元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 最近よくマスコミを騒がしている事件に、光市母子殺害事件がある。1999年4月に山口県光市で、女性(当時23歳)とその娘(生後11カ月)が殺害された事件だ。犯人は事件当時18歳1ヶ月の少年だった。少年法によれば、18歳未満の場合には、死刑が科せられない規定がある。その為死刑を科すべきかどうか意見が分かれている。一審・二審と無期懲役だったが、最高裁は原判決を破棄し、裁判の差し戻しを命じた。

 しかしマスコミで取り上げられている視点は、弁護人も含めた被告側への囂々たる非難ばかり。被害者遺族の主張を全面的に後押しし、被害者感情を逆撫でする被告や弁護人の主張を攻撃している。確かに被告も反省が十分でない点も見受けられる。しかし私が問題と感じるのは、凶悪事件の加害者側への異常な憎悪だ。それが2ちゃんねるなどのネットやマスコミでかき立てられている。犯罪者と弁護人への復讐劇・リンチとみまがう程だ。

 犯罪の被害者が、加害者に憎しみを向ける気持ちは当然だしよく分かる。しかしマスコミと一般市民は、個人的日常の不満・嫉妬や憎悪・フラストレーションなど、もろもろの感情のはけ口として、事件に便乗しているところはないだろうか?

 この流れは今に始まったことでもない。凶悪犯罪への憎悪は、刑の厳罰化・少年法の改正(改悪?)に反映されている。未成年もどんどん若い年齢で厳しく処罰されるようになっているのだ。これは社会の寛容さがなくなっている証拠のように思える。果たしてこれで本当に社会が良くなっていくのだろうか?むしろ私には逆に、人間関係がギスギスして息苦しくなっていると思える。明日は我が身ということを皆理解しているのだろうか?

 私は仏教徒なので、カルマの法則を信じている。そりゃ何かというと自分が人に対してやったこと・思ったことが、自分に返ってくるって事です。「人を呪わば穴二つ」ではないが、「人を憎む・復讐するのも穴二つ」なのだ。

 具体的に説明しよう。みんなが「犯罪者は厳しく処罰すべし!」と声を上げて、刑が厳罰化される。しかしあなた自身が犯罪を犯してしまうという可能性だってあるのだ。

 「いや、私は絶対犯罪など犯さない」と反論する人もいるかも知れない。でももし車を運転したりするなら、運転ミスで人を殺せば「自動車運転過失致死傷罪」。立派な犯罪として裁かれてしまう。その時「人を殺したら厳罰に処置されるべきだったから、長期刑も仕方ないな」と思えるだろうか?

 「いかなる犯罪であれ、その要素を我が身に見いださざるものは無し」。これはゲーテの言葉だったような気がする(調査中)。いつも私は犯罪報道を見て思うのだ。「ああ、本当に私もこの容疑者も、紙一重だな」って。私自身も一歩間違えばサリン散布の実行犯だったかもしれない。いやそれだけの理由から言うのではない。人間とは過ちを犯してしまうものだと思うからだ。

 しかしながら最近のメディアと大衆の空気は、一方的で怖いなと感じてしまう。私はあるマスコミ関係者に意見を聞いてみた。この事件は一方的な報道がおおすぎるんじゃないかって。すると彼はこう言った。

 「みんな怖くて逆らえないんじゃないのかな…」

 みんなちょっと変だぞ、と思っていても、とりあえず多数派側の意見に寄り添っているのかも知れないね。世の中全体がヒステリックな憎しみに支配されるほど、個々人もその流れに逆らえない窮屈さを感じている筈だ。これが全体主義的な流れ、ファシズムのようにはならないと誰が保証出来るだろうか?

 ナチスドイツ・ヒトラーは、社会の欲求不満のはけ口を、ユダヤ人への攻撃に振り向けた。大衆を扇動しながら次々と独裁を固めていった。これについて当時牧師だったマルチン・ニーメラー氏の言葉を引用しておく。

『ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られたが、自分は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった。後日、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが、自分は社会主義者ではないので、何の抗議もしなかった。それからナチスは学生、新聞、ユダヤ人と 次々に弾圧の輪を広げていき、その度に私の不安は増したが それでも私は行動しなかった。
 ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから行動に立ち上がったが、その時はすべてがあまりにも遅かった』

 ウチもこんな感じで事件に突っ込んでいってしまったけど、日本もそうならないといいね。


コメント


オウムが共産主義者を弾圧した時(笑)

あ、なるぴー、こっちにも書いちゃったんだ。
河上イチローじゃないんだって。
つっこまれないことを祈るばかりです。

ま、本当は、一利どころか三利くらいあるとおもうけど。しかも本日起きたテロにはみんなこういう事を言わない。

確かに

あのお方は、宮崎勤は非難すべき対象ではなく、哀れむべき対象である、と言ってました。
冤罪事件というものは、公表されている数より、もっと沢山あるので、やはりマスコミの一方的報道は怖いものだと思います。確か、3億円事件でも、犯人と間違えられた人が、えらく酷い目にあってますからね。
歩調をあわせて、マスコミ全社一体となって、同じ論調を張るのも、ファシズム的ですね。

>被告も反省が十分でない点も見受けられる

なんという感覚! 流石は殺人カルト代表だけのことはある。他人の若妻と幼子を虐殺したケダモノに対してそういう感覚しかもてないとは、あんたも開祖といっしょに氏になさい!!

ほかのブログなどでも、
たとえばオウムのよいところを肯定する発言は排斥されていたようで、
時流といえばそれまでだが、なにかそれを超えた、なまあたたかい気持ち悪さを感じる。

すぐに、擁護するとか、現実をみていないとかの批判で八つ裂きにされる。
そんなことをすれば、そういうものが例外になってくるのは当然なのだが、、。

二度と同じ過ちを繰り返さないのが目的であれば
批判するまえにどんな意見であれ淡々と受け入れていくべきだ。
実際にこの全体像を理解している者は皆無だ。

日本のマスコミがほぼ統制されているのに酷似している。
現象はけしてイーブンには現れないということか。
大勢に従うことは楽だし、勢いがつくので華麗にみえさえするが、
地道に淡々と、いう作業ほど本当に勇気が必要なものはない。

白でも黒でも自分の許容量を超えると排除されるが
そういうところにこそ生命はほとばしり出てくるもので
そうでない情報を集めて自分と仲間を囲ってどれほどの真実がみえてくるのだろう。

しょせん誰もが自分の観念の中でしか生きてないのであれば。

ひとを変える情報とは命のほとばしりを直に感じるようなもの。
白か黒かは二の次だ。

本当に淡々とした勇気は誰よりも熱いパッションに支えられている。


やっぱり、「罪を憎んで人を憎まず」の意識が、もう少し広まって欲しいな。

どうしてもオウム事件の裁判は、分が悪い。
カルトの集団殺人テロとかが、日本で前代未聞だっただけに、
マインドコントロールというものがイマイチ理解されずに、正当に審議されずに、
ただただ形式的に裁かれているような感じ。実行犯だから死刑、送迎役は無期、とか。
この事件は、しょうがなかったと思う。実行犯も、断ることはできなかったよ。
本当にたまたま選ばれただけの縁で、死刑だ。人生パーだよ。

野田さんは正悟師だし車両省の大臣だから、
…ていうか、実行犯はほとんど村井のとこか自治省だったけど、
もし野田さんが実行犯あるいは送迎役に指名されてたら、どうだったろう?
絶対に実行してたよね? そして野田さんは今頃、死刑とか無期懲役になってた。
ただそれだけの事なんだよね。

先日まで、毎日その日その日の犯罪事件を持ち出して、コメントし合うサイトを見てました。
DANGERというサイトさんです。(なぜか今、潰れて見れません。)
そこで色んな人がコメントしてるけど、全然話しになってないの。まさに、全体主義ってやつ。
要するに「犯人は鬼畜だ」、これだけでしかない。
オウムの死刑判決のニュースだって、彼らからしたら、
「まだやってたのか?」「税金の無駄だ」「早く吊るせ」、こんなのばっか。
いや、違うんだと。この教団に関しては簡単に、犯人=死刑では語れないほど、
複雑な事情があるんだってことを言っても、まったく聞く耳も待たず、非難されるだけ。

山口の事件もそうだけど、「犯人は鬼畜」で結論付けるような人だけ集まっても、
あまりにも単一的で、どうにもならない。長々とすみません。私なりに、野田さんの言う事はよく解ります。

手が後ろに回ることを意識するとき

犯罪者と呼ばれる人は、たった今しょっ引かれたその人一人でおしまいではない。また類似の事件は発生するだろう。となると、危険そうな人をあらかじめ拘束するか?まさかそんなことはできない。事件の背景の原因追求をやっていくしかない。それがなされているかどうか。犯罪者一人が消えても、今後は安泰なんて保証は無い。

航空管制の現場での些細なミスが大きな事故に繋がることは良く知られていて、いまだ航空の世界では手合図口合図に頼ることが多い。
ちょっとした言い間違いでニアミスを誘発した事もあった。
事実、管制官は常に手が後ろに回るリスクを意識している。管制官の責任追及の影に隠れるように、管制システムの不備を指摘する動きもある。
どんなに選ばれ、訓練された、責任感の強い人でも、犯罪容疑者としてしょっ引かれる可能性がある。
鉄道、航空事故現場では、警察の押収が優先され、事故調査官の活動に制限が発生することもある。どうしても悪い奴を特定し、裁判で断罪して懲らしめればOKという発想から脱却できず、率直で重要な証言も集めにくく、事故のメカニズム追求を阻まれる。結果としてそれが犠牲の再生産の準備になり、関係者はより深く頭は下げるが、さらに固く口を閉ざすことになる。

イスラム原理主義の国では盗みで手ちょん切られるし、重罪に
なると、すぐに首掻っ切られるよ。
日本は逆に甘いんじゃないすか。相対的に見て。

厳しい罰則が、どういう結果に繋がったかと言う点に留意すべきでしょう。
イスラム圏の律法、罰則が厳しいことと、爆弾テロなどの宗教的理由の絡む無差別大量殺戮が多いことにはどういう関係があるのか、気になります。
あと、意外なほど、留置所でイラン人と相部屋だったという話はよく聞きます。

心の真相

本当は、死刑が公開性になることを
みんな心のどこかで願ってるんじゃないかと思いますな。
ちょっと前まではそれが娯楽だった、というのが歴史の真相。
ちょっと年代が下った今日、民衆の好みが180度違う、とは
ちょいと考えにくいでしょうし。

VT正悟師の分析は、何かが違うのでは?

>犯罪の被害者が、加害者に憎しみを向ける気持ちは当然だしよく分かる。
>しかしマスコミと一般市民は、個人的日常の不満・嫉妬や憎悪・ルサンチマンなど、もろもろの感情のはけ口として、事件に便乗しているところはないだろうか?
 
 それはあまにりも浅薄な分析だと思います。
 朝青龍問題でもそうですが、悪業を為した者が十分な贖罪をせぬままのらりくらりしていれば、世間から叩かれるのは当たり前です。
 
>この流れは今に始まったことでもない。凶悪犯罪への憎悪は、刑の厳罰化・少年法の改正(改悪?)に反映されている。
>未成年もどんどん若い年齢で厳しく処罰されるようになっているのだ。
>これは社会の寛容さがなくなっている証拠のように思える。

 VT正悟師は、昨今の少年犯罪の凶悪化と実態は少年加害者保護法に過ぎない少年法の問題点についての認識が不足していると思います。
 そもそも少年法が制定された経緯を御存知なら、現在に至るまで同法が廃止どころか改正すらされない事実に対して、異常性と危機感を感じるはずなのですけれども。

>果たしてこれで本当に社会が良くなっていくのだろうか?
>むしろ私には逆に、人間関係がギスギスして息苦しくなっていると思える。

 こんな重大犯罪が軽微な罰で済まされるのなら、同様の重大犯罪が気軽にかつ頻繁に行われるようになり、日本の家庭生活の安全保障は崩壊し、社会全体が根底から無茶苦茶になるでしょうね。

>明日は我が身ということを皆理解しているのだろうか?

 皆な「明日は我が身」という事を理解しているから、この加害者少年(注:当時、以下略)に対し厳罰を求めているのですよ。
 誰だって、この被害者の様にはなりたくはありませんからね。

>私は仏教徒なので、カルマの法則を信じている。
>そりゃ何かというと自分が人に対してやったこと・思ったことが、自分に返ってくるって事です。
>「人を呪わば穴二つ」ではないが、「人を憎む・復讐するのも穴二つ」なのだ。

 カルマの法則を信じているなら、他の人権を著しく侵害した者は逆に己の人権を著しく制限(もしくは剥奪)されても仕方が無い事くらいは理解出来ますよね?
 この事件に当てはめるなら、己の劣情を満たすために何の罪もない被害者二人の命を次々に奪ったこの加害者少年は逆に命を奪われても仕方が無いのは、カルマの法則から見て当然だと言えます。
 もちろん「人を呪わば穴二つ」という事も、カルマの法則から言って正しい見解です。
 だから第三者である我々としては、殺生・偸盗・邪淫の三点セットの重大犯罪を犯しながら未だに十分な贖罪の念が持てぬまま遂に死刑判決を下されようとしているこの加害少年に対して、深い哀れみの念を持つべきだと思います。


>具体的に説明しよう。みんなが「犯罪者は厳しく処罰すべし!」と声を上げて、刑が厳罰化される。
>しかしあなた自身が犯罪を犯してしまうという可能性だってあるのだ。

 この事件の場合、「あなた自身が犯罪を犯してしまうという可能性」よりも「あなた自身が同様の犯罪被害に遭う可能性」の方がはるかに高いのですけれども?
 
>「いや、私は絶対犯罪など犯さない」と反論する人もいるかも知れない。
>でももし車を運転したりするなら、運転ミスで人を殺せば「自動車運転過失致死傷罪」。立派な犯罪として裁かれてしまう。
>その時「人を殺したら厳罰に処置されるべきだったから、長期刑も仕方ないな」と思えるだろうか?

 それは詭弁ですね。
 同じ「犯罪」という言葉を使って話の中身ををすり替えて論じているだけです。
 上記の例ですが、新しく制定された「危険運転致死傷罪」では厳罰に処せられますが、単なる運転ミスの場合は「過失致死罪」で処せられるのみで、量刑は従来通りです。そして単なる「過失致死罪」が厳罰化されようという動きは、今の所全く御座いません。
 そして「過失致死罪」は、この事件の殺人+強姦+窃盗の三点セットという著しい重大犯罪の例とは全く違います。
 真理の法則でも「過失による殺生」と「故意による殺生・偸盗・邪淫」は同じ悪業でも度合いが全く違うと為されているはずですが、もうお忘れになりましたか?
 そしてその様な重大な悪業を為した者は一体どの様にすれば救済されるのか、少しは考えましたでしょうか?
 「少年だから」という理由にもならない理由で悪業を悪業と認識させずにただ単に甘やかす事が、一体どの様にして悪業を落とし救済される道につながるのでしょうか?

>「いかなる犯罪であれ、その要素を我が身に見いださざるものは無し」。
>これはゲーテの言葉だったような気がする(調査中)。
>いつも私は犯罪報道を見て思うのだ。「ああ、本当に私もこの容疑者も、紙一重だな」って。
>私自身も一歩間違えばサリン散布の実行犯だったかもしれない。
>いやそれだけの理由から言うのではない。人間とは過ちを犯してしまうものだと思うからだ。

 という事は、VT正悟師も一歩間違えば近所の美人の奥さんとSEXする目的で水道検針を装って訪問し、いきなり襲いかかって抵抗されると首を絞めて殺した上に屍姦して目的を果たし、そして傍らの赤ん坊が泣きやまないのに腹を立てて床に叩き付けた挙げ句、事件発覚を恐れて赤ん坊の首に紐を巻いて殺してしまう可能性がある訳ですな。
 長い転生の間にそういう犯罪を犯してしまう可能性が有る事は否定しませんが、今生で今現在そういう可能性を感じるのなら、もう一度初心に還って真剣に自己の内側の汚れの浄化に努めるべきかと思いますが。

 もちろん私自身にもこの加害者少年と同じ要素が全く無いとは言い切れません。
 でも、幾ら私がこの加害者少年と同様の要素を持っているからといって、この加害者少年の犯した罪を擁護する気はさらさら御座いません。
 何故なら、私はそのような悪業を為す要素を滅却したいと常に願っているからであり、たとえこの加害者少年が私の内側と同じ要素でもって犯罪を為したとしても、それは不幸であり哀しむべき事であって、出来るだけ早く為した悪業を清算させねば、という認識しか持てないからです。
 だから少年法を盾に贖罪の意識さえ持てずいつまでも悪業を清算する事が出来ないこの加害者少年を見て、「自力で気付かぬのなら、厳罰を与えてでも犯した罪の重大性を認識させねば」と思う次第です。

 自己の内側の悪業に対して甘い者は、他の悪業も甘やかす傾向にあります。
 VT正悟師は悪業を為して叩かれている者をマスコミや社会による集団ヒステリーの責任にして毎回擁護してらっしゃいますが、それはおそらくVT正悟師の意識の中に「オウム事件や教団での誤導によって叩かれている自分自身も、誰かに擁護して貰いたい」という願望が存在してらっしゃるからではないでしょうか? 

 (メディア主導による全体主義的な流れへの危惧については、概ね同感です。)

出勤前にとりあえず一言

サンディタ師は相変わらず上からの物言いですなあ。

本題とは関係ありませんが、面白いサイト見つけたのでとりあえずリンク貼っときます。

http://www.outsidervoice.com/column_list.html

道場の師に相談するより的確な回答をしてくれそうですね。

サンディタ師

>もちろん「人を呪わば穴二つ」という事も、カルマの法則から言って正しい見解です。
> だから第三者である我々としては、殺生・偸盗・邪淫の三点セットの重大犯罪を
>犯しながら未だに十分な贖罪の念が持てぬまま遂に死刑判決を
>下されようとしているこの加害少年に対して、深い哀れみの念を持つべきだと思います。


こういう風にして縁が構成されていくんだなと感じましたね。

こういう人たちは無意識のうちにやっているんでしょうけど、
我らがソンシは意識的にやりましたからね。

「未来世でわたしの弟子になるようにと」

大乗の「逆の道」というものか。(藁)


サンディタ様のコメントについてのひとこと感想

刑法と「カルマの法則」に共通する考え方などが、特に勉強になりました。

>VT正悟師が毎回悪業を為して叩かれている者をマスコミや社会による集団ヒステリーの責任にして擁護してらっしゃいますが、それはおそらくVT正悟師の意識の中に「オウム事件や教団での誤導によって叩かれている自分自身も、誰かに擁護して貰いたい」という願望が存在してらっしゃるからではないでしょうか? 

鋭い。(と私は思っています)

ちがうなあ、

みんなボケてるよ。酒鬼薔薇の事件は、冤罪。少年による凶悪犯罪が起こったから、少年法が改悪された、と思ってるけど、事実は違う。真実は少年法改悪するために、オカルトネットワークが動いたってこと。子供を殺して、罪を少年に押し付ける。マスコミを動員して、一斉に国民の激情を煽る。世論が傾いたのを見据えて、少年法改悪を実行する。これぐらいの推理は働かせて欲しい。

>VT正悟師が毎回悪業を為して叩かれている者をマスコミや社会による集団ヒステリーの責任にして擁護してらっしゃいますが、それはおそらくVT正悟師の意識の中に「オウム事件や教団での誤導によって叩かれている自分自身も、誰かに擁護して貰いたい」という願望が存在してらっしゃるからではないでしょうか? 

それはともかく、少なくとも人は正しいと思うことを追求しているから、自分の言っていることを否定してくれと望む人はあまりいない。ブログには賛同者をモニターする拍手ボタンもあるし。
でもVT正悟師の立場からして、現教団の保身は擁護してもらおうとは思わないでしょうね。

論点は、犯罪者の擁護というより、「悪者に対して向ける憎しみ」という構造が問題になっている、というところですよね?
なんのための刑罰か目的がよくわからなくなっているとも思います。
厳罰化、極刑化を推進していって、世の中が平穏無事になればOKですが、どうでしょう?べつに刑罰をなくしてしまえとも思いませんが。

悪者という存在、観念があるから憎しみも生じる。だとすれば世の中善人だけにすればいいのか?それなら平穏無事な世の中の達成のためには悪人はどんどん消していくしかないのか?そんなことできるのだろうか?
自分も悪人に分類されやしないだろうか((((;゜Д゜)))
「極悪人は消せ」と言っている当人はきっと自分はそうでないという確信があるからそう言えるのだろう。もしや自分も?という思いが出たら恐い思いしそうだ。


name忘れてました。

<>みんなボケてるよ。酒鬼薔薇の事件は、冤罪。少年による凶悪犯罪が起こったから、少年法が改悪された、と思ってるけど、事実は違う。真実は少年法改悪するために、オカルトネットワークが動いたってこと。子供を殺して、罪を少年に押し付ける。マスコミを動員して、一斉に国民の激情を煽る。世論が傾いたのを見据えて、少年法改悪を実行する。これぐらいの推理は働かせて欲しい。>
これを書いたお前が一番ボケなんだよ、アホンダラ!
お前の推理が一番正しいってわけじゃね-だろうが。

なぜ、逮捕さないの?

殺害事件じゃないが、シャンバラパ-ルでは、いまだに他人様の郵便物を師と経理の連中は勝手に封をあけて、他人様の郵便物の内容を読んでるんよ、これ犯罪だよな-、なんで師と経理の連中は逮捕されないんだ?

郵便物

出家したらプライベートはないわけだから。今後オウム内で個人情報取り扱い条約の申請するとか。基本的にサマナに人権はない。

安倍が辞めたなんてことより遥かに大ニュースが! 光の裁判の話なんか議論してる場合??

識華皇子のことについて何か書いてください! >代表

>殺害事件じゃないが、シャンバラパ-ルでは、いまだに他人様の郵便物を師と経理の連中は勝手に封をあけて、他人様の郵便物の内容を読んでるんよ、これ犯罪だよな-、なんで師と経理の連中は逮捕されないんだ?

感覚として、未成年とその保護者のような、そういう扱いなのかも知れないね。でもいつまでもそんな関係ではしょうがないんじゃないかな?
いつまでも自立できないってわけでもなし、そりゃ子供だって、ハイティーン位になれば自然に一人立ちするもんだし。

ただ、経理で請求書などは期日までに支払いをしないといけないので、請求書の扱いは経理に支払いを一任するか、個人で経費を請求して支払うか、はっきりさせないと責任の所在が曖昧になってよくない。
名義が自分名義なら、本来支払い手続きは自分で行なうのが筋だとは思う。

<>出家したらプライベートはないわけだから。今後オウム内で個人情報取り扱い条約の申請するとか。基本的にサマナに人権はない。>
これ,書いた奴、お前相当に馬鹿だろう、A派か?他人の郵便物を勝手に封を開けて読むいうことは、盗み読みになるんだよバ-タレ!
経理が健保関係で一括に支払う場合はいいにしても、それ以外の私物郵便物はまずいんじゃないか。

信書の無断開封

名無し# | 200709-12 21:03:49 |さま
>殺害事件じゃないが、シャンバラパ-ルでは、いまだに他人様の郵便物を師と経理の連中は勝手に封をあけて、他人様の郵便物の内容を読んでるんよ、これ犯罪だよな-、なんで師と経理の連中は逮捕されないんだ?

 刑法の「信書開封罪(133条)」は親告罪ですので、貴方が当局に訴えない限りは犯人が逮捕される事は御座いません。
 この様に「自らが何もしなくてもきっと誰かがやってくれるはず」だと思い込むのは、依存心の強い教団の中の人の特徴ですね。
 何事も原因無くして結果は生じないのだという事を、よく理解して下さいませ。
(特異な例で恐縮ですが、元芝さんのように幾ら自身の脳内でのみ存在する『当局』に訴えても、同様に現実世界では何も起きません。)

 蛇足ですが、「信書開封罪」は破産者や受刑者には適用されない場合があります。
 サマナは出家時の誓約で一切のプライバシー権を放棄する事を同意しているはずですので、出家生活を送る以上は教団の上長等によって勝手に信書を開封されるのは仕方の無い事だと私は思います。
 もし憲法上の「通信の秘密(21条2項)」等のプライバシー権が認められない事に御不満ならば、潔く出家生活を諦めるべきではないでしょうか?



 それでもど~~~しても信書を事前に開封されたく無い場合は?
 単に信書を「書留」や「局留め」で送ってもらえば良いだけだと思います。(本人しか受け取れませんので)



嫌なら辞めればいい

>お前相当な馬鹿か……僕はお利口さんだよ!まず他人を非難するならニックネームを入れてね♪二番目に言いたいのはここで書き込んでどうしようっての?自分でその師相手に行動起こさないと。それから出家は養護施設と変わらないからプライバシーはないよ。嫌なら辞めればいいんだから。
ここで強がって吠えたところで何の解決にもならないよ。


パールヴァティーのみんなは体はおばさんだけど中身は乙女なんだ。いい年して被保護欲求丸出しで現実が見えてなくって、だから昔でいったらプチシヴァ神祭みたいなのを無駄にしょっちゅう行って自分ら歌ったり踊ったり悦に浸って、法則と仏教ってものを完全になめ切ってることばかりしてるんだ。

ミッキーと元師らしいサンディタ という奴はおめでたいやつら-だね-。
出家サマナにはプライバシーが無いとか人権がないとか、アホちゃう!
お前らの、おめでたい頭でこのブログ内で吠えたところで何の解決にもならないよ。

<僕はお利口さん>だってよ、ミッキー僕ちゃん歳いくつ-?飴玉あげようか-僕だってよ-笑っちゃうぜ!郵便物なんぞは、勝手に読むな言えば読まないんだよ、ここに載せてる意味は別にあるんだよ。

自分の現実を受け入れろ

ボクはケミストリーの堂珍さんに「とってもお利口さん」って言われたんだよ!"""年いくつーってニックネームに10歳って書いてあるんだけどなぁ。君はいったい何がしたいの?♯**ここを読んでる人たちにどうしてもらいたいわけ?"""誰か外部から圧力かけて下さいってこと?★★★あなた何が一番の問題かまだ気付いてないようだね。封を勝手に開ける云々じゃなくて、それ以前にもっと重要な問題があることに気付いてないんだね。サマナに人権がないって認めるのがそんなに辛い?自分のこの教団での惨めな立場を直視するのはまだムリかもね"""いい?サマナは教団の中では弱者なの。自分を弱者だと認めること。で、不満はここに書かないで本人に言うこと。
吠えてるのは君でしょ?レスもオウム返しか。言い返すネタくらい自分で考えようね。

北朝鮮とオウム

人権はない。  個人の自由は認められない。嫌だったら脱北(だっぽく)するんだね。ネットでやるんじゃなくて三次元の世界でやってくれ。それから子宮でモノ考えるな。

うそこけ!
おめでたい、脳天気馬鹿ですね。
ブログになにを載せようが本人の自由だもんね-
それとも、教団、師のことを書いて載せるのは、ミッキー僕ちゃんにとって都合が悪いのかな?

無題

# | 200709-14 07:54:25 |さま
>ミッキーと元師らしいサンディタ という奴はおめでたいやつら-だね-。
>出家サマナにはプライバシーが無いとか人権がないとか、アホちゃう!
 出家サマナに一般人なみのプライバシー権や人権が有るとお考えならば、貴方は相当に「お目出度い人」だと言わざるを得ません。
 おそらく、貴方の脳内では自分の願望と現実世界で行われている事の区別が付いていないのではないかと思います。

>お前らの、おめでたい頭でこのブログ内で吠えたところで何の解決にもならないよ。
 確かに、貴殿のその「おめでたい頭でこのブログ内で吠えたところで何の解決にも」なりませんわね。
 繰り返し申しますが、その師や経理のサマナを逮捕してもらいたければ御自分で警察や裁判所に訴えなさいませ。

# | 200709-15 11:15:55 |さま 
>ブログになにを載せようが本人の自由だもんね-
 「何を載せようが自由」じゃありませんよ。
 公の目に触れる場所で掲載する場合、その書き込み内容には社会的責任が生じます。
 ウソが発覚したら叩かれますし、誹謗中傷は罰せられます。
 「自由」の意味を取り違えないよう、十分お気を付け下さいまし。 
(しかしこの御方の無知で身勝手な書き込みの数々は、まるでかの元芝さんを彷彿とさせますね)
 

サンディタ師

>(しかしこの御方の無知で身勝手な書き込みの数々は、まるでかの元芝さんを彷彿とさせますね)


たびたび、元芝さんの名前を出すということは、なんかトラウマになっていません?

まあ、元芝さんやキャンディちゃんのようなアンチの方が、
オウム・アーレフの変なところや教団を叩くというのは、正しいかもしれませんが、
お馬~にとっては、面白みが無くなってしまいます。

まだ、教団が潰れてもらっては困りますし、ソンシもまだ人間界にいてもらいたいと思います。


行動しよう

ボクが言いたかったのは…君は教団が続く限り辞めそうにもないから◎◎●◆現実的な手を打たなければね。多分その施設で決定権のあるのは笑うヴァジラだから彼のクルタひっ掴んで訴えたらいいんだよ。あ、でも直接下々のものが話しかけちゃいけないんだっけ!!秘書通さなきゃ。カルマ受けちゃうからね。大変だなぁ。カルマ受けるのが嫌ならオスタカ山に帰ればいいのに。でもあの人の説法とってもわかりやすくて深いんだ。あるいは越谷の温泉マンションに手紙送ったらいいよ!近いから直に持っていってもいいんじゃない?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/140-b634fa7c

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad