元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 日本製紙がハガキ用再生紙の古紙配合率を偽装していた問題。ここから端を発して、製紙大手5社トップが、相次いで偽装の事実を会見で認めだした。大手のみならず、中堅メーカーも偽装していたようで、まさに業界ぐるみの偽装として非難を浴びている。

 各企業や官公庁が、最初に偽装がばれた日本製紙との取引を中止して、新しい取引先を探し始めた矢先のことだから困った。どこのメーカーも、古紙配合率100%といいつつ、そうではなかった。官公庁などは、100%古紙配合率のコピー用紙などを使わねばならないらしい。グリーン購入法とかいう法律で決まっているようだ。「偽装はけしからん」とはいいつつも、コピー用紙がないと困るんじゃないの?

 結局、大手も中堅も現状どんなに頑張っても、今の値段で品質の良い100%古紙配合率のコピー用紙を出せないわけだ。だったらもう諦めたらいいんじゃないかと思う。薄くて破れなくて色つやの良いコピー用紙にするには、それなりに品質の良い古紙を使わねばならない。しかし最近は、中国での紙需要が増加して、古紙の値段が高騰した。材料費は数年前の倍以上になったようだが、販売価格は簡単に上げられない。安くて悪い古紙を使うと、品質が保てない。しょうがないから、結局新品の木材パルプ使いましたってことらしい。

 これは古い材料を使い回した食品偽装と反対だな。古い材料じゃなくて新しい材料で誤魔化した。古くても新しくても怒るのね。。。じゃあ二つの問題を足して2で割ればどうだ。食品は「古い材料使わないと価格維持出来ませーん」とやってみる。紙は「新しいの使わないと、品質と価格が維持出来ませーん」と開き直ってしまう。この段落は冗談だけど、結果としてはそうせざるを得ないのではないか?

 今の日本は虚飾の経済に走りすぎていると思うわけだ。みんなが背伸びしすぎている、見せかけだけええ格好するのに汲々として、内面はボロボロで限界じゃないか。偽装をやめて、品質と価格はそのままでやろうとすると、どこかでコスト削減その他の努力が要る。リストラするのか、サービス残業(つまりタダ働き)やらせるしかない。回り回ってニュープアーがまた増えることになる。お互いに奉仕する為の経済も、行き過ぎると弱者切り捨てという逆の結果になる。利他が行きすぎたエゴってやつです。

 大体、環境保全だ、エコだ、とか言っても、綺麗に上品にできるわけがない。それなりに今まで贅沢した分を我慢するしかない。ええ格好しないで、「わら半紙よりマシ」で我慢我慢。製紙業界も今回横並びで品質を下げるチャンスだから、頑張ってみたらどうか。

 しかしながらこんなことを言うのは、KY(空気読めない奴)なワシくらいなようで、製紙メーカーにはとてもそんなこと言えないみたいだ。偽装していた製紙業界は、グリーン購入法の古紙配合率を100%から70%に下げてくれと要請していたらしい。品質と価格が維持出来ないで、内面冷や冷やしていたのもあったろう。今春それが認められるはずだったところが、今回の話でお流れになった。更に原油高騰他で予定していた値上げも、卸先に渋られそうな雰囲気だ。みんな「よい子」からなかなか抜けられない。

 ミクシでこのことに触れたら、「宗教の偽装も発覚して欲しい」とのコメントが。ええ、ですからこのブログで色々書いてます。みんな教義通りにはできないんです。だから蓄財したり、自分でお金使ったりするわけです。

 でも以前「特別業財」のことを書いた時に、少し驚いた。普段はこのブログで教団攻撃をしている面々でも、「特別業財なしの方が正論」などと宣う声が少なくなかったからだ。そりゃ徳を漏らさないという意味では正論ですよ。しかしそういう正論の寄せ集めでがんじがらめになって、成り立たなくなっているのが現状なのだ。小さな部分をちょこちょこ正そうとして、全体はヘンなことになってしまった。A派がやっている「正論の寄せ集め」は、総体としてみれば、極めてねじれた構造を生み出した。まあこれは今まで書いたように、小さな正論を通す為の排斥の結果、サマナはバラバラになったってこととか。

 しかし個々の立場で小さな問題を指摘されれば、やはり抗えないのが悲しい性かも。だったら逆に、行き着くところまで行き着いてもらうしかないのかも知れない。


コメント


現場の采配

特別業財の話は、前後の背景を知らないため、個人的には判断できません。

イレギュラーな判断は、その責任を負える立場でないと難しい面があります。しかも業財となると、現場の師なら、自分で判断することは控えるかもしれません。今までは正悟師レベルで判断してきたことかもしれません。

しかも上層からのコントロールが強く働いている状況では、現場のトップでも、独自の判断を下しにくい、マニュアル対応に終始せざるを得ない状態に陥るかもしれません。こうなるとシステムが硬直して、柔軟な対応がやりづらくなってきます。本来、そういうイレギュラーな対応ができないと、現場長としての役目を果たせないのですが。誰もが身動きとれない状況といえます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/193-fe922744

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 3
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad