FC2ブログ

元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額1186万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム

ここ数日は解体でクソ忙しかった。

その真っ最中の早朝に携帯に見知らぬ番号から電話。

時刻は7時33分、番号表示を確認すると…


03-394●-0110


下四桁0110は、全国共通で警察署。

(また誰か逮捕されたのか…)

既にそういう事件連絡が日常茶飯事となっている。

(このクソ忙しいのに、ええ加減にせえよ、ホンマ…)

少し憂鬱になりつつ電話に出てみると…

「おはようございます、朝早くからすみません、●●警察署のものですが、古沼一郎(仮名)さんという方はご存知でしょうか?」

「え…、古沼…ですか?」

「はい、野田さんのお知り合いといいますか、電話連絡でやりとりをされたこととかないでしょうか?」

入居者には古沼姓はいないから、全く別の事件らしい。しかし古沼という名前、かすかに記憶の隅に残っている。

「あの~、私困った人を助けるとかで、住居提供だけでも年間100人以上対応しているんですが、電話とかメール連絡だけだとその数倍になるんです。その中にひょっとしたらいたのかもしれないんですが、今すぐに思い出せないです。」

「今事件の関係で、古沼さんの交友関係を調べているのですが、野田さんの携帯番号があったもので、それで連絡している関係なんですが、分かりませんか?」

「え~っとね…、ちょっと待ってください…」

メール問合せなら記録が残っているかも知れない。そう思ってパソコンの前で検索をかけてみる。

「ブログ読者です」

というタイトルメールが検索にかかった。




えーーーーーーーー!!




内容を見て愕然とした(以下添付)。

-----------------------------------------------------------------------
ブログ楽しく拝見しております。
 
古沼…
……
090-xxxx-xx77

返事が必ず頂けるものとは思っておりませんが
厄介な現象につき理解できる方と考えた場合
そちらしか思い浮かばなかったわけです。

酒もギャンブルもやらず
働く意欲がないわけでもなく
職も探しているのですが
八方ふさがりです。

このような形で自分の死ぬべき時期を知らせてくるものですかね?

もう時期に金が底を尽きます。
死ななければならないようなら
周りに迷惑をかけないように本気で死に方を考えねばなりません。

自分には死ななければならない理由が思い浮かばないので
非常に困惑しています。
-----------------------------------------------------------------------
(クソ姉妹シリーズを挟みながら続く)

コメント


自殺をしたら、意識はどこに彷徨うのですか?仮に意識が存在し続ければ地球は魂であふれてるはずです。

ホームレスや引きこもりを、農業でどう救うか

9/21(土) 6:15配信 プレジデントオンライン

働きたいのに仕事がないという人に就農を支援するえと菜園の小島希世子さん。「就農プログラム」はビジネスグランプリで最優秀賞をとるほど評価されたが、実現には大変な苦労があった。人生に行き詰まり、生きる希望を失いかけて小島さんの元を訪れた人たちは、どう自信を取り戻していくのか。実話を紹介する――。


※本稿は小島希世子『農で輝く! ホームレスや引きこもりが人生を取り戻す奇跡の農園』(河出書房新社)を再編集したものです


■元ネットカフェ難民だった吉田さん(仮名)の実話

ホームレスの置かれている現状や、彼らの抱えている問題について、理屈は理解できても、現実の彼らの苦悩やもどかしさは理解しづらいと思う。そこで、実際のエピソードを紹介したい。

以前、うちの農園に研修にきていたある男性の話だ。彼のエピソードを通して、ホームレスになる人はホームレスになりやすい背景があること、また、ホームレス特有の心の問題を抱えていることがわかってもらえるのではと思う。

吉田さんは親から虐待を受けて育った30代の男性だ。子どもの頃から親に心ない言葉を浴びせられ、しつけという名の体罰を受け続けた。いつもオドオドとしている彼は学校でもいじめに遭った。

中学を卒業してからは新聞配達の仕事を得たが、給料はもらったその日に親に渡し、吉田さん本人が自由に使える小遣いは月に500円玉1枚だけ。それすらもらえない月もあった。配達中にのどが渇いても、ジュースを買うお金がなかった。だけど、こわくて、もっと小遣いをくれというようなことは口が裂けても言えない。


■死を考えるほど追いつめられる

そんな居場所のない、生きた心地のしない生活が30年以上も続いたのだ。ある日、吉田さんは「このままでは自分がダメになる」と思った。

「親に虐げられ、親の言うままに搾取れるだけの人生はもうご免だ」

着のみ着のままで逃げるように家を飛び出した彼は、自分を知る人のいない街へ、仕事の見つかりそうな街へとの思いで、必死に東京まで出てきた。でも、中卒で身寄りもない彼が簡単に仕事を見つけられるはずもない。路上生活をすることも考えたが、身なりが不潔ではますます仕事がなくなってしまう。彼は日銭を稼いではシャワーを求めてネットカフェを転々とする生活を選んだ。

体を使って仕事をすることは苦痛ではなかった。ただ、お金を貯めて部屋を借りようにも、日々の生活費を払うと手元に残るのはほんのわずかな小銭だけ。何カ月経ってもネットカフェから抜け出せる見込みは立たなかった。

もうこれ以上は頑張れないと思った彼は、自ら命を絶つことも考えたという。でも、最後の最後で思い留まった。

■虐待のトラウマ

ホームレス支援団体に相談に訪れた彼は、そこで私が行っている就農支援プログラムの存在を知る。「これなら自分にもできるかもしれない」と思った彼は、一も二もなく参加を申し込み、畑にやってきた。

吉田さんは自分の気持ちや考えを表現するのがとても苦手だった。表情はほとんどなく、口数も極端に少ない。自分から人に話しかけることは、よほど必要に迫られない限りしない。そして、虐待を受け続けたトラウマが見受けられた。

ある日、メンバーの1人が日頃の人間関係のことを思い出して怒り出した。人間関係や世の中の理不尽さへの怒りを大声で訴えはじめた。

彼のように何かイライラすることがあると、ストレスを吐き出す人は、世の中には少なくないので、私は私なりの対処法を心得ていた。こういうときは、あえて反論したりせず、彼が全部を言い切るまで待つのがいい。怒りやイライラのエネルギーを出し切ってしまえば、すっきりして、その後はたいてい冷静になる。

ところが、運悪く、私が彼に怒鳴られている近くに、吉田さんが居合わせてしまった。耳を塞いで走り去ってしまえばいいのだが、彼の場合はそれができない。おそらく、一方的に怒鳴られている私を見て、親から怒鳴られたときのことがフラッシュバックしたのだと思う。

吉田さんは人形のように固まってしまった。本当に人形のように瞬きすらせず、息もできているのかどうか心配になるくらい凍りついてしまったのだ。

初めてのことで私もどうしてあげればいいのかわからなかった。声をかけても反応はなく、ただ見守ることしかできない。結局、時間が彼を解き放つのを待つことしかできなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00029940-president-bus_

>自殺をしたら、意識はどこに彷徨うのですか?仮に意識が存在し続ければ地球は魂であふれてるはずです。

いや~、経験したわけじゃないから確たる事は言えないねぇ

因果上の父親と 生物上の父親がある

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1470-934a21af

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム(gmailです)

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2020-12 : 1
2019-12 : 2
2019-11 : 4
2019-10 : 7
2019-09 : 4
2019-08 : 5
2019-07 : 2
2019-06 : 5
2019-05 : 6
2019-04 : 3
2019-03 : 6
2019-02 : 5
2019-01 : 5
2018-12 : 6
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 11
2015-01 : 11
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 9
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 9
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 13
2004-01 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]