fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

あんまり何回も記事にするのも、オオカミ少年っぽくなって嫌なんだけど…、一応書いとく。

-----------------------------
国債の流通利回り、1か月ぶり日銀の上限「0・5%」超…金融緩和策の修正見込み売り圧力 2/21(火) 15:20配信
読売新聞オンライン

 21日の東京債券市場で、長期金利の代表的な指標となる新発10年物国債の流通利回りは一時、0・505%をつけ、日本銀行が上限とする「0・5%」を超えた。上限超えは、1月18日以来、1か月ぶり。

 日銀の次期総裁候補である経済学者、植田和男氏の衆議院での所信聴取が24日に開かれるのを前に、金融緩和策の修正を見込む投資家による国債の売り圧力が強まっている。
-----------------------------

日銀総裁が黒田氏から植田氏に交代するわけだけど、黒田氏が続けてきた金融政策(YCC他)が修正を余儀なくされる可能性が高まっている。黒田氏の異次元緩和政策で、日本国債は異常な高値(金利は異常な低金利)で推移してきたが、それが修正されるであろうと、皆が見込んでいるわけだ。単純にそれは投機筋だけではなく、日本国債の主要な買い手である生保・損保も売り越している(末尾記事参照)。

そもそもの話がここ十数年来、日本国債の価格高騰状態が異常だと評価され続けてきた。一般投資家でさえ「売れば利益になる」と考えるところ、投機筋は当然ながら、損をしたくない生保・損保も売りに流れるのは無理もない。

この金利上昇が一般庶民生活にすぐに影響を与えるわけではないが、どこかで深刻な金融危機を起こすリスクがある。

尤も、ピンポイントに「いつ何が起きる」とは言い難いだけだが…。

ところで、金融崩壊が起こる、と主張するのは、小生以外にもQアノン信者などの陰謀論者、webbotのクリフハイ信者などが存在する。小生も、彼らの根拠を確認する為に、それらのサイトを参照したりするのだが…。

「大きな崩壊が今月中に起こる」

「続く大崩壊は恐らく3-4週間後に起こる」

とかそんな記述が良く出てくるのだが、少なくとも覗き始めた一年以上前からそんな話ばかりなのだ。確認してないが、それ以前もそんな調子なのだと思われる。

勿論、根拠は違えど、小生も結論は同じものを予想しているし、過去1999年のハルマゲドン予言で多くの人の人生を誤導したという点で、他人の事を余りどうこう言える身分ではない。

繰り返しになるが、陰謀論者の信じる中身が真実ではなかったとしても、シルバースクイーズ運動等の現金融体制を忌避する動きは、現実に金融崩壊の可能性を高める。陰謀論を信じ、金融崩壊の流れに加勢する人々の存在は、注視すべきだ。

ウクライナ侵攻後のロシアSWIFT排除後、各国中央銀行外貨準備に占めるドル比率は、大幅に減少した。同様に国際決済におけるドルの使用割合も50%を切ったとの情報もある。更に今年は、アメリカの債務上限問題も確実のやってくる。

債務上限問題は、単に議会で法令を変えればいいだけである。しかし、現状はアメリカ民主党政権に対して、下院議会は共和党が多数を握るねじれ状態だ。2011年には、債務上限を巡る議論が長引き、金融市場が混乱したこともあるが、予測不可能な事が起こるリスクが存在する。

ドル覇権も消滅するリスクはあるが、日本円も全く違う形で危機に直面するリスクがあるのだ。

前のめりにならないように一応断っておくけど、小生は(崩壊が起きようが起きまいが)どっちでもいい。

------------------------------
生損保が異例の超長期債売り越し、日銀政策不透明感や金利上昇警戒か
2/20(月) 15:45配信

(ブルームバーグ): 生命・損害保険会社は1月、異例となる超長期国内債の売り越しに転じた。日本銀行が昨年12月にイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)策を突然修正したことを受けて、金融政策を巡る不透明感や金利上昇リスクへの警戒感が強まった可能性がある。

日本証券業協会が20日発表した公社債投資家別売買高によると、生損保は1月に超長期債を過去最大となる4462億円売り越した。ブルームバーグが集計したデータがさかのぼれる2004年以降で売り越しは06年11月以来、2回目となる。

ニッセイ基礎研究所の上野剛志上席エコノミストは異例の売り越しについて、「12月の突然の長期金利の上限引き上げにより、金融政策の先行き不透明感や金利上昇リスクへの警戒感が高まったことで、ポジションを落としにいった。金利上昇により、損切りも入ったかもしれない」と読む。

日銀による政策修正観測を背景に20年債利回りは1月に一時2014年以来となる1.4%台まで上昇。30年債利回りは一時1.6%台に達した。

上野氏は、生保にとって日本国債は主な投資先であるため、どこかで買わなければならないが、日銀新体制の金融政策の考え方や政策運営がある程度見えてきて、「さらに金利上昇リスクが限定的だというところまで見えてこないと、当面は買いづらいかもしれない」と予想する。

日銀は1月の政策決定会合で、金融緩和の現状維持を決めた。次回3月会合は黒田東彦総裁下で最後となり、今月24日の植田和男氏ら次期正副総裁候補の所信聴取を経て、4月会合は新執行部下での開催となる。

一方、海外勢は昨年12月に続き、1月も日本国債を売り越し、中・長・超長期を合わせた売越額は4兆1200億円と過去最大となった。

上野氏は、生保の「受け身的」な売りに対し、海外勢は「より積極的な、日銀の緩和スタンスの持続性を試すような動きだ」と説明。その上で、「12月の突然の政策修正により市場との対話が損なわれた余波が続いているとも言える」とし、次期日銀執行部が金融政策の情報発信を誤れば、国内勢も海外勢も国債売りに動き、「YCC自体がさらに難しくなる」と指摘する。

(c)2023 Bloomberg L.P.

コメント


いまだに眠っている人たち(特に日本人!!)をどう目覚めさせるかが喫緊の課題だ。
このままでは本当に大変なことになる…。

# COVID-19の嘘 元ファイザー職員・日本人女性が暴露。打ってしまった方こそ知るべき真実。ワクチンは自己免疫力を破壊する。世界中の人たちが気付き始めています。ワクチンが原因だということに。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39632652

# 2013年の始め、mRNA免疫調節薬の治験に20万人以上が参加し、全員が心停止を経験した。合併症の発現には2年〜かかる。この治験の生存者はたった5人以下。
https://twitter.com/Shunsukepere/status/1614593714898505731


ワクチンの甚大な被害および抗議デモ・訴訟が世界中で広がっている。しかしそれらは主流メディアでは一切報道されていない(主流メディアはすべてユダヤの支配下にあるため)。

# コロナワクチン被害者遺族の会記者会見より(2022年10月20日)
https://twitter.com/ciao_fiore/status/1626894298552868874

# ワクチン後遺症で苦しんでる女性
https://twitter.com/w2skwn3/status/1616990911556390913

# 45才の医療従事者。ファイザーのワクチン接種3日後、足から下が麻痺し、激しい痙攣と発作で苦しんでいる。常勤の介護人が必要になった。
https://twitter.com/You3_JP/status/1616397775012507650

# コロナワクチン後遺症と子宮頸がんワクチン後遺症の一部
https://twitter.com/kuu331108/status/1628733472646008832

# オランダ放送協会(日本でいうNHK)の本社ビルディングで抗議が続いている。壁に貼られたポストイットは、14000枚以上あり、ワクチンによって死亡した人々の名前が書かれている。
https://twitter.com/nagunagumomo/status/1629273720899661824

# 新型コロナのmRNAワクチン投与を犯罪化(アイダホ州)。
https://twitter.com/You3_JP/status/1628762197697626112

# イタリアの各地でmRNAワクチンの被害者が集まり、抗議活動を行っている。
https://twitter.com/ShortShort_News/status/1617455611901546496

# ハーグの国際刑事裁判所においてコロナパンデミックでの大量虐殺の黒幕たちに対して訴訟提起
https://twitter.com/akagamisp/status/1618595476009549825

# 国際刑事捜査局は、すべての一般市民に対し、危険なほど致命的な実験的ワクチンを推進したとして、ビル ゲイツ、アンソニー・ファウチ、ファイザー、ブラックロック、テドロス、クリスチャン・ドロステンを起訴するよう呼びかけている。
https://twitter.com/E0gRy/status/1617216236957622273

# 日本でも京都大学名誉教授・福島雅典医師がコロナワクチンに関して日本政府を相手取り、訴訟に踏み切りました。
https://twitter.com/Novaccinekita11/status/1628987517541416962


コロナワクチンは本当に危険なのか?ファイザーやCDC(アメリカの厚生労働省)の内部告発者の証言を聞いてみよう。

# 元ファイザー社員の告発。ワクチンにはルシフェラーゼ(ホタルなどの動植物に含まれる発光性の化学物質。周囲が暗い所で光が差す時だけ光る)が含まれている。mRNAワクチンはコード領域を含んでおり、遺伝子マーカーとして機能する。これにより、誰が接種して誰が接種してしないのかを検出することができる。
https://twitter.com/akagamisp/status/1618530438569689088

# 元CDC職員スーザン・ピアースの内部告発。mRNAワクチンを打つことはDARPAのOS(オペレーティング・システム)を体に入れること。猶予は半年〜3年。
https://twitter.com/beachboze/status/1622942755046686720


苫米地氏の言っていたことは正しかった。

# mRNAワクチンについて(苫米地英人氏)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39208786


では、今後コロナワクチンの被害拡大の結果、今後、世界はどういった状況になるのだろう?

# 新型コロナワクチン接種による死の津波がやってくる
https://twitter.com/HimalayaJapan/status/1621784568234909696

# COVID-19生物兵器(コロナワクチン)で10億人が死ぬか、永久に障害を負うことになるでしょう(イーズ博士)。
https://twitter.com/kuu331108/status/1622217194854846464


大変恐ろしいことだが、これらの人口削減計画(グレートリセット)とコロナウイルス・ワクチンは支配層によって、すべて予め計画されていたことだった。

# 「ねぇ、そろそろ大きな間引きが始まるわよ。」= Great Culling = Great Reset
https://twitter.com/retopsnart/status/1628656217253117953


野田さんも言及しているディープステートやカバールとは一体何なのか?つまりアシュケナージ・ユダヤ勢力がアメリカを始めとする国家を乗っ取った形のようだ。

# ディープステートの正体とは?「ひとりがたり馬渕睦夫」#8
https://www.youtube.com/watch?v=Z85BnnOPmZ4

# ディープステート・カバール・ユダヤ勢力の今後の12段階の計画「COVID-19 ロードマップ」
https://twitter.com/6qjuV5hiF0ZvJZE/status/1431199584500404225


信者だった当時と同じように、私はまた『陰謀論』に騙されているのだろうか?
紹介したリンク先の情報はすべて嘘(フェイクニュース)で、第三次世界大戦は私の勘違いだろうか…?
そうであってくれるといい、と本当に思う。
しかし現在も進行している不可解なワクチン推進、WHOテドロスその他による次のパンデミックへの警鐘(それによるワクチン接種推進)、ワクチン被害の実態の隠蔽、その他昆虫食など、今現在推し進められている動きから考えると、私はどうしても上記の結論に至らざるを得ない。
もし今が第三次世界大戦中であり、私たちは攻撃されているということが本当ならば、今、私たちがしなければならないことは、連帯し、団結し、情報共有し、正しい情報を拡散して、被害を最小限に食い止めつつ、彼ら支配層の残酷で非人間的な支配に対して、まずはどうにか対抗して生き残りを模索することではないか。
もう時間はあまりない。2025年〜2030年前後を目安に人口削減計画と新しい社会体制への移行(徹底した管理社会・支配層が家畜を完全に支配する世界)が計画されている。

# WHOの権限強化とワクチンパスポートの導入により、mRNAワクチンの強制接種ももう目前だ。
https://twitter.com/3tsu84/status/1621840741193613314


現在、国際保健規則(IHR)の改定が行われている。
今回のコロナ騒動のような有事の際、各国の憲法よりWHOの権限が優先されることになる内容だ。パンデミックを利用した人類支配。
日本国内では既にmRNA工場の建設、WHO日本オフィス・CDC東京オフィスの設立が進んでいる。
このWHO権限強化を阻止できなければ、私たちの人権はなくなり、WHOの言いなりになる。

未接種者も安心していられない。
シェディングと言って、ワクチン接種者から何らかの有害なワクチン成分が伝播するらしい。
現在の注射による注入だけでなく、口腔からの吸入タイプや絆創膏タイプ、コオロギ食や卵へのワクチンによる間接摂取も目論まれている。

そしてこのmRNAワクチンの強力な推進の背後にいるのがビル・ゲイツである。


# 【これが世界の怒りだ】ビル・ゲイツ、貴方は人殺しだ!ビル・ゲイツを逮捕しろ!ロンドンで非難の嵐を受けるmRNAワクチンの首謀者
https://twitter.com/w2skwn3/status/1624690324265377792

# ゼレンコ医師によるビル・ゲイツ評「あれは特別なレベルの社会病質者だ。」
https://twitter.com/ShortShort_News/status/1610660671582261248

# ビル・ゲイツ、ワクチン未接種者を「強制接種」するため、食品にmRNAを注入することを宣言。
https://twitter.com/ikeTrump2/status/1614412867234836482


ビル・ゲイツが慈善活動に目覚めて良かった、とか
コオロギ食・昆虫食はエコでヘルシーで足るを知るだからいいよね、とか
WHOが言ってるんだから間違いない、とか
日本は平和だなぁ…、とか
いまだに寝ぼけている人たちはどうか目覚めて!!


最近、アメリカで列車事故や火災事故が立て続けに起こっている。すべてが共和党優位の州。アメリカは既に内戦状態に入っているように思える。
(本来のアメリカとアメリカ国民に対してディープステート側からの攻撃)


今後は次のパンデミックと食糧危機が予定されている。中国との戦争も。
しかし千賀一生氏は多くの人が意識をそこに向けることによって、戦争の危機を回避できるとも言っている。
https://chigakazuki.com/2022/07/30/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%af%e5%86%8d%e3%81%b3%e6%88%a6%e5%a0%b4%e3%81%ab%e2%81%89%e3%80%80%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac/


# 現時点での感想

信者時代に一度は陰謀論にハマり、そして教団は過ちを犯した。
その時と同様に、今回もまた陰謀論にハマり、自分のような少数の人間だけが、怪しい情報に踊らされているだけならいい。単に言っていることが間違っていて、相手にされないのなら「バカですね」。それで済む。
…しかし、そうでなかったら…?
陰謀論という言葉は支配側にとって都合がいいから使われている言葉だと知ってほしい。

一体この現状を変えるにはどうしたらいいのか…。日々、情報収集しながら考えている…。


# 記事に関連して経済について言えば

「億万長者たちは貴金属業界に参入しようとしている。
なぜこれらの企業や銀行が今、記録的な量の金および銀を購入しているのか?
なぜなら私たちは新しい金融システムと大統領制に移行しようとしているからだ。
億万長者たちは市場が崩壊することを知っている。」
(出典失念)

アレフの「終わりの始まり」か

上祐史浩
@joyu_fumihiro

アレフ(旧オウム)は、寄付の受領や施設の使用禁止の再発防止処分の適用決定が3月中頃に出る見通し
(2000年の団体規制法導入以来の初の適用)。
既に出家信者に外部で働くことを促し始めたとの情報も。
過去の経緯から再発防止処分逃れの組織分散・地下化・偽装脱会もあるかも。
宗教界に急速な変化の波

https://twitter.com/joyu_fumihiro/status/1631240620684763137

不動産担保証券でデフォルト。リーマンショックのように、これが引き金になるかもしれませんね。

ブラックストーンの北欧CMBSがデフォルト-5.31億ユーロ相当
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-03-02/RQWCF0DWRGGA01
ーーーーー
米資産運用会社ブラックストーンは、フィンランドの不動産投資会社スポンダが所有するオフィスと店舗のポートフォリオを裏付けとした商業用不動産担保証券(CMBS)5億3100万ユーロ(約770億円)相当の支払いを履行せず、デフォルト(債務不履行)と判断された。ブラックストーンは2018年にスポンダを買収した。
ーーーーー

「アレフ」、再発防止処分しないよう求め国を提訴
3/9(木) 5:00配信

オウム真理教の後継団体主流派「Aleph(アレフ)」が国に対し、団体規制法による再発防止処分をしないよう求める訴訟を東京地裁へ起こしたことがわかった。提訴は2月20日付。

アレフを巡っては、収益事業で得た資産などの報告が不十分だとして、公安調査庁が再発防止処分を出すよう求めており、公安審査委員会が近く正式決定する見通し。処分が出れば初めてで、アレフは活動が制限される。

関係者によると、アレフ側は訴状で「資産はアレフと無関係な団体の収益で、報告義務はない」などと主張し、処分の見送りを求めているという。

アレフは提訴とともに処分しないよう求める仮処分も同地裁に申し立てた。同法は処分に応じない場合、刑事罰を科すと規定しており、処分の差し止めが必要だと判断したとみられる。アレフ側は公安審が2月27日に実施した意見聴取に出頭せず、陳述書なども提出していなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6747084a73e5a712f8b5cb5b43b20eb5c1e80c76

幸福の科学の「終わりの始まり」

【幸福の科学関係者必見】緊急霊言 
大川隆法(霊)vs上祐史浩vs長井秀和 教団後継者問題についてコメントします【オウム真理教】【創価学会】

https://www.youtube.com/watch?v=cd6K8XahNw4

始まりました
https://youtu.be/_Eoo8gJg7YA

森永さん冴えてますな
https://gendai.media/articles/-/107239

https://youtu.be/Pot7ZDRgGaA

3月に入って惑星が動きまくってるので来るだろうなと言われてましたが。

水瓶座の時代に入ると組織から個人の時代になるので、時期がぴったり合っているアレフも解体され個人で修行する時代になるでしょう

土星と海王星の魚座期が潜在意識、死、慈悲、スピリチュアルを後押しするので
私はこの惑星のエネルギーを瞑想の達成に使おうと思ってます。

アレフに初の再発防止処分 施設使用、布施を半年禁止
3/13(月) 18:12配信

公安審査委員会は13日、オウム真理教の後継団体「アレフ」が、団体規制法で義務付けられた活動状況の報告が不十分だとして、
再発防止処分を出すことを決めた。
公安調査庁の請求を認め、全国13施設の一部または全部の使用、布施といった金品などの贈与を受けることを6カ月間禁止。

アレフの活動は大きく制限される。団体規制法に基づく再発防止処分は初めて。

公安庁によると、アレフは2000年以降「観察処分」の対象で、3カ月ごとに構成員や資産状況などの報告が課されている。

報告資産は19年11月に約12億8千万円だったが、その後、報告しないものが大きく増え、22年11月には約2千万円だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62b669de47d9729f4a2a9f00ed804c1a7b57edde

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1721-5cbce020

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-03 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]