元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
多分皆さん余り興味ない記事かも。。。でも9年前と似た事態が現在進行中(今は小康状態か)。

リスクは地球を駆けめぐる … 98年ロシア危機の続き


◆金融界のドリームチーム破綻

 ロシア危機は金融市場を伝播します。ロシア新興市場から一斉にお金が逃げ出して、安全な投資先にを求めました。米国債やドイツ国債が買われて暴騰しました。信用のない債権(ジャンク債といいます)からも資金は逃避します。この資金の流れが、ある巨大なヘッジファンドを破綻に追い込みます。そのヘッジファンドは、ロング・ターム・キャピタル・マネジメント(以下LTCMと略記)。前例のない世界最大級の金融破綻事件です。

 1994年に創始されたLTCMは、金融界の辣腕トレーダーや金融経済学者らを集めた天才集団だった。その筆頭格は、2人のノーベル経済学賞受賞者、ロバート・マートン氏とマイロン・ショールズ氏。マイロン・ショールズ氏は、金融のデリバティブの方程式(ブラック・ショールズ方程式)を完成させた。ロバート・マートン氏は、ブラック・ショールズ方程式に数学的証明を加えている。両氏はこのデリバティブ理論の功績で、1997年にノーベル経済学賞を受賞している。

 連邦準備銀行(アメリカの中央銀行)の元副議長も名前を連ね、LTCMは金融界のドリームチームと呼ばれたほどだ。しかしバスケットにしろ野球にしろ、アメリカのドリームチームというのは、前評判の割に弱い。金融のドリームチームも、高い信頼があだとなる。

 「世界最高」の人材を集めたLTCMには、イタリア中央銀行を始め「世界最高」の顧客達が集まった。各国大手金融機関から集まった元手資金は22億ドル。高い信用が、ハイリスクの取引を可能にした。LTCMは破綻直前1250億ドル相当のデリバティブ取引が可能だったのだ。当時のレートで約17兆円(※140兆円相当の取引という説あり)、大体韓国の国家予算の2倍。LTCMは、95年、96年には、年利40%超の運用益をたたき出す。まさに「世界最高」の運用益、しかし楽あれば苦あり、いいとこどりはできないものだ。運用損失もまた「世界最高」だった。

◆デリバティブとは?

 いきなり「デリバティブ」と専門用語がきました。デリバティブ取引とは何か?簡単に言うと少ない元手で、大きな金額を動かせるんです。日本では先物取引とかがそれにあたります。

 例えばトヨタの株券を1億円で買ったとしましょう。それを銀行に持っていくと、株券を担保にお金を貸してくれます。トヨタは安定しているから株券の価格の8割ぐらい貸してくれるかも。8000万円借りました。それでまたトヨタの株を買い銀行に持っていくと、8割で6400万円貸してくれます。これを繰り返して、1億円の元手でいくら分トヨタの株が買えるか計算すると…

1億円+8000万円+6400万円+5120万円+…(8掛けで小さくなる、高校生の等比級数の問題ですね)

 ず~と「株券買って銀行で借りて、また株券買って…」を繰り返すと、理論的には5億円程買えるんです。これを面倒だから省略して、最初から元手の5倍まで株券や債券を買ってあげましょう、と証券会社や銀行がやるんです。これが何倍の掛け率になるかは、買う商品と買う人の信用によって変わります。掛け率のことをレバレッジといいます。てこの原理のレバーから来ています。

 LTCMの場合どうだったか?1250億ドルを元手の22億ドルで割ると57倍。予想通り相場が2%動くと、元手が倍になってウハウハ。しかし逆方向に2%動くと、元手は全部取られてすっからかん。こんな丁半バクチのような話、普通なら銀行は手を出しません。しかしノーベル経済学賞の先生達が豪語するもんだから、大手銀行もみんな信頼して融資しちゃった。「私たちはデリバティブを知り尽くしている。リスクをコントロールする絶対の自信がある。」なんてね。

(つづく)

コメント


プライドの罠

>バスケットにしろ野球にしろ、アメリカのドリームチームというのは、前評判の割に弱い。金融のドリームチームも、高い信頼があだとなる。

オウム真理教の「ドリームチーム」(当時の幹部のこと)も、出身大学や経歴などが相当にすごかったため、少なくとも教団内部では「前評判」や「信頼」のようなものはあったかもしれないですが、結局、LTCMと同様に「専門バカ」(または、「オタク」)の領域を超えられなかったという見方もできるのではないでしょうか?
(少なくとも、結果的にはそのように私には思えます。)

尚、ここで「専門バカ」といっているのは、自分の専門分野に没頭していて、現実感覚がかなりずれている(まわりが見えなくなっているような)状態であり、極端に言えば、「この分野では自分が最高であり、神に等しい」と思い込んでいるような状態です。

>「私たちはデリバティブを知り尽くしている。リスクをコントロールする絶対の自信がある。」なんてね。

オウム真理教的な考え方は、以下のようになる?

「私たちは法則を知り尽くしている。世の中をコントロールする絶対の自信がある。」

>バスケットにしろ野球にしろ、アメリカのドリームチームというのは、前評判の割に弱い。金融のドリームチームも、高い信頼があだとなる。>

民族的な考えての相違もあるでしょう、日本人は相撲が代表されるように限られた短い時間内で土俵をわったら、土ついたら終わりという考え方、けど欧米はボクシングのように限られた時間内でも何回かダウンしても10カウント以内に立ち上がり逆転を狙い最後には勝てばいいという。それと危機がきても逃げずに立ち向かえば乗り越えられるという考え方も根付いているみたいですよ。

>オウム真理教的な考え方は、以下のようになる?
>
>「私たちは法則を知り尽くしている。世の中をコントロールする絶対の自信がある。」

みんな判で押したようにそうだったというわけでもないけど、学生班とか、とんがった人が多かったね。何かと自己主張の強い人が重用されてた傾向があった。若いし、グルとしていじりがいのある子だったのかも。成功失敗お構いなしにいろいろ自主的にやらせてたね。
当時私は相当地味な存在でしたから。学生班の面々のグルにかまってもらいっぷり、すき放題っぷりは際立ってましたね。

自分でなしたことの結果を見つめる、というのは確かに修行になるだろうな。誰のせいにもできない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/146-ecb5f35f

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad