元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆2003年10月20日
マトリックスとは? 現実は真実か? 仏教的MATRIX考察と解説 No.12

ma.jpg 映画「マトリックス」の完結編「マトリックス レボリューションズ」の公開が近づいて参りました。11月5日に世界同日・同時刻封切りになるそうで、映画ファンの話題を席巻しているようです。 この「マトリックス」という映画、なかなか哲学的・宗教的に深い要素があります(監督や主演俳優が各種哲学書を読みこんだそうで)。そこで今回は、この映画についての考察を。
 わたし自身、99年に初公開された「マトリックス」は、昨年末ごろ、会員さんから勧められて初めて見ました。ご存じない方のために簡単にストーリーの要旨を紹介しますと、

 表の顔はプログラマーだが、裏稼業では名うてのハッカー・ネオは、ある日トリニティと名乗る美女に導かれて、モーフィアスなる人物に会う。彼は、人々が現実の世界だと思い、信じている世界は実は「マトリクス」と呼ばれるコンピュータによって制御された仮想現実だという恐るべき真実を告げる。ネオはモーフィアスらによって、仮想現実「マトリクス」から救い出され、人類を救うためにコンピュータに戦いを挑んでいく。
……というものです。

 実は昔、私が東大に通っていた頃、友人と人生の意味合いについて議論したことがあります。その際に出た一つの考え方として、面白いものがありました。
 「私たちは地上の支配者として今を生きているつもりだが、実は今、本当は西暦2500年で、ある研究室の中で500年前の人類の生態調査として壮大な実験場が設置され、その中で地球上で起こっていること全てが再現されているのかもしれない。私たちはその実験室のモルモットかもしれない」というものです。

 私たちがガラス瓶の砂の中の蟻の巣を観察するように、今の地球上の人類そのものがそのような実験場のモルモットなのかもしれない、という考えですね。その考え方と、この映画のストーリーが似ていて、面白いなと思いました。

 「そんな馬鹿なはずない」と思われるかも知れませんが、そうじゃないと言い切れる十分な証拠もないですよね。仏教・ヨーガの世界観はその回答を提示してくれるわけですが、それによると、私たちが支配されているという点は、あながち間違いとも言えなくなってしまいます。以下に映画の台詞を交えながら話を進めていきます。

モーフィアス(以下モー)「マトリックスとは何か?支配だ。それはコンピュータが生み出す夢の世界だ。人を支配するために作った……」

 仏教・ヨーガの世界観によると、私たちは六つの苦しみの世界を輪廻転生し続けています。それは私たちの心が煩悩に汚されているためですが、六道を輪廻転生する魂に煩悩の喜びを与えながら支配する者が存在します。それは第六天界の王・マーラと呼ばれる悪魔です。つまり私たちはマーラから煩悩の喜びという餌を与えられながら、欲六界の中で飼い慣らされているとも言えるのです。

 私たちが煩悩の喜びに振り回される限り、心は煩悩の対象に縛られ、牢獄にも喩えられる六道を輪廻転生し続けることになり、六道より高い世界を含めた全宇宙の実相(真実)を知ることができません。

ネオ「マトリックスって……?」
モー「マトリックスは全てだ。いたるところにある。……それは君の目を真実から覆い隠してきた世界だ。」
ネオ「真実って?」
モー「君が奴隷であることだ。みんな生まれた時から束縛されている。牢獄だ。心を縛る。」

 しかしそう言うと、「六道の動物界はわかるけど、地獄にしろ天界にしろ、六道より高い世界にしろ、どこにあるんだ? それこそ証明してくれ」という話にもなりますね。この疑問は、私たちが今五感で経験していることが現実の全てだ、という考えに立脚しています。

 しかし、何が現実なのかということを考えた場合、まず、私たちが夜見る夢は一体何なのか、夢の中での経験とは何なのか、ということにもなってきます。

モー「現実としか思えない夢をみたことがあるか? 夢から目覚められなくなったらどうするか? それが夢なのか現実なのか、……区別できるか?」

 修行が進んでくると、よく夢を見るようになります。そしてどんどん夢が鮮明になっていきます。カラーで、触覚や味覚などの感覚も、起きているときより鋭くなる感覚を経験します。
 さらには壁をすり抜けたり、空を飛んだり、あるいは自由に世界そのものを変えることができるようにさえなってきます。また夢から起きたと思ったら、それもまた夢だったり、夢の中で「あ、これは夢の中にいるんだ」とわかりつつも、起きて現実の世界になかなか戻れないということも……。そしてあまりにも夢がリアルなために、夢と現実がごっちゃになってしまうところまで体験する人もいます。

モー「何が現実だ? 現実をどう定義する? もし君のいってるのが、感じるとか匂いがするとか味がするとか見えるとかなら、現実は脳が解釈するただの電気信号だ。」

 最近の脳の研究によると、私たちの五感の感覚は、脳に電気信号として伝わっていることが判明しています。逆に電気的刺激を脳に与えることにより、五感の感覚があるように感じられるそうです。
 また私たちが頭でイメージするときも、脳には現実の体験と同じような電気信号が発生しているようです。夢の中で高所から転落して身体がビクッ!となった経験が誰でもあると思いますが、夢の中の出来事でも、脳内では実際に起こった時と同じ電気的な処理が行なわれ、筋肉に信号が送られているわけです。

 もちろん、その脳の電気信号解釈が全てではありません。
 仏教・ヨーガ理論では、イメージの世界や夢の世界は、アストラルと呼ばれる世界の一部であり、アストラル世界の方がこの現実世界よりも本質に近いと説きます。そしてアストラル世界は、体の部位としては脳に対応していると言われています。ですからアストラル世界の体験が、現実世界の肉体においては脳の電気信号として染み出ていると考えられます。


(つづく)

コメント


VT正悟師

>しかしそう言うと、「六道の動物界はわかるけど、地獄にしろ天界にしろ、
>六道より高い世界にしろ、どこにあるんだ? それこそ証明してくれ」
>という話にもなりますね。
>この疑問は、私たちが今五感で経験していることが現実の全てだ、
>という考えに立脚しています。


わたしは、
幽霊の世界(餓鬼or低級霊域)も存在を確信しています。

よく体験していますから。


でも、地獄、阿修羅、天界はないですね。

夢でそれらしきものを見たことはありますが、体験したと言うほどではありません。

マトリックスは気味悪いよ、つまんな-い。

マトリックス

マトリックス(あるいはマトリクス)とは、
------------------------------
元来「生み出すもの」を意味する言葉である。この言葉が指す具体的な事象・事物は、本来は「子宮」を意味するラテン語(< Mater母+ix)に由来する英語Matrixの音写で、そこから何かを生み出すものを意味する。

この「生み出す機能」に着目して命名されることが多い。また、子宮状の形状・状態に着目して命名される場合もある。

日本語にあえて翻訳する場合は「基盤」「基質」などの訳語が当てられることがあるが、原語で強く感じられる「生み出す機能」や「形状」が伝わりにくく、必ずしも評判が良くない。例えば「母体」あるいは「子宮体」ならばニュアンスも伝わるのだろうが、このような訳語はほとんど採用されていない。結局、カタカナで表記されることが多い。

自然科学

数を縦横に配置した数学の行列。様々な式や値を、豊穣に生み出す、一種のアルゴリズムである。包み込むような子宮状の記号で表現される。
ミトコンドリアの内膜で囲まれた基質のこと。
ウイルス粒子のエンベロープとヌクレオカプシドの間に基質のように埋め込まれた蛋白質のこと。
MALDI法を用いる質量分析において、ターゲット化合物のイオン化を支援する化合物。
マトリックス分離法--物理化学において、ラジカルなどの不安定な分子を低温で不活性な固体に単離して、分析する方法。
分析対象成分と共存する他の成分。分析対象元素に干渉を及ぼし分析結果に影響を及ぼすこと がある。
------------------------------
要するに私的解釈を恣意的にすれば
胎蔵界曼荼羅の機能性を指して、マトリックスと観なしえるであろう。
母体・基礎・大地の母・子宮などなど

よって現実に認識可能な科学的客観分節的事実では説明不能な
とても根源的な生み出す性質の事柄を示す内容のであろう。
個人的には、とても感受したい世界であります。

タイトルの意味

VTぶろぐはつまんな-い さま
>マトリックスは気味悪いよ、つまんな-い。

 黒と緑の色調が多いので気味が悪く感じる人もいると思いますが、世界中でヒットして一時代を築いた作品でもあります。

理治さま
> マトリックス(あるいはマトリクス)とは、
>------------------------------
>元来「生み出すもの」を意味する言葉である。この言葉が指す具体的な事象・事物は、本来は「子宮」を意味するラテン語(< Mater母+ix)に由来する英語Matrixの音写で、そこから何かを生み出すものを意味する。

 私は単に数学の「行列」かコンピューターの電子回路網の意味だと思っていました。
 コーザル世界のデータがアストラル界や現象界を成り立たせているのと同じく、コンピューター内の「0」と「1」(つまり陰陽)のデータによって世界の全てが成り立っているという世界観を示したタイトルだと思っていました。

あなたの、そのアホ頭、腐った心は素晴らしいと思いますね、さすがアホ. サンディタ元師のコメントですね。

私も

ルドラ・チャクリンで、野田氏と似たような体験をしました。祖母と父親のイメージが出てきて、実は祖母や父親は菩薩の変身した姿であって、私が生まれた時から、私が目覚める時まで、仮の姿で私を見守っていたんだと。今、ようやく目覚めることが出来て、真実の世界が分かったんだと。今までの私は仮の姿であって、本当は成就者であったんだと。今までの現実というのは、虚構の世界であって、こちらの世界が真実である。それに気付いてようやく私も真実の世界の仲間入り、菩薩の世界の住人になることが出来たと。よかった、よかった、というような体験をしました。それから、気分が悪くなり、別の場所へ移動することになるのですが、外に出ると、太陽が照り、日常の世界が存在しています。しかし私はそれをハルマゲドン後の世界であると思い、ハルマゲドンは起きたのか、今、西暦は何年なんだ、と会う人ごとに尋ねていました。その後、少しずつ現実感覚を取り戻してきましたが、体と精神が分離したような状態で、家に戻って休養するまで、精神状態はおかしかったですね。その時はもう、現実感覚を取り戻してきていて、こんな精神状態では働けないと危惧してたので、幻覚は完全に抜けていたと思います。
しかしあの、夢から目覚めて真実が分かった、と思った時は衝撃的でした。分かった、ようやく真実が分かったと、叫んでましたからね。
あれは一体何だったんでしょう。「マトリックス」には、メスカリンという言葉が出てきていたので、メスカリンを飲むとああなるのでしょうか?未だに忘れられない体験です。
ところでVT師はサマディに入ることが頻繁にある、とのことですが、サマディに入ると、どんな精神状態になるのか、聞きたいですね。心が寂静になる、と言いますが、現実感覚のほうはどうなのでしょうか。やはり、変性意識状態になるのでしょうか。その辺、興味があるので、差し支えなければ、お教えください。

体験

自分の願望が夢やビジョンになったんだと思うよ。今までのわたしは仮の姿で本当のわたしは神であるとか偉大なる成就者であるとか。理想の自己が再現されたんだろうね。

マトリックスの多重構造の世界観は特に違和感は感じませんでしたね。
経験として直感的に仏教の世界観を知っていれば、珍奇な発想とは感じないでしょうね。
でも六道の世界のデータって、マトリクス的行列というより、もっと循環するようなデータ構造ですね。まさに輪廻。規定された循環プログラムからexitできない状態。

あの映画のすごいところは、実際に映像として表現したことでしょうね。
空を飛んだり、「ちょっとまった!今のシーンやり直し」とか夢の中でやった経験ありません?

VT正悟師に

是非見て頂きたい映画があります。「トゥルーマン・ショー」という映画です。主人公は月の上に作られた、アメリカの地方都市に似せた人工都市の上で生活していますが、その事実を知りません。実は主人公は生まれた時から、ひそかに監視・誘導され、その記録が映像として地球に送られ、テレビで放映されるのです。地球の人たちはその番組を見て楽しんでいます。主人公以外の人たちは、事実を知りつつも、主人公に真実を告げずに演技を続けています。ある時ふと、自分のまわりのおかしさに気付いた主人公は、まわりを観察し始めます。すると、人々が同じパターンで行動していることに気付くのです。自分の妻や母親、友人を含めて、全ての人が舞台俳優だと悟った主人公は、車で暴走して町から抜け出そうとしますが、妨害されて町の外には出られません。監視を逃れてヨットに乗って海に繰り出した主人公を大嵐が襲います。何とか生き長らえた主人公は、見えない壁にヨットが突き当たるのを感じます。ここが舞台装置の境界だったのです。主人公の頭の上から声が聞こえてきます。主人公の行動を監視・誘導してきたディレクターは、主人公に元の生活に戻るよう、説得します。しかし主人公は見えない壁にあるドアを開けて、舞台から消え去ります。テレビを見ていた人たちは、ドラマの終焉を悟り、チャンネルをまわす、という所で話が終わります。
もし、これと同じようなことが、この地球上で起きていたら、どうでしょうか。被害者は生まれた時から死ぬまで、ひそかに監視・誘導されています。その他大勢(加害者)はその事実を知りつつ、被害者には真実を告げずに、演技を続けて行きます。ある時、ふと真実に気付いた被害者が何かおかしいと声をあげると、精神病、妄想として精神病院送りにされてしまうのです。自分が被害者であると気付いていない人は多く、まわりの人間は演技を続けつつ、被害者の人生破滅ゲームを演出するのです。被害者同士が連絡・団結しようとすると、普通の人(実は加害者)は声をそろえて妄想だ、病気だ、と言って、妨害を始めます。被害者は孤立無援、精神病者に仕立てられ、社会的に抹殺され、犯罪者にされるか自殺に追い込まれたりするのです。こんな恐ろしいことが実際にこの地球上で起きていたとしたら。
私は松本死刑囚が、何だここは劇場じゃないか、裁判所じゃない、はやく身柄を解放しろ、と叫んだことを覚えています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

トゥルーマンショウ

みましたよ、でもマトの方が面白かった

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/147-d0fd0a24

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad