fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

一階電気はついているが、二階が停電という問題続き。

東電調査員によると、屋内配線側問題であり、「直すとしたら大変な工事になる」とのこと。確かに、壁や天井に隠れている配線をやり直すわけだから、あ~面倒、気が重い。。。。

手始めに天井裏に入っては見た。実際に電気は来ていないが、どうにも原因らしい原因も特定できない。



電気配線は下から上がってきているが、大元はどうやらこの三芯(三本線)ではないかと思われた。



ここにも当然電気は来ていない。

(やっぱり壁を壊すしかないのか…)

壁を壊して問題個所を特定するにして直すにしても、後の復旧も必要になる。今日はそこまでの道具を準備していない。しかし、二階の住人が電気を使えないままでは可哀想。

差し当たり、配電盤から一本コンセントが取れるように、電線を延ばすことにする。



その為に、配電盤の子ブレーカーの内、二階の電気はどこかの特定を進めた。

すると、驚くべきことに、二階の電灯もコンセントも一個の子ブレーカーから取っているではないか。



しかも問題は、エアコン電源を独立ではなく、その二階コンセントから取っているという……(上記画像中2F ACは別エアコン)。完全に容量オーバーではないか(下記画像はエアコン電源を取っていたコンセント)??



差し当たりは、配電盤左上の子ブレーカーからバイパスで配線を通すしかない。バイパスを通して天井裏の配線とつなげるか?

しかし、天井裏の配線は3芯できているのだ。そこに100ボルト2芯を持ってきて、一本余るわけだが…、う~ん、電線を延ばすにしても悩む。。。。

何にせよ、天井裏に来ている配線下あたりに適当に穴をあけて線をつなげるしかない。一本余りは、また天井裏で特定するしかないか…。

天井裏までバイパスするその付近にコンセントがあった(写真はイメージ)。



(まあここを外せば、ひょっとしたら中の配線がどうなっているか、ちょっと覗けるかもしれない…)

そう思って、コンセントカバーを外してみた。すると…!!



なんと、コンセントの裏が焦げているではないか。

(原因はココだ!!!)

「海老原さん、多分原因はこれですよ、ここで焦げて、電線が切れちゃってたんですよ。」



画像は、コンセントを外したところである。前記事含めて掲載している画像は、全て問題特定が終わった後に撮影したものである。

とにかくやっている最中は必死で画像なんかとってるヒマないんです

問題のコンセントは使って無かったので、天井裏迄送りとなっている配線をつなげてみる。すると、二階も電気が復旧した。



「いや~、海老原さん、これやばかったですよ、火事になる一歩手前でしたよ」

「そうでしたか、確かに焦げてますね、やばかったですね…」

二階電灯に加えてコンセント、更にエアコン迄同じ配線から取っていたのである。その為容量オーバーで焦げたのだ。火事になってもおかしくなかった事態。

再発防止のため、エアコンは独立した配線を配電盤から引き回して工事完了。

「どうもありがとうございました」

車内帰り道、海老原さんからもらったコーラで一服。



昨晩から気が気でなかったし、今朝の「屋内配線側が問題」というメールを見て、どっと気が重くなった。作業中もずっと重かったわけだが、問題個所のコンセントを見た途端、一気にそれが吹き飛び晴れ渡った感じ。

(つづく)

コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1714-88441afb

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]