fc2ブログ

野田成人のブログ

累積賠償額1640万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

キチガイの戯言

これまでコロナについては、特に触れてこなかったわけだけど、ちょっとだけ気になったので。

何が気になったかと言うと、「ワクチン」。

日本でも、ようやく接種が始まったけど、なかなか進まない。ま、そりゃいいんだけど、ワクチンの中身というか、安全性が気になる。

コロナワクチンも、いくつか種類があるが、日本で接種予定なのはファイザー製とモデルナ製。これらは両方ともmRNAを利用したものである。血栓ができるとか問題になってるアストラゼネカ製は、ウィルスベクター型と言ってちょっと違う。

しかしmRNA型にしろ、ウィルスベクター型にしろ、他の病気で使われてきた従来型ワクチンとは全く違うものである。従来はウィルスを弱毒化したものを使っていた(不活性化ワクチン)。二つの新しいワクチン方式は、ここ10数年急速な遺伝子工学の発達により開発が進んだ。

ウィルスベクターワクチンは、何十年かの研究実績はあるが、治験で接種数日後に死亡した例など、重大な副作用の懸念から実用化が進んでいない(エボラウィルス病に対するワクチンとして承認されたものもある)。またmRNAワクチンは、今回のコロナ対策として、初めて一般大衆向けに使われる。

要するに、世界中がコロナで大騒ぎになった今、人類の大半を対象にした壮大な実証実験が行われつつあるわけだ。

人類の大半、としたのは、少なくとも中国は対象外になりそうなんで。中国製(シノファーム製)ワクチンは、不活性化ワクチンで、従来使われていたタイプのものである。但し先の2つのワクチン方式より、効果は小さいと言われている。

ワクチン

最新の遺伝子工学技術で、新型コロナを高い確率で抑え込むことができるなら、万々歳のようにも思える。

しかし何事にも、メリットにはデメリットが付きまとう。不利益を全く被ることなく、利益の果実だけを取り続けることはできない。これは事象の根本が「空」である以上、無常ならざる真理である。

では、どういう不利益・デメリットを被る可能性があるのか?

少し生物学的専門分野に話を持って行く。通常ワクチンは、体内の抗原・抗体反応を利用する。

抗原である病原性ウィルスが体内に入ると、免疫システムが抗体をつくる。その抗体が、抗原と結び付いて、病原体を体外へ排除する。

今回のコロナについては、どういう抗体ができるのか?

「スパイクたんぱく質」ーーこの言葉をどこかで聞いたことはないだろうか?ニュース等で、「コロナウィルスのスパイクタンパクがくっ付いて…」という内容を、皆さんも見聞きしたことがあるかも知れない。このスパイクたんぱく質を体内生産させることにより、抗体を作り出そうというのが、ファイザー・モデルナ・アストラゼネカのワクチンである。

mRNAワクチンは、コロナウィルスのスパイクタンパクを作るRNAの部分だけを取り出して、体内の細胞にコロナウィルスと同じスパイクタンパクを作らせる。多少やり方は違うが、体内細胞にスパイクタンパクを作らせるのは、アストラゼネカのウィルスベクター型ワクチンも同じだ。

スパイクタンパクが体内でできれば、それに対する抗体ができる。よってコロナウィルスが入ってきても、抗体がすぐに働いて、コロナは重症化しない、というわけだ。

抗体

一つ勘違いしないで頂きたいのは、ワクチンを打てば重症化しないだけであって、ウィルスが全くなくなるわけではない。どこかの国で「ワクチン接種すればマスクをしなくてよい」などとしているが、ワクチン接種してもコロナにかかった人はウィルスをばら撒く。むしろ集団免疫には、大いにマイナスだ。

「いいじゃないか、重症化しないなら」

と思うかもしれない。確かにメリットだけでデメリットが無く、コロナが収まるなら、メデタシ・メデタシとなるが…。

しかしウィルスと同じスパイクタンパクを、自分の体内細胞で作るのである。通常mRNAは、細胞内で数時間で消滅するところを、ワクチンはそうならないように改良されている。そうすると体内細胞には、スパイクタンパクが残り続ける。スパイクタンパクが残り続けるのは、ウィルスベクター型でも同じ。そうすると本来は自分の体に無かったものを、ワクチンにより作ったことになる。これが何らかの切っ掛けにより、抗体と免疫システムが自分の細胞を攻撃し、病気が誘発されることはないか、という懸念である。自らの組織が抗体に攻撃される病気を、自己免疫疾患と呼ぶ。これがワクチンにより誘発されるリスクである。

「そうは言っても、治験でも試して、既にワクチン接種でそれ程問題が出てないじゃないか」

確かに治験でもワクチン接種でも、ある程度実証されている。しかしその検証期間は短い。またコロナの抗体は一定期間で消えることが判明しており、毎年接種しなければならない可能性も出てきた。その上で変異株に対応したワクチン開発も必要になってくる。接種後数年~十数年でなにかの拍子で、ワクチン接種した人が自己免疫疾患にかからないかどうか。そこまでの実証実験はないままでの見切り発車なのである。

(つづく)

------------------------------------------------------------
新型コロナウイルスワクチンの国内導入にあたって―mRNAワクチンとウイルスベクターワクチンの基本
(IASR Vol. 42 p36-37: 2021年2月号)


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発・導入が, 国内外で未曾有のスピードで進んでいる。本稿では, 本格的なワクチン導入にあたって, 新規プラットフォームワクチンであるmRNAワクチンとウイルスベクターの開発の歴史と製剤の特徴について, 医療や公衆衛生に従事する者が理解しておくべき点を簡単にまとめた。

mRNAワクチン
 現在, 開発が進んでいるmRNAワクチンは, 脂質ナノ粒子などのキャリア分子に抗原タンパク質をコードするmRNAを封入した注射剤である。注射されたmRNAが局所の宿主細胞内に取り込まれ, 翻訳されることにより, 抗原タンパク質が産生され, 抗原特異的免疫応答が起こる1)。

 1990年にルシフェラーゼをコードしたmRNAをマウスの筋肉へ直接注射すると, 筋肉でルシフェラーゼ活性を認めることが発見された2)が, これが外来性のmRNAを生体内で翻訳・発現させるというmRNAワクチンのコアコンセプトの実証となった。mRNAワクチンの利点としては, 感染性がない点, 細胞成分等の混入がない点, 細胞性免疫の惹起, アジュバントが必要ないこと, 生産が安価で比較的簡便であること, などが挙げられる。しかし, RNAやキャリア分子の不安定性, 強い副反応, そして生体内での翻訳・発現効率などのハードルがある1)。これらの対処法として, RNA分子への修飾や精製方法の工夫, キャリア分子の最適化が検討されてきており, 特に, この2,3年の技術革新の進歩は目覚ましい3)。感染症予防ワクチンとしては, 2012年にインフルエンザに対してmRNAワクチンの概念実証がマウスモデルで示された後, 急速に研究が進み, 2017年にはヒトにおける初めての感染症予防mRNAワクチン(狂犬病ワクチン)の臨床試験第1相の結果が報告されている4)。ただし, COVID-19パンデミック以前には, 狂犬病の他にもHIV, HPV, ジカ熱, チクングニア熱などに対する感染症予防mRNAワクチンの臨床試験が開始されていた5)ものの, いずれも実用化までには至っていなかった。

 COVID-19に対するmRNAワクチンとしては, ModernaのmRNA-1273やBioNTech/PfizerのBNT162B2が海外の複数国で緊急使用許可や正式承認を受け, 接種が開始されている(2021年1月現在)。これらの臨床試験において確認された有効性や安全性についてのデータは, 日本感染症学会の提言6)に詳しく記載されているため, そちらを参照されたい。

ウイルスベクターワクチン
 ウイルスベクターワクチンは, ヒトに対して無毒性または弱毒性のウイルスベクターに目的の抗原タンパク質をコードする遺伝子を組み込んだ組換えウイルスを使用しており, ヒト体内で複製可能なものと不可能なものがある。

 ウイルスベクターは, もともと1990年代初頭に欠損遺伝子を導入する遺伝子治療のツールとして開発が始まり, 大きな期待を呼んだ7)。しかし, 1999年にアデノウイルスベクターを使用した遺伝子導入治療の治験に参加していたオルニチントランスカルバミラーゼ欠損症罹患男性が, 接種4日後に死亡するという事例や, 2002年にはX連鎖重症複合免疫不全症に対してレトロウイルスベクターによりアデノシンデアミナーゼ遺伝子をex vivo導入した造血幹細胞を移入する治験において, 原疾患は治癒したものの, 遺伝子導入された細胞由来の白血病を発症した事例が報告され, ウイルスベクターで起こる重大な副作用に対する懸念からウイルスベクター療法の実用化は進まなかった。しかし, これらの負の歴史を乗り越えて, 2019年に感染症に対するウイルスベクターワクチンとして初めて, エボラウイルス病に対するrVSV-ZEBOV(VSV: 水疱性口内炎ウイルスをベクターとして使用)が欧米で承認されている8)。

 ウイルスベクターワクチンの利点としては, 抗原タンパク質発現の安定性, 細胞傷害性T細胞応答誘導, アジュバントが必要ないこと, などが挙げられる9)。しかし, 使用するウイルスベクターによっては, ヒトゲノムへのウイルスゲノム挿入変異による発がん, ウイルスベクターに対する既存免疫によるvaccine failure, ウイルスベクターそのものによる病原性, 低力価, などのハードルがある。

 COVID-19に対するウイルスベクターワクチンとしては, Oxford/AstraZenecaがChAdOx1 nCoV-19(AZD1222)がすでに英国で使用許可を受け, 接種が開始されている(2021年1月現在)。このワクチンで使用されているチンパンジーアデノウイルスベクターは, アデノウイルスベクターで問題となり得る既存免疫がヒトにおいては極めて稀と考えられ, 他の新興再興感染症に対するワクチンとして開発が進められてきた。本ワクチンの臨床試験における有効性や安全性のデータについても, 日本感染症学会の提言6)に詳しく記載されている。

終わりに
 mRNAワクチンとウイルスベクターワクチンはともに, この数年~10年で開発が進んできた, 歴史が浅い新しいワクチンプラットフォームである。これらの新しいプラットフォームを用いたCOVID-19ワクチンは, 観察期間は短期間であるものの, 高い発症予防効果を有することが治験により明らかになった。また, 安全性についても, 接種直後(1週間以内)および短期的(3カ月以内)に起こる副反応のうち, 比較的高頻度で発生するものについてはデータが得られており, これらのワクチンの接種において注意すべき点が明らかになってきた。これらのデータを合わせ考えると, これらのワクチンは, ある程度の副反応はあるものの十分に有効であり, 流行拡大が続く現状においては, 重症化リスクや感染リスクの高い者への接種による利益は, 副反応という不利益を大きく上回ると考えられる。一方で, 稀有な副反応や長期的(3カ月以降)なワクチンの安全性については未解明の部分が多く残されている。これらについては, 今後, データが蓄積されていく欧米や, 国内導入された後の市販後調査の中で徐々に明らかになっていくことが期待される。また, 安全性という側面だけでなく, 長期的にワクチンで誘導された免疫が減衰してきた時の有効性(免疫減衰時に感染した場合の病態悪化の有無も含めて)を明らかにするためにも, ワクチン被接種者を対象とした継続的な研究が必要不可欠である。いずれにしても, 導入時点では, これらの新規プラットフォームワクチンの性質のすべてが明らかになっているわけではなく, 既存ワクチンでは想定しなかったような事態も発生する可能性があるということを, ワクチン接種にかかわるすべての者が認識しておくべきである。このような状況の中で医療や公衆衛生に従事する者に求められるのは, 「新しいプラットフォームのワクチンは副反応が強いワクチン」という漠然とした理解ではなく, これらのワクチンがどのような性質を持ったワクチンで, どの程度有効で, どのような副反応がどのような頻度で起こるのか等, 既にある情報を正確に理解し, 被接種者に丁寧に伝えていく「リスクコミュニケーション」をそれぞれの立場で適切に実践していくことである。

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

苫米地さんがTVで詳しく解説してましたね動画もアップされてます。
もちろん私も接種しませんが、野田さんも接種しないでしょうね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1597-227f1917

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2024-02 : 3
2024-01 : 5
2023-12 : 4
2023-11 : 5
2023-10 : 5
2023-09 : 6
2023-08 : 5
2023-07 : 4
2023-06 : 4
2023-05 : 4
2023-04 : 3
2023-03 : 4
2023-02 : 3
2023-01 : 6
2022-12 : 3
2022-11 : 4
2022-10 : 5
2022-09 : 3
2022-08 : 5
2022-07 : 4
2022-06 : 5
2022-05 : 4
2022-04 : 4
2022-03 : 6
2022-02 : 5
2022-01 : 2
2021-12 : 4
2021-11 : 5
2021-10 : 7
2021-09 : 5
2021-08 : 4
2021-07 : 4
2021-06 : 4
2021-05 : 4
2021-04 : 5
2021-03 : 5
2021-02 : 5
2021-01 : 5
2020-12 : 5
2020-11 : 5
2020-10 : 5
2020-09 : 7
2020-08 : 5
2020-07 : 7
2020-06 : 5
2020-05 : 7
2020-04 : 1
2020-03 : 5
2020-02 : 5
2020-01 : 5
2019-12 : 5
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 8
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 5
2014-05 : 5
2014-04 : 9
2014-03 : 9
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 5
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 14
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 7
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-04 : 6
2004-03 : 8
2003-12 : 1
2003-09 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]