fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

オウム関連なんで、オブツ真理教に書こうか、書くまいか、それほどの内容でもないか… 、って思ってたんだけど、質問が来たから、こっちで。

まず経緯について、ネットの記事他から推測できること。以下の記事が大体の雰囲気あらわしてるんではないかと。

-------------------------------------------------------------
アレフ オウム被害者への賠償逃れで不報告か
10/25(月) 20:33配信        産経新聞

オウム真理教の後継団体「アレフ」について、公安調査庁は25日、活動実態の報告がなされていないとして、「団体規制法」に基づき、公安審査委員会に再発防止処分を請求した。アレフは、オウム真理教の一連の事件による被害者への賠償を逃れるため、活動実態の報告を行っていなかった可能性がある。

アレフは平成12年、オウム事件の被害者らへの賠償金の残額約38億2千万円を引き受けることに合意した。しかし、一部が支払われなかったことから30年2月、「オウム真理教犯罪被害者支援機構」がアレフを提訴。東京地裁は31年4月、約10億3千万円の支払いを命じる判決を出した。

公安調査庁によると、判決を受けた強制執行で一部資産が差し押さえられた直後の昨年2月から、アレフは収益事業などを含む報告を同庁に提出しなくなったという。同庁が把握している平成31年1月末時点のアレフの資産は約12億9千万円だったが、令和3年1月末では約5億5千万円と半分以下になった。両年ともアレフの報告に基づき計算された額で、不報告により把握できる資産は減少しているとみられる。

また、同庁は支援機構の照会に応じてアレフの口座情報などを開示しているが、アレフは「支援機構への口座情報の開示は違法だ」などと主張しているという。同庁は「(情報開示は)法的な義務で全く問題はない」とした上で、「(アレフは)被害者への賠償を逃れるために報告していない可能性もある」と指摘している。
-------------------------------------------------------------

賠償したくないから被害者支援機構とケンカ



公安庁報告の口座情報が支援機構に開示される



口座差押?(現金3000万位とられたとか)



口座情報開示は違法だ、と公安庁とケンカ



報告をやめる



公安庁が団体規制法の再発防止処分請求 ← 今ココ


でも、再発防止処分って、「最大6か月間の施設使用・勧誘・寄付の禁止」で、せいぜい半年です。しかも信者の居住は認められるから、ホームレスになるわけでもない。

振り返れば、1999年は、破防法適用で大変だった。何しろ破防法には解散指定というのがあったから、指定されると団体の息の根が止まる。それで6人一組のグループで住居を借りて、そのために教団の資産を信者個人に一人当たり10万ずつ配って…、というのをやっていた。それから比べりゃ、屁みたいなもんじゃないかな。

元々12億位あったようだから、今出家信者200人切ってるんですよ。やらないだろうけど、今配れば信者一人当たり600万円。その辺の一般人よりよっぽど金持ち。信者グループは物件を借りるんじゃなくて買い取ることができてしまう。リッチ。

で、事件に向き合ってないんじゃないか、っていう点については、そりゃそうでしょう。彼らにとっては、信仰の正義と事件の悪は相容れないから。

そもそもの話、今アレフに残ってる信者は、二宮君も含めて、誰も直接的にヴァジラヤーナというか、事件に関わってない。勿論、間接的に人的・資金的に資することがあったのは間違いないだろうけど、人を殺(あや)めるような葛藤などみじんも感じることなく、小役人的に教祖の指示に従っていただけ。

凡庸なる悪ってやつですが、そういう状況では、まず人間は罪悪感を感じません。

ナチスドイツのユダヤ人強制収容所所長だったアドルフアイヒマン然り。ヒトラーの秘書だった女性の話や、ナチス宣伝相の秘書女性の話もあるけど、「私は悪くない」「そういう時代だった」と。みんな自分が可愛い、人間そんなもんです。

それは被害者遺族、あるいは一般国民からすれば、不誠実な態度に見えて腹立たしい話かもしれないけど、無期懲役あるいは死刑に処された十数人以外に、人生掛けて事件を謝罪・反省して…ってな人を小生は知らない。

無期懲役・死刑の人は、実際に「このサリン袋を破れば、今隣にいる女性が苦しんで…」という葛藤があったりしたから、謝罪反省ということにつながった人がいたんだろうけどど、それまで追求した宗教的正義と悪の葛藤というのは、突き詰めるのは容易ではない。大体はどっかに逃げ道を探してしまう。しかし一生かけて突き詰めれば、そこで精神的進化の可能性が開けることもある。

で、小生がどう感じるのか?

「そうか、そんなに金払いたくないなら、ワシが払ったろか?あ、でもまだお金足りないな」

信仰の正義を追求して悪となった結果を見据えない、被害者賠償払わない、それは紛れもなく小生も通ってきた道です。彼らを非難する道理がありません。

「まあ先は長いが、信仰の正義、その先に何があるのか、探求を頑張ってくれたまえ」

ってとこですかね。

繰り返しになりますが、この正義と悪の葛藤ってのは、容易には起こらない。人生掛けて出家し、真面目に信仰生活を送って幹部になり、命を懸けてサリン袋をつついて、(刑)死が目の前に迫り、ようやくそこにたどり着く。その上で悟れるかもしれない、悟れないかもしれない。失敗したら、もう何生か、かかるかも知れない。

それと同様、「オウムの真理」と「現実」は乖離がある。

コメント


サーべ サンカーラ アニッチャ
諸   行     無常
あらゆる現象は   常ではない

サーべ ダンマ アナッター
諸   法   無我
あらゆる観念は 自分ではない

ニッバーナム サンタナム
涅槃     寂静
苦しみの消滅は静寂である


あらゆる現象、あらゆる観念に対する執着が滅すると
苦しみが滅して静寂になる

オウム真理教という現象、オウム真理教という観念に対する執着が滅すると
苦しみが滅して静寂になる


 分かりやすい説明をありがとうございます。最後の一文で「オウムの真理」と鍵括弧が掛かっているところに共感しました。

 仏陀であれば物事の空の性質を悟っているはずなのに、善悪二元論のヴァジラヤーナを説いていたことには矛盾があると思っています。また一人の人物を絶対善とみなすことは、それまで何もなかった世界にその人物をゼロの位置にして物差しを置くようなものです。
 僕はオウムにいたこと自体に意味があったと思っています。オウム事件について考えずに、教団にいたこと自体忘れようとすることはある意味でとてももったいないことです。

わかりやすくありがとうございます。
ひかりの輪はお金がなくて福岡道場がポアしてましたが、アレフは金持ちなのですね。

たびたびすみません。
どうしてアレフは金持ち、ひかりの輪は貧乏なのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1628-f4393406

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]