを寄せています。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-113.html

野田さんへ

野田さんのコメントの趣旨は、大村さんのことはちゃんとわしが面倒みているから心配はない、ということだと理解しました。サマナをやめて一番苦労する点はアストラルから現実への意識のシフトです。そういう多大な日常的苦労があるものですから、余計な心配をしました。失礼があったならご容赦ください。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

破防法はついに適用されませんでしたが、

アーレフに属していない方は実践しても良いのでは?


http://pureweb.jp/~ata/text/preaching/ini/kamigami.html


破防法に対しては、2つのグループに分かれ、第一のグループは6人が一組になって、しゃべらないでいい職業を選択し、仕事の時間も短く、一人が月せいぜい10万円稼げばいいでしょう。この6人が一つのファミリーとなり、教団の拡大活動は一切しない。

そして、次にあげる作業に没頭すべきです。
ヴァヤヴィヤクンバカ、グルヨーガ・マイトレーヤ・イニシエーションの7つの詞章・グルヨーガ・基本経典は6ヨーガで十分でしょう。

 20組位を1単位として、正悟師が管理する。このグループを作れるだけ作る。
そして6名の収入のうち、一人一万円程度を正悟師の生活費、活動費として上納する。
 第二のグループは、法的、徹底的に破防法と戦い抜く。
 第一のグループは第二グループの敗北が予測されるので、敗北した場合には吸収ができるように準備しておく。


アストラル云々というより・・・

アストラル優位の人


私個人の未熟な理解によれば、身口意という現実・アストラル・コーザルはどれか一つだけ優位になればきっと調和を乱し、かつ社会とうまく距離を保つ調和は不能となるでしょう。

現世にある状態を全面肯定をすべきであると言うつもりは毛頭ありません。

しかしながら、もしサンガ(出家共同体)が存続し続けることを可能にするとしたら、その共同体が現実社会に貢献するなにかが有り続けることが必須の要件でしょう。

共同体の集団が共有する和合がなく、しかもその集団以外に対して役立つ何かをしない状態が長く続けば、自ずとこの現実社会では集団の終焉が近づくこととならざるを得ないでしょう。

共同体の終焉を迎えることを望まないで、身口意をバランスよく保つことと同時に、現実をありのままに受けとめ認めることが出来ていている上で、もしアストラル優位であるならば、素晴らしいことだと思います。

しかし表象優位とは一般に思い込み優位ですから、因果法則からみれば必ずコーザルと現象世界のつながりの機能を果たす役割のアストラルを過大視する自我執着にはまる恐れをなかなか拭い去るに困難が待ち受けているでしょうね。これは、乗り越えなければならないサンスカーラ(行・業)で有るでしょう。


おおむらさん

オカルトでもなんでもいい、知らないひとにはわからない。
アストラルの影響、あなどるべきではないです。
純粋でエネルギーが強いひとに待ち受けているのは並大抵のことではない。
一生廃人になる恐れすらある。
そんな彼女の状況を本当にわかるひとなどいないだろう。
彼女は真実を求めて心身をまかせたんだ。
ただそれだけだ。
この教団はそういうところだった。



おおむらさん

捨て身のメッセージありがとう。
求めよ、さらば与えられる。
自分はそう信じてのたうちまわって歩いてきた。
そして激しい光と闇を交互にかいくぐりながら、少しずつ希望を見出している。

あなたはそのままで美しい。
よくがんばってきたよね。あなたが生きて苦しんできたことに感謝する。

この世のひとにあなたの求めるサンガを期待しても得られない。
みんな求めていたんだ。みんな求めているんだ。魂の奥の奥底で。
でもできないで、冷えて、冷えて冷たく怜悧になってしまったんだよ。
あなたの痛みはみんなの痛みでもあるよ。
冷え切ってしまった魂にはもう冷たいということすらわからないんだ。
どこもかしこも冷え切っているよ。
そこで真実が得られないと狂い死ぬつもりか。

あなたの信じてきた絶対なものは、あなたの中にいる神ではないの?
それはいつもあなたをみていて、あなたとともにいるよ。
あなたをわかるのはその場所だけだ。

自分に耳をすませて、自分自身を信じるんだ!
あなたならきっとできる。
そしてそこから鐘を鳴らせ。
美は乱調にあり。
しかし悪魔に使われるな。
絶対に、破滅するな!!!
しっかり目を凝らして、自分ではっきりと真実をみるんだ。
あなた自身が鐘を鳴らすんだ。

通りすがりさん

あなたの言ってること昨日電話で
本人に聞いてみたら(アストラルの影響)
ああ、全然大丈夫って言ってましたよ。
アストラルの影響が・・とか
守りに入りすぎた考えが過ぎますと
大切なことを見失いますよ。

長文なんでよく読んでないけど釈迦はこういったんだよ
アチャリに言っておけ 恥知らずなガキだ

(私自身、年をとり、病気をし、死に行く身でありながら、他人が年をとるのを見て
嫌悪している、、こういうことが、私にあってはならない)

自分が若いといううぬぼれ
自分が健康であるといううぬぼれ
自分がまだ生きているといううぬぼれ

自分もまた、老い、病気をし、死んでいく身であると知ったとき
私の青春の気負いは失せてしまった

========
釈迦の言葉は感動的だ
麻原の金儲けのための、修行と違う
麻原は修行力を見せびらかして一儲けし、この世を支配したがった
馬鹿が

口をすっぱくして、人は死ぬ絶対死ぬせいぜい80歳までといいながら
何を罪を犯してまで、この世の支配権を得たがったのか
悟りが悪いとこうも罪深くなる

釈迦はこういった
(私自身、老い、病み、死んでいく身でありながら、憂い、悲しみ苦悩を抱えた身でありながら、同様に老い、病み、死んでいく身でありながら、憂い、悲しみ苦悩を抱えた身である
他人を求めていたーーー
こういうことは私にあってはならないことだ)

この世をどう支配したって、どうせこの老い、病み、死んでいく身であり、憂い、悲しみ苦悩を抱えた身である人間どもの寄せ集めに過ぎないじゃないか
そんなにこの世で、支配権を得るのがすばらしいのかね
政治家になりたがったり、、
馬鹿じゃないのか

麻原が今生あくせくしたのはそのことさ
いらぬことばかり奔走して他人や自分を苦しめて
煩悩の奴隷だよ

みんなで修行ができるシャンバラを作るために、この世を自分が支配したほうが
いいとか、屁理屈は無用だよ
てめえの自室のすぐそばに、女郎小屋作って若い女はべらせて、、

常に私はエネルギを放出しているから、若い女性をそばにおいて気を
もらわないといけない
毛沢東もそうしていたっていったんだと

ちなみに25歳以下じゃないと駄目、ともいったとよ
それ以上だと、逆に気を吸い取られるって

麻原に尊敬する人は誰ですかと聞いた人がいて
毛沢東と答えたんだと、漏れは毛沢東のことはしらないが、、

三連投スマソ
釈迦は王家の出身だったから、ぼやっとしていても時期国王だった
しかし、捨てたと
しばらくのち、釈迦の父の王国はもっと大きな国に制圧されたそうだ。

一国を支配するも、無常だと
釈迦は言った
(我らは何も持っていない
さあ、我らはいとも楽しく生きていこう
喜びを食む神々のように
ミティラー市が焼けていても、我々には焼けるべき何物もないのだ)

なんにもないから失う気遣いもなくて幸せだと
それが、釈迦が出家を薦めた理由だ
所有するから(これは私のものだ)との感覚が起こり
失われたり奪われたりの恐怖が起こる

麻原ときたらどうだ
自分のダキニに手を出したといっては、相手の男を煮殺したり
国の支配権を手に入れたくて罪を重ね
言い訳などどうでもいい
欲のために人間は罪を犯す、と釈迦は警告されている

麻原は完全に狂ったんだよ
魔に食われた

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/214-b7c89319

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad