fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

質問があったので、今回はそれを記事にしてみる。

【質問】野田さんは優生思想についてどのように考えているか、この辺りについて整理して語っていただけますか。能力主義と優生思想は僕は思想構造は同じだと思っていて、何故優生思想には批判・否定されるのに、能力主義は社会に溶け込み、または肯定されているのか。

また能力主義の背景には資本主義を肯定しやすくもするように思います。


【回答】まず、優生思想、優生学についてウィキペディアから引用すると…

--------------------------------------------------
悪質の遺伝形質を淘汰し、優良な遺伝形質を保存することを目的とする[4]。優生学の実践には、「生殖適性者」に生殖を促すというものと、結婚の禁止や強制不妊手術(断種)などのものがある。障害者や犯罪者、少数民族が「生殖に適さない」とされることが多かった
--------------------------------------------------

旧優生保護法に基づいて不妊処置を施されたと、障害者などが訴えるケースも近年少なくない。これは個人の尊厳・選択の自由を侵害する問題であり、当然ながら近代思想の根幹となる「自由・平等・博愛」とも矛盾する。

男性原理・一神教の文明が進歩すればするほど、あらゆる矛盾が世の中に溢れるようになる。小生の見解としては、単にその矛盾の一例に過ぎない、と考える。

男性原理・一神教と対比する為に、女性原理・多神教の場合を考えてみよう。

女性原理が支配する母系社会では、男性が力を持つ家父長制とは全く異なる家族制度が存在する。男性も女性も基本的に、自分を生んだ母親の下で、家族として一生を過ごす。男性は、別の家の女性のところに「夜這い」して子供ができるが、その子供は生んだ女性の元で育てられる。男性は元の自分の家に属したままで、その子供の「親権」云々を主張することもない。

極端な話、父は認知されず、自分の子どもの存在も知らない、ということにもなる。子供を産んだ母親は明らかであり、子供は母親が死ぬまで一緒に暮らす。女性は、父も夫も存在しない家族の女主人となる。

父親が子供の血液型を調べてみたら、あるいは遺伝子検査をしてみたら、自分の子供ではなかった、などという問題も起こりようがない。そもそも遺伝子自体をいじって、優秀な子供を作る、などということもないので、優生思想なども存在しない。

これが母系社会の家族制度だが、社会自体はどういうものか?

詳細は「一神教支配の終焉」に記したが、男性原理は分析・切断・分断という性質があり、それにより父系社会では現代のように科学技術が発展する。対して女性原理は、包括・融和・包含という性質があり、科学技術はほとんど発展しない。世界各地に点在する母系社会の中には、原始時代のような生活を送っているところもある。

こう書くと、母系社会は父系社会に比べて劣っているかのように思われるが、あくまでそれは現代文明の視点からのものである。空(くう)が全ての現象を生み出す土台であるとするならば、母系社会の方が自由度が高く、想像の余地が残されており、矛盾も少ないので発生する社会の諸問題も少ない。父系社会である現代文明が、様々な矛盾を抱えているのは、既に高度に科学を発展させてしまったその結果である。

優生思想も、優れた遺伝子で優れた子孫を残すという視点からは正しいのかもしれないが、当然相対的に正しくない、つまり劣った遺伝子、劣った存在の否定につながり、これが「自由・平等・博愛」他と矛盾する。

優生思想に限らず、何らかの正しさ・善を求めれば、同時発生的に悪を排除することになる。能力主義を追求すれば、能力の劣った者は貧困に追いやられる。社会全体で、経済的発展・豊かさを追求すれば、格差や貧困も同時に遍在するようになる。あらゆる点で矛盾や問題が発生し、創造の余地や自由度は小さくなる。これが現代社会の姿である。

コメント


「 5次元の歌

いまから50年以上前、全米一位になった楽曲があります。

Aquarius(邦題・輝く星座)というタイトルで、21世紀に訪れる水瓶座の時代を歌っています。


愛と自由の時代がやってくる。

歌ったのは「The 5th Dimension」というコーラスグループ。

ベトナム戦争のさなか多くの反戦歌が生まれた中で、一風変わった反戦歌としてヒッピーのバイブルのように持てはやされました。


「The 5th Dimension」・・・5次元というグループ名を見ると、当時の若者文化は、まさに今の時代を標榜していたのが分かります。

楽曲はコチラです。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。


AQUARIUS/Let The Sunshine In (輝く星座) / THE 5th DIMENSION
https://www.youtube.com/watch?v=K9MMjey5qC4


水瓶座の時代とは、2000年ごとに大きな時代の変化が起きるという古代からの言い伝えですが、一笑に付すことができない説得力があります。

実際には、太陽に対する地球の傾き角度のズレもあり、2020年ころになると言われていました。

2020年冬至からの「風の時代」も、これに呼応しているように見えます。


水瓶座とは、愛、自由、公平性、科学技術の時代です。

まさにいまそんな時代が始まっています。


科学技術が戦争の為ではなく、愛と平和と公平性に使われたとしたら、この世は一変することでしょう。

間違いなくそうなります。

僕のことで言えば、35年前に予感した通りに世の中が動いていて、たとえ古い勢力の抵抗にあっても、必ずや自我から愛の時代に変わっていくと確信しています。



そんなことをテーマに、新春に特別講演を企画しています。

出演は、いま日本で最も注目されている量子物理学者であり、AI研究の第一人者でもある船井正太郎さん。

そこに阿雲(阿部敏郎・雲黒斎)の二人が参加します。


タイトルは

「近未来世界と意識変容」

これからの時代がどうなっていくのかをつまびらかにしたいと思っています。

1月21日の13時からを楽しみにしていてください。


https://abetoshiro.ti-da.net/e12404968.html  」


賠償金

すみません。
オウム賠償金の事情について教えて頂けたらと思います。
https://ameblo.jp/thepoclan/entry-12781056075.html

>オウム賠償金…

いや~、何をどう答えたらいいもんでしょうか…

少なくとも私は、2004年の逮捕以降(出所後は運営から外されていた状態で2009年除名)は、ほとんど外から教団を見ていただけなので、ネットにある情報プラスα位しか話せることはないです。

日時を調整して岩槻駅までお越し頂けるなら、それなりのお話は可能かも知れません。



日テレ1地上波 12/28 水 11:55〜13:55

THE 重大事件「土谷正実 サリンを造った男」

オウム真理教の凶行…松本サリン事件・地下鉄サリン事件の重要人物…土谷正実とは何者なのか?

https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=767515

「来年、父が逮捕された年齢になります」39歳になった“アーチャリーと呼ばれた少女”が語る宗教二世への思い
12/28(水) 6:12配信

宗教二世に注目が集まっている。多くの人は松本麗華さんの名は知らなくても「アーチャリー」は覚えているだろう。地下鉄サリン事件や松本サリン事件の首謀者として2018年に刑死したオウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の三女だ。富士山麓の教団施設に強制捜査が入っていた日、マスコミに向かってアッカンベーをしてみせた少女は39歳になっていた。

約束の5分前に現れるとエントランスに入る前にコートを脱ぎ、部屋ではバッグを足元に置いた。社会人として完璧過ぎるほど完璧だ。現在は心理カウンセラーとして働いているという松本さんは、宗教二世の問題をどう見ているのか。『 週刊文春WOMAN2023創刊4周年記念号 』より、一部編集のうえ紹介する。

宗教二世をどう定義するのか

5歳から16歳まで閉鎖された教団のなかで育ち、世間の常識も分からないまま大人になってしまいましたから、礼儀作法やマナーについては、今も手探りの状態です。とはいえ、もう教団を離れてからの人生のほうが長くなりました。

私には姉が2人、妹が1人、弟が2人いますが、今は次姉(以下、姉)と上の弟、元信者で既に教団を離れている男性と4人で郊外の町でルームシェアをして暮らしています。

姉とは最近、宗教二世の問題についてよく話し合っています。そもそも宗教二世をどう定義するのかということですが、特定の宗教を信仰する親のもとで、その影響を強く受けて育った子どものことをいうのだろうと思いつつ、しかし、たとえ親と一緒に行動していたとしても、それは親の意思でそうしているだけであって、子ども自身は信仰の告白をしているわけではないんです。私も教団にいた頃から「自分で選んでここにいるわけではない」と思っていました。

宗教二世が声高に叫ばれ始めたきっかけ

当時は信仰心があったのかと聞かれることがありますが、足元のアリを踏みつぶしてはいけないよと父に言われたことを守った。果たしてそれは信仰なのか。親からご飯を残しちゃいけないよ、人には優しくしようね、嘘をついてはいけないよと言われていたのは、普通の家庭となんら変わるものではないと思うのです。

それは教団が地下鉄サリン事件をはじめとする数々の事件を起こしていたことを知らなかったからそんなことが言えるのだと言われれば、その通りかもしれません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e496e1d3923cfc50d409da942230587a41d74a7

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e496e1d3923cfc50d409da942230587a41d74a7?page=2

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e496e1d3923cfc50d409da942230587a41d74a7?page=3

岩槻

>日時を調整して岩槻駅までお越し頂けるなら、それなりのお話は可能かも知れません。

お願いします。

鎌田様

やっぱりこちらの事情も色々ありますので、電話でお願いします。電話番号を秘密コメントで書いてください。その上でこちらから指定の時間に非通知でお電話差し上げます。12/30,31は帰省中で暇なので、その日の中でお電話可能な時間帯候補をいくつか挙げて下さい。こちらからお電話差し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)    あ毛おめ
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1707-9c722c8a

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-03 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]